解説
 
社交ダンス、特にスタンダード種目におけるフレームについて述べています。
 

出所

Frequently Asked Questions about Lead and FollowOn Dance Frame

以下対訳

2.3 On Dance Frame
2.3 ダンスのフレームについて

 

When taking a closed position hold you need to have balance and a stable frame.
クローズドポジションのホールドを取るときは、バランスと安定なフレームを持つことが必要である。

 

A good hold must allow each partner to stay balanced and not interfere with movement down the floor
よいホールドというのはパートナーのどちらもバランスが保て、そしてフロアをずっと動いていく間中邪魔をし合ってはならない。

 

– Leaders, don’t hold the lady like you are a vise
リーダーはフォロアーを万力のようにホールドしてはいけない。

 

– a good hold must have some toned flex/give to allow adjustment inside the hold.
よいホールドというのは、ある程度トーンを持った柔軟性を持ち、なおかつホールドの内側での(ホールドの)調整ができる許容度を持っていなければならない。

 

Especially in turns is it necessary for both partners to stay on their left side and not to interfere with their partner’s movement.
特に回転の場合、両方がお互いに左側に位置したままで、かつお互いの動きを妨げないということが必要である。

 

In a good hold every partner has his/her own territory.
よいホールドにおいては、それぞれのパートナーが自分の領分を持つ。

 

If you enter your partners territory you risk war (or at least crushed toes)!
もし自分のパートナーの領分に入り込んだら、戦争のリスクを犯すことになる(あるいは最低でもつま先を踏み潰す)!

 

=========================================================

 

Most dancers have gone through a spaghetti phase, followed by a stiff-as-a-board phase before realizing what the proper toned frame feels like.
多くのダンサーは、適切なトーンを持ったフレームというものがどのように感じられるのかを会得するまでに、最初のスパゲッティ状態から、板みたいに固い状態を通過するものである。

 

The dance frame is the foundation of your dancing – “If the foundation is weak, the house will collapse”
ダンスフレームはあなたのダンスの基礎となるものである。「もし基礎が弱ければ、その家は崩れてしまう」

 

Don’t be a “busy body” – a quiet body allows woman to distinguish leads, and looks much better.
忙しいボディにならないこと、静かなボディが、あなたのあれやこれやのリードを女性がきちんと区別できる助けになる。

 

A stable frame is important because it maximizes the couple’s signal-to-noise ratio – maximizes the amount of useful information that can be transmitted between their bodies.
安定したフレームが重要である。なぜかというと、それがカップルのあいだの信号対雑音比を最大化するからである。つまりカップルのボディ間でやり取りされ得る役に立つ情報の量を最大化するということである。

 

When the man leads, he prefaces all his steps with his momentum;
男性がリードするときは、すべてのステップを、あらかじめ自分のmomentum(勢い)をつけることを先行させること;

 

tama注:
momentumをうまく訳す言葉がすぐに思い出せないのでとりあえず「勢い」と訳していますが、要するに足を踏み出す前に必ず何らかの動きをして、女性に伝えなければならないということです。

 

for example, if he plans to step left on count 1, he puts his body weight a tiny bit leftward, a tiny fraction of a second before count 1.
たとえば、もし彼がカウント1で左にステップしようとした場合、かれはカウント1よりほんの少し前に、わずかだけ左方向に体重をかける。

 

In this way, he tells the woman where to step next, so that she can step as much with him as possible.
このようにして、男性は女性に対して、女性ができる限り彼とともにステップできるように、次にどこにステップするかを伝えるのである。

 

But if either of the partners has a soft, spaghetti-like frame, the man’s momentum can’t be transmitted to the woman,
しかし、もしカップルのどちらかがふにゃふにゃしたスパゲティのようなホールドをしているならば、男性の「勢い」を女性に伝えることはできない。

 

because there’s no conduit – no solid connection between their bodies – for the information to travel along.
なぜならば情報がそれを介して伝わる伝道路(お互いのボディの間の確固としたコネクション)がないからである。

 

In other words, the connection between them is so noisy that the signal gets lost.
ちがう言い方をするならば、彼らのあいだのコネクションが雑音が多すぎて信号が失われてしまうということである。

 

Try this exercise: dancing either rumba or mambo, randomly switch between basics and cucarachas.
この練習をやってみよう:ルンバかマンボかどちらかを踊る、無作為にベーシックとクカラチャを切り替えて。

 

Just before you switch, put your weight in the direction you’re about to travel, almost enough to fall over.
切り替える直前に、これから行こうとする方向に体重をかける、ほとんど倒れるくらい。

 

(No, in real dancing you don’t put so much weight into it; this is just an illustration.)
(実際のダンスではそれほど体重をかけてはいけない。これは単なる比喩である)

 

Can you see how your partner would feel that? That’s what I’m talking about, only subtler.
あなたは相手がそれをどのように感じるか理解できるだろうか。それが私の説明しようとしていること、大変微妙なものである。

 

On the other hand, it’s also bad to have *too* firm a frame,
一方、あまりにも柔軟性のない固いフレームも良くない。

 

because then you either can’t lead properly or can’t react properly and you will always be throwing yourself and your partner off balance
なぜかというと、あなた方は適切なリードもできないし、適切に反応することもできず、自分自身を放り投げてしまい、相手のバランスも崩してしまう。

 

because there is no give to it – and you’ll look like a mechanical robot.
その理由は相手との情報のやり取りの余裕がないからである。結果としてあなたは機械仕掛けのロボットのように見えるだろう。

 

For example, if your firm frame extends all the way down your torso, you’ll have a very difficult time stepping outside partner,
たとえば、あなたの胴体全体にまで固いフレームにした場合、アウトサイドパートナーにステップしようとしても大変難しいことになる。

 

because you’re trying to keep not only your shoulders but also your navels parallel.
なぜならあなたは二人の肩だけでなくおへそも平行にしようとするからである。

 

Kathryn Schaffer defines frame as “the minimum tone required to achieve position and maintain it.”
キャサリン・シェイファーは「フレームとはポジションを確立し、かつそれを保つために要求される最小限のトーンである」と定義している。

 

tama注:
toneという英語の原義は、「外部からの影響により変形しても元の形に復元する性質ないしその程度」と考えると、より理解しやすい。日本語で言うと、剛性 ⇔ 弾性/復元性 ⇔ 可塑性というという比較関係において、中間的な位置にある「弾性/復元性」の程度と考えればよい。

 

==========================================================

 

How are you to lead or read a lead without a good frame?
良いフレームなしにどのようにリードするのか、あるいはそのリードを読みとるのか?

 

When a leader moves my hand, he isn’t just moving my hand, but he is moving all of me.
リーダーが私の手を動かす時は、彼は私の手だけを動かそうとしているわけではなくて、私全体を動かそうとしているのである。

 

If we don’t maintain a good frame, body leads won’t work either.
もし、我々二人が良いフレームを保っていなければボディリードはうまく働かない。

 

==========================================================

 

I found that I achieved a better sense of dance frame by practicing while holding a light card chair.

 

It forced me retain a dance frame, not twist, collapse, drop an arm, or shape out of alignment.

 

It also gave me a feeling of moving in-line with a partner.

 

I used the chair mostly for problems that I was having with Rumba and Waltz.

 

For Swing (no, I don’t recommend that you try open moves holding a chair in one hand, but) this technique might help with closed moves such as back-spot turns and Lindys (whips).

 

==========================================================

 

In Beth Emerson’s class on Lady’s Styling, the point she kept emphasizing was that what we usually think of as good “styling” is really a matter of good “technique”.
ベス・エマーソンの女性のスタイリングに関する団体レッスンにおいて、彼女がいつも強調していたポイントは、我々が良い「スタイリング」として考えているものは、まさに良い「テクニック」そのものだということであった。

 

That if we follow a few simple technique rules, we will automatically look like we have good styling.
もし、我々が二三の単純なテクニックのルールを守るならば、それで自動的にわれわれが良いスタイリングを持っているというように見える。

 

The number one rule, for both leaders and followers, being: Never break your frame!!
もっとも大事なルールは、リーダーもフォロアーも決してフレームを壊してはならないということである。

 

That is, never let any part of your arm get behind your shoulder, whether you are in closed or open position.

 

For example, say you are progressing down the line of dance and want to extend your free arm back from the line of dance as a styling gesture at some break point.

 

We are usually taught in beginning classes to progress facing down the line of dance.

 

So what most people end up doing is keeping their body facing forward down the line of dance and extending their hand back behind them.

 

This however breaks the frame and doesn’t look good.

 

However, if while your feet are facing forward, you turn your upper body to the side, then you can hit the same arm pose by just extending your arm to the side.

 

In this case your frame is not broken, it looks good, and you are facing the audience which also makes for good presentation.

 

Beth mentioned that a good way to keep from breaking your frame was for the leader to always keep his belt buckle facing the follower and to do what ever it took in foot work to accomplish this.

 

(Although in their WCS class, Beth and Dan showed a technique in a duck move where it was easier to do if the leader turns his side to the follower for a moment.

 

This appears to break the belt buckle rule.)

 

==========================================================

 

I was taught that (and this may depend on the style of dance and the particular move being done) the thing to do is to always keep the navels of the leader and the follower pointing to each other where possible.

 

In a WCS under arm pass, the leader should turn his body as the follower passes by so that his body is always facing hers.

 

==========================================================
 
No tags for this post.