下記の欧米のサイトの記事を翻訳したものです。

ボルテクには、○○○フィガーの「ステップ1の終わりでライズ」 ⇒ 「ステップ2でライズ継続」などと記載されていますが、長ったらしくて不便です。

ISTDのフェローで試験官の Michell Stone  という人のブログにライズ・タイミングによりライズをいくつかに分類した記事がありましたので、翻訳しました。

慣れれば、こちらのほうが言いやすいと思います。

 

http://montereypeninsuladance.blogspot.com/2012/06/rise-fall-in-ballroom.html

 

RISE & FALL IN BALLROOM

Do you rise low enough to get high ?
高くライズするためにあなたは十分ロアーしていますか?

It is challenging to control the degree of  rise through the proper use of the feet, ankles, knees and the inner thighs. Oftentimes the quality of dancing suffers when the “Rises “are getting too high and/or occurring   too soon. It is wise to understand the different types of Rise and Fall & their executions. Listed here are some of the main ones:
両足、両くるぶし、両膝、両太ももの内側を適切に使用して、ライズの程度を制御するのは困難です。 多くの場合、ダンスの質は「」が高すぎたり、早すぎたりすると悪化します。 さまざまな種類のライズ&フォール、およびその実施について理解することが賢明です。 ここにリストされているのはそれらの主なもののいくつかです:

  1. Quick Rise
    A Quick Rise is where the rise occurs at the end of the first step, as in many of the figures used in the Foxtrot .   At the end of the first step the rise is high on the toes with knees flexed as the feet are collected underneath the body ( by stretching the ankles, the knees, the legs and the inner thighs we employ the muscles that are utilized in  all other types of rise).   Examples of such figures ( one step rise) are, the Open Telemark & the Double Reverse Spin.   
    クイック・ライズ
    クイック・ライズとは、Foxtrotで使われているフィガーの多くがそうであるように、ステップ1の終わりで起きます。 ステップ1が終わったところでは、トウの上でライズが高くなっており、膝は屈伸できる状態で(訳注:伸ばしきらないで)、両足はボディの下で揃えます(足首、膝、脚、太ももの内側と、その他のすべてのタイプのライズで利用されている筋肉を利用しつつ)。 そのようなフィガー(ワンステップ・ライズ)の例は、Open TelemarkとDouble Reverse Spinです。

  1. 3-Step Rise
    A 3-Step Rise is also commonly known as a gradual rise where the feet end together on the 3rd step – traditional terminology –  ” Commence – Continue – Continue”.  On count 2 it is essential to rise on low   “ toes “, i.e. on the ball of the foot with knees bent, then continue to  elevate to the  toes of the supporting foot with knees flexed until the closing action is complete.   Examples of such figures are : The Natural Turn and Reverse Turn in Waltz,  but  when the feet  end in an open position on the third  step, We use the terminology of ” Commence – Continue – Up”  because the rise has reached  its highest point at the end of the 2nd step, and there is no more rise on the 3rd step for the reason that the foot is moving to position in anticipation of an immediate lowering action. Further  examples are The Outside Change & Whisk in Waltz.
    スリー・ステップ・ライズ
    スリーステップライズとは、両足がステップ3で揃えて終わるグラデュアル・ライズ、すなわち伝統的な用語では「開始 – 続行 – 続行」としても知られています。 カウント2では、低い「トウ」、つまり膝を曲げた状態で足のボールに乗り、閉じる動作が完了するまで、膝を曲げたままでサポーティング・フットのトウまでライズし続けることが不可欠です。 そのようなフィガーの例は、ワルツのナチュラル・ターンとリバース・ターンです。しかし、ステップ3で足が開いた位置で終わるときは、ステップ2でライズが最高点に達しているため、「継続 – 継続 – アップ」という用語を使用します。 直後のロアー動作を見越してムービング・フットが所定の位置に移動しつつあるという理由で、ステップ3ではこれ以上のライズはありません。 さらなる例としては、WaltzのThe Outside ChangeとWhiskがあります。
  1. 4-Step Rise
    A 4-Step Rise is where the rise is more gradual, the feeling of going ” up the stairs” slowly, using the rise of  “commence – continue – continue – up ”  where the rise starts on low toes on the  2nd step, then continues  slightly higher as the 3rd step occurs, completing the pattern  on the 4th step, with obvious foot elevation, in anticipation of an immediate lowering action  It is beautiful to see when this figure is executed with control.  Examples of such figures are: The Chasse from Promenade  in the Waltz  and The Quarter Turn to Right & Forward Lock in Quickstep
    フォー・ステップ・ライズ
    フォー・ステップ・ライズとは、上昇がより緩やかであるライズであって、ゆっくり「開始 – 継続 – 継続 – アップ」のライズを使って「階段を上がる」感じのライズです。つまり、ライズは、ステップ2の低い「トウ」で始まり、ステップ3に入りながらわずかにさらに高くなり、それから、即座の下降動作を見越して、明らかに足を高くあげたステップ4のパターンを完成させます。 そのようなフィガーの例は、次のとおりです。ワルツにおけるChasse from Promenade、およびクイックステップにおけるQuarter Turn to Rightと Forward Lockです。 
  1. Figures which start from the ” UP ” position
    There are figures which start from the ” UP ” position because they are already UP due to the rise from the  preceding figure, like the Top Spin in Foxtrot, and generally after dancing steps 4-6 of the Reverse Turn, i.e.  the Feather Finish  ( both man & lady do not lower the heels at the end of the step 6 of the  reverse turn.)
    アップ位置からスタートするフィガー
    先行フィガーのライズのためにアップ状態から開始するフィガーがいくつかある。フォックストロットにおける Top Spin, 一般的にReverse Turn のステップ4-6を踊った後、たとえば Feather Finish  ( 男性・女性ともリバース・ターンのステップ6の終わったところはロワーしない)のように。
  1. Late Rise
    A Late Rise is where the rise starts ON  the 2nd beat  as in the Reverse Corte , or at the end of the 2nd step as in the Natural Spin Turn or Impetus Turn.   This type of rise which contributes to the element of suspension  between the 2rd and 3rd step.
    レイト・ライズ
    レイトライズとは、リバースコルテのようにライズが2拍目から始まるところ、またはNatural Spin Turn あるいは Impetus Turnのようにステップ2の終わりで始まるところです。 このタイプのライズはステップ2とステップ3の間の吊り下げ要素に寄与します。
  1. No Rise
    There are figures which  do not have a rise at all, namely, the Left Whisk and Change of  Direction where the  center of  gravity needs to be lowered to secure  balance.
    ノー・ライズ
    バランスを確保するために重心を下げる必要があるthe Left Whisk および Change of  Directionなど、まったくライズしないフィガーがあります。
  1. Body Rise
    There are figures which only use Body Rise, with no Foot Rise, like the lady’s Feather Step & Three Step . In cases of “no foot rise”  , rise is still delivered through the legs which of course are part of the body  NFR  simply means that there is no rise delivered  from toe to toe but in fact from heel to toe .  i.e. a slightly different type of foot articulation is utilized. By so doing, this enables the flow of  movement be continuous and with ease.
    ボディ・ライズ
    女性のフェザーステップおよびスリーステップのように、フットライズを使わずにボディライズのみを使用するフィガーがあります。 「ノー・フット・ライズ(NFR)」の場合、ライズは依然としてボディの一部である脚を介して依然として伝達されます。NFRは単にトウからトウに伝達されるライズがないことを意味しますが、実際にはヒールからトウまで伝達されます。 すなわち、わずかに異なる種類の足関節運動が利用されます。 そうすることによって、これはムーブメントの流れを連続的かつ容易にすることができます。
  2. Heel Turn type of Rise
    Heel Turn type of Rise
    It should be noted that on count 2 after the actual turn the knees are bent,  the heels are still on the floor. The implementation of further rise should not be contrived.  It is a natural part of the process as the heel of the supporting foot is released in the normal manner of moving forward to a toe lead.
    ヒールターンタイプのライズ
    実際のターンの後のカウント2では、膝は曲げられていますが、ヒールはまだフロア上に接触しています。 それ以上のライズをすることは考えてはいけません。 サポーティング・フットのヒールがつま先へ向かって前進する通常の方法でフロアから離れていくのであって、それは自然なプロセスです。

      “Practice makes a good dancer and practice with precision makes a better dancer! “
  「練習は良いダンサーを作るが、正確な練習はより優れたダンサーを作る!」

Written by Michell Stone  

Examiner for United States of Imperial of Society of Teachers of Dancing

www.montereydance.com

Email:  info@montereydance.com