「ビル&ボビー・アービンのダンス・テクニック」96ページ 

ワルツは回転をしながら横へスイングするダンスです。そこがこの踊りの基本的な特徴です。そのボディ・スイングの軌跡が正しくなければ3歩目で脚を閉じるのは、ギャンブルのようなものです。自然な足の形、ゆったりとした動きで脚が閉じられていれば、そのダンサーは本当に正しいアクション、正しいバランスで踊っている証拠です。

 

(Visited 1 times, 1 visits today)