アップ(UP)について
ボールルームダンステクニックのチャートの、ライズ&フォールの項目に、アップと記載されていることがあります。

アップつまりUPはある英英辞書では、以下のように説明されています。

at a higher or further level or position in or on

つまる、UPそのものの基本的な概念は、上昇するといった動きを表すのではなく、高いところないし到達点(限界というニュアンスが強い場合もあり)という位置を表すものです。

UP is often used with verbs of movement such as ‘jump’ and ‘pull’, and also in phrasal verbs such as ‘give up’ and ‘wash up’.

さらに、UPが一番良く使われるのは、動きを表す動詞と一緒に使う場合と、句動詞の一部として使う場合だと説明されています。

ですから、ジャンプアップは高いところまでジャンプするといった意味になりますし、ギブアップは限界まで与えるないし手放す(諦める)、ウォッシュアップは限界まで洗う(洗い上げる)となります。

いろいろなテクニック・ブックのライズ&フォールでは、UPは動詞と関係なく独立して使われていますので、そのステップの間は、UPの基本的な概念の、「高いところないし到達点」を維持するといった意味になります。ですからライズ&フォールの欄でアップと指定されているステップでは、その前のステップのライズで到達した高さを維持する必要があります。
 
これが端的な違いとして現れているのが、ワルツの123の最初のステップ1でライズを始め、ステップ2でライズ継続と書いているところと、フォックストロット の1234の最初のステップ1では「1の終わりでライズ」、ステップ2では「アップ」と書いているところです。

これらを守らないと、ワルツらしいスイング運動、フォックストロットらしいスイング運動を台無しにしてしまいます。

ダウン(DOWN)について

同様にDOWNの基本的な概念は、下降するといった動きを表すのでなく、低いところという位置を表すものです。

ダウンという用語は、ボールルームダンスでは、若干クイックステップに見られるだけですが、やはりその前のステップのロアーで到達した低さを維持するといった意味になります。

 

参考文献
日本人に初めてイングリッシュスタイルのボールルームダンスを紹介した英国教師として知られているレオナード・スクリブナーが編集者となって、1957年 に出版された The Complete Ballroom Dancer という本を読んでいたら、アップと指定されているステップでは、実際のフットワークとして上記と同じ説明がされていました。
 
In the Natural Turn in the Foxtrot (man) the word “up” is used which signifies that the rise is taken to peak on the step referred to.
Sometimes both words are used signifying that a gradual rise was made between a number of steps and then a further step taken which gives peak rise.