概要
 

日本ではISTDが出版した「Ballroom Technique」およびそれをJBDFが和訳した「ボールルーム ダンス テクニック」(通称ボルテク)が基本的な教本として現在でも使われています。しかしダイレクションやピボッティング・アクションなど意味の説明もない用語が使われていたり、各フィガーのチャートのライズ&フォールで現代のダンスであれば、まずロアーから始まるはずなのに「1の終わりでライズ」などと書かれていたりするなど、奇妙な点が見られます。

そのため、ISTDに確認した所「Ballroom Technique」は1982年に出版された10th Edition以降改定していないとのことです。

また入手した10th Editionとボルテクを比較したところ、たとえば、原文の「at the end of 1」を正しくは「1が完了した時点で」と訳すべきところを 「1の終わりで」と訳しているなど、日本人に誤解させかねない不適切な翻訳個所が見つかっています。

そのために、tamaがこれまでに欧米の書籍、文献などを収集し、英英辞書で本来の意味をチェックしながら分析した結果をもとに、説明のない用語や誤解されている用語を中心にピックアップして、この記事に掲載していこうと考えています。基本的には、この記事では、ビクター・シルベスター、レナード・スクリブナー、アレックス・ムーアなど偉大な先人の著書や、最新のWDSFの教本のダンス用語に基づき、よりわかりやすく説明することを目標にしています。読者の方の何らかの参考になればまとめた甲斐があります。

以下のダンス用語をクリックすると、説明のページにジャンプします。
 
説明作成にあたって、主として参考にした資料をこのページの最後に上げておきました。

 

Chart (チャート)

解説     [su_divider top="no"] WDSF Ballroom Technique Books...

詳しくはこちら

Flex (~を曲げる)

日本で出版されている社交ダンスの書籍では、「膝を曲げる」、「膝をわずかに曲げる」、「両膝をすこし緩める」などという表現が出てきます。   このような表現では、どの程度、またどの...

詳しくはこちら

Step (ステップ)

ダンスのテクニックブックの中で使われる、Step(ステップ)には、以下の2つの意味があるが、その中のチャートのステップは6.の意味で使われる。なぜなら、チャートの中の一つのステップ...

詳しくはこちら

Body (ボディ)

ボールルーム・ダンス・テクニック(翻訳書)には、「ボディ」という言葉があちこちで使われています。 一部には「体」という言葉も使われていますが、同じ意味です。たとえばCBMの説明の...

詳しくはこちら

Tone (トーン)

ダンスにおけるトーンなるものについて、ダンスの教師はじめいろいろな方が説明をされていますが、私には、その説明が人によりさまざまであり、主観的かつ抽象的な表現に終始しているように思え...

詳しくはこちら

Poise (ポイズ)

ボールルームダンステクニックではポイズのことを以下のように翻訳しています。   [su_box title="ポイズ" box_color="#d...

詳しくはこちら

Turn (ターン)

ボールルームダンステクニックでは、様々なところに turn(ターン)という言葉が使われています。   そして、ナチュラル・スピン・ターンなどのように用語の一部...

詳しくはこちら

Up, Down (アップ、ダウン)

アップ(UP)について ボールルームダンステクニックのチャートの、ライズ&フォールの項目に、アップと記載されていることがあります。 アップつまりUPはある英英辞書では、以下...

詳しくはこちら

CBM

CBM(Contrary Body Movement, コントラリー・ボディ・ムーブメント)は、ボールルームダンステクニック第5版では、以下のように翻訳されています。   ボデ...

詳しくはこちら

Pivot (ピボット)

ピボットという言葉は、ボールルームダンステクニックではあちこちに出てくるが、英語国民にとってあまりにも当たり前すぎるのか、その意味については説明されていません。これについては日本人...

詳しくはこちら

Pivoting Action (ピボッティング・アクション)

ピボッティング・アクションは英語で書くと、Pivoting Action です。   このピボッティング・アクションという言葉はボールルームダンステクニックで...

詳しくはこちら

Alignment (アライメント)

解説   ボールルームダンステクニックでは、アライメントのことを以下のように説明されています。   「部屋に関連した足の位置(方向)である。足とボディが同一線上にあるときは...

詳しくはこちら

At the end of (~の終わりで)

ボルテク(日本語に翻訳されたBallroom Techniqueの通称)で、「1の終わりでライズを始める」あるいは「3の終わりでロアーする」などというように「~の終わりで~する」と...

詳しくはこちら

ダンス用語に影響を与えたダンススタイルの変化

<説明追加予定> ダンス用語は不変のものではなく、実際には、ダンスのスタイルの変化に伴い、変化したり追加されていっています。 この事典では、どのようにダンスのスタイルが変化して...

詳しくはこちら

参考資料

ボールルーム・ダンス・テクニック第5版 (翻訳書) 英英辞書: Collins Dictionary One Look Dictionary Search The...

詳しくはこちら