解説

ダンスにおけるステップの長さ(あるいはそのステップのビート・バリュー)というのは、「どちらか片方の足が着地してからもう片方の足が着地するまでの時間」として定義されています。

歴史的に見ると、20世紀初頭までは、基本的には各ステップの長さは同じだったのですが、最初のフォックストロットがニューヨークで作り出されたころに、Qのステップのビート・バリューを1とし、Sを2とする(S = 2×Q )タイミングが新しく登場します。(だれも書かなかったフォックストロットの謎参照)。

そのため、この記事では、そのタイミングのとり方を Traditional Timing (伝統的なタイミングのとり方)という呼び方をしています。さらにそれと対比させて、この記事では、以下のように説明しています。

近年では、一歩踏み込んで体重を移すタイミングが新たに登場しています。 これは1世代前に登場し、今では多くのトップレベルのダンサーがこのタイミングを使用していますが、しかし伝統的なタイミングで訓練されたダンサーから教えられたため、そのタイミングを意識していない人もいます。

この記事では、このタイミングを New Timing (新しいタイミングのとり方)という呼び方をしていますが、tama が記事の中のそれらのタイミングのとり方を抽出して下のように比較表にしました。この新しいタイミングをとった結果として、フェザー・ステップを例に取るならば、S+Q+Q+Sと表示されてはいても、この記事では Q+1.5Q+1.5Q+…のようになるはずだということになります。にわかには信じられないというダンサーのために、近いうちに両方のタイミングの実例とそのタイミングの分析結果を掲載したいと思います。

TimingTraditional TimingNew Timing
S1Step is taken on RF
右足にステップする
(=右足着地)
Weight comes fully over LF, and RF commences to reach forward
体重が左足に十分にかかる、そして、右足が左足横を通過しそれからさらに前進する
&Weight approaches RF
体重が右足に近づく
RF continues to reach forward
右足が前進を継続する
2Weight comes fully over RF, LF passes RF
体重が右足に十分にかかる、左足が右足横を通過する
Step is taken on RF
右足にステップする
(=右足着地)
&Weight moves beyond RF, LF reaches forward
体重が右足を越える、左足がさらに前進する
Weight comes fully over RF, LF passes RF
体重が右足に十分にかかる、左足が右足横を通過する
Q3Step is taken on the LF
左足にステップする
(=左足着地)
Step is taken on the LF
左足にステップする
(=左足着地)
&Weight comes fully over LF, RF passes LF then reaches forward
体重が左足に十分にかかる、右足が左足横を通過しそれからさらに前進する
Weight comes fully over LF, RF passes LF then reaches forward
体重が左足に十分にかかる、右足が左足横を通過し、それからさらに前進する
Q4Step is taken on the RF
右足にステップする
(右足着地)
RF reaches forward
右足が(左足より)前進する
&Weight comes fully over RF, LF passes RF then reaches forward
体重が右足に十分にかかる、左足が右足横を通過し、更に前進する
Step is taken on LF
左足にステップする
(=左足着地)

なお、この記事の執筆者は、この新しいタイミングの使用状況を以下のように説明していますが、私の見る限り、この伝統的なタイミングは、欧米の社交ダンスパーティでの動きの小さいソシアル・フォックストロットなどでのみ使われており、世界の競技会はもちろんのこと、競技ダンススタイルばかりが幅を利かせている日本のパーティでは見ることはまれだと推測しています。なぜなら、の伝統的なタイミングでは、足を揃えずスムーズに動いていくフィガーを主体としたイングリッシュ・スタイルのフォックストロットの魅力が半減してしまうからです。

多くの偉大なダンサーが新しいタイミングを使用しますが、状況に応じて、多くの偉大なダンサーは依然として伝統的なタイミングを使用し、さらに他のダンサーは両方を使用します。 より優れた方法というのはありませんが、それぞれの方法は、ダンサーごとに、また使用するタイミングによって異なります。

記事の出所:http://www.ballroomguide.com/resources/blog/2016_10_26_foxtrot_timing.html

ダウンロードした PDF

対訳

FOXTROT TIMING

26 October 2016

Do you know the timing for a Feather Step? Most would say SQQ, but what does that really mean? A slow lasts two beats, which in Foxtrot is about a full second, but at what point in that second does the heel strike the floor? At what point is weight taken onto the foot? Is that always the case? These are important questions for any dance, but today we will examine the specifics of Foxtrot, because the answers to these questions have changed drastically in recent years, and some top tier dancers think they are doing one thing while they are actually doing something entirely different.
フェザーステップのタイミングを知っていますか? ほとんどの人はSQQと言いますが、それは実際にはどういう意味でしょうか? S(スロー)は2ビート継続し、これはFoxtrotでは約1秒なのですが、その1秒のどの時点でヒールがフロアにヒットしますか? 体重はどの時点で足にかかりますか? それは常にそうですか? これらはどのダンスにとっても重要な質問ですが、今日では、これらの質問に対する答えが劇的に変化しました。そしてトップにランクされるダンサー達の一部は、まったく異なるタイミングで踊っているのに、それまでと同じタイミングで踊っていると考えます。そのため、Foxtrotの詳細を調べることにします。 

 

BREAKING DOWN THE BEATS

Many of the most fundamental Foxtrot figures, such as the Feather Step, the Reverse Turn, and the Telemark, use the basic timing SQQ, where Slow lasts two beats and Quick lasts one. This can be seen in the graphic below.
フェザーステップ、リバースターン、テレマークなどの最も基本的なFoxtrotのフィガーの多くは、スローが2ビート、クイックが1ビートという基本的なタイミングでSQQを使用しています。 これは下の図で確認できます。

Note that The first beat starts at the top of the circle, and lasts all the way until the second beat starts. When we talk about the beat, sometimes we are taking about the very beginning of the beat, when the drumstick hits the drum, but in fact the beat continues all the way until the next time the drumstick hits the drum. This interval of time is shown in the graphic above by different coloured quadrants.
最初のビートは円の最上部から始まり、2番目のビートが始まるまで続きます。 ビートについて話すとき、ときどき、ドラムスティックがドラムに当たるときのビートの最初のところだけ取り上げることがありますが、実際には、次にドラムスティックがドラムに当たるまでビートが続きます。 この時間間隔は、異なる色の象限によって上の図に示されています。

 

TRADITIONAL TIMING

Traditionally on a forward step, the foot is sliding on the floor, reaching forward before the beat, and then right at the beginning of the beat the foot stops moving, and the step can be said to have been taken. However long the step lasts, half that time is taken to get the weight over the foot, so that at the half way point the weight is directly over the foot, and the other half to move the weight past the foot in preparation for the next step. Therefore, the steps and weight transfer for the Man’s part of the Feather Step would look like this, where the red X indicates a step being taken.
従来、前進ステップでは、足は床の上を滑っていき、ビートが開始する前に、前方に達し、その後、ビートの開始時に足の動きが止まり、ステップは実行されたと言うことができます。 ステップがどれほど長く続く場合でも、半分の時間は足で体重を受けるのに費やされるため、中間点では体重は足の真上にあり、残りの半分の時間は次のステップの準備のために足を超えて体重を移動します。 したがって、フェザーステップの男子の部分のステップと体重移動は次のようになります。赤いXは、実行中のステップを示します。

As you can see above, traditionally, the step is taken at the very beginning of the beat. However long the step lasts, weight always take 50% of that time to get over the foot, and the other 50% to pass beyond the foot. This ensures the body moves smoothly through the step.
上記のように、伝統的に、ステップはビートの最初に行われます。 歩数がどれだけ長くても、体重は常にその時間の50%で足を乗り越え、残りの50%で足を超えます。 これにより、ボディがそのステップを行う過程でスムーズに移動します。

 

NEW TIMING

Recently, a new timing has emerged for when the step is taken and the weight is transferred. This emerged a generation ago, and now many of the top tier dancers use this timing, though some of them are not aware they do it, having themselves been taught by traditionally trained dancers.
近年では、一歩踏み込んで体重を移すタイミングが新たに登場しています。 これは1世代前に登場し、今では多くのトップレベルのダンサーがこのタイミングを使用していますが、しかし伝統的なタイミングで訓練されたダンサーから教えられたため、そのタイミングに気がついていない人もいます。

In this timing, the Slow is broken up differently, so that the step isn’t even taken until the halfway point, after which the weight needs to be transferred quickly. During the first half of the Slow, weight is held on the previous leg, and the moving leg is stretched forward to take a longer step. The second step is the same, but the third step occurs slightly later in order to accommodate the amount of time that needs to be spent on it before the following Slow. Here is what it would look like this, where the red X indicates a step being taken.
このタイミングでは、スローは別の方法で分割されるため、ステップは中間点まで行われず、その後、ウェイトをすばやく移す必要があります。 スローの前半では、前の脚にウェイトがかけられ、動いているその脚が前に伸ばされて、より長いステップを踏みます。 2番目のステップも同じですが、次のスローの前に3番目のステップに費やす時間を確保する必要があるために、3番目のステップは少し遅れて発生します。 これは次のようになります。赤いXは実行中のステップを示します。

Essentially what has happened here is that the amount of time spent on the RF during the Slow has been cut in half, with with that half itself being split between two places: the time between step 2 and 3, and the time between step 3 and the next step 1. All the same processes have to happen with each step, but now there is less time to do them on the first step, and more time to do them elsewhere.
基本的にここで起こっていることは、スロー中にRFに費やされた時間が半分になり、その半分自体が2つの場所に分割されていることです:つまりステップ2と3の間の時間と、ステップ3と次のステップ1の間の時間に。すべての同じプロセスを各ステップで実行する必要がありますが、最初のステップで実行する時間が少なくなり、他の場所で実行する時間が増えました。

 

COMPARISON

Many great dancers use the new timing, but many great dancers still use the traditional timing, and still others use both, depending on the situation. There is no superior method, but each method will look different on different dancers, and when used at different times.
多くの偉大なダンサーが新しいタイミングを使用しますが、状況に応じて、多くの偉大なダンサーは依然として伝統的なタイミングを使用し、さらに他のダンサーは両方を使用します。 より優れた方法というのはありませんが、それぞれの方法は、ダンサーごとに、また使用するタイミングによって異なります。

The traditional method has a strong weight transfer on the first beat, and as you know from the Musicality and Phrasing article back in March, the first beat is musically the strongest and the most important beat to hit. The Slow is also typically where most things happen. In the Reverse Turn, for example, the Lady has to dance a Heel Turn, which is made all the more difficult by shortening the amount of time dedicated to the Slow.
従来の方法では、最初のビートに強い体重移動があり、Ballroom Guide の3月の 「Musicality and Phrasing 」という記事からわかるように、最初のビートは音楽的に最も強く、最も重要なビートです。 スローは通常、ほとんどのことが起こる場所でもあります。 たとえば、リバースターンでは、女性はヒールターンを踊らなければなりません。これは、スローに費やされる時間を短くすることで、さらに難しくなります。

The new method, however, allows for a smoother gliding action throughout the figure. Go back to the circle above, and notice how each step is as evenly placed around the circle as possible. Furthermore, increasing the time between the second and the third step allows for the appearance of hanging in the air on the second step, which is one of the most characteristic movements in the dance.
ただし、この新しい方法では、フィガー全体でスムーズなすべるような動作が可能になります。 上の円に戻って、各ステップが円の周りにできるだけ均等に配置されていることに注目してください。 さらに、2番目と3番目のステップの間の時間を増やすと、ダンスの最も特徴的な動きの1つである2番目のステップで宙に浮いているように見えます。

Take a look at this Professional Foxtrot competition from last year, where most of the current top couples in the world are present. Notice the ones that use the traditional timing and those that use the new timing.
昨年のこのプロフェッショナル・・コンペティションをご覧ください。現在、世界のトップカップルのほとんどが参加しています。 従来のタイミングを使用するものと新しいタイミングを使用するものに注目してください。

Lastly, try both of these timings for yourself. You may find that you think you do one, but actually do the other, or you may find that changing the one you use makes your dancing instantly look and feel better.
最後に、これらのタイミングの両方を自分で試してください。 どちらかを実行すると考えていても、実際にはもう一方のタイミングを実行している場合や、使用するタイミングを変更すると、ダンスの見た目がすぐに良くなり、フィーリングが良くなる場合があります。