解説

The Dumbing Down of Techniqueというのは、技術の鈍化ないし退化といった意味です。

このエッセイの著者は、プロ志願者を指導しているWDCのコーチのようですが、彼はアレックス・ムーア氏が1991年に死去した後、ISTDが、”The Ballroom Technique“だけを推奨してきたことによって、プロの志願者のテクニックに関する知識が、はるかに低いレベルまで落ちたことを憂えています。

この”The Ballroom Technique“は、翻訳書「ボールルームダンス テクニック」いわゆるボルテクとして知られている教本の原著であり、日本のさまざまなダンス協会はこのことを自分たちの問題として捉え、なんらかの方策を打つ必要があると思います。

なお読者の方のため、ここで取り上げられている下記の書籍の中身を若干ご紹介しておきます。クリックして下さい。

 

 

本文対訳

The Dumbing Down of Technique

技術の退化

As a coach involved in training students for professional examinations, I am becoming more and more concerned with the lack of understanding of  “Hows and Whys” of the average student, and I do my best to address this when coaching.
プロ試験の志願者を教育することに関わるコーチとして、私は平均的な志願者の「Hows and Whys」の理解の欠如にますます憂慮しており、そして私はコーチするときは、これに対処するために最善を尽くしています。

As an Examiner, I find that few candidates have any understanding of why a movement is performed in a certain way. They generally can recite the technique as written in chart form, but do not know why some steps have sway and others do not, do not comprehend what a foot position is, have twisted minds (and bodies) as to the meaning of , and generally have a far lower standard of technical knowledge than students had twenty, thirty or more years ago.
私は一人の試験官の立場から、なぜムーブメントがある決まった方法で行われるのかその理由を理解している志願者はほとんどいないということに気付いています。 彼らは一般的にチャート形式で書かれているようにテクニックを暗唱することができますが、なぜあるステップにスウェイがあるのに他にないのかを知らず、足の位置とは何なのかを理解しておらず、またCBMに関して歪んだ考え(体も)を持っています。 一般的に、志願者はテクニックに関する知識については、20年、30年あるいはそれ以上前に比べてはるかに低いレベルにいます。

It is my belief that this has come about since Alex Moore passed on around twenty years ago.
私は、おおよそ20年前にアレックス・ムーア氏が死去したころから、このことが起こったと信じています。

Until then, the recommended study of technique was by using Alex Moore’s book “The Revised Technique”. But, in the front of the book was the recommendation that it be used in conjunction with his reference book “Ballroom Dancing” which gave more comprehensive explanations to each figure, including the use of diagrams.
それまでは、推奨されるテクニック研究は、アレックス・ムーア氏の著書「The Revised Technique」を使用したものでしたが、(それだけでなく)その書籍とともに、フィガーの使い方を含む、各フィガーをより包括的に説明した彼の参考書「Ballroom Dancing」と併せて使用することでした。

Some churlish and small-minded people might say that this was designed to enhance book sales, but there is no doubt that by studying both books in unison, candidates had a far greater knowledge and understanding than they appear to have today.
無作法で心の狭い人はそのことを本の売り上げを伸ばすことを意図したものであると言うかもしれませんが、その時代の志願者たちが今日よりもはるかに多くの知識と理解を持っていたことは間違いありません。

Upon his passing, The Imperial Society Ballroom Committee made revisions and changes, and renamed it “The Ballroom Technique”.
彼の死去の際に、ISTD内の委員会は修正と変更を行い、そしてそれを“The Ballroom Technique”と改名しました。
(tama注:このときチャート方式が導入されている。)

They chose not to continue with the recommendation that “Ballroom Dancing” be used in conjunction with the chart form, and thereby lies the root of the problem.
その時、彼らはチャート方式と連動して「Ballroom Dancing」を使用することを推奨はしないということを選択したのですが、それがこの問題の根底にあります。

As a hobby, I breed parrots, and I am sure some of my brighter birds can recite the technique, but would have no more understanding than many of  the candidates one examines today.
趣味として、私はオウムを飼っていますが、私のより賢い鳥の何羽かはそのテクニックを暗唱することができると確信していますが、今日試験をおこなう志願者の多くよりは理解できないでしょう。

I would like to take just one movement and highlight the lack of necessary detail in the charted form of technique without explanation.
一つのムーブメントだけ取り上げて、チャート化されたテクニック中に、説明もなしで、必要な詳細情報がかけているところにハイライトを当てたいと思います。

The Open Telemark

StepFeet PositionsAlignmentAmount of Turn
1LF fwd Facing DC Com. to turn L
2RF to side Backing DW 1/4 between 1-2
3LF to side and slightly Pointing DW1/2 between 2-3
4fwd in PPBody facing wall Body turns less
SWAY: SLS

 

I then ask the question, “why is there no sway on step three?”
The average candidate, not having been exposed to the explanations in “Ballroom Dancing” has no answer to this.
The technical explanation is that sway is generally involved with turn, and as there is no turn on step three because the turn has already been completed, there can be no sway.
“But, but, but there is turn, the book says ½ between two and three! Sir”
その上で私は質問をします、「なぜ、ステップ3にスウェイがないのでしょうか?」と。
Ballroom Dancing の説明を読んだことのない平均的な志願者には、これに対する答えはありません。
技術的な説明としては、スウェイは一般的にターンに関係しており、ステップ3ではすでにターンが終了しているので、スウェイはなくてもいいからです。
「しかし、しかし、しかしターンはあります、本では2と3の間に1/2回転と書いているじゃないですか! 先生!」

Let us examine the detailed description in Ballroom Dancing.
Ballroom Dancingの詳細な説明を見てみましょう。

    1. LF forward, turning body to left.
    2. RF to side, across the L.O.D.
    3. Continue turning on ball of RF, until body is facing towards outside wall, and step to side and slightly forward in P.P.

It is worthy of comment that the amount of turn in Ballroom Dancing is ¾ to left. In the Ballroom Technique, it is;
Ballroom Dancing の中では回転量が左に3/4であることはコメントに値します。The Ballroom Techniqueでは、

¼   between 1 and 2.  ½ between 2 and 3

I contend that the above description has the turn completed before step three is taken, hence no sway on three.
私は、上記の説明では、ステップ3が実行される前にターンが完了していると主張します。

Perhaps a better chart description would be
おそらくより良いチャートの説明は以下のようになります。

¼   between I and 2.  ½ on 2, body turns less.

Let us not call them anomalies, rather points of discussion.
それらを異常と呼ぶのではなく、論議のポイン​​トとしましょう。

I do observe that in the Imperial Society’s “The Ballroom Technique” I have discovered four errors, whether of fact or typographical it doesn’t matter, but there were none in Alex Moore’s “Revised Technique”, and there are none (to my knowledge) in “Ballroom Dancing”.
私は、ISTDのThe Ballroom Technique」で、それが実際そう言おうとしたのか誤植だったのかは別として、4つのエラーを見つけましたが、アレックス・ムーア氏の「Revised Technique」にはエラーは何もありませんでした。 そして(私の知る限り)”Ballroom Dancing“においても。

I possess several different text books, several by Victor Sylvester, Carl Bryant. Alex Moore, they all give explanations that are virtually the same. They give a wealth of detail that is sadly lacking in the charted form. And are necessary for any student to study in conjunction with the sparse information that is contained in “The Ballroom Technique.”
私はいくつかの異なる教本を持っています。いくつかはVictor Sylvester、Carl Bryant、 Alex Mooreによるものですが、それらはすべて事実上同じ説明をしています。それらは、チャート方式では残念ながら欠けている豊富な詳細を提供しています。そして、The Ballroom Techniqueに含まれている散らばった情報と併用することが、すべての勉強しようとする学生のために必要です。

Unfortunately, after twenty years the coaches who train students for the profession have not themselves been exposed to the idea of studying two books together and this, I believe, is leading to or has lead a dumbing down of technical knowledge of  our wonderful art.
残念ながら、20年後にプロ志願者を教育することになるコーチは彼ら自身がこの2冊の本を勉強するという考えにさらされませんでした、そして、これは私達のすばらしい芸術の技術的知識の鈍化につながっているか、または鈍くしました。

It is up to old geezers like me to try and bring back the standards of yesteryear.
この昔の基準を引き戻すのは私のような昔風の男たちにかかっています。

Barry Gasson

 

The Dumbing Down of Technique