解説

「サドン・ムーブメント(突然の動き)」とはあまり聞き慣れない用語ですが、タンゴらしさ、すなわちスムーズなムーブメントの中でのスタッカート的な動きを表現するために必須のテクニックです。「サドン・ムーブメント」では、いくつかのテクニック単独でおよびそれらの組み合わせに応じて以下のような用語が用いられます。

      • Impulse (インパルス、衝撃)
        GO Impulse および STOP Impulse の2つがあります。Impulseとは、ある方向に短時間加えられる力と考えればよいと思われます。またこの教本では、「ある方向に動いているとき、さらに急加速するために、同じ方向に加えるインパルス」をGO Impulse、「ある方向に動いているとき、急減速するために、動いている方向と正反対の方向に加えるインパルス」をSTOP Impulseと名付けています。

            

      • Vibration (バイブレーション、振動)
        この教本では、「男子が筋肉によって起こす複数の小さなインパルス列」といった説明がなされていますが、実際には、女子の動く速度を変えるほどのインパルスではなく、いわば合図のためのインパルス列と考えていいと思われます。
      • Pressure (プレッシャー、圧力)
        上記の2種類のインパルスによる圧力、および女子を後ろに反らせるために、男子が腹部をパーカッションのように加える圧力(このテクニックはこの教本には書いていませんが、WDSFの公式動画サイトのタンゴのレクチャーで出てきます)が含まれています。

実際にどのような場面で使われているのか、そのレクチャーのなかで画面に上記の用語が出てきます。以下の動画の5:13以降をご覧ください。

    • なお、「サドン・ムーブメント」で出てくる「ライン」とは、ライン・フィガーのステップ中で変化させるラインのことだと思われますが、どのようなフィガーがライン・フィガーに分類されるかについて公式な情報は現時点では持っていませんが、こちらが参考になると思います。 ⇒ ライン・フィガー
    • 全てではありませんが、これらのテクニックを上記の動画で説明していますので、読者の参考のために私が対訳したものをつけています。 ⇒ Tango Pointers by Paolo Bosco and Silvia Pitton
    • Sudden の発音はサドンより、サドゥンのほうが近いのですが、現時点では日本人の馴染みのあるサドンで表記しておきます。

 

本文対訳

Sudden Movements with Pressure
圧力を伴ったサドン・ムーブメント

Pressure, in Physics, is defined as a force applied to a surface area. When movement is created as a result of a force, the amount of work done can be calculated using the following formula: 
物理学での圧力は、表面に加えられる力として定義される。その力の結果として移動が行われる場合、次の式を使用して、行われた仕事量を計算できる。

Work = Force x Distance (W = F . d)

Therefore, the process used in each Sudden Movement with Pressure and the resulting effect depends on the direction and amount of movement created.
したがって、圧力を伴う各サドン・ムーブメントとその結果としての効果において使用されるプロセスは、作り出されたムーブメントの方向と量に依存する。

Sudden Movements with Pressure can therefore be divided into 2 categories:
そのため、圧力を伴うサドン・ムーブメントは2つのカテゴリに分類できる。

1) Non-travelling lines
2) Travelling lines and figures

   
Sudden Movement with Pressure
圧力を伴うサドン・ムーブメント
Non-Travelling Lines
フロアを移動しないライン・フィガー
Forwards and Rightwards
前方および右方へ
Backwards and Leftwards
後方および左方へ
Travelling Lines and Figures
フロアを移動するライン・フィガーおよびフィガー

 

Sudden Movements with Pressure in Non-travelling Lines
移動しないライン・フィガーにおける「プレッシャーを伴ったサドン・ムーブメント

These types of lines can be further divided into two types:
これらライン・フィガーのタイプは更に2つのタイプに分類できる。

1- lines that move forwards or rightwards (e.g. Contra Check and Lunge);
2- lines that move backwards or leftwards (e.g. Back Check and Spanish Drag).
1.前方あるいは右方に動くライン・フィガー(例:コントラ・チェックおよびランジ)
2.後方あるいは左方へ動くライン・フィガー(例:バック・チェックおよびスパニッシュ・ドラッグ)

Lines that move forwards or rightwards
前方あるいは右方に動くライン・フィガー
Phase 1The Man starts to move to the right or forwards. Halfway through the execution of the step, his speed increases suddenly at which point the pressure between the two bodies will increase due to the Lady’s reaction time(1).
男子は右または前方に動き始める。そのステップの実行の途中で、男子の速度が突然増加する。その時、女子の反応時間(2)の(遅れの)ために、二人のボディの間の圧力が増加する。
Phase 2Immediately after (within a few 100ths of a second) the Man stops moving. The Lady is unable to react to this second stimulus so she continues to move in the original direction. This action creates the final line.
その直後(100分の数秒以内)に男子は動きを止める。 女子はこの2回目の刺激に反応することができないため、元の方向に動き続ける。 このアクションにより、最後のラインが作り出される。

Lines that move backwards or leftwards
Note: In this type of lines, the phases described above are inverted.
後方あるいは左方へ動くライン・フィガー
注:このタイプのライン・フィガーにおいては、上記で説明された2つのフェーズの反対になる
Phase 1The Man starts to move to the left or backwards, but halfway through the step he stops suddenly and the Lady, because of her reaction time, slows down slightly later than the Man. The pressure between the two bodies will therefore increase.
男子は左または後方に動き始めるが、ステップの途中で突然停止し、女子は反応時間の遅れのために男子よりわずかに遅くなる。 そのため、2つのボディ間の圧力は増加する。
Phase 2Immediately after, the Man will move again, finishing the step. The Lady is not be able to react to the second indication (2) and remains still, extending to create a line.
その直後、男子は再び動き、ステップを終了する。 女子は2番目の指示(2)に反応することができず、静止したままで、伸びてラインを作る。

We can call these two phases (impulses) GO and STOP. The Man always leads a Sudden Movement with Pressure by producing two impulses within a very small amount of time.
これらの2つのフェーズ(インパルス)をGOおよびSTOPと呼ぶことができる。男子は、いつでも非常に短い時間内に2つのインパルスを作り出すことにより、「圧力を伴うサドン・ムーブメント」へリードする。

The table below summarizes this concept into chart form:
次の表は、この概念をチャート形式にまとめたものである。

FORWARD or RIGHTWARD LINES
(Contra Check or Lung)
BACKWARD or LEFTWARD LINES
(Back Check or Spanish Drag)
Kind of impulse
GO - STOP (LINE)
Kind of impulse
STOP - GO (LINE)

Appendix

(1) REACTION TIME 反応時間
The relationship between the Man and the Lady is defined as Partnering and is normally described in terms of “Action and Reaction”.
A dancer produces “Actions” which are generally perceived by his/her partner as a form of “Stimuli”, which, once identified and properly elaborated, are used to form responses or “Reactions”.
lt has been scientifically proven that the human body takes time to react to any “Stimulus” and that this “Reaction Time” is always greater than 0. This means that any response to a given action is subject to delay.
This delay is scientifically defined as “Reaction Time”.
The more the partner is able to reduce this reaction time, the higher the level of partnering in the couple will be.
男子と女子の関係はパートナーシップと定義され、通常は「アクションとリアクション」の観点から説明される。
ダンサーは「アクション」を行う。これは通常、パートナーによって「刺激」の形として認識される。「刺激」は、特定され、適切に分析され、応答または「リアクション」を作り出すために使用される。
人体は「刺激」に反応するのに時間がかかり、この「反応時間」は常に0より大きいことが科学的に証明されている。これは、特定のアクションへのリアクションが遅れることを意味する。この遅延は科学的に「反応時間」と定義されている。
パートナーがこの反応時間を短縮できればできるほど、カップルのパートナーシップのレベルは高くなる。

 

Appendix

(2) PSYCHOLOGICAL REFRACTORY PERIOD (REACTION TO TWO STIMULI) 心理的不応期(2回の刺激に対する反応)
In situations where two stimuli are presented suddenly or in a very short time, the Central Nervous System (CNS) detects the first stimulus and begins to generate a response to it.
The organization of the response to the second stimulus must wait until the programming of the response of the first stimulus is over.
According to Pashler (1993/94) a temporary bottleneck is created in the early stages of response selection or programming as only one action can be managed at a time. Therefore, this delay is longer when the time between the two stimuli (lnterstimulus interval or |.S.l.) is very short (approx. 60 ms).
The delay in the response to the second of the 2 stimuli is an important phenomenon in human performance and has been defined as: Psychological Refractory Period (PRP).
2つの刺激が突然または非常に短時間で与えられる状況では、中枢神経系(CNS)は最初の刺激を検出し、それに対する応答を生成し始める。
2番目の刺激に対する応答が構成されるのは、最初の刺激の応答のプログラミングが終了するまで待機する必要がある。
Pashler(1993/94)によると、一度に処理可能なアクションは1つだけであるため、応答の選択すなわちプログラミングの初期段階で一時的なボトルネックが発生する。 したがって、この遅延は、2つの刺激間の時間(刺激間間隔すなわちI.S.I)が非常に短い(約60ミリ秒)場合に長くなる。
2つの刺激のうち2番目の刺激に対する応答の遅延は、人間のパフォーマンスにおける重要な現象であり、次のように定義されている:心理的不応期(PRP)。

 

 

One Quick (half-beat) in Tango is approx. 500 ms long. A normal human reaction time (400 ms) means the action is only started when the time for executing is practically finished.
タンゴでの1つのクイック(ハーフビート)は約 500ミリ秒である。 通常の人間の反応時間(400ミリ秒)は、そのアクションが実行時間が実質的に終了したときにのみ開始されるということを意味する。

Sudden movements with pressure in moving figures or in other lines
移動するフィガー中あるいはその他のライン・フィガー中における「プレッシャーを伴うサドン・ムーブメント」

Considering a body (Lady) moving in a straight line along the LOD, the forces used will be:
LODに沿った直線上で動く女子のボディを考えたとき、用いられる力は以下のようになるであろう:

1) the overbalance (weight force) of the Lady;
2) the muscle strength of the Lady;
3) the force applied by the Man through his arms and hands.
1)女子のオーバーバランス(重力);
2)女子の筋力;
3)男子が腕と手を通して加える力

Even though the Lady produces her own movement through overbalance and muscle action, the Man may assist in increasing her acceleration during the movement.
女子は、オーバーバランスと筋肉の作用により自身の動きを生み出すが、男子は、女子のムーブメントの中途で、加速を強めるのを補助してもかまわない。

The formula for acceleration in relation to force and mass is given as;
力と質量に関する加速度の式は次のとおりである

Acceleration = Force/Mass (a = F/m)

ln order to increase the acceleration of the Lady a force greater than the mass (weight) of the Lady must be applied
女子の加速度を増加させるためには、女子の質量(重量)よりも大きな力を加える必要がある。

Applying an acceleration infers increasing the speed of the Sudden movement, in fact:
加速を加えると、実際には、「サドン・ムーブメント」の速度が増加することが推測される。

Acceleration = Change in Speed/Time (a = AS/t)

Considering that:
それを考慮すると

Change of Speed = Speed at the end of the figure – Speed after the sudden movement (AS = S2 – S1)

And therefore: 
したがって

Acceleration = Speed at the end of the figure – Speed after the sudden movement /Time (a = (S2 – S1)/t)

This acceleration, as stated above, will occur due to the force directly applied through the muscle use of the Man,
transmitted to the Lady through his hands and arms.
前述のように、この加速は、男子の筋肉を使用して直接加えられ、手と腕を介して女子に伝達される力により発生する。

Common examples of Sudden Movements with Pressure in moving figures or other lines are the Fallaway Whisk, the
Chase, the Throwaway Oversway and the Same Foot Lunge.
動きのあるフィガーや他のライン中のプレッシャーを伴う「サドン・ムーブメント」の一般的な例は、Fallaway Whisk、Chase、Throwaway Oversway、Same Foot Lungeである。