解説

このページの一番最後のロアリングのチャートについて説明しておきます。

Alex Mooreのワルツやフォックストロットのデモの動画を見れば推察できるように、ボルテクの原本である ISTDのThe Ballroom Techniqueは、1948年の初版が著された頃の動きの小さいボールルームダンスを元にしていると思われます。そのため、その後大きく進化した21世紀の現在の踊り方にそぐわない個所が少なからず見られます。たとえば、&フォールを取り上げるならば、1982年の最後の10版のThe Ballroom Techniqueでさえ、足首を使ったフット・&ロアーとノー・フット・ライズのことだけしか、チャートに書かれていません。我々が現在当然のように行っている、膝を大きく曲げて行うレッグ・&ライズについては記載されていません。

そのため、The Ballroom Technique(およびボルテク)ステップ1のライズは、Commence to rise at the end of 1 (「1の終わりでライズ」。正しくはステップ1が終わってすぐライズを開始せよ)としか書かれていません。

しかし、この項の最後で結論付けられているように、WDSFは科学的な調査方法により、21世紀の現代のスイング・ダンスのステップ1は、ニュートラル・ポジションからレッグ・ロアーしていき、最低点に達したところで今度はレッグ・ライズしていき、ステップ1とステップ2の境目あたりで、レッグ・ライズは継続しつつ、フットライズを開始する」ということを客観的に示しています。

それを、上記のチャートの「Lower on 1 (Leg) then start to rise e/o 1 (Leg-Foot)」というように表しているわけです。then start to rise e/o 1 を、この個所だけで、文字通りに解釈してしまうと、「ステップ1が終わってすぐにレッグ・ライズとフット・ライズを開始する」というように誤解しかねません。「百聞は一見にしかず」ということをこの項は示していると思います。

 

本文対訳

Swing Principles
スイング原理
 
In physics, swing is defined as a free movement around a fixed point (X). To exemplify this definition, a particular type of periodic motion called Pendulum Motion can be considered.
物理学では、スイングは固定点(X)の周りの自由な動きとして定義される。この定義を例証するために、振り子運動と呼ばれる特定のタイプの周期的運動を考えることができる。
 
At points A and B in Figure 2.a below, the kinetic energy (velocity) is equal to zero and the potential energy is at its maximum. The potential energy can be calculated using the formula m・g・h where g is the acceleration due to gravity, h is the height differential between the point A or B compared to C, and m is the mass.
下の図 2.a のポイントAおよびBでは、運動エネルギー(速度)はゼロに等しく、位置エネルギーは最大になる。位置エネルギーは、式 m・g・h を使用して計算できる。ここで、g は重力による加速度、h は点AまたはBとCの高さの差、mは質量である。
 

 
Starting from point A, the velocity will increase up to point C and then B, where the velocity is equal to zero (V = 0). The motion will then be reversed, thus the velocity will increase up to point C and then decrease up to point A, where the velocity again will be 0. The velocity is at its maximum at point C.
ポイントAから始まり、速度はポイントCまで増加し、次に速度がゼロに等しいBまで増加する(V = 0)。 その後、動きは逆転し、速度はポイントCまで増加し、ポイントAまで減少し、速度は再び0になる。速度はポイントCで最大になる。
 
This pendulum motion is emulated by the dancer, both from a kinematic and visual point of view (figure 2.b). The dancer’s A barycentre represents the moving point in a Pendulum.
In figure 2.b below, the dancer will start at point A (velocity 0). The speed will gradually increase, starting with a small movement (low velocity) up to point C (maximum velocity) and then decelerates up to point B by means of a “control action” as described in the Drive Action above.
この振り子の動きは、運動学と視覚の両方の観点から、ダンサーによって模倣される(図2.b)。 ダンサーのA重心は、振り子の移動点を表す。下の図2.bでは、ダンサーはポイントA(速度0)から開始する。 速度は徐々に増加し、小さな動き(低速)からポイントC(最大速度)まで始まり、上記の「ドライブ・アクション」で説明した「コントロール・アクション」によってポイントBまで減速する。
 
 
Qualitative analysis of the pelvic trajectory.
 
In order to better understand the principle of swing applied to dancing, a scientific study has been made into the movement of the barycentre of both partners in specific figures (in this case the Feather Step). This analysis was accomplished in a scientific laboratory with precise scientific equipment focusing specifically on the pelvic trajectory.
ダンスに適用されるスイングの原理をよりよく理解するために、特定のフィガー(この場合はフェザー・ステップ)で両パートナーの重心の動きを科学的に調査した。この分析は、特に骨盤の軌道に焦点を当てた正確な科学機器を備えた科学実験室で行われた。
 
The first part of the analysis was a qualitative evaluation of video clips, made by both the dancers and their teachers immediately after the dance steps were performed. After only a few minutes, a part of the kinematic analysis was conducted thanks to the power and utility of the software.
分析の最初の部分では、ダンスのステップが実行された直後にダンサーと教師の両方によって行われたビデオクリップの定性的評価を行った。ソフトウェアのパワーとユーティリティのおかげで、わずか数分で、運動解析の一部が実行された。
 
Figures 2.c shows the stroboscopic image of the Feather Step, 2.d shows the trajectories of the pelvis of both Man and Lady during the Feather Step, and Figure 2.e shows a graph of the velocity of horizontal translation over time of the markers placed on the pelvis of the Man and Lady. Note: the stroboscopic image (2.c) was obtained taking a frame every two tenths of a second (5 images per second) in order to produce the maximum precision.
図2.c はフェザー・ステップのストロボスコープ画像を示し、2.d はフェザー・ステップ中の男子と女子の両方の骨盤の軌跡を示し、図2.e は、フェザー・ステップ途中の男子と女子の骨盤につけられたマーカーの水平移動速度のグラフを示している。
注:ストロボスコープ画像(2.c)は、最高の精度を実現するために、10分の2秒ごとにフレーム1枚(1秒あたり5画像)を撮影し得られた。
 
The variations in the velocity during the execution of the figure were deduced through a qualitative analysis of the figures below. In the stroboscopic image (figure 2.c), the time difference between each frame is constant. Where two images appear further from one to another, a higher velocity (of translation) can be deduced. Furthermore the relationship between pelvis and leg movements in the various stages of each step, adaptive phenomena, and the presence and/or correction of any technical errors can also be understood. In figure 2.d, the tracks left by the markers on the pelvis make it quick and easy to visualise the homogeneity (smoothness and togetherness) of the performance.
フィガーの実行中の速度の変動は、下の図の定性分析を通じて推定された。 ストロボスコープ画像(図2.c)では、各フレーム間の時間差は一定である。 2つの画像がお互いに離れて表示される場合、より高い速度(平行移動)であると推定できる。 さらに、各ステップのさまざまな段階における骨盤と脚の動き、適応現象、および技術的なエラーの存在と修正の関係も理解できる。 図2.d では、骨盤のマーカーによって残された軌跡により、パフォーマンスの均一性(滑らかさと一体感)をすばやく簡単に視覚化することができる。
 
All the evaluations carried out using this method have very important practical implications in terms of teaching, technical evaluation, and medicine, both in relation to posture and traumatology. Hypothetically, the evaluation method used here could also be useful as an additional tool in competition analysis. It would be possible to conduct similar analyses on competing couples, based on simple video clip.
この方法を使用して実行されるすべての評価には、姿勢、外傷医学の両方に関して、教育、技術評価、および医学の面で非常に重要な実際的な意味を持つ。 仮説としてであるが、ここで使用される評価方法は、競技の分析の追加ツールとしても役立つ可能性がある。 単純なビデオクリップに基づいて、競合するカップルに対して同様の分析を行うことができる。
 
Drive action and Swing effect

ドライブ・アクションとスイング効果

In all Swing figures Drive Action is fundamental to the production of the correct Swing effect. As described in the previous chapter regarding Swing Principles, in order to obtain an ideal Swing effect, use of specific coordination is necessary. The description of this coordination can be found in the first part of Drive Action.
すべてのスイング・フィガーで、ドライブ・アクションは正しいスイング効果を生成するための基本である。スイングの原則に関する前の章で説明したように、理想的なスイング効果を得るには、特定の調整を使用する必要がある。この調整の説明は、ドライブアクションの項の最初の部分にある。

If we consider the first part of a Swing figure the coordination is based on three of the fundamental sub-actions of Drive Action: Lower, Resist and Control. These are the coordinative elements involved which need to be synchronized in order to create the first half of the Swing Pattern. (images 2.c, 2.e, 2.d)
あるスイング・フィガーの最初の部分を考えたとき、調整はドライブ・アクションの3つの基本的なサブ・アクションであるロアー、レジスト、コントロールに基づいている。これらは、・パターンの前半を作り出すために同期させる必要のある調整要素である。 (画像2.c、2.e、2.d)

The five moments indicated In the image 2.c (stroboscopic analysis) represent the passage from Neutral position to Centre Balance position. In each of these pictures the standing knee (for example the Man’s knee) is lowering constantly (red markers). In a similar way’ the hips (blue markers) are changing their level in relation to the floor between the starting picture (1) and picture of Centre Balance (5). Both points (knee and hips) are producing a constant lowering, synchronized with the forward movement of the body, and the moving leg.
画像2.c(ストロボスコープ分析)に示されている5つのモーメントは、ニュートラルポジションからセンターバランスポジションへの移行を表している。 これらの写真のそれぞれで、スタンディング・レッグの膝(たとえば、男子の膝)は継続的にロアーしている(赤いマーカー)。 同様に、両腰(青いマーカー)は、開始画像(1)とセンターバランスの画像(5)の間で、フロアに対してレベルを変化させている。 両方のポイント(膝と両腰)は、ボディの前進運動とムービング・レッグに同期しながら常時ロアーの動きをおこなっている。

As a result of the scientific analysis represented in the images above, it is obvious that a lowering action should occur between Neutral position and Centre Balance position. Therefore in any Swing dances‘ chart where a figure includes Drive Action it is indicated that dancers should continue lowering on the beginning of first step and start to rise at the end of it.
上の画像に示された科学的分析の結果、ニュートラル・ポジションとセンターバランス・ポジションの間でロアリング・アクションが発生することは明らかである。 したがって、フィガーにドライブ・アクションが含まれるスイング・ダンスのチャートでは、ダンサーは最初のステップのはじめにロアーを続け、そのステップの最後でライズを開始する必要があることを示している。

In the charts the description of the lowering is indicated like this:
チャートでは、ロアーの説明は次のように示されている。