解説

 

 

本文対訳

Drive Action 
 
Drive Action, generally used in the first step of each figure, is a specific coordination between the overbalancing of the body, the bending of the knees and leg swing.
一般的に、各フィガーの最初のステップで使用されるドライブ・アクションは、ボディのオーバー・、膝の屈曲、およびレッグ・スイングの間の具体的な協調である。
 
In a Forward Step this coordination is divided into five sub-actions: Lower, Resist, Control, Push, Recover (or Collect).
前進ステップでは、この協調は5つのサブアクションに分割される:、抵抗、コントロール、プッシュ、リカバー(またはコレクト)。
 
In a backward step, an extra sub-action of the Moving Leg, called “Prepare”, is executed before the other five.
後退ステップでは、プレパレーション(準備)と呼ばれるムービング・レッグへの追加のサブアクションが、他の5つのアクションの前に実行される。
 
 
Sub Actions in a Forward Step
前進ステップ中のサブアクション
    1. LOWER: the dancer will start to lower with the knees (if starting from a rise, the lowering action starts from the feet until Flat and then continues with the knees).
      ロアー:ダンサーは膝でロアーを開始する(ライズからロアーを開始する場合、ロアー・アクションはフット・ロアーから始めてフラットになるまでおこない、その後で膝でレッグ・ロアーを続ける)。
    2. RESIST: once lowered, the body weight starts to shift in the direction of movement towards the limit of balance (a very slight overbalancing of the body forward, keeping the vertical line of the body), without making any substantial movement with the ”Moving Leg”.
      抵抗:いったんロアーすると、バランスの限界(ボディの垂直線を維持した状態で、ボディのごくわずかなオーバーバランス)に向かってムーブメントの方向に体重が移動し始める。ムービング・フットは実質的なムーブメントをしない。
    3. CONTROL: at this point the dancer is ready to shift the Moving Leg together with the body weight until reaching the Centre of Balance position (see description above).
      コントロール:この時点で、ダンサーは、重心位置に達するまで体重とともにムービング・レッグを動かす準備ができている。(上記の説明を参照)。
    4. PUSH: after the Centre of Balance has been reached, a pushing action (through the muscles of the <<Standing Leg» or <<Action Leg») will be created. The Moving Leg will relax to allow the body weight to be transferred over it. The Moving Leg will now become the new Standing Leg.
      プッシュ:中間バランスに達した後、プッシュアクション(<<スタンディング・レッグ>>または<<アクション・レッグ>>の筋肉を介して)が行われる。ムービング・レッグはリラックスして、体重がその上を移動できるようにします。これで、ムービング・レッグが新しいスタンディング・レッグになります。
    5. RECOVER: the new Moving Leg is brought under the body, ready to begin a new step, while the body weight is fully transferred towards the front part of the new Standing Leg (or centre of the foot in Tango)
      リカバー:新しいムービング・フットは体の下に運ばれ、新しいステップを開始する準備ができ、体重は新しいスタンディング・フットの前部(またはタンゴでは足の中央)に向かって完全に移動される。

 

Sub Actions in a Backward Step
後退ステップ中のサブアクション

    1. PREPARE: In any backward movement, the preparation of the Moving Leg must be executed before the other 5 sub-actions. This preparation is used in order to prevent the dancer from distancing their centre away from that of the partner. The Prepare action is not a real step, but just a preparation for a step (of approximately 15-20 cm backward in relation to Standing Leg). The Prepare action is executed during the final phase of the Preceding Step.
      準備:後退のムーブメントでは、ムービング・レッグの準備アクションを、他の5つのサブアクションの前に実行する必要がある。 この準備は、ダンサーがパートナーの中心から離れるのを防ぐために使用される。 準備アクションは実際のステップではなく、単なるステップの準備である(スタンディング・レッグに対して約15〜20 cm後方)。 準備アクションは、先行ステップの最終フェーズで実行される。
    2. LOWER: see forward step
      ロアー:前進ステップ参照
    3. RESIST: see forward step
      抵抗:前進ステップ参照
    4. CONTROL: see forward step
      コントロール:前進ステップ参照
    5. PUSH: see forward step
      プッシュ:前進ステップ参照
    6. RECOVER: see forward step
      リカバー:前進ステップ参照

 

Why_prepare in order to move backwards?
後退するためになぜ準備が必要なのか?

Normally when bending the knees to move backwards, the hips make a sitting action. if this were to happen while dancing, this would create a distance between the two partners and the togetherness would be lost. In order to avoid this situation the free leg should move slightly backwards before lowering on the Standing Leg, so that the mass of the Moving Leg (the weight of the free leg) can counterbalance the normal tendency to move back the body. This will also favour the vertical line of the body over the Standing Foot during the Lowering phase and the contact between the two partners is easier to maintain.
通常、膝を曲げて後退すると、腰は座る動作になる。 ダンスをしているときにこれが起こると、2人のパートナー間に距離が生じ、一体感が失われる。 この状況を回避するために、フリー・レッグはスタンディング・レッグをロアーする前にわずかに後方に動かす必要がある。これにより、ムービング・レッグの質量(フリー・レッグの重量)がボディを後退させようとする傾向を相殺できる。 これはまた、ロアイング・フェーズ中にスタンディング・フットよりもボディの垂直線を優先し、二人のパートナー間の接触を維持しやすくなる。