解説
 
Foot Placementとは、WDSFのテクニックブックで最も進化した記述方法の一つです。
 
Foot Placement という言葉から、従来のISTD(アレックス・ムーア)あるいはIDTA(ガイ・ハワード)のテクニックブックの「Feet Positions(足の位置)」と同じものを想像するかもしれません。しかし、それらのテクニックブックの「足の位置」は、各ステップのムービング・フットのことしか記載していません。ボールルーム・ダンスではそのステップの途中で、それまでのムービング・フットがサポーティング・フットに移行していき、一方それまでのサポーティング・フットがムービング・フットに移行していく過程の記述がすっぽり抜け落ちています。
 
それに対して、WDSFのテクニックブックでは、各ステップを中間バランスになるタイミングを境に、前半と後半に分けて、それぞれでムービング・フットを動かすべき位置を記載しています。例として、下記のワルツのナチュラル・スピン・ターンの男子の足の位置の比較表をごらんください。これによって、各ステップの区切りが本文で述べるフェーズ2(リカバリー・フェーズ)が完了した状態がそのステップが完了した状態であることを明確にしたことです。
 
STEPFoot Placement (WDSF)Foot Positions (ISTD)足の位置(ボルテク)
1RF forwardRF forward右足前進
Recover LF
2LF to sideLF to side左足 横へ
Recover Body
3RF closes to LFRF closes to LF右足 左足にクローズ
Weight on RF
4LF backward and slightly to sideLF backward左足 後退
Weight on LF, RF held in position
5RF forward and slightly to sideRF forward in 右足 CBMPに前進
Recover Body
6LF backward and slightly to sideLF to side and slightly back左足 横少し後ろへ
Recover RF
 
もう一つ重要なのは、WDSFのテクニックブックで初めて、先行ステップと後続ステップの区切りが明確にわかる書き方になったことです。
The Ballroom Technique (ボルテク)では、その区切りが明確にはわかりませんでした。
(注)The Ballroom Technique の初版(1948年)から、最終版(1982年)まで、ずっとISTDのプレジデントを務めたアレックス・ムーアMBEが The Ballroom Techniqueに先行して著したThe Ballroom Dancing (1936年)により、一応、ステップ間の区切りとしては、両足が揃ったところおよび片足がもう片足の横を通過するタイミングを区切りと考えていたことが推定されます。
 
それに対し、WDSFでは、近年のダイナミックな踊りにマッチした新しい要素(Recover Body、Recover Foot、Weight on Foot)を導入していますが、これもWDSFが初めて記載したものです。
 
またFoot Placementでは、従来のISTD(アレックス・ムーア)あるいはIDTA(ガイ・ハワード)のテクニックブックでは、説明されていないか、あるいは簡単な説明しか書かれていない Foot Placementに関する用語についてかなり詳細に書かれていますので、大変助けになると思われます。
 
 
 
本文対訳
 
 
2) Foot Placement
 

This is literally the description of where the foot is placed at the beginning and at the end of each step in relation to the other foot.
Foot Placement とは、文字通り、各 Step の前半の終わりと後半の終わりそれぞれにおいて、 そのFoot を もう片方の Foot に対してどこに置くかということを示す記述である。

The foot (right or left) can be placed in any direction: forwards; backwards; sideways; diagonally; crossed; or closed (if collected under the body).
その Foot (右足または左足)は、 もう片方のFoot に対して、いずれの方向(前、後ろ、横、斜め、交差して、あるいは閉じる(もしボディの下に揃えるなら)のポジションにも動かすことができる。
 
Certain positions may include further specific descriptions (e.g. Across the Body).
規定されたポジションには、更に特定化した記述が含まれる場合がある(例:ボディにアクロスして)
 
Abbreviation commpnly used for Foot Placement
RFRight Foot
LFLeft Foot
diagDiagonally
fwdForward
bwdBackward
w/oWithout
CBMPContrary Body Movement Position
e/oAt the end of
 
In each chart, every << Foot Placement» is divided in 2 phases:
各チャートにおいては「 Foot Placement 」はすべて、2つのフェーズに分かれている。
 
PhaseContents
Phase1Up to and including Centre of Balance
Centre of Balance に達するまでの Foot Placement の前半
Phase2After Centre of Balance until Recovery.
Centre of Balance よりも後の Foot Placement の後半。最後に Recovery が完了するまで
 
Centre of Balance is a position where the Body Weight is equally distributed between the feet.
Centre of Balance (中間バランス)とは、ボディウェイトが両方の足に均等に配分されているポジションのことである。
 
When dancing a forward step with a Heel lead, this will occur at the centre of the step;
ヒールリードで前進している時、Centre of Balanceはその””Step””の中間でおこる、すなわち;
 
the body weight will be held 50% on the Heel of the forward foot and 50% on the Toe or Ball of the backward foot.
その時ボディウェイトは前方の足のヒール上に50%、後方のトウまたはボールの上に50%かかることになる。
 
This position is achieved through Drive Action.
この位置は「ドライブ・アクション」の過程において実現される。
 
In the Recovery phase various other terms are used to indicate the final position of the step, the most common being:
Recovery Phase においては、 Step の最終のポジションを示すために様々な他の用語が用いられ、最も一般的なものとしては、
 
#Recovery PhaseContents
1Recovery BodyThe body moves fully over the standing leg; the moving leg is not fully recovered
ボディをスタンディング・レッグを十分におおう位置まで動かす;ムービング・レッグはまだ完全には元の位置に戻っていない
2Recovery FootThe body moves fully over the standing leg; the moving leg is fully recovered under the body
ボディをスタンディング・レッグを十分におおう位置まで動かす;ムービング・レッグはボディの下まで戻す
3Weight on FootA full weight transferral is made but the body does not always move over the standing leg
全体重移転がなされているが、ボディがスタンディング・レッグをおおう位置まで常に動いているとは限らない
 
Page 12. Add before “The Swing Side Step”:
There are various “General Actions” (which are the fundamental actions used to transfer weight and turn) involved in the Foot Placement, in the following pages are described the most important ones.
 
 
Foot Placement 詳細

Swing Side Step

スイング・サイド・ステップ

ISTDのテクニックブックの「足の位置」では、たとえば、ナチュラル・スピンターンの男子2歩目の「足の位置」などで「左足 横へ」と書いているところがあります。この誤解を招きかねない表現をわかりやすく説明している。
Before Foot Positionについては未翻訳。

続きを読む

Drive Action

ドライブ・アクション

Drive Action, generally used in the first step of each figure, is a specific coordination between the overbalancing of the body, the bending of the knees and leg swing.In a Forward Step this coordination is divided into five sub-actions: Lower, Resist, Control, Push, Recover (or Collect).In a backward step, an extra sub-action of the Moving Leg, called "Prepare", is executed before the other five.

続きを読む

Swing Principle

スイング原理

Swing Principles In physics, swing is defined as a free movement around a fixed point (X).To exemplify this definition, a particular type of periodic motion called Pendulum Motion can be considered.

続きを読む

Heel Turn

ヒール・ターン

ヒールターンは場所を移動せずに右あるいは左に向きを変えるターンであって、ターンは第1ステップを実行する足のヒールの上で行われ、第2ステップを実行する足は、第1ステップを実行する足へ、体重移動なしに寄せられ、ターンが完了してからのちにのみ体重が移される。

続きを読む

Heel Pull

ヒール・プル

ヒール・プルはヒールターンの1種である。
この動作は、身体を減速させるために使用され、動きの方向を変えることを可能にする。両方(男子および女子)とも第1ステップと第2ステップの間で3/8回転する。

続きを読む

Pivot

ピボット

ピボットは、正しく定義するために、まず最初に2つのタイプに区分けされなければならない特別なタイプのターンである。
一つはナチュラル・ピボット(右へのターン)であり、もうひとつはリバース・ピボット(左へのターン)

続きを読む

Pivoting Action

ピボッティング・アクション

ピボッティング・アクションはある特別なターンであって、通常ナチュラル・ピボットと組み合わされている。たとえば、片方のパートナーがナチュラル・ピボットを踊るとき、他方はピボッティング・アクションを踊らなければならない。

続きを読む

Continuous Spin

コンティニュアス・スピン

When the Man executes a Natural Pivot and the Lady a Pivoting Action and on the following step the Man executes the Pivoting Action and the Lady a Natural Pivot without touching the Heel on the floor, this means the couple is dancing an advanced amalgamation of these two actions known as a Continuous Spin.

続きを読む

Spin Turn

スピン・ターン

The Spin is a type of turn (basically danced to a maximum of 3/8) which is danced over two steps (RF-LF for Man and LF-RF for the Lady) after a Natural Pivot executed in order to connect strong turning movements with progressive movements.

続きを読む

Preparation Step

予備ステップ

Due to the difficulty of creating an effect of great movement when starting from a static position at the beginning of a choreography, it is advisable to begin with a preparation step, that is a step which prepares the movement of the dancer in the first figure.

続きを読む

Brush

ブラッシュ

BrushというAction(動作)とは、英語的には、ヘア・ブラシで髪をすいたり、洋服ブラシで汚れを落とすように、ブラシなどを往復させる動きを指す。ダンスにおいては、あまりフロアに力をかけないで片方の足を引き寄せ続いて離すこの動きを、ブラシの動きに見立てて、Brushと呼んだと思われる。

続きを読む

Chasse

シャッセ

The Chasse is a combination of three steps used in all the Standard Dances, but is only found in the basic syllabus of the Waltz and Quickstep. This sequence of steps can be considered an action and is characterised by several important technical elements listed hereunder:

続きを読む

Close

クローズ

The Close is an action that is usually found at the end of several typical Waltz figures. This action's function is principally that of changing the weight from one foot to the other. This is achieved through an adduction of the legs with the consequent closing of the feet.

続きを読む

Crossing

クロシング

Crossing is an action where the free foot moves through an adduction towards the standing foot, generating a position of the feet when the moving foot traverses the line of the standing foot.'t is important to distinguish two types of Crossing:

続きを読む

Twist Turn

ツイスト・ターン

The Twist is a particular type of static turn where the feet are crossed and then uncrossed. The uncrossing action is normally executed by the Man and is coordinated with a turn to the right in the following manner:

続きを読む

CBMP

CBMP

CBMP is an indication of foot placement in which the foot indicated is on or across the line of the other foot, when executing a step forwards or backwards.

続きを読む

Side Leading

サイド・リーディング

Whenever the same shoulder as the foot making a step made forwards or backwards is moved in the same direction of the step itself, this is called Side Leading.This type of action is usually used in figures which include a change of position from Closed to Outside Partner (e.g. - Feather Step in Slow Fox).

続きを読む

Toe Pivot

トー・ピボット

The Toe Pivot is a turn which, like all Pivots, is executed over the foot which makes the step and has a maximum quantity of turn of 1/2.This type of Pivot is only used in figures or parts of figures where no progression in made; and furthermore, the Foot Action used during this type of action is always Toe (hence the name Toe Pivot).

続きを読む

Analysis of 3Recovery Phases

主要な3つのRecovery Phase を使用しているステップを抽出し、共通する特徴を知ることによって、それぞれのPhaseすなわち、Recover Body、Recover Foot、Weight on Foot の意味を理解する。

続きを読む