Last Updated on 2022年3月10日 by tama

解説

「足の位置」、「アラインメント」、「回転量」、「ライズ&フォール」、「フットワーク」、「CBM」、「スウェイ」について、アレックス・ムーアMBEの Ballroom Dancing より進化したテクニックにおける定義を説明しているだけでなく、ジェフリー・ハーン氏が新しく導入したヘッド・ウェイトという概念についても説明を加えています。

 

対訳

TECHNICAL DEFINITIONS
技術用語

 

FOOT POSITION足の位置

Defined as the direction of the moving foot in relation to the standing foot. For example, ”RF fwd” is a movement of the right foot in a forward direction from the standing left foot. Another example: “LF to side” is a movement that ends to the side of the right foot. On a forward turn the foot will normally track forward, through Swing, before the body turn creates the side position.
When standing in the normal dance position in line with partner it is usually taken with the feet on parallel tracks. “RF fwd” will be taken to the inside of partners right foot line and “LF fwd” taken to the outside of partners right foot line. On some very strongly turned figures the track may change and this is noted. The following notes also explain other definitions given under the Foot Position heading.
足の位置」はスタンディング・フットに対するムービング・フットの方向として定義される。例えば、”RF fwd”は、左スタンディング・フットから前方に向かって右足を動かすことを意味する。別の例を挙げると “LF to side “は、右足の横で終わるムーブメントである。フォワード・ターンでは、通常、その足はボディ・ターンによってサイド・ポジションとなる前にスウィングを経由して前方に軌道を描く。
通常のダンス・ポジションでパートナーと向かい合って立っているときは、両足の向きは通常平行に取る。“RF fwd” はパートナーの右足のラインの内側に、“LF fwd “はパートナーの右足のラインの外側に取る。非常に強くターンしたフィガーでは、軌道は変わることがあり、そのことに注意すること。以下の注釈は、「足の位置」の見出しの下にある他の定義についても説明している。

Teaching Tip. “Four feet, four tracks”
指導のヒント 4つの足には4本の軌道

a. Side leading is given within the Foot Position description as it is used on a forward or backward step when a following step is taken outside partner and sometimes in Promenade Position. The body is shaped by rotation to create a side leading. In this shape the body weight will move diagonally across the foot to place the next step in CBMP, (see below).
a. サイド・リーディングは、フット・ポジションの説明の中で、パートナーの外側でフォロー・ステップを踏むときのフォワード・ステップまたはバック・ステップで使用され、時にはプロムナード・ポジションでも使用される。サイド・リーディングを作るために、ボディの回転によって形作られる。この形では,ボディ・ウェイトは、 CBMP において次のステップで足をアクロスして踏むため、斜めに移動する(以下参照)。

b. Contra Body Movement Position (CBMP) is given within the Foot Position description as it qualifies the direction of the moving foot forwards or backwards from the standing foot. It occurs when the moving foot is placed on the line of the supporting foot, creating one track. For example, when stepping outside partner, or when using the inside foot in Promenade Position, or outside foot in Fallaway Position. It is not created on the step itself, as the sideways, or diagonal movement of the body weight over the previous step places the following forward or backward step in CBMP. There is an exception on a Reverse Swivel, when the Man creates more turn than the Lady. Here the term Thrown CBMP indicates that CBMP is produced by changing the direction of weight and therefore is created as the step is danced, (see Teleswivel).
b. コントラボディ・ムーブメント・ポジション(CBMPは、スタンディング・フットから前方または後方に動くムービング・フットの方向を指定するものなので、「足の位置」の説明に含まれている。これは、ムービング・フットがサポーティング・フットのライン上に置かれ、1本の軌道を作りだすときに生じる。例えば、パートナーの外側でステップを踏むとき、プロムナード・ポジションで内側の足を使うとき、フォラウェイ・ポジションで外側の足を使うときなどである。前のステップの上でボディ・ウェイトが横または斜めに移動することで、次の前進または後進のステップがCBMPに置かれるため、ステップ自体で作り出されるわけではない。ただし,男子が女子よりも多くのターンを作るリバース・スウィベルは例外である.ここで,「投げられたCBMP」という用語は,CBMPがボディ・ウェイトの方向を変えることによって生じ,したがって,ステップが踊られるときに生じることを示している(Teleswivel参照).

c. Forward and across in CBMP is the movement approximately 5-10 cm across the line of the standing foot and will be found on some movements in Promenade Position. This must still be taken as primarily a forward step and NOT taken sideways across the standing foot, as the thighs should not cross, causing distortion of the Hip line.
c. CBMPにおける前進してアクロス というのは、スタンディング・フットのラインを約 5-0cm 横切る動きであり、プロムナード・ポジションのいくつかの動きに見られるものである。太ももが交差してヒップ・ラインに歪みが生じてはならないからである。

d. Promenade Position is created by the Man’s change of his area of contact from the vertical centre line of his right hip to rib cage – see Development of Posture and Hold – to the vertical line on the side of his right hip to rib cage. The Lady’s contact area remains the same but she will be aware of a pressure due to the shape of the Man’s hip being more pronounced on the side than in front. The movement for both will be in the same forward direction, for example along LOD.
d. プロムナード・ポジションは、男子が接触領域を、右腰と胸郭の垂直中心線(「姿勢とホールドの発展」を参照)から、右腰と胸郭の側面の垂直線に変更することで生まれる。女子の接触領域は変わらないが、男子の腰の形が正面よりも側面の方が顕著であるため、女子は圧力を意識することになる。両者の動きは、例えばLODに沿って、同じ前進方向になる。

Teaching Tip. As Man, turn bodyline to right into Promenade Position
指導のヒント 男子はボディ・ラインの向きを変えてプロムナード・ポジションへ

e. Counter Promenade Position is created by the Man’s change of his area of contact from the vertical centre line of his right hip to the vertical centre line of his body. The Lady’s contact area will change to the vertical line on the side of her right thigh and hip. Therefore the couple have assumed each other’s body position of a Promenade Position.
e. カウンタープロムナード・ポジションは、男子がコンタクトエリアを右腰の垂直中心線からボディの垂直中心線に変更することで生まれる。女子の接触領域は、女子の右の太ももと腰の側面の垂直線に変わる。したがって、このカップルはお互いのプロムナード・ポジションという体勢を取ったことになる。

f. Fallaway Position is the same body position as Promenade Position, however the movement for both will be in the same backward direction, for example down LOD.
f. フォラウェイ・ポジションはプロムナード・ポジションと同じボディ・ポジションであるが、両者の動きは同じ後方方向、例えばLODに沿った動きになる。
tama注:down LOD は「LODに沿って」という意味である。たとえば「 go down the street 」というのは通りに沿ってまっすぐという意味であり通りを下ってという意味はない。

Teaching Tip. To create Fallaway Position as Man, think of swinging the side of the right hip to the Lady’s centre line of contact.
指導のヒント男子がFallaway Positionを作るには、右腰の側面を女子とのコンタクト中心線に合わせるようにスウィングすることを考えること。

g. Counter Fallaway Position is the same body position as Counter Promenade Position, however the movement for both will be in the same backward direction, for example down LOD
g. カウンター・フォラウェイ・ポジションは、カウンター・プロムナード・ポジションと同じボディ・ポジションであるが、両者の動きは同じ後方方向、例えばLODに沿った動きになる。

h. Outside Partner is a position where the right foot moves forwards to the outside of the partner’s right foot. It must be in CBMP. The normal body contact must remain the same.
h. アウトサイド・パートナーとは、右足がパートナーの右足の外側を前方に移動するポジションであり、CBMPになっていなければならない。通常のボディコンタクトは変わらないままである。

Teaching Tip. Think outside from the knee down.
指導のヒント 膝から下を外に向けると考えること

i. Outside Partner on Left Side is the same position as above but with “LF fwd” taken to the outside of partner’s left foot.
i. 左側のアウトサイドパートナーとは、上記と同じポジションであるが、「LF fwd」をパートナーの左足の外側に取る。

j. Same Foot is the position where both Man and Lady stand on the same foot and not the usual opposite foot. For example this occurs in the Same Foot Lunge where both Man and Lady have their weight on their right foot. The Man will adjust his hip position so Lady’s left thigh and hip line will be just inside the line of Man’s right thigh and hip. She will maintain her centre line towards the Man, although her contact will be felt through her left hip and thigh line.
j. セイム・フットとは、男子と女子が通常の反対側の足ではなく、同じ足で立つことである。例えば、セイム・フット・ランジでは、男子と女子の両方が右足にボディ・ウェイトをかけている場合に起こる。男子は腰の位置を調整し、女子の左太ももと腰のラインが男子の右太ももと腰のラインのすぐ内側にくるようにする。女子は男子に向かってセンターラインを維持するが、接触は左の腰と太もものラインから感じられるようにする。

k. Knee Flexion is accepted as being part of any lowering action, however in Line figures where the knee is flexed to create the shape of the Line, it is noted. The degree of flexion depends on the dancers physique and the figure being danced.
k. 膝の屈伸は、あらゆるロアー・アクションの一部として受け入れられているが、ラインの形を作るために膝を屈伸させるライン・フィガーでは、注意が必要である。屈曲の度合いは、ダンサーの体格と踊られるフィガーによって異なる。

l. Toe turned in will be used slightly on nearly all backward turning leading steps. However when it is used strongly to create the ease of dancing the amount of turn, or it is necessary to maintain the centre line of balance, it is noted.
l. Toe turned inは、ほぼすべての後ろ向きに回るリーディングステップで少しだけ使われる。しかし、ターンの回転量を踊りやすくするために強く使う場合や、バランスの中心線を維持するために必要な場合は、注意が必要である。

m. Toe turned out is described when a forward step is turned out from its track when checking a movement, such as The Chair.
m. Toe turned outは、「The Chair」などの動作確認の際に、前進したステップが軌道から外れることを表現している。

 

ALIGNMENTアラインメント

Defined as the direction the foot is facing, backing or pointing in relation to the room.
アライメントは部屋に対して足が向いている方向、バックしている方向、指している方向と定義される。

Line of Dance (LOD) is an imaginary line, parallel to wall, which is thought of as under the standing foot. The general movement of dance follows the LOD. See description of Floorcraft.
ライン・オブ・ダンス(LODとは、壁に平行な架空の線で、スタンディング・フットの下にあると考えられている。ダンスの一般的な動きはLODに沿ったものである。フロアクラフトの説明を参照。

Direction of movement is sometimes given as well as an Alignment. For example, in Promenade Position when the foot may be Facing DW, but the body weight is moving along LOD. This also occurs in Fallaway Position. Sometimes used on other figures to help the understanding of where the foot actually travels. See the notes on Tango for further use of Direction.
ディレクションはアライメントだけでなく、移動の方向に対しても与えられることがある。例えば、プロムナード・ポジションでは、足が壁斜めに向いていても、ボディ・ウェイトはLODに沿って動いている。これはフォーラウェイ・ポジションでも起こる。他のフィガーでも、足が実際にどこに移動するかを理解するために使われることがある。ディレクションのその他の使い方については、タンゴの注意事項を参照すること。

 

AMOUNT OF TURN回転量

Defined as the turn made between the feet. On forward turns the turn is generally split between steps 1-2 and 2-3. There are some exceptions. The amount of turn split between these steps may vary depending on the couples training as to how far the swinging leg moves forward before lateral movement begins. However this book generally adheres to the way turn is described in the Original Technique. On backward turns, the turn is completed between steps 1-2 with the body turning less to allow for the partners forward Swing and later completion of turn. Please see the section on Tango for the necessary description for this dance. Other ways, in which turning actions are described in the Foot Position section, are given below.
回転量は両足の間で行われるターンで定義される。フォワード・ターンでは、一般的にステップ1-ステップ2とステップ2-ステップ3の間でターンが行われる。例外もある。これらのステップの間のターンの量は、横方向の動きが始まる前にスウィングしている脚がどれだけ前方に移動するかについて、カップルのトレーニングによって異なる場合がある。しかし、本書では、オリジナル・テクニックで説明されているターンの方法に概ね従っている。後方へのターンでは、ステップ1-ステップ2の間に、パートナーの前方へのスウィングを考慮してボディの回転を抑え、ターンを完了させる。このダンスに必要な説明は、タンゴの項を参照すること。その他、フット・ポジションの項で説明したターン・アクションの方法を以下に示す。

a. Pivot. A turn made on ball of one foot with foot flat. Up to 1/2 turn may be used. During the Pivot the free leg will be held in CBMP; this is lost as the following leading forward step is commenced, due to a slight under turn of the pivoting foot. However the standing knee continuing the movement of body weight at the end of a Pivot, creates a rotation of the knee, providing a strong CBM, and will complete the full amount of turn of the Pivot, causing the following step to end in CBMP. When dancing a Pivot turning left, partner will also end back on the following step in CBMP. This is a development of the original technique, created through the freedom of movement that is possible due to the wider and higher hold, and the requirement to provide a stronger Swing into following figures. See Spin Action below for the partner’s reaction to a Pivot to right.
a. ピボット。足をフラットの状態のままで片足のボールで行うターン。最大で1/2ターンまで使用できる。ピボットの間、フリー・レッグはCBMPで保持されるが、ピボットした足がわずかにアンダーターンするため、次のリーディング・フォワード・ステップが開始されると、この状態は失われる。しかし、ピボットの最後にボディ・ウェイト移動を続けるスタンディング・フットの膝は、膝の回転を作り、強いを提供し、ピボットの全回転を完了し、次のステップがCBMPで終わるようにする。左回りのピボットを踊るときは、パートナーは次のステップもCBMPで終わる。これはオリジナルのテクニックを発展させたもので、より広く高いホールドによって可能になる自由な動きと、次のフィガーに向けてより強いスウィングを提供する必要性から生まれたものである。右へのピボットに対するパートナーの反応については、下記の「スピン・アクション」を参照すること。

b. Open Toe Pivot. As for the Pivot but-turn is commenced from toe of preceding step and is made on toe with a lowering at the end of the turn. For example, used in a Tumble Turn. The term Open is used to differentiate between Toe Pivot, given in the Original Technique as a turn made on the toe, whilst the other foot closes to the turning foot (Double Reverse Spin as Man).
b. オープントゥ・ピボット(Open Toe Pivot。ピボットと同様だが,ターンは前のステップのトウから始め,そのターンが完了した時点でロアーしてトウで行う。例えば、タンブル・ターンで使われる。「オープン」という用語は、オリジナル・テクニックでは、トウでターンをしながら、もう一方の足がターンする足に近づく(男子のダブル・リバース・スピン)とされているトウ・ピボットと区別するために使われている。

c. Spin Action. A continuation of turn from RF forward, when partner is stepping back into a Pivot turning to right, by allowing the following left foot to Swing forward to end backwards and slightly to side. It may be used to continue rotation to right, over a number of musical bars, using a Pivot and a Spin Action repeatedly. Other examples are Lady’s step 4 into 5 of a Running Spin Turn and Lady’s step 3 of a Checked Reverse Turn into the following step. This is a development of the Pivoting Action described in the Original Technique, creating a freedom to the degree of movement danced at a high level. It is not used when turning to left because the normal contact, towards Man’s right side, will create a Pivot for both Man and Lady.
c. スピン・アクション。右足前進からのターンの続きで、パートナーが後退しながらピボットで右に回転しているときに、後続の左足を前方にスウィングさせて、最後は後方かつわずかに横に振ることである。これは、ピボットとスピン・アクションを繰り返し使用して、何小節にもわたって右への回転を続けるために使用することができる。他の例としては、女子のステップ4から5のランニング・スピン・ターンや、女子のステップ3のチェックド・リバース・ターンから次のステップへの移行などがある。オリジナル・テクニックで説明したピボット・アクションを発展させたもので、高いレベルで踊る際の動きの自由度を高めている。左に回るときには、男子の右側に向かって通常のコンタクトを行うことで、男子も女子もピボットが発生するため、このアクションは使用しない。

d. Swivel. A turn normally made outside partner on ball of foot with foot flat, or on toe lowering at the end of the turn. At the end of the turn the other foot may be shaped to point backwards, closed without weight, pointed forwards or raised from the floor. Other Swivels may be danced in line, from Promenade Position, from Fallaway Position or outside partner on left side.
d. スイベル。通常、パートナーの外側で、足のボールを使って足をフラットにして行うターン、またはターンの最後につトウをロアーしながら行うターンである。ターンの最後に、もう一方の足を後ろに向けるようにしたり、ボディ・ウェイトをかけずに閉じたり、前に向けたり、フロアから上げたりする。その他のスイベルは、ラインで、プロムナード・ポジションで、フォラウェイ・ポジションで、またはアウトサイド・パートナーの左側で踊ることができる。

e. Open Heel Pivot. A turn made on heel of foot with foot flat whilst the other foot remains in place until rotation is completed. Up to 1/2 turn may be made. For example, step 3 of the Telespin as Man. The reason to use this action is to allow the Man to continue his movement as Lady takes the extra steps. If turn is made only on ball of foot the Man’s body movement will be curtailed. Step 4 of the Open Natural Turn and Quick Outside Spin as Man is written as an Open Heel Pivot action as the turn originates on both heels. The term Open is used to differentiate between Heel Pivot, given in the Original Technique as a turn made on the heel, whilst the other foot closes to the turning foot. (Quarter Turn to Left as Man)
e. オープン・ヒール・ピボットOpen Heel Pivot)。もう一方の足は回転が完了するまでその場に留まり、足をフラットにして足のヒールで回転する。最大で /2 回転まで行うことができる。例えば、男子のテレスピンのステップ3のように。このアクションを使用する理由は、女子が追加のステップを踏む際に、男子が動き続けることができるようにするためである。足のボールだけでターンをすると、男子のボディの動きが制限されてしまう。男子のオープン・ナチュラル・ターンとクイック・アウトサイド・スピンのステップ4は、ターンの起点が両方のヒールであるため、オープン・ヒール・ピボット・アクションと書かれている。「オープン」という言葉は、オリジナル・テクニックでは、ヒールでターンし、もう一方の足がターンする足に近づくことを意味する「ヒール・ピボット」と区別するために使われている。(男子のクォーター・ターン・トゥ・レフト)

f. Slip Pivot. Is used to describe a Pivot turning to left that commences in Fallaway Position. Man times his body turn to allow the Lady to turn, first on her right foot as a pivot, to ‘slip’ into normal contact, then continue with Man, to dance a Pivot together, on her left foot. Therefore Lady’s action will be described as a Slip Pivot on both steps, whilst Man only on his right foot.
f. スリップピボット。フォーラウェイ・ポジションから始まる左回りのピボットを説明するために使用される。男子は、女子が最初に右足でピボットとして回転し、通常のコンタクトへ「スリップ」することができるようにボディを回転させ、その後男子と続けて左足で一緒にピボットを踊る。したがって、女子のアクションは、男子が右足だけでおこなう一方、女子は両方のステップ上でおこなう一つのSlip Pivotと表現される。

g. Heel Turn. The turn commences with a toe turned in and is completed on the heel of foot with foot flat whilst the other foot closes flat with weight. Up to 1/2 turn may be made. Foot rise will not occur until the projection of the body weight forwards into the following step. During the Lady’s Heel Turn to left a slight under turn is felt due to the later use of the Man’s turn – see
g. ヒール・ターン。このターンは、トウを内側にして、足のヒールをフラットにし、もう一方の足がボディ・ウェイトをかけてフラットに閉じることで完了する。最大で /2 回転させることができる.足の上昇は、ボディ・ウェイトが次のステップに向けて前方に移動するまで起こらない。女子の左へのヒール・ターンでは、男子のターンが後になるため、わずかにアンダー・ターンになっていると感じられる。

h. Heel Pull. A turn made on heel of foot with foot flat whilst the other foot is ‘pulled” to side with feet parallel to end flat. Rise may be used at the end of the movement to create a Hover effect.
h. ヒールプル。足をフラットにした状態で足のヒールでターンし、もう一方の足は足をフラットにした状態で平行に横に「引く」。動きの最後にライズを使ってホバー効果を出すこともできる。

Teaching Tip for closing steps taken with strong rotation. For example, Heel Turns – Man’s Double Reverse Spin – Brush Steps. The foot should be felt as “pulled” into the closed position from a position of movement under it’s own hip line. This creates a small Rondé action and produces a very stylish foot rhythm and shape.
強い回転で行うクロージング・ステップの指導のヒント。例えば、ヒールターン男子のダブル・リバース・スピンブラッシュ・ステップなどである。足は、自分のヒップラインの下で動いている状態から、閉じた位置に「引っ張られる」ように感じること。これにより、小さなロンデ・アクションが生まれ、非常にスタイリッシュな足のリズムとシェイプになる。

 

RISE AND FALLライズ&フォール

Defined as the elevation produced through feet and legs and the lowering action to commence the next Swing. Each figure has its own characteristic Rise and Fall and the dancers musicality depends on a developed use of these actions.
ライズ&フォールは両足と両脚を使ったライズ動作および次のスウィングを開始するためのロアー動作として定義されている。各フィガーにはそれぞれ特徴的なライズ&フォールがあり、ダンサーの音楽性はこれらのアクションをいかに使いこなすかにかかっている。

a. No Foot Rise. On many backward turns the Rise will be felt through the leg, however the heel will remain in contact with floor, giving the effect of Rise without using Foot Rise. Other places where this occurs are noted.
a. ノー・フット・ライズ 多くの後退ターンでは、ライズは足を通して感じられるが、ヒールはフロアに接触したままであるため、フット・ライズを使わずにライズのような効果を得ることができる。他にもこのようなことが起こる場所があるので注意が必要である。

b. Commence to Rise through a forward step is defined as the rise from the previous lowering to normal standing height at the end of the step, at which time the heel will still be in contact with the floor. Continuation of Rise must occur on the following step (the leg which Swings), during which time the heel of the Leading Step will continue to rise from the floor.
b.フォワード・ステップ過程におけるライズ開始とは、直前のロアーの状態から、そのステップ終了時に通常の立ち位置の高さまでライズすることと定義され、この時、ヒールはまだフロアに接触している。ライズの継続は、次のステップ(スウィングした脚)で行わなければならず、その間、リーディング・ステップのヒールはフロアから上がり続ける。

c. Rise through a forward step is defined as full foot rise being achieved by the end of the Leading Step, therefore the following step must be Up. In normal movements, on figures that use this type of rise, there will be a very slight increase of height between steps one and two, to give continuity to the Swing. This is created by the weight moving through the foot and over the toe of the leading step.
c. フォワード・ステップの過程におけるライズとは、リーディング・ステップの終わりまでにフット・ライズが完全に行われることであり、そのため次のステップはアップでなければならない。通常のムーブメントでは、このタイプのライズを使用するフィガーでは、スウィングに連続性を持たせるために、ステップ1と2の間にごくわずかな高さの増加がある。これは、ボディ・ウェイトがその足の中間(tama注:足のヒールとトウの中間のこと)を通って、リーディング・ステップのトウを越えることによって作られる。

d. Lowering should be vertical and taken very lightly through the foot and leg. It is the vertical action that assists the control of the foot and leg muscles. The main control of the lowering action is achieved from the foot pressure into the floor on the previous step. This maintains the Flight until the vertical lowering occurs. Different lowering actions are noted.
d. ロアリングは垂直に、足と脚を使って非常に軽く行う。この垂直方向の動作が、足と脚の筋肉のコントロールの助けになる。ロアリング動作の主なコントロールは、その前のステップの足でフロアをプッシュすることで行われる。これにより、垂直方向にロアーするまでフライトが維持される。さまざまなロアリング・アクションがある。

Teaching Tip. It is most important that the knee of the lowering leg continues to move forward in one smooth action from the lowering into the following step.
指導のヒント ロアリングしている脚の膝が、ロアリングから次のステップに移るまで、ひとつのスムーズな動作で前進し続けることが最も重要である。

 

FOOTWORKフットワーク

Defined as the use of the foot. For simplicity, in the description, the main part of the foot being used is given, but the advanced dancer must be aware it is the efficient and complete use of the foot when using Swing to Rise and to lower, that creates a powerful rhythmic action. Heel given in brackets signifies a lowering where the heel only touches the floor and does not take weight. Toe, or part of toe, given in brackets signifies a rise where the heel is released from the floor late so weight is not carried through the toe.
フットワークは足の使い方と定義されている。説明を簡単にするために、使っている足の主な部分を記載しているが、上級ダンサーは、「ライズないしロアーへのスウィング(Swing to Rise and Lower)を使う際に、足を効率的かつ十分に使うことで、パワフルなリズミカルなアクションを生み出すことができるのだということを認識する必要がある。括弧でかこまれた「ヒール」は、ヒールがフロアに触れているだけでボディ・ウェイトがかかっていないロアリングを意味する。括弧で囲まれた「トウ、またはトウの一部」は、ヒールがフロアから離れるのが遅く、ボディ・ウェイトがトウにかからないライズを意味する。

a. Using a right foot forward walk as step 1 of a turn, into a rising Swing, the footwork will be as follows: As the right foot passes the lowered preceding left foot, the toe will be in light contact with the floor. As it continues moving forward the ball of foot will be in light contact with the floor and the left heel will release from floor. At the full extent of the stride, floor contact is momentarily lost, as the right heel skims the floor prior to taking weight. The change from ball of foot contact to heel contact is almost instantaneous. Immediately the foot will flick down to being flat, and it is this action that “pulls” the body weight on to the right foot to continue its very smooth movement. The drive from the previous left foot will continue by using pressure on the floor, which will roll through from the ball to the toe of the left foot until full weight is achieved on the right foot. The left foot will then close towards the right foot with the toe in a light contact with the floor.
a.ターンのステップ1として、右足フォワード・ウォークがライジング・スウィングに入る際のフットワークは以下の通りである。右足がロアーしている先行左足を通過するあたりで、その右足のトウはフロアに軽く接触する。右足がそのまま前進すると右足ボールがフロアに軽く接触し、左足のヒールはフロアから離れる。歩幅が一杯に開くと、ボディ・ウェイトをかける前に右足のヒールがフロアをかすめるため、フロアとの接触が一瞬失われる。ボールのコンタクトからヒールのコンタクトへの変化はほぼ瞬間的に起こる。すぐに足がフラットになり、この動作によってボディ・ウェイトが右足に「引き寄せられ」、非常にスムーズな動きが継続される。前の左足からのドライブは、右足に全ボディ・ウェイトがかかるまで、左足のボールからトウへと転がるようにフロアに圧力をかけて続けられる。その後、左足は右足に向かって閉じ、トウをフロアに軽く接触させる。

The type of Swing used will determine how early the rise is felt through the right foot. As the left foot and leg swings forward the toe will remain in light contact with the floor until weight is received first on the inside edge of toe and then ball of foot. At the end of this movement, whatever type of Rise has been used, the whole of the right foot will have been used and the toe is now in contact with the floor.
使用するスウィングのタイプによって、右足からのライズがどの程度早く感じられるかが決まる。左足と左脚が前方に振り出されると、最初トウ・インサイド・エッジに、それからボールにボディ・ウェイトがかかるまで、トウはフロアに軽く接触したままになる。どのようなタイプのライズを使用したとしても、このムーブメントが終わった時点では、右足全ボディが使用され、トウがフロアに接触している状態になる。

Teaching Tip. If is extremely important, on a leading step, for the foot to be used completely through its full length. It must not Swivel as weight moves through it as this will cause a toe turned out position and therefore the foot and ankle muscles will not be 00% efficient between steps and 2. “Move on, through and out of the foot.”
指導のヒント リーディング・ステップでは、足の長さを十分に使うことが非常に重要である。ボディ・ウェイトが移動しても、足がスイブルしてはならない。それは、トウが外に向く原因となり、足と足首の筋肉がステップ1と2の間で100%効率的に働かなくなるからである。“Move on, through and out of the foot.”

b. Using a left foot backward walk as step 1 of a turn, into a rising Swing, the footwork will be as follows: As the left foot passes the lowered preceding right foot, the toe will be in light contact with the floor. As it continues moving backward the ankle will extend, the toe remaining in light contact with the floor and the right toe will release from floor. At the full extent of the stride, weight is taken through the toe to the ball of foot. There will now be a triangular shape of balance between the right heel, the hips and the left ball of foot. Weight is lowered slowly through the left foot with a strong use of the ankle, as the right heel moves backward in light contact with the floor. As the right knee flexes to pass under the body, the right foot remains in a light contact with the floor, changing from heel contact, through ball of foot to toe, and the left heel achieves full weight The type of Swing used will determine how early the rise is felt through the left leg. As the right foot and leg Swings backward, or sideways, the toe will remain in light contact with the floor until weight is received first on the inside edge of toe
and then ball of foot. On this movement, depending on the figure being danced, the left toe will be released from the floor if the right leg Swing is backwards, or the left heel will be released from the floor if the right leg Swing is sideways.

b. ターンのステップ1として、左足バックワード・ウォークがライジング・スウィングに入る際のフットワークは以下の通りである。左足がロアーしている先行右足を通過するあたりで、トウはフロアに軽く接触する。左足がそのまま後退し、ロアーしている先行右足を追い越すと足首が伸び、左足トウがフロアに軽く接触したまま、右足のトウはフロアから離れる。歩幅が一杯になったところで、ボディ・ウェイトは左足トウからボールへとかかる。このとき、右足のヒール、お尻、左足の母指球の間に三角形のバランスができるようにする。右足のヒールがフロアに軽く接するように後方に移動しながら、足首を強く使って左足からゆっくりとボディ・ウェイトをかけていく。右膝がボディの下を通るように屈曲すると、右足はフロアに軽く接したまま、踵から母指球、トウへと変化し、左足の踵が全ボディ・ウェイトを達成する。右足と脚が後方または横方向に振られると、トウの内側の端、次に母指球にボディ・ウェイトがかかるまで、トウはフロアと軽く接触したままになる。
次に母指球にボディ・ウェイトがかかる。この動作では、踊っているフィガーによって、右足のスウィングが後ろ向きの場合は左足のトウがフロアから離され、右足のスウィングが横向きの場合は左足のヒールがフロアから離されることになる。

c. Teaching Tip. The control of lowering, from toe to heel, is so important in maintaining the rhythm of the whole movement.
c. 指導のヒント トウからヒールまでのロアリングをコントロールすることは、ムーブメント全ボディのリズムを維持する上でとても重要である。

d. On steps taken from a toe to toe a light contact must be maintained with the floor.
d. トウからトウへ踏み出すステップでは、フロアとの軽い接触を維持しなければならない。

e. On a step requiring Flight foot pressure is increased on the floor to maintain an equal level of elevation of the body in the air from the standing foot, until a vertical lowering can occur through toe to the heel of the following step.
e. フライトを必要とするステップでは、次のステップのトールからヒールまで垂直にロアーすることができるまで、スタンディング・フットから空中にあるボディの高さを同じレベルに保つために、フロアへのフット・プレッシャーを高める。

f. Inside or Outside Edge. Whilst every step is taken very slightly on either an inside or outside edge, it is noted when a stronger use is necessary. This will occur on Foot Positions with the foot turned out or in; also on Line figures where the extended leg and foot will be shaped to use this stylish technique. Other uses of the feet are explained in the description of the figures. See the Tango section for use of feet in this dance.
f. インサイドまたはアウトサイドエッジ。すべてのステップは、ごくわずかインサイドまたはアウトサイド・エッジで行われるが、より強く使うことが必要な場合には注意が必要である。これは、足をターンアウトしたり、ターンインしたりするフット・ポジションで起こる。また、ライン・フィガーでは、このスタイリッシュなテクニックを使用するために、伸ばした脚と足の形を整える。その他の両足の使い方については、フィガーの説明の中で説明している。タンゴでの足の使い方については、タンゴのセクションを参照のこと。

 

CONTRA BODY MOVEMENT (CBM)CBM

Defined as the rotation of the opposite side of the body to the leading leg. It is used on all forward and backward steps, which commence a turn. Although the name suggests the turn originates in the body, the mechanics are that as the weight is lowered and moved forward over the standing foot into the leading step, the knee will move towards and over the big toe. This causes a body rotation and allows the Swinging leg to continue into the required turn. As the balance of the previous turn requires Sway to be maintained into the lowering action, there will be a slight side leading as the knee action described commences. When the feet pass at the end of step 1, the body has gained a position of centred balance over the new standing leg, at this moment the upper body will be able to activate the turn giving complete freedom to the swinging leg to create the required Turn, Rise and Sway of the figure. This way a very smooth turning action will be developed from the previous lowering to the end of the Swing.
CBMは先行する足と反対側のボディの回転と定義される。これは、ターンを開始するすべての前進および後退のステップで使用される。名前からすると、ターンはボディの中で行われるように思えるが、仕組みとしては、ボディ・ウェイトをロアーしながら、スタンディング・フットの上を前進させて先行ステップに入ると、膝がボールに向かって移動し、ボールを越える。これによりボディが回転し、スウィングするほうの脚が必要とされるターンに進むことができる。前のターンのバランスでは、ロアー動作に入るためにスウェイを維持する必要があるので、前述の膝の動作が始まると、わずかにサイド・リードになる。ステップ1の完了時で両足がすれちがうとき、ボディは新しいスタンディング・レッグの上でバランスの中心位置になる。この瞬間、上半身はターンを作動させることができ、スウィングしている脚に完全な自由を与えて、必要なターン、ライズ、スウェイを作り出すことができる。このようにして、先ほどのロアリングからスウィングの終わりまで、非常にスムーズなターン・アクションが展開されるのである。

Teaching Tip Think Swing commences with and continues smoothly into Sway.
指導のヒント CBMとともにスウィングが開始し、スムースにスウェイに入っていくと考えること

a. The strength of varies with the figure and the foot position of the leading step. A general guide is that turns to the right have a stronger than turns to the left. The reason is that the Lady’s body position is centred towards the Man’s right side; therefore he moves around the Lady on right turns and leaves the Lady towards his right side on the left turns. The exception is on steps following a Pivot turning left, caused by the strong continuation of turn. See definition of a Pivot.
a. の強さは、フィガーやリーディング・ステップの足の位置によって異なる。一般的な目安としては、右回りの方が左回りよりもが強くなる。その理由は、女子のボディの中心が男子の右側に位置しているからである。したがって、男子は右回りでは女子の周りを動き、左回りでは女子を自分の右側に置いておく。例外は、左回転のピボットに続くステップで、ターンの継続が強いために起こる。Pivotの定義を参照。

Teaching Tip. “Left turn, late turn”
指導のヒント 「左へターンするときは遅れてターン」

b. Backward Turns. From the above actions the person moving backwards into a turn will feel a stronger sense of CBM, including a slight turn in of the toe, thus creating the sideways Swing of the leg, to enable the partner to Swing forward.
b. バックワード・ターン。上記の動作から、後退しながらターンをする人は、より強いを感じ、そのトウをわずかにターンインさせることで、脚の横スウィングを作り出すことができ、パートナーが前へのスウィングをできるようにする。

c. Turns commenced outside partner have virtually no commencing from the standing foot as described above. As the weight of the preceding step is moving sideways, or diagonally across the foot, the knee cannot turn towards the big toe at the end of the lowering to generate the commencement of turn in this position. It is generated by the upper body turn, as feet pass at the end of step 1, and the power of the Swinging leg.
c. アウトサイド・パートナーで開始するターンは、上述のようなスタンディング・フットからの開始CBMがほとんどない。前のステップのweighttama注:このweightは重量でなくて質量のこと)が横に、つまり足を横切って斜めに移動しているので、この位置でのターン開始を行うことを目的とした、ロワーリングの終わりでの膝を母趾の方に向かせるということができない。このターンは、ステップ1の終了時で両足がすれ違うときの上半身のターン、そしてSwinging legpowertama注:このpowerは慣性のこと)によって発生する。

Teaching Tip. “Outside turn, late turn”
指導のヒント 「パートナー・アウトサイドでターンするときは遅れてターン」

 

SWAY スウェイ

Defined as the inclination of the bodyline through the leg to the top of the head. Produced from the weight of the swinging leg altering the horizontal line of the pelvis, so as the swinging leg achieves its extension, the line of Sway is seen from the leg through the body to the head. Sway is used to absorb the energy created by the centrifugal force of Swing and to create a changing shape to ”colour” the movement.
スウェイとは、ボディーラインが脚から頭頂部に向かって傾いている状態と定義される。スウィングする脚のweight(このweightは質量のこと)が骨盤の水平線を変化させることで生まれるため、スウィングする脚が伸びると、スウェイのラインが脚からボディを通って頭まで見えるようになる。スウェイは、スウィングの遠心力によって生じるエネルギーを吸収し、動きを「彩る」ために変化する形状を作り出すために使用される。

Linear Sway is used mainly in Slow Foxtrot where the linear movement requires the Sway to be taken in the line of the movement and not laterally across the line of movement. Also used in figures such as the Side Cross.
リニアスウェイは、主にスローフォックストロットで使用される。リニア・ムーブメントをするため、スウェイはムーブメントのラインに沿って取る必要があり、ムーブメントのラインを横切る方向にスウェイはできない。また、サイド・クロスなどのフィガーでも使用される。

a. The Man who must maintain his constant forward poise, is able, through the placing of his knees, to achieve a considerable amount of Sway
a. 常に前傾姿勢を保たなければならない男子は、膝の置き方によって、かなりの量のスウェイを実現することができる。

Teaching Tip. Consider the Slalom skier who uses his knees to create the inclination of the body to control turns.
指導のヒントスラロームのスキーヤーを考えてみよう。彼は両膝を使ってボディの傾きを作り、ターンをコントロールする。

b. The Lady who must maintain her constant backward poise will not be able to use her legs in the same way. When she does Sway, it is minimal. If she tries to match the Man she will break at the waist, so the Swing creates rotation and not any strong degree of Sway.
b. 常に後傾姿勢を維持しなければならない女子は、同じように両脚を使うことができない。女子がスウェイするとしても、それは最小限である。もし女子が男子に合わせようとすると、ウェストの位置で折れてしまうので、そのスウィングは回転を生み、強いSwayの度合いはない。

c. The difference between the Man’s and Lady’s use of Sway creates a beautiful body rhythm between the couple, changing the volume of hold and returning to the required minimum on so many figures.
c. 男子と女子のスウェイの使い方の違いにより、カップルの間に美しいボディリズムが生まれ、ホールドの大きさが変化し、多くのフィガーで必要最小限に戻ることができる。

d. Man’s Body Inclination. Although written and referred to as Sway, this is not truly Sway as altering the angle of the knees without using Swing creates the inclination of the body. For example when dancing Line figures. When the body is inclined, the head must remain well poised over the body and not be allowed to drop away, so the line of Inclination is seen from the standing knee to the top of the head.
d. 男子のボディの傾き。スウェイと書かれているが、これは純粋のスウェイではない。スウィングを使わずに膝の角度を変えると、ボディの傾きが生じる。例えば、ライン・フィガーを踊るときなどである。ボディが傾いているとき、頭はボディの上にしっかりと固定されていなければならず、頭が下がってはいけないので、立っている膝から頭のてっぺんまでが傾きのラインになる。

e. The Lady is not able to incline her body to any degree without breaking at the waist, so she will respond to the Mans shape by rotating from the knee and softly extending her Head Weight to enhance her femininity and the volume of the hold.
e. 女子は、ウェストの高さで折れないようにボディを傾けるということができないので、膝から回転させたり、ヘッド・ウェイトを柔らかく伸ばしたりして、男子のシェイプに対応しつつ、女子らしさとホールドのボリューム感を高めていく。

f. Metronome Action. Opposite to the pendulum action of Swing. It is the change of body shape from the line of Sway by using Head Weight to create a body inclination in the opposite direction. For example, the change for the Man in the Tumble Turn from the Sway to right on step 2 of the Feather Finish to the Inclination of the body to left on step 4, Open Toe Pivot.
f. メトロノーム・アクション。スウィングの振り子動作とは逆の動作。ヘッド・ウェイトを使って、スウェイのラインから反対方向にボディの傾きを作ることで、ボディのシェイプを変化させることである。例えば,タンブル・ターンの男子の場合,フェザー・フィニッシュのステップ2での右スウェイから,オープン・トゥ・ピボットでの左へのステップ4のボディの傾斜への変化である。

g. The Lady will once again reply to the Man’s action with rotation and use of her Head Weight.
g. 女子は男子のアクションに対して、再び回転とヘッド・ウェイトを使って対応する。

Teaching Tip. During Sway, Body inclination and Metronome action the Man most maintain a forward poise at all times.
指導のヒントボディの傾きとメトロノーム・アクションの間、男子は常に前傾姿勢を保つ。

 

HEAD WEIGHTヘッド・ウェイト

This is an additional subject to those given in the Original Technique. It is mainly the Lady who will enhance the balance, rhythm and shape by extending her Head Weight in the direction suggested by the Man’s body lead. The Man’s Head Weight is essential in creating an ease of movement, in the direction he requires, and to create an emotional quality in the Line Figures. However the line through his head will follow that of his body, creating a powerful and manly expression. When moving to Promenade Position, a slight head weight to left is given. This is felt as a slight turn of the head to left of the normal position and a slight projection of head weight, not a lean or distortion of the posture of his head.
これは、オリジナル・テクニックで与えられたものに追加された主題である。主に女子が、男子のボディリードが示唆する方向にヘッド・ウェイトを伸ばすことで、、リズム、シェイプを向上させる。男子のヘッド・ウェイトは、彼が必要とする方向への動きやすさを作り出し、ライン・フィガーに感情に訴えるような性質を作り出すのに不可欠である。しかし、頭を通るラインはボディのラインに沿っているので、力強く、男らしい表現になる。プロムナード・ポジションに移るときは、頭を少し左に傾ける。これは、通常のポジションから頭を少し左に向けて、ヘッド・ウェイトを少し突出させる感じであり、頭の姿勢が傾いたり歪んだりするものではない。

The word Centre is used to qualify the usual position of the head in the normal standing position. However it is recognised that the Lady will have her Head Weight slightly to the left whilst in this position. The Lady has more freedom than the Man in changing from one side to the other, however in the Swing dances, with a few exceptions, this really must feel as a weight change from one side to the other and not as a turn of the head.
センターという言葉は、通常のスタンディングポジションでの頭の位置を意味している。しかし、女子はこのポジションでヘッド・ウェイトをわずかに左にすることが受け入れられている。しかし、いくつかの例外を除いて、スウィング・ダンスでは、頭を回転させるのではなく、一方の側から他方の側へウェイトを移動させるように感じなければならない。

Teaching TipAs Lady dance alone an Open Natural Turn from Promenade Position. The eyes will focus on the same spot in the room and you will find that the Head Weight has changed from right to left and has not turned at all. The body has turned to the right under the head.
指導のヒント女子が一人でプロムナード・ポジションからオープン・ナチュラル・ターンを踊るとき。目は部屋の中の同じ場所に集中し、ヘッド・ウェイトが右から左に変わり、全く回っていないことに気づくだろう。ボディは頭の下で右に回転している。

Many Ladies are able to lay their Head Weight out to an almost horizontal line as they prepare, or actually dance a Line Figure. However it is most important that this is done from the rhythm and shape of the Man’s body lead and the use of her supporting knee. At all times she must endeavour to keep her light contact with the Man through her centre from her pelvis to breast bone.
多くの女子は、ライン・フィガーを準備したり、実際に踊ったりするときに、ヘッド・ウェイトをほぼ水平なラインにすることができる。しかし、これは男子のボディ・リードのリズムとシェイプ、そして女子のサポーティング・レッグの膝の使い方から行われることが最も重要である。女子は常に、骨盤から胸骨までの中心を通して、男子との軽い接触を保つように努めなければならない。

 

 

DEFINITION 動画