解説

下記の私の和訳についてご説明しておきます。

英語の swing には、動詞、可算名詞(普通名詞)、不可算名詞(抽象名詞)がありますが、ジェフリー・ハーン氏は下記の文のなかで、可算名詞の swing と動詞の swing 以外に、文章の途中で頭文字が大文字にした名詞のSwing、および文頭で冠詞なしの名詞のSwingの2種類の名詞を使用しています。これらは、可算名詞でもなく不可算名詞でもなく、固有名詞すなわち技術用語としてのSwingとして使われているようです。そのため、和訳の際は、動詞の swing を「スイングする」、技術用語の Swing を「SWING」と記載しました。

なお the Step Swing principle という書き方をしている個所がありますが、Step も Swing も頭文字が大文字の固有名詞(技術用語)です。ジェフリー・ハーン氏は、それらを and なしでつなげて、the principle という名詞を修飾しています。つまりジェフリー・ハーン氏は、and を使わないことで、STEPとSWING は別々のアクションではなくて、ひとつづきのアクションであることを示そうとしたと思われます。 そのため和訳の際は STEPーSWING と記載しました。

 

対訳

MOVEMENT

 

Swing
SWING

Swing is the unique method used by Standard Ballroom Dancers to propel the body weight across the floor. Swing was not defined in the original technique, leading some students of dance to misunderstand the movement required. It is most important to realise that the movement is created by a step and swing and not by a step and push. The four dances, which use Swing, are Waltz – Slow Foxtrot – Quickstep – Viennese Waltz. Each dance has its own characteristic swing, which complements the rhythm and speed of the music. One of the dictionary definitions of Swing is “A movement around a fixed point” For example a pendulum action of a clock. In dance the whole body must move with swing so it is necessary to understand the Step Swing principle.
SWING(スイング)とは、スタンダード・ボールルーム・ダンサーがフロアー上で体重を推進するために用いる独特の方法である。前述のオリジナル・テクニックでは SWING が定義されていないため、ダンスを学ぶ人の中には必要な動きを誤解している人もいる。それらの動きは、ステップし、そして(ボディを)プッシュ(押し出す)することで生み出すのではなく、ひとまとまりのステップとスイングによって生み出されるのだということを認識することが最も重要である。スイングを使用する4種類のダンスは、、スロー・、ヴィニーズ・ワルツである。それぞれのダンスには特徴的な SWING があり、音楽のリズムやスピードを引き立てている。 SWING の辞書的な定義の一つは、「一定の点を中心とした動き」であり、例えば、時計の振り子の動きなどがこれにあたる。ダンスでは体全体がスイングしなければならないので、STEPーSWING の原理を理解する必要がある。

Teaching Tip.
To understand the effect of swing on the technique, a good idea is to stand facing a mirror and swing a leg across in front of the body and out to the side. Having repeated this three or four times, to gain a free movement, allow the foot to stop when it has reached the furthest point to the side just touching the floor. Now analyse what has happened. The swing of the leg has pointed the foot, so turn has taken place between the feet, thus giving an amount of turn and a new alignment. The foot will be on the inside edge of toe, thus giving the footwork. If weight is carried to this foot and the ankle and knee remain toned you will see rise has taken place with no push action. One further point, if the leg weight has been swung strongly to this position you will see the hip has been lifted to the side and has given the body a line from the head to foot, so Sway has been created. Therefore great technique is the result of using perfect Swing in every moving figure.
指導のヒント
SWING がテクニックに与える影響を理解するためには、鏡に向かって立ち、一方の脚をボディの前でアクロスし、次に横外側にスイングしてみるとよい。これを動きに任せて、3、4回繰り返したところで、その足が最も遠いところに達してフロアに触れたところで止めるようにする。ここで、何が起こったかを分析してみよう。その脚のスイングが足の向きを指しており、つまり、両足の間でターンが起こって回転量と新しいアライメントが得られたことになる。足はトウ・インサイド・エッジになり、それによってそのフットワークが生まれる。この足に体重がかかり、足首と膝がトーンを保っているならば、プッシュ・アクションなしでライズが行われているのがわかるであろう。さらなる注意点は、このとき脚の重量が強く振られていれば、腰が横に持ち上がり、頭から足までのボディの一本のラインができ、スウェイができていることである。したがって、優れたテクニックとは、すべてのムービング・フィガーで完璧なスウィングを使用した結果なのである。

Step Swing Principle
STEPーSWING の原理

Example: 1-3 Waltz Natural Turn. From the preceding left foot, the head weight will commence to move forwards and at the same time the left knee moves forward. The foot and leg muscles are now able to drive the body weight forward, and because the knee continues to flex the body weight is lowered. As the left knee moves forward it will travel over the big toe of the left foot creating a slight rotation to the right, this is the commencement of Contra Body Movement. (CBM). The right heel strikes the floor and the foot immediately flicks to flat of foot causing the body weight to be “pulled” further forward into a flexed right knee. The left toe maintains pressure into the floor for as long as possible so the leg straightens and creates a commencement of rise. As body weight continues forward it pulls the left leg forward. The upper body now turns energising the left leg to swing forward, creating a continuance of the rise through the right foot. This swing energy now pulls the body weight to continue its forward momentum. The action of at the beginning of the movement and the later turn of the body will curve the line of swing so the left foot ends to the side. The Sway generated by the swinging leg will control the motion and the direction of travel. The body weight continues to move in Flight over the left foot with the foot pressure (not push) allowing the right foot to close to left foot with continuation of rise.
例:ワルツのナチュラル・ターンのステップ1-3。その前の左足から、ヘッド・ウェイトが前方に移動し始めると同時に左膝が前に出る。その足および脚の筋肉でボディ・ウェイトを前進させ、膝を曲げ続けることでボディ・ウェイトがロアーしていく。左膝が前に出るにつれ、左膝は左足の親指を乗り越えて右にわずかに回転するが、これがコントラボディ・ムーブメント(CBM)の始まりである。右足のヒールがフロアに着き、すぐに足の裏が平らになり、ボディ・ウェイトがさらに前進するにつれ、右膝が屈曲する。左足のトウができるだけ長くフロアをプレスし続けることで、その左脚がまっすぐになり、ライズのきっかけを作る。ボディ・ウェイトが前進すると、そのボディ・ウェイトが左脚を前方に引きよせる。上半身が回転すると、前方にスイングするエネルギーを左足に与え、右足を通じてライズが継続する。このスイングのエネルギーがボディ・ウェイトを引き寄せ、前進する慣性を持続させる。動き始めのCBMの動作と、その後のボディの回転により、スイングラインがカーブしていくので、左足が横を向いて終わる。スイングしていく脚によって生まれたスウェイがムーブメントと進行方向をコントロールする。ボディ・ウェイトはフット・プレッシャー(プッシュではない)でライズを継続しながら、左足の上に向かってフライトするように移動していき、(tama注:その結果両方の足が揃うまで)右足が左足に近づいていく。

Teaching Tip. A simplified idea:
指導のヒント 簡略化されたアイデア

1. Head weight commences movement
2. Left leg drives body weight
3. Right foot action continues to pull body weight forward
4. Body weight pulls left leg forward
5. Left leg Swing’s to pull body weight through right foot to end over left foot
6. Body weight continues in Flight until the point of lowering is reached
1. ヘッド・ウェイトが動きを開始する
2. ボディ・ウェイトが左脚を推進させる
3. 右足のアクションがボディ・ウェイトを前進させ続ける
4. ボディ・ウェイトが左足を前に引き寄せる
5. 左脚は体重を右足を経由して左足に乗せるようにスイングしていく。
6. ボディ・ウェイトはロアーの時点に達するまでフライトを続ける。

Flight
FLIGHT(フライト)

Flight is the dancers ability to continue the body weight moving through the air from the swing action, by maintaining foot pressure on the floor through the ball of foot, until a vertical lowering can occur at the end of the following step. For example, Flight will occur during the movement between steps 2-3 of an Open Turn. Step and Swing to the second step, then maintain the foot pressure on step 2 to achieve the flight necessary to lower vertically at the end of three.
FLIGHT(フライト)とは、その次のステップが終わって垂直にロアーするまで、フットのボールを通してフロアに足のプレッシャーをかけ続けることで、ボディ・ウェイトをスイング・アクションから空中を移動する動きを継続させるダンサーの能力である。例えば、オープンターンのステップ2~3の間の動きでフライトが発生する。STEPーSWING でステップ2に進み、ステップ2でフットプレッシャーを維持して、ステップ3が終わって垂直にロアーするのに必要なフライトを達成する。

A bird or aeroplane taking off must first have drive and then speed of movement before flight can occur. Similarly with the dancers body, the Step Swing principle must be used to achieve Flight.
飛び立つ鳥や飛行機は、まず駆動力があり、次に動きのスピードがなければ飛べない。ダンサーのボディでも同じように、STEPーSWING の原理を使ってフライトを実現しなければならない。

Teaching Tip. “No feet, no Flight”
指導のヒント 両足なしでは飛び立てない