公開日 2021年11月22日

解説

文中で出てくる「」という用語が出てきます、

トーンとはなにか、またどういうようにするとトーンの強さをコントロールできるのかについては、以下の記事を参考にしてください。   

トーンの意味、発生の仕組み、および必要性

 

ホールドの作り方に関しては以下も参考になると思います。

IL05 第2章 ホールドしてみましょう

 

 

対訳

DEVELOPMENT OF HOLD
ホールドの発展

 

In the early days of competitive dancing the hold was quite compact, with a lower elbow line and the Man’s right hand under the Lady’s left shoulder blade. Over the years of development the level of the elbows is now just below the shoulder level, with the Man’s right hand placed on the Lady’s back just under the line of her arm, with his wrist giving a slight support to her upper arm at the point it joins her body. This allows the Lady much more freedom in the use of her head weight. However it must also give the Lady more responsibility in maintaining the contact between herself and her partner. It is this development that has created many of the different possibilities in the use of the original technique. The Man’s left hand will be turned out so that the palm will be facing away from him; this creates a straight line from the left elbow to the knuckles of the left hand. The fingers will point down the back of the Lady’s hand towards her elbow, causing a slight bend back of her wrist to allow the Man extra control in helping to maintain the Lady’s position of contact and right arm shape. The joined hands will be held halfway between the partners and just below Man’s eye level
競技ダンスの初期の頃は、肘のラインが低く、男子の右手が女子の左肩甲骨の下にある非常にコンパクトなホールドであった。長年の発展の結果、両肘の高さは肩の高さのすぐ下になり、男子の右手は女子の背中の腕のラインのすぐ下に置かれ、男子の手首は女子の上腕が体につながる部分をわずかに支えているようになった。これにより、女子は頭の重さをより自由に使うことができる。しかし、それは同時に、自分とパートナーの間のコンタクトを維持するためのより大きな責任を女性に与えることになる。この発展により、オリジナル・テクニックの使用において、多くの異なる可能性が生まれた。男子の左手は、手のひらが自分の方を向くように回す。これにより、左肘から左手のこぶしまでが一直線になる。指は女子の手の甲を肘の方向に向け、手首をわずかに曲げて、男子が女子の接触位置と右腕の形を維持できるように、さらにコントロールする。繋いだ手は、パートナーの中間地点で、かつ男性の目の高さのすぐ下に置く。

An equal feeling of tone must be felt in both hands to provide the Lady with a feeling of security, but this must not pull her on to the Man’s body. She should appreciate the same message from both of his hands and body, therefore allowing her to move freely in the direction required by the Man.
女子に安心感を与えるためには両手に同じトーンが感じられるようにしなければならないが、そのことで男子のボディのほうに女子を引きよせてくることになってはならない。女子は、男子の手と体の両方から同じメッセージを受け取ることで、男性が求める方向に自由に動けるようになるのである。

Teaching Tip. Think of holding the Lady the same way as you would hold a fray of beautiful glasses full of the best champagne. Always level and in front of your body. The tone in the arms and the ability to expand the right arm from elbow to hand should always enable the Lady to maintain, and indeed to enlarge, the volume of the hold.
指導のヒント  女子をホールドするときは、最高のシャンパンが入った美しいグラスを持つのと同じように考えること。常に水平で、体の前に置くのである。腕のトーンと、右腕を肘から手まで広げる能力があれば、女子は常にホールドのボリュームを維持し、実際に大きくすることができる。

Teaching Tip. The Man’s right hand should always move with the Lady’s back, it must not move the Lady’s back.
指導のヒント 男子の右手は常に女子の背中に合わせて動くべきで、女性の背中を動かしてはならない。

The onlooker will assess the volume of the hold from elbow to elbow, not from Man’s left hand to his right elbow. For both Man and Lady as “massive” a look as possible; whilst maintaining a slight curve across the back by making sure the elbows are always just slightly forward of the shoulder line.
観客は、男子の左手から右肘ではなく、肘から肘へのホールドのボリュームを評価する。男子も女子もできるだけ「重厚」に見えるように、両肘が常に両肩のラインよりわずかに前に出るようにして、背中のわずかなカーブを維持する。