解説

内容

 

THE WALK FORWARD

Notes on the characteristics of the Walk are given on the preceding pages. It should be noted that each Walk occupies only one beat of music, but it is easiest to count it “Slow” as the slow tempo of the music makes the step of the same duration as a “Slow” in the Foxtrot. The actual movement of the feet is as follows:
ウォークの特徴については、前のページに記載されている。各ウォークは音楽で1拍しか占有しないが、スローなタンゴ音楽のテンポがフォックストロットの「S(スロー)」と同じ長さを持つステップになるため、それを「S(スロー)」と数えるのが最も簡単である。足の実際の動きは次のとおりである。

Take a natural-length step forward with the RF, placing the foot heel first and going immediately on to the flat foot. Bring the rear foot forward with the toe skimming the floor. Lift this foot slightly from the floor just before it reaches the supporting foot, and then continue forward to repeat the Walk on the LF.
右足で自然な長さの一歩を踏み出し、足のヒールを最初に置き、すぐにフラット・フットに進む。 トウを床をすくうように、後足を前に動かす。 この足をサポーティング・フットに達する直前に床から少し持ち上げてから、前方に進み、左足でのウォークを繰り返す。

Note that the heel of the supporting foot is always released just after the moving foot passes the supporting foot.
ムービング・フットがサポーティング・フットを通過した直後に、サポーティング・フットのヒールが常にフロアを離れることに注意すること。

As the RF commences to move forward the weight is on the supporting (L) foot. When the RF is placed, the weight is central for a moment, and then taken forward on to the RF. The body must be kept moving all the time, and any tendency to “sit back” on the supporting foot must be avoided.
右足が前進し始めると、体重はサポーティング・フット(左足)にかかる。 右足が置かれると、体重は短時間両足の中間にかかり、次に右足にかかっていく。 ボディは常に動き続ける必要があり、サポーティング・フットに「座る」傾向は避けなければならない。

 

 

 

(Visited 1 times, 1 visits today)