解説

Ballroom Dancing のタンゴの一般的な注意事項です。テクニック的には、The Ballroom Technique(ボルテク)のタンゴと大きく変わってはいませんが、The Ballroom Technique よりずっと詳しく書かれており、現代においても十分参考になります。

 

 

 

GENERAL NOTES

Time. 2/4. Two beats in a bar. Both the 1st and 2nd beats are accented.
タイム 2/4。2拍/小節。第1ビートと第2ビート両方にアクセントがある。

Tempo. Music played at 33 bars a minute.
テンポ 音楽は1分あたり33小節で演奏される。

Basic Rhythms. The figures consist of various combinations of “Slows” and “Quicks”. As Tango music is in 2/4 time, each “Slow” has only one beat of music, and each “Quick” has a 1/2 beat.
基本的リズム フィガーは「スロー」と「クイック」の様々な組み合わせからなる。タンゴ音楽は2/4拍子であり、各「スロー」は1拍、各「クイック」は1/2拍の長さを持つ。

Figures. Walk, Progressive Side Step, Rock Turn, Progressive Link, Closed Promenade, Open Promenade, Back Corté, Rocks, Open Reverse Turns, Basic Reverse Turn, Progressive Side Step Reverse Turn, Natural Twist Turn, Natural Promenade Turn, Promenade Link, Four Step, Fallaway Promenade, Outside Swivel and Brush Tap, Outside Swivel turning to L.
フィガー 省略

The Tango being an entirely different type of dance from the other standard dances, a detailed description of its chief characteristics is given in the following pages. The manner of approach depends very much upon the ability of the dancer, but it is advisable for all dancers to read the instructions on the Hold, the Placing of the Feet, and the characteristics of the Walk.
タンゴは他のスタンダード・ダンスとはまったく異なるタイプのダンスであるため、その主な特徴の詳細な説明は次のページに記載されている。 アプローチの仕方はダンサーの能力に大きく依存するが、すべてのダンサーがホールド、足の配置、ウォークの特徴に関する指示を読むことを推奨する。

The construction of the Tango is comparatively simple owing to the fact that more walking steps are used, thus giving the dancer time to think which figure to use next. The follow ing suggestions regarding the order in which to learn the basic figures should prove useful to the beginner.
タンゴの構造は、より多くのウォーキング・ステップが使用されるという事実のために比較的単純であり、したがってダンサーは次にどのフィガーを使用するかを考える時間を与えられる。 基本的なフィガーを学ぶ順序に関する以下の提案は、初心者にとって役立つはずである。

The Walk. Learn this first. Approach it by means of a perfectly natural movement, afterwards trying to introduce points 1, 2 and 3 referred to in the notes on the Walk.

Progressive Side Step. Learn this figure, and then practise it, using three walking steps between each Progressive Side Step.

Rock Turn. Usually a Reverse Turn is introduced next, but the Rock Turn will be found easier and more useful.

Closed Promenade, Open Promenade. These figures will follow quite easily from the Rock Turn. First dance 2 Walks, LF, RF, then turn the lady to PP.

Reverse Turn. The Open Reverse Turn, lady outside, using the Closed Finish, is probably the most popular and should be learned next.

Notes on the general construction are given in the descriptions of the separate figures.

 

The Hold

The hold in the Tango is rather more compact than in the moving dances. The lady is held slightly more on the man’s R side, but this must not be exaggerated. The man’s R arm will be slightly farther round the lady. To obtain the correct hold for the extended arms, stand in position and with the L arm held in the normal Foxtrot hold. The man should now bring his L hand slightly in towards him, and also lower it a little. These movements must be made from the elbow, the forearm only moving. To correspond with this alteration the lady should drop her elbow slightly as well as moving her hand. The man, however, should endeavour to keep his elbow in the normal position.
タンゴのホールドは、ムービング・ダンスのホールドよりもかなりコンパクトである。 女子は男子のすこし右側にホールドされているが、これはやりすぎてはならない。 男子の右アームは女子の周囲に少し離して置かれる。 広げられたアームに対して正しいホールドを得るには、左アームを通常のフォックストロットのホールドに保ち、所定の位置に立つ。 男子は左手を少し自分に近づけて、少し下げること。 これらの動きは肘から行う必要があり、前腕のみが動く。 この変更に対応するために、女子は手を動かすだけでなく、肘を少し落とす必要がある。 ただし、男子は肘を通常の位置に保つように努めなければならない。

Owing to the position of her body in the Tango (slightly more to the man’s R), the lady will find it more comfortable to place her L hand rather more at the back of the man’s R arm or with the hand actually resting on the man’s back, just under his arm-pit.
タンゴでの体の位置(男子の右側に少し寄って)に従って、女子は左手を男子の右アームの後ろに置くか、あるいはその手を男子の背中、ちょうど脇の下に固定するように置くほうがより楽であるということがわかるだろう。

Position in the Walk

Walking movements in the Tango are not taken with the man facing square to the LOD. When a step is taken down the LOD his feet and body will be facing almost diagonally to the centre, with his R hip and shoulder in advance of his L. In backward movements the reverse will apply. This positioning of the body at the commencement of the dance will affect the Walk in the following ways:
タンゴでのウォーク動作は、男子がLODにまっすぐ向いた状態では行わ​​れない。あるステップがLODに沿って取られる場合、足と体はほぼ中央斜めを向き、右のヒップと肩は左のそれより先行する。後退動作では、逆の動きが適用される。このダンスのスタート時のこの体の位置関係は、次のようにウォークに影響を与える。

Each step taken forward with the LF will give the effect of moving across the body (called “Contrary Body Movement Position”). It is important that the L heel is placed on, not across, the line of the RF.
左足で前進する各ステップは、体を横切って移動する効果をもたらす(「CBMP」と呼ばれる)。左足ヒールを右足の延長線を横切るのではなく、その上に配置することが重要である。

As a step is taken with the RF the Right side is leading. This term is used to describe this position in the following descriptions.
右足で一歩を踏み出すと、右側が先行する。この用語は、以下の説明でこの位置を説明するために使用される。

This action will result in the Walk taking the line of a wide curve to the man’s L.
このアクションにより、ウォークは男子の左の方向に大きなカーブしたラインを取る。

In backward movements the man’s L side will lead, when stepping back with LF. RF back steps are placed in CBMP. The same rules apply to the lady’s Walk.
後退動作では、左足で後退すると、男子の左側が先行する。 右足後退ステップはCBMPに置かれる。同じルールが女子のウォークにも適用される。

Further Characteristics of the Walk. Although the balance and distribution of weight are similar to those in other dances, there are one or two important characteristics in the Tango Walk that should be noted.
ウォークのさらなる特徴。体重のバランスと配分は他のダンスのそれと似ているが、タンゴウォークには注意すべき重要な特徴が1つまたは2つある。

    1. Knees. The knees are kept slightly flexed throughout the dance. To realize the full meaning of this, the dancer must remember that in the other dances, when the leg is at the full extent of its stride, the knee is comparatively straight. In the Tango the feet are lifted slightly from the floor in the Walk (see Note 2), and when the foot meets the floor at the full extent of the stride, it does so with the knee slightly move flexed than in the moving dances, although the muscles of the leg are well toned to avoid any suggestion of “drop” or softness as the weight is taken on to the step. Naturally, the moving leg will flex more as it is passing through to its forward position, care must be taken not to relax the knee of the supporting leg further, otherwise a “lilting” or “up and down” movement will result.
      膝.膝はこのダンスの間を通してわずかに曲げられたままである。これの完全な意味を理解するために、ダンサーは、他のダンスでは、脚がそのストライドの全範囲にあるとき、膝は比較的まっすぐであるということを覚えておく必要がある。タンゴでは、ウォークで足が床からわず​​かに持ち上げられ(注2を参照)、足がストライドの全範囲で床に接触すると、ムービング・ダンスよりも膝がわずかに曲がって動く。ただし、足の筋肉は、体重がステップした足にかかるときに「ドロップ」や「ソフトネス」の動きを示すことを避けるために十分にトーンを持たせなければならない。当然のことながら、ムービング・レッグは前方の位置に向かって通過していくときにさらに屈曲する。サポーティング・フットの膝をさらに緩めないように注意する必要がある。そうしないと、「リルティング」すなわち上下動が発生する。
    1. Placing of Feet. All walking steps in the Tango picked up from the floor slightly and placed into position. This, of course, is in direct opposition to the gliding movement of other dances. Care must be taken not to exaggerate this action. It is preferable to keep the ball of the foot of the moving leg skimming over the floor until it nearly reaches the supporting foot, before lifting it slightly from the floor and placing it in position with a crisp action. The keen dancer will also observe that the curving of the Walk to the L will result in the weight being taken on the L edge of both feet in a forward movements and on the R edge in backward movements.
      足の置き方。床からわず​​かに持ち上げられ、所定の位置に置かれたタンゴのすべてのウォーキング・ステップ。これは他のダンスのグライディング動作とは正反対である。この動作を誇張しないように注意する必要がある。ムービング・レッグのボールは、床からわず​​かに持ち上げてcrisp action(歯切れよい動作)で所定の位置に置かれるより前に、サポーティング・フットにほぼ達するまで床の上を滑らせ続けることが望ましい。熱心なダンサーは、左方向へのウォークのカーブにより、前進動作では両方の足の左側エッジに、後退動作では両方の足の右側エッジに体重がかかることを見てとるであろう。
    2. Sharpness. The crisp action of the Walk is obtained by delaying the movement of the foot that is not supporting the weight of the body. If a step forward has been taken with the RF, the moving of the LF should be delayed slightly, so that when it does move forward it must move quickly in order to be in position on the next beat of the music. Do not delay the back foot too long, as this would result in a loss of continuity in the movement of the body.
      シャープネス。ウォーキング動作の歯切れの良さは、体の重さを支えていないほうの足の動きを遅らせることで得られる。 右足で一歩前進した場合は、左足の移動をわずかに遅らせる必要がある。これにより、左足が前進したときに、音楽の次のビートで in order to be in position(所定の位置にいるように)するためにすばやく移動する必要がある。後足を長く遅らせすぎないこと。そうしないと体の動きの連続性が失われるであろう。

Whilst these three points apply also to the backward Walk, it must be admitted that it is much more difficult when doing a backward movement to “feel” the action referred to in Notes 2 and 3. This is owing to the fact that the toe will meet the floor first. One can get more character into a movement that is led with the heel first. No attempt must be made to lift the foot upwards at the full extent of the stride and then force it down to the floor in an effort to achieve sharpness of action in the backward walk.
これらの3つのポイントは後退ウォークにも当てはまるが、後退すると、注2および3で言及されている動作を「感じる」ことがはるかに困難になることを認めざるを得ない。これは、トウが 最初に床につくという事実による。 (tama注:それに対して)最初にヒールでリードされる動きには、より多くの特性を付加することができる。 ストライドいっぱいに伸ばしたところで、足を上に持ち上げてから床に押し下げることで、後退ウォークでのアクションの鋭さを実現しようとしてはならない。

All steps should be of medium length, not short. They will not be as long as in moving dances. The action of the step comes from the hip, not from the knee only, but the swinging action of the other dances is not used.
すべてのステップは、短くではなく、中程度の長さである必要がある。 それらはムービング・ダンスにおけるほど長くはないであろう。 ステップのアクションは膝だけではなく腰から来るが、他のダンスのスイングアクションは使用されない。

The Turns

Contrary Body Movement. Although Contrary Body Movement is often used in turning figures in the Tango, the “swing” into the turns, to which I have referred in the moving dances, is almost completely absent. The turns in the Tango are less acute, and the R side lead adopted in this dance (referred to under “Position in the Walk”) makes the entry into L turns much easier. Right-hand turns are often taken from Promenade Position or are so constructed that a conscious swing of the body is unnecessary.
CBM。タンゴでのターニング・フィガーの場合にはCBMがよく使われるが、それらのターン、つまり、私がムービング・ダンスで言及したターンのことであるが、それらへの「」はほとんどない。タンゴにおけるターンはそれほど鋭くなく、このダンスで採用されている右サイドリード(「ウォークの位置」を参照)により、左ターンへの進入がはるかに簡単になる。右へのターンはプロムナード・ポジションから行われることが多いか、あるいは意識的に体をスイングさせる必要がないように構成されている。

Contrary Body Movement Position. This is referred to frequently in the descriptions of the Tango figures, and is the position achieved when the body is not turned but the leg placed across the body, so giving the appearance of Contrary Body Movement. Every normal step forward with the LF and back with the RF by both man and lady will be in Contrary Body Movement Position. It frequently happens that Contrary Body Movement is used on a Contrary Body Movement Position step. This is noted in the descriptions. The 2nd step of every promenade figure automatically results in Contrary Body Movement Position.
CBMP。これはタンゴのフィガーの説明でひんぱんに言及されており、体を回転させずにレッグを体を横切るようにおいたときに達成される位置であり、いわばCBMのように見える。男子と女子ともに、左足で前進し、右足で後退するすべての通常のステップは、CBMPになる。 CBMPに置かれるステップでは、CBMが使用されることがよくある。これはそれらのステップの説明に記載されている。すべてのプロムナードフィガーの2番目のステップは、自動的にCBMPになる。

Rise and Fall. There is no Rise in the Tango. The absence of “swing” on the turns, and the fact that the feet are placed rather than swung into position, account for this difference from the moving dances. In one or two figures, steps are taken and swivels made on the ball of the foot, but there is no pronounced Rise, and the heel is kept close to the floor.
ライズ・アンド・フォール。 タンゴにはライズはない。 タンゴのターンに「」がないこと、および、足が所定の位置にスイングされるのではなく置かれるという事実が、ムービング・ダンスとのこの違いを説明している。 1つか2つのフィガーでは、ステップは足のボールの上でスイブルされるが、顕著な上昇はなく、ヒールは床の近くに保たれている。

In the accompanying charts a few swivels of the feet have been shown but it is important to remember that in practically every case this swivel of the foot is made after the next step is in position.
添付のチャートには、足のスイブルがいくつか示されているが、実際にはすべての場合、この足のスイブルは次のステップが所定の位置に置かれた後に行われることを覚えておくことが重要である。

Body Sways

The reasons for the absence of Rise and Fall and body swing in the Tango also account for the lack of Body Sways. The shoulders should be kept as level as possible.
タンゴにライズとフォールがなく、ボディスイングがない理由も、ボディスウェイがないことを説明している。 肩はできるだけ水平に保つ必要がある。

Footwork

In the Tango, the word Ball instead of Toe is used in describing Footwork. Other terms used are Inside edge of foot, Inside edge of Ball of foot, and Whole foot. The correct footwork on each step is given following the descriptions of the figures, but some helpful rules to remember are:
タンゴでは、トウの代わりにボールという言葉がフットワークの説明に使用されている。使用される他の用語は、足のインサイド・エッジ、ボールのインサイド・エッジ、およびホール・フットである。各ステップの正しいフットワークは、フィガーの説明に従って示されているが、覚えておくと便利なルールは次のとおりである。

    1. All forward steps, whether taken in or with a side lead are described as Heel. It is not necessary to say Heel, then Flat. The first two steps of Promenade figures are also Heel. (It is taken for granted that the toe will then lower.)
      CBMPで行われるか、サイドリードを使用するかにかかわらず、すべての前進ステップはヒールと呼ばれる。ヒール、次にフラットと言う必要はない。プロムナード・フィガーの最初の2つのステップもヒールである。 (トウが下がるのは当然のことである。)
    2. All backward steps taken in are Ball, Heel, indicating that the step is taken on to the Ball, then lowering to the whole foot.
      CBMPで行われるすべての後退ステップは、ボール、ヒールである。これは、ステップがボールで取られ、それからホール・フットになるように取られることを示す。
    3. All backward steps taken with a L or R side lead are Inside edge of Ball, Heel. The reason for this is quite obvious.
      左または右サイドリードで行われるすべての後退ステップは、ボールのインサイド・エッジ、ヒールとなる。 この理由は非常に明白である。
    4. The footwork of side steps varies. Some are Inside edge of foot indicating that the inside edge of the foot touches the floor first, before it flattens. Others are Inside edge of Ball, Heel, or just Ball, Heel. A few are Whole Foot. The use of these terms will be found consistent in all figures, and it will help the student to get a truer interpretation of the dance if the correct footwork is used.
      サイドステップのフットワークはさまざまである。 一部は「足のインサイド・エッジ」(というフットワーク)であり、すなわち、足がフラットになる前に足のインサイド・エッジが最初に床に接触することを示す。 その他は、ボールのインサイド・エッジ、ヒールのインサイド・エッジ、または単にボール、ヒールである。 いくつかはホール・フットである。 これらの用語の使用はすべてのフィガーで一貫しており、正しいフットワークが使用されている場合、student(tama注:アレックス・ムーアの著書では教師試験の受験生をstudentと呼んでいる)がダンスのより正確な解釈を得るのに役立つ。
    5. The footwork of closing steps also varies. The majority are Whole Foot, but in some more advanced figures it will be found that a foot closes with the footwork of Ball, Heel.
      クロージングステップのフットワークもさまざまである。 大部分はホール・フットであるが、より高度なフィガーでは、Ball、Heelのフットワークで足が閉じることがわかる。

Alignment

It is important to remember that the alignment on forward and backward steps in the Tango descriptions is a directional term, and that the Right side lead used by the man in a forward walk, and the Left side lead used in a backward walk will result in the feet and body having a different alignment from the actual direction of the step.
タンゴの説明の前進後退ステップに関するアラインメントとは方向性を示す用語であり、男子が前進ウォークで使用する右サイドリードと、後退ウォークで使用される左サイドリードは、その結果として足とボディのアラインメントはステップの実際の進行方向とは異なるということを覚えておくことが重要である

The following examples will assist students to understand this point:
次の例は、教師試験の受験生がこの点を理解するのに役立つ。

    1. Step back LF, down the LOD. The direction of the step will be down the LOD but the L side lead will result in the feet and body backing diagonally to the centre.
      左足をLODの方向に後退。 この場合、ステップはLODの方向に取るが、左サイドリードにより、足と体は中央斜めに背面することになる。
    2. Step forward RF, diag. to centre. The direction of the step will be diagonally to the centre, but the R side lead will result in the feet and body facing the centre.
      中央斜めに右足前進。 この場合ステップは中央斜め方向に取るが、右サイドリードにより、足と体が中央に面することになる。

Closing of the Feet

The feet are closed very frequently in the Tango, and much more character can be given to the dance if the feet are closed correctly.
タンゴでは足が頻繁に閉じられる。足が正しく閉じられていれば、ダンスにより多くの個性を与えることができる。

The feet are usually closed after a step to the side, an example being: “LF to side and slightly forward. Close RF to LF”. The following details should be studied:
足は通常、横に一歩踏み出した後、閉じられる。 「右足を左足に閉じる」例。以下の詳細を検討する必要がある。

    1. When stepping to the side with LF take the step on the inside edge of the LF, with the L knee veering inwards. The whole foot will be on the floor as the complete weight moves on to the foot.
      左足で横にステップするときは、左膝を内側に向けて、左足のインサイド・エッジにステップを取る。全体重がその足に移動すると、足全体が床に接触する。
    2. Delay moving the RF and feel that the pressure is left on the inside edge of the ball of the RF with the R heel almost touching the floor. The R knee will tend to move towards the L knee.
      右足の移動を遅らせ、右ヒールが床にほぼ接触した状態で、右足のボールのインサイド・エッジに圧力が残っていることを感じる。 右膝は左膝に向かってやや動く。
    3. Pick the RF very slightly off the floor and then close it deliberately, but not very sharply, to the LF, placing it slightly back.
      右足を床からわずかに離してから、意図的に左足に近づけるが、それほど急激にはせず、少し後ろに置く。
    4. Do not close the feet tightly together. The R toe should be level with the L instep and about 2 cm (an inch) away from it, but the knees must be touching, with the R knee tucked slightly behind the L knee. The RF should tend to turn very slightly inwards.
      両足をぴったり閉じないこと。 右足トウは、左足の甲と同じ高さで、約2cm(1インチ)離れている必要があるが、右の膝が左の膝の少し後ろに隠れた状態で、膝が接触している必要がある。 右足は、ごくわずかに内側に向ける。

Anything in the nature of a “solid” closing of the feet with knees straight should be avoided. The closing of the foot slightly back instead of completely level with the LF will result in the body assuming the same position as is used in a forward walk.
膝をまっすぐにして両足を「しっかりと」閉じるという自然な傾向は、避ける必要がある。 足を左足と完全に揃えて閉じるのではなく、少し後ろに閉じると、ボディは前進ウォークで使用されるのと同じ位置になる。

A similar movement is used by the lady when closing her LF to her RF. Differences are that her RF will be placed to the side with the inside edge of the ball of the foot making the first contact with the floor, and her LF will close, or rather nearly close, with the Left heel near the Right instep.
(翻訳検討中)

Promenade Figures

Promenade figures are danced with the man’s R side and the lady’s L side in close contact, and with the opposite sides of the body “open” or apart, so that the bodies form a “V” shape.
プロムナード系フィガーは、男子の右側と女子の左側を密着させ、ボディの反対側を「開いた」状態すなわち離した状態で踊り、ボディが「V」字型になる。

Normally, if a Promenade is taken along the LOD the man will be facing diagonally to the wall, and the lady will face diagonally to the centre. It is, however, advisable to keep the position slightly more compact with the bodies.
通常、プロムナードをLODに沿って進むと、男子は壁斜めに面し、女子は中央斜めに面する。 ただし、ボディのポジションを少しコンパクトに保つことを推奨する。

The position of the lady’s head in Promenade figures is a matter of personal taste. The normal position is for the lady to turn her head to the Right so that she is facing the direction of the Promenade. Some ladies prefer to keep the head in the usual position or even turn it more to the Left.
プロムナード系フィガーでの女子の頭の位置は、個人的な好みの問題である。 通常の位置は、女子がプロムナードの進行方向を向くように頭を右に向けることである。 一部の女子は、頭を通常の位置に保つか、さらに左に向けることを好む。

It is advisable to use the position which feels most comfortable.
最も心地よいと感じる位置を用いることを推奨する。