解説

この章では重要な点が3つあります。

(1)Rise and Fall の欄の意味

この章で書かれているように、Ballroom Dancing の Rise and Fall はボディの Rise and Fall を意味しています。そしてフットによる Rise and Fall はフットワークのところに記載されています。このことは、この Ballroom Dancing の簡易版ともいうべき、The Revised Technique でも、同様な説明がなされています。

したがって、The Revised Technique のほぼコピーである The Ballroom Technique(JBDFが翻訳したボールルームダンステクニックの原著)では明確に書かれていませんが、その中の Rise and Fall もボディのRise and Fall を意味しているということについては疑いはないでしょう。

また Ballroom Dancing や The Revised Technique はもちろんのこと 、ISTD の The Ballroom Technique も実質的にはアレックス・ムーアが著者であり、これらの教本においては、WDSFの教本とは違って、レッグによる Rise and Fall すなわち膝の屈伸による Rise and Fall は含まれていないというのはこれまでにもいくつかの記事で述べてきたところです。

なお、このことは、アレックス・ムーアが、膝は常に曲げてはならないと言っていたということを意味するわけではありません。このことは、この章の終わりの An Important Note を読んでいただきたいと思います。

(2)ステップの区切りについて

The Ballroom Technique のチャートの各ステップの区切りについては、簡易版であるためか、なんの説明もありません。WDSFの教本が出版されるまで、私が読んだ書籍では、なんの説明もありませんでした。しかし、この Ballroom Dancing の第10版において説明を読むことができました。

(3)ノー・フット・ライズについて

後半にノー・フット・ライズというテクニックについて詳細な説明があります。ここでアレックス・ムーアは、「すべてのターンの内回り側の1から2の間はノー・フット・ライズがおこる」と説明しています。

なぜそうなるのかについては、運動力学的に説明がつきます。ターンする場合、外回り側は内回り側より遠心力が大きくなるため、内回り側が同じタイミングでフット・ライズしてしまうと、遠心力に引っ張られてしまます。そのようなことがないように、必然的にフット・ライズを遅らせるというテクニックが生まれたと考えられます。

 

対訳

RISE AND FALL – BODY
&フォール ー ボディ

 

The rise and fall used in the feet is covered by Footwork, although it is to be regretted that this method of describing Footwork hardly gives a clear or true picture of the subtle uses of the ball of the foot as well as the toes. 
フットで使用されるライズ&フォールは「フットワーク」でカバーされるが、フットワークをその説明のやり方では、フットのボールとトウの微妙な使い方を明確に正確に表現することはほとんどできない。

As mentioned in the previous section, Footwork will cover the early requirements of the beginner. Body Rise is something that must be studied by the keen dancer wishing to reach a high standard, as this will add expression to their dancing, and it is not too much to say that no dancer can hope to be first class unless the subject is understood. 
前のセクションで述べたように、フットワークは初心者に対する初期の要件をカバーしている。(一方) ボディライズは、高い水準に到達したいという熱心なダンサーが研究しなければならないものである。これは彼らのダンスに表現を加えるためであり、その主題が理解されない限り、ダンサーが第一級になることを望むことはできないと言っても過言ではない。

It must be remembered that the legs are a part of the body and, in fact, much of the Body Rise used in dancing is the result of the bracing of the muscles of the legs. The reaction to this will be felt in the body far more than any elevation taken from the feet without the co-ordinated use of these muscles. In addition, there are steps where the dancer should feel a slight “stretch” in the trunk of the body, but this upward stretch, if overdone, can have bad results. Normally, as mentioned in the remarks on the Walk, the dancer should be slightly braced at the waist at all times, and any effort to stretch or lift the body higher is likely to result in the shoulders being raised when attempted by inexperienced dancers. 
レッグはボディの一部であり、実際、ダンスで使用されるボディライズの多くは、レッグの中の筋肉で支えている結果であることを覚えておく必要がある。 これに対する反応は、これらの筋肉を協調して使用することなしにフットで行われたライズよりもずっと高いようにボディに感知される。 さらに、ダンサーが体幹にわずかな「ストレッチ」を感じるステップがあるが、この上向きのストレッチをやりすぎると、悪い結果になる可能性がある。 通常、ウォークのところのコメントで述べたように、ダンサーは常にウェスト(tama注:英語の Waist は日本語の腰ではなくてその上半分のボディの輪郭でくびれている部分)のところで少し支えておく必要があるが、ボディを伸ばしたり持ち上げたりしようとするときは、経験の浅いダンサーが試みたときに肩が上がる可能性がある。

There are three different types of Body Rise used in the Waltz, Foxtrot, and Quickstep, and if the student will endeavour to learn and understand these, the subject will present no difficulties when applying Body Rise to any figure in these dances. It will be noticed in the following examples that the term No Foot Rise has been used, and this denotes a later rise in the feet on the inside of all turns. It is a sound point and its use makes the Body Rise far easier to understand. The different types of Body Rise in use are as follows.
、クイックステップで使用されるボディ・ライズには3種類あり、生徒がこれらを学び、理解しようと努める場合、これらのダンスのどのフィガーにボディ・ライズを適用しても問題はない。 次の例では、「ノー・フット・ライズ」という用語が使用されていることがわかる。これは、すべてのターンの内回り側のパートナーが外回り側のパートナーより遅れてフットでライズすることを意味する。 それは理にかなった点であり、その使用はボディ・ライズをはるかに理解しやすくする。 使用されているボディ・ライズの種類は次のとおりである。

 

Natural Turn – Waltz

Man
男子

Commence to rise at the end of 1.

Continue to rise on 2 and 3.

Lower at the end of 3.

Commence to rise at the end of 4. (No foot rise.)

Continue to rise on 5 and 6.

Lower at the end of 6.

 

The words “Continue to rise” indicate that most of the rise is felt towards the end of each part of the turn; between 2 and 3 and then between 5 and 6. The term no foot rise makes it clear that the left Heel is kept in contact with the floor until the Right Foot is in position.
「ライズを継続」という言葉は、ライズのほとんどがそのターンの各々の部分の終わりに向かって感知されることを示している。つまり2と3の間、次に5と6の間で。ノー・フット・ライズという用語は、右足が所定の位置に来るまで、左ヒールが床と接触し続けていることを明確にしている。

 

Natural Turn – Quickstep

 

Man

Rise at the end of 1.

Up on 2 and 3.

Lower at the end of 3.

No more rise.

 

Lady

Rise at the end of 1. (No foot rise.)

Up on 2 and 3.

Lower at the end of 3.

No more rise.

 

The use of “Up” on 2 denotes an earlier rise than in a Closed Turn in the Waltz, which is due to the faster speed of the Quickstep music. This type of rise is used in all Chassé Turns in the Quickstep. Exceptions are the first part of the Quarter Turns and the Progressive Chassé, where the rise is continued for three steps instead of two steps as in other turns. In these figures, and in a Lock step which also has a rise for three steps, the Body Rise is: commence to rise at end of 1; continue to rise for 2 and 3; up on 4. The rise is thus more gradual than in normal Chassé Turns.
ステップ2で使用される「アップ」は、ワルツのクローズドターンで使用されるよりも早期にライズするということを示す。これは、クイックステップの音楽のテンポが速いためである。 このタイプのライズは、クイックステップのすべてのシャッセ・ターンで使用される。 例外は、クォーター・ターンとプログレッシブ・シャッセの最初の部分で、他のターンのように2つのステップではなく、3つのステップでライズが続く。 これらのフィガーでは、また3つのステップで上昇するロック・ステップでは、ボディ・ライズは次のようになる。
 Commence to rise at end of 1
 Continue to rise for 2 and 3
 Up on 4
したがって、ライズは通常の Chassé Turns よりもゆるやかである。

 

Natural Turn – Foxtrot

 

Man

Rise at the end of 1.

Up on 2 and 3.

Lower at the end of 3.

No more rise.

 

Lady

 

Rise slightly at the end of 1. (No foot rise.)

Continue to rise on 2.

Up on 3.

Lower at the end of 3.

No more rise.

 

Once again the use of up denotes an early rise for the man, who is on the outside of the turn.
もう一度言うが、アップの使用は、男子、つまりこの場合男子はターンの外回り側であるが、男子が女子より早くライズすることを意味する。

The lady is on the inside of the turn and the slight bracing of the muscles of the L leg at the end of the first step will cause her to rise slightly. This rise is continued as the legs are braced further on the actual Heel Turn. No foot rise is used to indicate that the feet are flat even though a slight body rise is used. She will be up and feel the body well braced as the third step is taken. Care must be taken to release the Heel of the foot supporting the weight, very gradually, and not rise abruptly to the toes as the third step moves forward. 
女子はターンの内回り側にいて、最初のステップの終わりに右脚の筋肉でわずかにブレイス(フロアを圧)しているため、女子はわずかにライズする。 このライズは、実際のヒール・ターンでレッグがさらにブレイスしている間も続く。 わずかなボディ・ライズが使用されていても、フットがフラットであることを示すために、フット・ライズという言葉は使われていない。 女子はアップ状態になり、ステップ3が取られるときに体がしっかりと支えられているのを感知する。サポーティング・フットのヒールを非常にゆっくりとフロアから離し、ステップ3に進むときにトウまで急に上がらないように注意する必要がある。

This type of rise is used in all Open Turns in the Foxtrot, and in the Double Reverse Spin in Waltz and Quickstep. In other words the lady will use this type of rise on heel turns when the man is using a rise.
このタイプのライズは、フォックストロットのすべてのオープン・、ワルツおよびクイックステップのダブル・リバース・スピンである。言い換えるならば、男子がライズを使用しているときに、女子がヒール・ターンでこのタイプのライズを使用する。

These specimen rises cover practically all the turns in the moving dances, and careful study will show that they are comparatively easy to understand. 
これらのライズ例は、ムービング・ダンスのほぼすべてのターンをカバーしており、注意深く研究すると、比較的理解しやすいことがわかる。

One further point which should be understood by the student is what is meant by the end of a step”. The following notes will be of assistance:
学生が理解すべきもう1つのポイントは、「ステップの終わりに」が意味することである。
次のメモが役に立つ。

    1. A Forward Step. The end of this step is when the moving foot is passing the foot supporting the weight, and the heel of the supporting foot will then be released from the floor.
      前進ステップ
      この場合の「ステップの終わり」というのは、ムービング・フットがサポーティング・フットの横を通過し、それに続いて、サポーティング・フットのヒールがフロアを離れる時点である。
    1. A Backward Step. The end of this step is when the moving foot is passing the foot supporting the weight.
      後退ステップ
      この場合の「ステップの終わり」というのは、ムービング・フットがサポーティング・フットの横を通過する時点である。
    1. A Side Step. The end of a Side Step, such as the 2nd step of a Natural Turn in the Waltz when the feet are to close on the 3rd step, is approximately when the third step has closed half-way towards the second step. The end of a Side Step which is to be followed by a step forward or backward is when the moving foot is passing the foot supporting the weight.
      サイド・ステップ
      たとえばステップ3で両足を閉じることになるワルツのナチュラル・ターンのステップ2のサイド・ステップであるが、そのような場合の「サイド・ステップの終わり」というのは、ステップ3の足がステップ2の足の方向に向かって移動し半分ほど閉じた時点である。一方前進ステップあるいは後退ステップがあとに続くサイド・ステップの終わりというのは、ムービング・フットがサポーティング・フットの横を通過する時点である。

 

No Foot Rise
ノー・フット・ライズ

It has been explained in the preceding notes that the term no foot rise has been added in cases where a Body Rise is used while the foot supporting the weight of the body is still kept flat. It will help students if they appreciate that no foot rise occurs between 1 and 2 of all Inside Turns. (In the Natural Turn in the Waltz, the man is on the outside of the turn on the first part and on the inside of the turn on the second part.) Even in the Progressive Chassé (Quickstep) the man’s R heel is still down when the LF is in position on the 2nd step. The one notable exception to this rule is between steps 4 and 5 of the man’s Reverse Turn in the Foxtrot. In this figure, although the man is on the inside of the turn he will rise with the feet and body between steps 4 and 5. His forward poise and desire to swing forward into the Feather Finish are the reasons for this earlier rise. 
前の注記で、サポーティング・フットをフラットに保ちながらボディライズを使用する場合、ノー・フット・ライズという用語が追加されていることを説明した。 すべてのターンの内回り側の1から2の間はノー・フット・ライズがおこることを生徒が正しく理解している場合に役立つ。 (ワルツのナチュラル・ターンでは、男子は最初の部分ではターンの外回り側で、次の部分ではターンの内回り側である。)プログレッシブ・シャッセ()でも、男子の右足ヒールは、左足がステップ2の位置にあるときには降りたままである。 このルールの1つの注目すべき例外は、フォックストロットでの男子のリバース・ターンのステップ4と5の間である。 このフィガーでは、男子はターンの内回り側であるが、ステップ4と5の間にフットとボディでライズする。男子の forward poise (tama注:足裏の体重を支える部位がヒールからボール方向へ移動していくこと)と、フェザー・フィニッシュにつなげようとして前方へスイングしようとする強い願望が、この早期のライズの理由である。

In all forward movements in the Foxtrot, such as the Feather and Three Step, the man’s forward poise and swing will again result in the lady having no foot rise, although she will feel a body rise by bracing the legs. This does not apply in a Forward Lock in the Quickstep where the direction of the steps is more diagonally forward in relation to the body. In such figures she will have no foot rise on the first step only.
フォックストロットにおけるすべての前進ステップ、たとえばフェザーやスリー・ステップにおいては、女子はレッグでブレイスする(フロアを圧する)ことによってボディがライズすることを感知するのではあるが、男子の forward poise(tama注:足裏の体重を支える部位がヒールからボール方向へ移動していくこと)
とスイングが、結果として女子のノー・フット・ライズをもたらす。これは、ステップの進む方向が、ボディに対して、より斜め方向へ前進するクイックステップのフォワード・ロックには当てはまらない。

No foot rise for the lady will also occur between steps 1 and 2 of such figures as the Closed Change in the Waltz and the Cross Chassé in the Quickstep. The forward poise of the man is again responsible for this, even though no turn is being made.
女子のノー・フット・ライズはワルツのクローズド・チェンジおよびクイックステップのクロス・シャッセのようなフィガーのステップ1とステップ2の間でも起こる。ターンをしない場合であっても、これに対しては男子の forward poise(tama注:足裏の体重を支える部位がヒールからボール方向へ移動していくこと)がその責任を担う。

 

An Important Note
重要な注意事項

Although the technique has dealt comprehensively with the Rise and Fall and with the Footwork of all basic figures, one most important point has been completely neglected. 
これまでのテクニックの説明では、すべての基本的なフィガーのライズ&フォール、およびフットワークを包括的に扱ってきているが、最も重要な点の1つが完全になおざりにされている。

With very few exceptions a Rise is preceded by a softening of the knee of the supporting leg. As an example, it would be quite wrong to assume that in a Natural Turn in the Waltz the first step is taken forward with the leg straight and that the following rise is immediately achieved by further bracing of the muscles of the R leg, or by “lift” in the feet or body. 
ごくわずかな例外を除いて、ライズに先立ちサポーティング・フットの膝が緩められる。 例として、ワルツのナチュラルターンでは、ステップ1でレッグを伸ばして前進し、次のライズはレッグの筋肉のブレイスによって、すなわちフットないしボディ でブレイスする(フロアを圧する)ことによって直接的に達成される。

It is most important to remember that any leading step, forward or backward, is followed by a softening of the knee as the weight is taken on to that step. This will mean that the dancer lowers slightly before commencing any rise. This softening of the knee on a leading step is to some extent even more important than the following rise, which in many cases will occur naturally if the correct forward swing and footwork have been used.
前進であれ後退であれ、どんなリーディング・ステップであっても、体重がそのステップにかかるにつれて膝のゆるみが次に続くということを覚えておくことが最も重要である。 これは、ダンサーが上昇を開始する前にわずかに下降することを意味する。 リーディング・ステップでのこの膝のゆるみは、次のライズよりもある程度重要である。これは、多くの場合、正しい前方スイングとフットワークが使用されていれば自然に発生する。

The relaxation of the knee must not be sharp. As the weight is taken over a step the knee will soften to prevent any “jar” in the movement. The subsequent straightening of the knee will materially assist the dancer to achieve a soft and flowing movement during the following turn.
膝のリラックスは、急であってはならない。体重がそのステップを越えていくにつれてムーブメントに不快な振れが出ないように膝をリラックスさせていくこと。その後に膝を伸ばしていくと、ダンサーが次のターンで柔らかく流れるような動きを実現するのに実質的に役立つ。

The degree of relaxation will very much depend on the speed of the music. Greatest relaxation of the knee is felt on the first step of Waltz Turns. In the Foxtrot it will be noted that there is more relaxation on the first step of a Feather than on the first step of a Natural Turn, where too much relaxation would seriously impede the swing into the turn.
リラクゼーションの程度は、音楽のテンポに大きく依存する。 膝の最大のリラクゼーションは、ワルツのターンの最初のステップで感知される。 フォックストロットでは、ナチュラル・ターンの最初のステップよりも、フェザーの最初のステップの方がより多くリラックスすることに注意すること。リラックスしすぎると、ターンへのスイングが大幅に妨げられる。