解説

The Ballroom Technique ないしボルテクを解釈する上で、念頭に置いておくべき点として、以下の本文で説明されているように、チャートのライズ&フォールはボディのライズ&フォールについての指示だということです。これらの教本は現代のダイナミックなボールルームダンスと異なり、膝の屈伸によるライズ&フォールのテクニックは含まれておらず、足によるライズ&フォールによるテクニックだけが含まれています。そのテクニックに関しては次の Rise and Fall – Body の章を参照ください。

 

対訳

FOOTWORK
フットワーク

The term Footwork in Ballroom Dancing now has a definite technical meaning. At one time Footwork was almost entirely governed by Rise and Fall, but nowadays these two headings are separated. Rise and Fall now refers to the upward lift and lowering felt by advanced dancers in the body (which includes the legs, of course), and Footwork has been simplified to convey which part of the foot is in contact with the floor on each step.
ボールルームダンスにおけるフットワークという用語は、今では明確な技術的意味を持っている。 かつてフットワークはほぼ完全にライズ&フォール だけによって規定されていたが、現在はこれら2つの見出しは(&フォールとフットワーク)に分割されている。 ライズ&フォールは、上級のダンサーたちが感じるボディ(もちろんボディには両脚も含まれるが)の上方への持ちあげおよび下降を指し、一方フットワークは各ステップで足のどの部分が床に接触しているかを示すように簡略化された。(解説欄参照)

Body Rise has been dealt with in the following pages and is of little interest to the beginner. Footwork, however, has a definite practical value, and the simple manner in which it is described will make it very easy for the beginner to gain an elementary knowledge of the correct placing of the feet in all steps. The more advanced dancer and the student should endeavour to understand the basic principles of this method of describing Footwork, and these are given below. They refer to Footwork used in the Quickstep, Waltz, and Foxtrot only. The Tango footwork is dealt with in the section dealing with that dance. 
ボディライズは次のページで扱っているが、ほとんど初心者の興味をひくようなものではない。 しかし、フットワークには明確な実用的価値があり、それを説明する平易な方法により、初心者はすべてのステップで足を正しく使うための基本的な知識を非常に簡単に得ることができる。 より上級のダンサーと教師試験の受験生は、フットワークを説明するこの方法の基本原則を理解するように努める必要がある。これらを以下に示す。 これらは、Quickstep、Waltz、およびFoxtrotでのみ使用されるフットワークを指す。 タンゴのフットワークは、タンゴを扱うセクションで扱われる。

Only the terms Heel and Toe are used. The use of the term Ball of Foot has been omitted, and Toe includes the ball of the foot as well as the higher position on the toes. The use of the term Heel or Toe is meant to convey which part of the foot is in actual contact with the floor. Note, however, the following rules:
フットワークでは、ヒールとトウという用語のみが使用される。 足のボールという用語の使用は省略されており、トウには、足のボール部、トウ上のより高い位置が含まれる。 ヒールおよびトウという用語の使用は、足のどの部分が実際にフロアと接触しているかを意味する。 ただし、次のルールに注意すること。

    1. A forward walk on RF, then on LF would be described as 1. Heel 2. Heel. The fact that the whole of the RF lowers to the floor immediately is assumed, but not mentioned. It is also obvious that when the LF moves forward, the heel of the RF will naturally leave the floor, as described in the Forward Walk of the man. Again this is assumed, but not mentioned.
      右足で前進ウォークをし、次に左足で前進ウォークをする場合は、1.H 2.Hと記述される。 右足全体がすぐにフロアに降ろされるということを想定してはいるが、言及されてはいない。 また、男子の前進ウォークのところで説明されているように、左足が前方に移動すると、右足のヒールが自然にフロアから離れることも明らかである。 繰り返すが、このことは想定されているが、言及されていない。
    2. A forward step on RF followed by a forward step or side step on the LF, taken on the toes, would be given as: 1. Heel Toe 2. Toe.
      左足で前進するステップあるいはサイドステップに続く右足トウでの前進ステップは1.TH 2.Tと記述される。
    1. Two backward walks, on LF then RF would be described as: 1. Toe Heel 2. Toe. This indicates that the Toe of the LF is in contact with the floor first, then lowering to the Heel. On the second step only Toe is mentioned as the R. Heel does not lower until the LF passes the RF to continue with another step.
      まず左足で、次に右足で後退する2つのウォークは、次のように記述される。1.TH 2.T。 これは、左足のトウが最初にフロアに接触し、次にヒールが着地するまでロアーすることを示している。ステップ2では、左足が右足を通過して別のステップに進むまで、右足ヒールはロアーしないので、トウだけが言及されている。
    1. A backward step on the RF followed by a backward or side step on the LF, taken with a rise to the Toes, would be: 1. Toe, Heel, Toe 2. Toe. This indicates that the R Heel will leave the floor as the LF passes the RF for the next step. This footwork seldom occurs.
      後続が左足で後退するステップまたは左足でサイドステップする場合の、右足で後退するステップは両方ともトウでライズするが、それは1. THT 2.T となるであろう。 これは、左足が次のステップのために右足を通過しながら、右足ヒールがフロアを離れることを示す。 このフットワークはめったに行われない。
    1. A backward step on the RF followed by a side step on the LF, which is taken on the Toes would be: 1. Toe Heel 2. Toe. This indicates that the R Heel is still on the floor until the LF has been placed in position on the Toe. It is, however, most important to remember that when a foot begins to close from a side step, it must be done with the toe in contact with the floor. This means that although the footwork of 1 (RF) is Toe, Heel, as the RF closes towards the LF for the 3rd step, it must close with the R Toe in contact with the floor.
      後続が左足のサイドステップである場合の右足で後退するステップはトウで行われるのであるが、次のようになるであろう:1.TH 2.T。 これは、左足がトウの上の所定の位置におかれるまで、右足ヒールがまだフロアに接していることを示す。 ただし、最も重要なのは、サイドステップから足が閉じ始めるときは、トウがフロアに接触した状態で行う必要があることを覚えておくことである。 つまり、1(右足)のフットワークはTHだが、右足は第3ステップで左足に向かって閉じるため、床に接触している右足トウで閉じる必要がある。

It may be thought by some students that it would be clearer to give the footwork on 1 as Toe, Heel. Toe, but this would be quite wrong as it would indicate that the R Heel leaves the floor as the LF passes it on its way to the second step. To do this would result in an early rise and a stilted movement. The following example will help students to understand this method.
一部の生徒は、ステップ1のフットワークを、トウ、ヒール、トウとする方が明確だと考えるかもしれないが、これは誤りである。というのは、そのようにすると、 左足がステップ2に行く過程で右足を通過するとき、右足ヒールがフロアを離れることを示していることになるため、これはかなりの間違いである。 これを行うと、ライズが早すぎ、アーチ状の動きになる。 次の例は、学生がこの方法を理解するのに役立つであろう。

Reverse Turn (Waltz) – Lady; Footwork:

    1. Toe, Heel
    2. Toe
    3. Toe, Heel
    4. Heel, Toe
    5. Toe
    6. Toe, Heel

Although this method of giving Footwork makes it quite clear which part of the foot is in contact with the floor when a step is taken, it does not adequately cover the passage of the foot from one step to another. While this is fairly obvious in forward movements, it is not always clear when moving backwards. Two good rules to remember are:
このフットワークを示す方法は、一歩踏み出したときにフットのどの部分がフロアに接触しているかを明確に示すが、あるステップから別のステップへのフットの通過を適切にカバーしてはいない。 このフットワークの方法は前進ムーブメントではかなり明白であるが、後退ムーブメントでは必ずしも明確ではない。 覚えておくべき2つの良いルールは次のとおりである。

    1. Any time a foot is moved to close to a step that has been taken sideways it moves with the Toe in contact with the floor. Not only should the toe be in contact with the floor but firm pressure should be placed on it. Some advanced dancers tend to let this toe leave the floor as it closes to a side step (for instance, between 1 and 3 of a Lady’s Natural Turn, Waltz) and the consequent lack of control results in an untidy closing of the feet.
      あるフットを、その前に横に動かしたステップの近くまで寄せてくる場合、そのフットのトウはフロアに接触した状態でフットを動かす。その場合トウをフロアに接触させるだけでなく、しっかりと圧力をかける必要がある。 一部の上級ダンサーは、このトウがサイドステップに近づくと床から離れる傾向があり(たとえば、ワルツの女子のナチュラルターンの1〜3)、その結果としてコントロールが不足すると、足が乱雑に閉じることになる。
    1. In a succession of backward movements as used in the Foxtrot, if the Footwork on 1. (LF) is Toe, Heel, when the LF moves back for the third step it will move back with the Heel on the floor, and with the Toe slightly raised as in a normal backward walk. If the Footwork on 1. (LF) is Toe (or Toe, Heel, Toe) when the LF moves back for the third step, it will be move with the Toe in contact with the floor. 
      Foxtrotで使用されている一連の後退ムーブメントで、もし、ステップ1(左足)のフットワークがトウ、ヒールの場合は、左足がステップ3に後退するとき、フロアにヒールが接しており、トウは 通常の後退ウォークのようにわずかに持ち上げられている。 ステップ1(左足)がステップ3を行うために左足が後退するときにトウ(またはトウ、ヒール、トウ)の場合、そのフットはトウがフロアに接触した状態で移動させる。

Less normal, but quite important terms also used in describing Footwork are Inside edge of Toe and Inside edge of Foot. Such terms will be found self-explanatory. 
通常ではあまりないが、フットワークの説明で使用される非常に重要な用語は、トウのインサイド・エッジとフットのインサイド・エッジである。 そういう用語は用語自身が説明している。

Additional notes on the correct use of the feet, especially after a rise, will be found in the following notes on Rise and Fall.
特にライズの後のフットの正しい使用に関する追加の注記は、ライズ&フォールに関する次の注記に記載されている。