アレックス・ムーアの略歴とボールルームダンスにおける功績を紹介するために、ISTDの記事を和訳しました。

出典 https://www.istd.org/news/istd-news/tribute-to-alex-moore/

Tribute to Alex Moore
アレックス・ムーアへの賛辞

6 January 2011

We take another look at some of the tributes that were printed about Alex on his death in 1991.
1991年に彼が死亡した際にアレックスについて、文字になった賛辞のいくつかをもう一度見てみましょう。

 

 

Above photo: Alex Moore teaching

I was looking at Alex Moore’s Ballroom Dancing book recently on behalf of the publishers A&C Black and thought that many of our younger readers may not remember him. It was with this in mind that I suggested this page. Further information can be found in issue 441 of DANCE (October – December). It is so important that our history is written down before it is lost so if any readers have particular memories that they would like to share, either of personalities or events connected with the ISTD, please email me at CLDVK@aol.com.
最近、A&C Blackの出版社の依頼でAlex MooreBallroom Dancing本を見ていて、若い読者の多くが彼を覚えていないかもしれないと思っていました。これを念頭に置いて私はこのページを提案しました。詳細はDANCE誌(10月〜12月)の441号に掲載されています。私たちの歴史はそれが失われる前に書き留めておくことが非常に重要です。もし読者がISTDに関連した人々や出来事のどちらかを共有したいという思い出をお持ちならば、CLDVK @ aol.comまでメールお願いします。

Vernon Kemp

 

The following tributes are reproduced here exactly as they appeared in DANCE magazine, Summer 1991.
次の賛辞はDANCE誌(1991年夏)に掲載されたとおり正確に再現されています。

******************************************

Alex Moore was an internationally known lecturer, teacher and adjudicator on Ballroom dancing
アレックス・ムーア氏は、ボールルーム・ダンスに関して国際的に知られた講師、教師、審査員でした。

Moore was born in Essex in 1901, the son of a Ballroom dancing teacher, who introduced him to the art at an early age. In his youth he was a very keen sportsman. He played in the All-England Snooker Championships, had a golf handicap of six, and was an excellent tennis player. Moore’s name first appeared on a bill in 1923 when he danced at a Blues Dance in the Prince’s Gallery in London. 
ムーア氏は、1901年にエセックスで生まれました。ムーア氏は、幼いころ彼にその技術の手ほどきをしたボールルームダンス教師の息子でした。彼は若い頃、とても熱心なスポーツマンでした。彼はオールイングランドスヌーカー選手権でプレーし、ゴルフのハンディキャップ6を持ち、優れたテニス選手でした。ムーア氏の名前は、1923年にロンドンのプリンス・ギャラリーでブルース・ダンスで踊ったとき、その掲示に最初に現れました。

Moore went into accountancy at the age of 20 but later became manager of the Prince’s Dance Hall in Richmond at a salary of £500 a year. That is more than he would have earned in five years at the accountancy office. He was second in the world championships with his sister Avis in 1926. With his sister he started a dancing school also at the Prince’s Hall in Richmond. There he danced with Miss Pat Kilpatrick, who became his regular partner after Avis Moore’s marriage, and who he married in 1947. 
ムーア氏は20歳で経理の仕事を開始しましたが、後に、年間500ポンドの給与でリッチモンドのプリンスダンスホールのマネージャーとなりました。それは彼が会計事務所で5年間に得た以上のものでした。彼は1926年に妹エイビスと世界選手権で2位になりました。そして妹と一緒にリッチモンドのプリンスホールでダンススクールを始めました。そこでは、彼は、妹エイビス・ムーアの結婚の後、彼の正規のパートナーになったミス・パット・キルパトリックと踊るようになり、そして彼らは1947年に結婚しました。 

Moore’s importance in the world of Ballroom dancing derived from his leading role in teaching and promoting it internationally. Because of the amount of travel he did he was once referred to as ‘The Globe Foxtrotter’. In 1926, along with Victor Sylvester and other leading dance figures, he founded the Ballroom Branch of the Imperial Society of Teachers of Dancing, the largest dance teachers’ organisation in the world. At the time there were many different dance styles but no formal agreement on technique. Moore and the society established firm guidelines for the steps and style of dances like the Foxtrot, Quickstep and Tango which are still recognised today. In the Fifties and Sixties, Moore was for 16 years President of the International Council of Ballroom Dancing. Prior to this there had been no organisation which coordinated or represented the various countries participating in dance. Along with Philip Richardson, then editor of Dancing Times, Moore was instrumental in gaining the support and patronage of key dancing dignitaries for the council. 
ボールルームのダンスの世界でのムーア氏の重要性は、国際的にボールルーム・ダンスを教え、そして推進した彼の主導的な役割に由来しています。その役割を果たすため何度も旅行したので、彼はかつて「Globe Foxtrotter(地球を股にかけるフォックストロッター)」と呼ばれていました。1926年、Victor Sylvesterと他の有名なダンサーたちとともに、世界で最大のダンス教師団体であるISTDの中に、ボールルーム・ダンス支部を設立しました。当時、さまざまなダンススタイルがありましたが、技術についての正式な合意はありませんでした。ムーア氏とその組織は今日も認識されているFoxtrot、Quickstep、Tangoのようなダンスのステップとスタイルのためのしっかりとしたガイドラインを確立しました。50年代と60年代にムーア氏は16年の間、ボールルーム・ダンシング国際会議の会長を務めました。それ以前は、ダンスに参加している様々な国を調整したり代表したりする組織はありませんでした。フィリップ・リチャードソン、つまりダンシング・タイムズの編集長とともに、ムーア氏はその会議のための重要なダンス名士たちの支持と後援を得るのに役に立ちました。

tama注:
フォックストロッター(Foxtrotter)とは、正確にはミズーリ・フォックス・トロッター(Missouri Fox Trotter)およびその系統の乗用馬で、その乗り心地の良さから英国ではカウボーイのロールス・ロイス、米国ではカウボーイのキャデラックという別名を持っている。この記事では同時にフォックストロットの著名な踊り手としての意味も込めていると思われる。

In 1932, he was invited by the South African Dance Teachers’ Association to head a lecture-tour throughout South Africa on ‘Current Trends and Techniques and How to Dance Better’. During the tour Moore became aware of the general shortage of material and information available. One South African teacher asked Moore to write with news of what was happening in the Ballroom-dancing world in Britain. The result was The Alex Moore Monthly Letter Service – a monthly newsletter which was started in 1933, and later translated and sent to over 32 countries including the US, Japan, New Zealand and Australia. It included technical queries, guidelines for training for technical examinations, articles on trends and fashions in dancing and critical reviews of international championships. In 1959, Moore toured the United States supervising examinations for the Imperial Society of Teachers of Dancing, and set up an American branch of the society. 
1932年、「南アフリカダンス教師協会」に招待され、「現代の動向と技術、より良い踊り方」に関する南アフリカ全土の講演ツアーを行いました。ツアー中、ムーア氏は、入手可能な資料や情報が一般的に不足していることを認識しました。ある南アフリカの教師が、ムーア氏に、英国のボールルームダンスの世界で起こったことのニュースを書くように頼みました。その結果、1933年に始まり、後に翻訳され、米国、日本、ニュージーランド、オーストラリアなど32カ国以上に送付された、マンスリー・ニュースレター「Alex Moore Monthly Letter Service」がありました。その中には技術的な質問、技術試験のトレーニングのためのガイドライン、ダンスのトレンドとファッションに関する記事、国際選手権の批判的なレビューなどが含まれていました。1959年、ムーア氏はISTDのための試験の監督を行うために米国に旅行し、米国支部を設立しました。

Moore’s technical know-how, interest in encouraging budding dancers and his desire to formalise style led him to write Ballroom Dancing – first published in 1936, and now in its ninth edition, it has sold some 300,000 copies. It is a comprehensive handbook which describes standard techniques for beginners, competition dancers and students of Ballroom dancing
ムーア氏の技術的ノウハウ、新進のダンサーを励ますことへの関心、そしてスタイルを正式化しようとする彼の願いは、1936年に初めて公表されたボールルームダンシングを書くことにつながり、現在は第9版で約30万部を売り上げています。それは初心者、競技用ダンサー、ボールルームダンスを身につけようとする学生たちのための標準的なテクニックを説明する包括的なハンドブックです。 

Bill Irvine
ビル・アービン

tama注:
日本で出版されている「ボールルーム ダンス テクニック」の原書である The Ballroom Technique の初版は1948年10月に出版されている。上記の「1936年に初めて公表された」のは、The Ballroom Technique の元になった Ballroom Dancing 第1版である。その改訂版が”Revised Technique of Ballroom Dancing” ではないかと思われる。

 

******************************************

An appreciation by Harry Smith-Hampshire, President of the National Association of Teachers of Dancing
全米ダンス教会協会会長、ハリー・スミス – ハンプシャーの感謝

Throughout the world of Ballroom dancing there will be sadness that Alex Moore, the man who has done more than any other single person to influence the development of dancing and dancers in this century has finally passed away. All our thoughts and condolences are with Pat, his wife and Patricia, his daughter, in their bereavement. 
ボールルームのダンスの世界では、アレックス・ムーア、すなわち、1人の人間がダンスやダンサーの発展に影響を及ぼすことができることよりも、もっと多くのことを成し遂げた人物が、ついに亡くなったという悲しさがあります。私たちが考えたことや哀悼の意を表す言葉はすべて、彼と死別したパットすなわち彼の妻、パトリシア(彼の娘)へのものです。 

But Alex Moore will never be forgotten. All who met him – and it is doubtful if there is a continent that he has not visited as a pioneer of Ballroom dancing – will have their own memories of Alex. On my very first visit as a dancer to take part in a Continental competition, I heard Alex spoken of as the Pope of Ballroom dancing. It struck me at the time as a most apt description. It is doubtful whether anyone has done more to spread the gospel of Ballroom dancing than Alex Moore. His school in Kingston-upon-Thames, almost took on the character of a national shrine, to which a constant stream of students still make pilgrimage each year. 
しかし、アレックス・ムーアは彼に会ったすべての人に忘れられることは決してなく(そしてボールルームのダンスのパイオニアとして訪れなかった大陸はありません)、彼らすべてがアレックスに対する自分自身の思い出を持つことになるでしょう。コンチネンタルコンクールに参加するダンサーとしての私の最初の訪問で、私はアレックスがボールルームダンスの教祖的な存在だとみなされていると聞きました。当時、私は最も適切な表現として、そのことに衝撃を受けました。アレックス・ムーア以外の誰かがボールルームのダンスの福音を広めるために、もっと多くのことをしたのかどうかはとても疑わしいです。キングストン・アポン・テームズにある彼の学校は、いまだに毎年学生たちが巡礼する国民的神殿といった性格をほぼ持っています。

When he was not responding to the pressures and demands on his time as a teacher at his Zeeta Studio, he would be travelling the world adjudicating and lecturing; or presiding, as the elder statesman of dance world politics, at the International Council of Ballroom Dancing, or conferring with and advising the governing bodies of dancing in various countries of the world. 
彼は Zeeta Studio の教師として時間を費やすという圧力と要求に応えるということをしなかった一方、世界のダンス界の長老的指導者として、世界を巡って審査と講義を行ったり、国際ボールルームダンス評議会で議長を務めたり、世界の様々な国々でのダンスの執行組織と協議したり助言したりすることを行いました。

Alex had prodigious energy! His output as a writer would have been more than enough to have kept most people fully occupied. The Alex Moore Letter Service to teachers of dancing went out to an ever-increasing number of countries from 1934, month by month, year in and year out. Covering all aspects of Ballroom and Latin American dancing, it embraced technical matters, emerging trends, and new variations together with all other information which could possibly be of use to the professional. 
アレックスは驚異的なエネルギーを持っていました!作家としての彼の著作は、ほとんどの人を完全に占有するのに十分なものでした。ダンス教師に対するアレックス・ムーアのレター・サービスは、1934年から毎月、年々増え続けています。ボールルームダンスやラテンアメリカンダンスのあらゆる側面を網羅し、技術的な問題、新たなトレンド、新しいバリエーションを、プロフェッショナルに役立つ可能性のある他のすべての情報と共に取り入れました。 

tama注
“Ballroom Dance” という言葉には歴史的に “Latin American dance”(ルンバ、チャチャなどのいわゆるラテン種目)は新参者のダンスであり、いわゆる “Ballroom Dance” には含めていなかった。現在でも、欧米では、”Ballroom Dance” と単独で言う場合はいわゆるスタンダード種目だけを指し、 ラテン種目 まで含めないのが普通である。WDSFのオフィシャル・サイトでは “Ballroom Dance” という言葉の代わりに “Dancesports” という言葉を使用している。

His books on Ballroom dancing were first published at the same time as those by Victor Silvester, and were just as successful at reaching the bookshelf of the average household where there was an interest in dance. 
ボールルームダンスに関する彼の著書は、Victor Silvesterのものと同時に出版され、ダンスへの関心があった一般家庭の本棚にも並べられることに成功しました。 

Born at the end of the last century, Alex was an accomplished dancer by the 1920s. Though he did win dance championships with his charming wife, Pat Kilpatrick, he preferred demonstrating as a physical outlet. But his outstanding talent lay in communication; in writing and speaking on the technique of the dance. His Revised Technique of Ballroom Dancing is still the undisputed ‘bible’ of teachers and students everywhere. 
前世紀の終わりに生まれたアレックスは、1920年代には熟達したダンサーでした。彼は魅力的な妻のパット・キルパトリックとダンス選手権で優勝しましたが、彼は身体を用いたアウトプットとしてのデモンストレーションを好みました。しかし、彼の卓越した才能はコミュニケーション、すなわちダンスのテクニックについての本を書いたり、講演することにありました。彼の ”Revised Technique of Ballroom Dancing” はどこであっても教師や学生のだれもが認める「聖書」です。

A wielder of power, he exercised great charm and diplomacy and was successively the President of the National Association of Teachers of Dancing, the Imperial Society of Teachers of Dancing, and the International Council of Ballroom Dancing. His talent for problem-solving was equalled by his willingness to express strong forthright opinions. He was a leading formative influence on most of the rules which govern international dancing. 
権威の所有者すなわち、彼は大きな魅力と外交性を発揮して、ダンス教師協会、ISTD(ダンス教師帝国協会)、国際ボールルームダンス評議会の議長を歴任しました。問題解決のための彼の才能は、強い正直な意見を表明する彼の意志と同等でした。彼は、国際的なダンスを支配する規則の大部分に先導的な影響力を持っていました。 

Alex, extrovert, gregarious, with a great zest for life, loved to be where the action was; that was, at the most important dancing occasions and championships throughout the world, where he would always be one of the focal points of attention. Wherever dancers gather he will be missed! 
アレックスは、外向的、社交的で、人生に対する熱意があり、行動する場所にいるのが好きでした。 すなわち、世界中の最も重要なダンスの機会や選手権の場所、彼が常に注目の的の1つであった場所でした。 ダンサーが集まる場所ではどこでも彼がいないことを寂しく感じることでしょう

Harry Smith-Hampshire

******************************************

Alex Moore, Ballroom dancer and teacher, born Essex 10th November 1901, Chairman Ballroom Branch of the Imperial Society of Teachers of Dancing 1948–86, MBE 1976, married 1947 Pat Kilpatrick, died Ashley Park, Surrey 26th February 1991.
ボールルーム・ダンサー、ダンス教師だったアレックス・ムーアは、1901年11月10日エセックスで誕生しました。、1976年にパット・キルパトリックと結婚したアレックス・ムーアは、1991年2月26日サリー・アシュレイ・パークでその生を閉じた。

1948-86 ISTDのボールルームダンス部門の議長を務める
1976         英国王室よりMBEを授与される

******************************************

This article first appeared in The Independent on 7th March 1991 and is reproduced with permission. The reference to Alex Moore by his surname was to conform to that paper’s style. Bill Irvine has asked us to point this out, and to say that throughout their working lives the two were great friends, and were accustomed to addressing each other in far less formal tones. 
この記事は1991年3月7日にThe Independentに掲載され、許可を得て複製されています。アレックス・ムーアへ言及する際彼のファミリー・ネームを使用することは、その論文のスタイルに合致することでした。ビル・アービンは、このことを指摘するように私たちに求めました。というのは、共におこなった仕事の間ずっと通して、2人は素晴らしい友人であり、ずっと堅苦しくないやりかたでお互いに対応することに慣れていたからだと言いました。