tamaがこれまでに収集・分析し、この事典に引用した、書籍、文献、ネット情報をリストアップしています。一部は全文ないし要約を和訳しています。

 

1490-1920 Dance Instruction Manuals

米国議会図書館には、「Dance Instruction Manuals Ca. 1490-1920」という名前のボールルームダンスのマニュアルのデータベースがあります。このデータベースには200を越える当時のダンスの教本や、当時のエチケットや、教会を中心としたアンチ社交ダンスの書籍などが登録されています。

詳しくはこちら

1932 Theory and Technique of Ballroom Dancing by Silvester

この資料は、ISTDの命により、イングリッシュスタイルのボールルーム・ダンシングをまとめた委員会のビクター・シルベスター氏が執筆し、1932年にロンドンで出版された Theory ...

詳しくはこちら

1933 The Text Book of Modern Ballroom Dancing by Tyngate-smith

コピーからテキスト化する予定   [su_divider top="no"]

詳しくはこちら

1939 Ballroom Dancing by Alex Moore

The Ballroom Dancing(第4版、1939年出版)は、I STD (Imperial Society of Teachers of Dancing)のボールルーム部技術委員会を長年リードしてきたアレックス・ムーアMBEの著作です。

これまで日本でバイブル的に扱われてきたボールルーム・ダンス・テクニックの原著であるThe Ballroom Techniqueは、このボールルーム部技術委員会によりまとめられたテクニック・ブックです。ただ、この原著は、主としてダンス教師試験合格を目指すダンサーを対象にしていたために、かれらがすでに理解している個所、たとえば足型図がついていなかったり、用語の説明が簡略化されたり削除されたりしていました。また翻訳が適切でなかったため意味が不明瞭な個所もあります。

この本は、それらの用語を丁寧に説明しているだけでなく、すべてのフィガーに対して足型図とボルテク同様の説明をつけているために、初心者でもわかりやすく、熟練者にも参考になるものになっていました。

詳しくはこちら

1948 社交ダンス全書(玉置真吉著)

社交ダンス全書 著者 玉置真吉 初版 昭和23年12月5日(1948年)   (フォックストロットの部分を一部抜粋)   第一章 フ...

詳しくはこちら

1960 The Complete Ballroom Dancer by Scrivener

この書籍は、日本人に、初めてイングリッシュスタイルのボールルームダンスを紹介した英国教師として知られているレオナード・スクリブナーが編集者となって、1957年に出版されたものの19...

詳しくはこちら

1981 小生理学書

1981 小生理学書.PDF

詳しくはこちら

1998 タンゴへの招待

書名 タンゴへの招待 著者 レミ・エス 訳者 尾河直哉 出版 白水社   [google-drive-embed url="https://d...

詳しくはこちら

2011 ビル&ボビー・アービンのダンス・テクニック

私が勝手に敬愛している神元誠・久子さんが翻訳され、2011年に出版された「The Irvine Legacy」邦題「ビル&ボビー・アービンのダンス・テクニック」という本があります。...

詳しくはこちら