解説

 

対訳

6) Timing

6) Timing
  タイミング

In order to learn and execute the figures written in the charts, a basic understanding of musical components is necessary (see also “Music in DanceSport” below).
チャートに書かれたフィガーを習得し実行するためには、音楽の構成要素についての基本的な理解が必要である(下記の “ダンススポーツの音楽”も参照)。

Timing is the correct use of Tempo (speed of the music) when executing Steps/Actions. This is given for each Step/Action of the chart.
ステップ/アクションを実行する際の、タイミングとはテンポ(音楽の速さ)の正しい使い方である。これはチャートのステップ/アクションごとに与えられる。

Beat Value is the quantity of a Beat used for a Step/Action and is a derivative of timing.
ビート・バリューとはステップ/アクションに使用されるビート一つが持つ量であり、タイミングをもとにした量である。

Artists and performers in the musical world have long ago discovered that in order to produce a performance with high artistic content, some flexibility in the interpretation of established, classical Beat values is necessary. In classical and jazz music the principle of Shuffle Timing is frequently used.
音楽界のアーティストやパフォーマー達は、ずっと以前から、芸術性の高い内容でパフォーマンスを生み出すためには、確立された古典的なビート・バリューの解釈にある程度の柔軟性が必要であることを発見している。クラシック音楽やジャズ音楽では、シャッフル・タイミングの原則がよく使われる。

訳者注: シャッフル・タイミングないしシャッフル・リズムとは同じ長さの音符を異なる長さで演奏する、ジャズやジャズの影響を受けた音楽のリズムの総称。

Written compositions, where Beats (sounds) have been attributed fixed values for purpose of clarity and uniformity, can be reinterpreted by applying the rule where each Beat’s duration can be either increased until it reaches double its original value or decreased until it becomes only half of the established duration. This is why when listening to the same piece of classical or jazz music, performed by different artists, the effect and overall feel changes slightly, giving the audience a completely different impression every time.
明瞭さと均一性のためにビート(音)は固定値とされてはいるが、各ビートの時間幅は元の値の2倍に達するまで増加させるか、半分になるまで減少させることができるというルールに基づいて、音楽作品は再解釈(して演奏)することができる。このことが、さまざまなアーティストによって演奏された同じクラシック音楽やジャズ音楽を聴いたとき、聴衆に毎回まったく異なる印象を与え、その効果や全体的な雰囲気がわずかに変わる理由である。

In DanceSport, the timing for each figure is established and written clearly in the charts.
ダンススポーツにおいては、各フィガーのタイミングは確立されており、チャートの中に明確に記載されている。

Each of the composing Beats is attributed with fixed Beat Value:
構成されるビートそれぞれは固定されたビート・バリューとされる。

However, fixed Beat values can prove constricting for advanced dancers who, as biomechanical research has shown, tend to personalize the duration of each Step/Action included in a figure in relation to their physical characteristics, biomechanical diversity and personal ability.
しかし、生体力学的研究が示しているように、一つのフィガーに含まれる各ステップ/アクションの持続時間を、彼らの身体的特性、生体力学的多様性および個人的能力に関連して自分流にアレンジする傾向がある上級ダンサーにとっては、固定されたビート・バリューというのは邪魔になりうる。

As Dancesport is an artistic sport, introducing this principle of Shuffle Timing and giving dancers the possibility to increase the artistic and musical value of their performances can only be beneficial.
ダンススポーツは芸術的なスポーツであり、このシャッフル・タイミングの原則を導入し、ダンサーにパフォーマンスの芸術的および音楽的価値を高める可能性を与えることは有益以外の何物でもない。

When studying the charts, the standardised Beat values should still be observed, however not as fixed rules but as guidelines. Given the introduction of Shuffle Timing, the inclusion of a column for Beat value in the charts is considered superfluous.
チャートを研究するとき、標準化されたビート・バリューは今もなお注意すべきであるが、しかし固定されたルールとしてではなくガイドラインとしてである。もしシャッフル・タイミングの導入を前提とするならばチャートにビート・バリューの欄を含めることは余分と考えられている。

Scientific research on Timing

Scientific research on Timing
タイミングに関する科学的調査

A specific scientific study involving a number of couples from different Dancesport schools confirmed the principle of shuffle Timing. The time used (beat value) of several basic figures of Waltz and Quickstep were analysed and in many cases differed from the theoretical value given’ Hereunder are some of the tables which show the execution of the basic figures by athletes of extremely high technical calibre.
異なるダンススポーツ・スクールからの多くのカップルが参加した特別な科学的研究でシャッフル・タイミングの原理を確認した。ワルツとクイックステップのいくつかのベーシック・フィガーの使用時間(ビート・バリュー)を分析したところ、多くの場合、与えられた理論値とは異なっていた。 以下は、非常に技術力の高い選手による基本的なフィガーの演技を示した表のいくつかである。

Conclusions:
結論

  • Due to syncopations, a figure which normally takes up one theoretical bar may actually use much more than a bar. See for example Table “x”. In this case it is evident that a Chasse from PP uses 1 bar and 3/8 of the first beat in the successive bar. Obviously the following figure will use 2 beats and 5/8 and not a whole bar.
    シンコペーションのために、通常理論的な1小節を占めるフィガーは実際には1小節よりもっと長い時間かかるかもしれない。今回のケースでは、シャッセ・フロムPPは1小節+次の小節の第1ビートの3/8かかっていることがその証拠である。明らかにその次のフィガーは小節全体でなくて、2ビート+5/8かかっている。
  • The value of the “&” and “a” counts are not constant values but variable.
    “&”と”a”カウントの値は一定ではなくて変化しうる。
  • The values of these counts depend on many different factors for example the interpretation used by the dancers, the style of the couple and the characteristics of the choreography.
    これらのカウントの値は、ダンサーに使われた解釈、カップルのスタイル、振り付けの特性など、さまざまな要因によって異なる。
  • The quantity of time used in the “and” or “a” counts are not always storen from the preceding beat but changes depending on the figure, type and style of the dancer and the interpretation used.
    「and」または「a」のカウントに使用される時間の長さは、常に前のビートから借りてくるわけではなく、フィガー、タイプ、ダンサーのスタイル、および使用される解釈に依存して変わる。

 

Music in Dancesport

Music in Dancesport
ダンススポーツにおける音楽

Dancesport is a discipline based on Sound-Movement combination and is therefore directly connected to music.
ダンススポーツは音と動きの組み合わせに基づいた分野であり、したがって音楽と直接関係している。

A Dancesport adjudicator needs a general knowledge of musical elements in order to permit a correct evaluation of a couple’s coordinative skills in relation to this element.
ダンススポーツ審判員は、この要素に関連してカップルの協調的スキルを正しく評価するためには、音楽的要素に関する一般的な知識が必要である。

The explanation hereunder is limited to a specific technical analysis for the purposes of Dancesport in order to understand the essentials of music and its structure, and is not to be considered a complete musical definition (a dancer, teacher or judge does not need to be a musician).
以下の説明は、音楽の本質とその構造を理解するためのダンススポーツの目的のための特定の技術的分析に限定されており、完全な音楽的定義と見なされるべきではない。
 (ダンサー、教師、審査員はミュージシャンである必要はない)

The two major components used to construct a musical composition are Melody and Rhythm.
音楽作品のために使用される2つの主要な要素は、メロディとリズムである。

Melody (Melodic Line) is the tune of the composition, constructed through a series of rhythmically organised single notes (pitches or tones) and expressed horizontally (when written on a pentagram) as a single entity (or Poetic Line). Just as written or spoken language is divided into sentences and paragraphs, a Melody is often made up of one or more musical phrases, which are repeated throughout a song or piece. These are usually composed of 8 Bars.
メロディ(メロディ・ライン)は、一連のリズミカルに編成された単一の音(ピッチまたはトーン)によって構成され、単一のかたまり(すなわち詩的なライン)として水平のライン(五線譜に書かれているとき)のように表現されたものである。書き言葉や話し言葉が文章と段落に分かれているように、メロディはしばしば1つ以上の音楽フレーズで構成され、それらは歌や曲を通して繰り返される。これらは通常8小節で構成されている。

A Chorus is a series of four musical phrases and is usually composed of 32 Bars. The melodic cadences, which are configurations of notes used to signal the end of a phrase or chorus, often called “movement” and “rest” help a well-trained ear to recognise the Phrasing of a composition. For a dancer, the end of a chorus should coincide precisely with the end of an amalgamation of figures.
コーラスとは一連の4つの音楽フレーズからなり、通常は32小節で構成されている。メロディック・カデンスとは、フレーズやコーラスの終わりを知らせるために使用される音符の構成で、よく「ムーブメント」や「レスト」と呼ばれ、よく訓練された耳が曲のフレーズを認識するのに役立つ。ダンサーにとって、コーラスの終わりは、いくつかのフィガーからなるアマルガメーションの終わりと正確に一致する。

Rhythm is a regulated succession of strong and weak pulsations or Beats of equal duration. Dancesport is based mainly on the interpretation of these rhythmical accents, The Accent (strength) of each Beat may be “strong”, “medium” or “weak’. The basic rhythm of each dance is organised into Bars (or Measures) of 2,3, or 4 Beats, using different types of percussive accents (Simple Time).
リズムは、強い拍動と弱い拍動、または同じ長さのビートの規則的な連続である。ダンススポーツは主にこれらのリズミカルなアクセントの解釈に基づいている。各ビートのアクセント(強さ)は「強い」、「普通」または「弱い」のいずれでも良い。各ダンスの基本的なリズムは、さまざまな種類のパーカッシブなアクセント(シンプルタイム)を使用して、2、3,または4拍の小節(BarまたはMeasureと呼ぶ)に体系化されている。

On a pentagram, the Time Signature is described in the form of a fraction where the “numerator” indicates the number of Beats contained in one Bar and the “denominator” indicates the theoretical musical value of each Beat.
五線譜上においては、拍子記号は、分子が1小節に含まれるビートの数を示し、分母が各ビートの理論的な音価を示す分数の形式で記述される。

The Time Signature of all Standard dances and their percussive accents in simple time are as follows:
すべてのスタンダードダンスの拍子と単純な場合のパーカッシブなアクセントは次のとおりである。

Tempo is the speed of the music and it is measured in Bars per Minute in Dancesport. The Tempos of the Standard and Latin American dances are indicated below:
テンポとは音楽の速度であり、ダンススポーツにおいては1分あたりの小節の下図で測られる。スタンダード種目のテンポは以下に示されている。

In Dancesport the basic rhythm is varied through syncopations used to increase the speed of the action. When this occurs the counts “a” and “&” are used:
ダンススポーツでは、基本的なリズムはアクションのスピードを上げるために使用されるシンコペーションによって変化する。これが起きる場合は、カウント “a”と “&”が使用される。

    • a indicates a 1/4 Beat
    • & or and indicates a 1/2 Beat

In Dance we use the word syncopation to indicate a Beat that is split into parts. The syncopation is always associated with the preceding Whole Beat (value = 1), from which the value of the syncopation is subtracted (e.g. “1 a 2” = ¾ ¼ 1; “1 & 2” = ½ ½ 1).
ダンスでは、シンコペーションという単語を使って、ビートが分割されていることを示す。
シンコペーションは常に先行するビート・バリュー(値= 1)の全体と関連付けられ、そこからシンコペーションの値が減算される(例えば、”1 a 2″ = ¾ ¼ 1;  “1 & 2” = ½ ½ 1)。

Slow Step

Slow Steps
スロー・ステップ

A slow step should be executed placing the foot on the first Beat of music and completing the transfer of weight on the second beat in order to be considered “on time”.
S(スロー)ステップが「on time」とみなされるためには、音楽の第1ビートで足を着地し(placing)、第2ビートで体重移動を完了させるように実行しなければならない。

The Foot Placement may only be delayed if the Slow Step is a foot closure.
そのS(スロー)ステップが足のクローズで終わる場合にのみ、着地(foot placement)を遅らせても良い。

Off-Beat Steps

Off-Beat Steps
オフビート・ステップ

When in music with 3/4 time signature the number of steps contained in a figure is inferior to the number of Beats used; more Beats will be used on some steps.
3/4拍子の音楽においては、一つのフィガーに含まれるステップの数は使用されるビート数より少ないが、いくつかのステップではもっと多い数のビートが使われる。

The division of Beats in relation to the step is at the discretion of the dancer, however for the purpose of clarity the division given in charts is the most obvious one.
ステップに対するビートの分割はダンサーの裁量に任されているが、明確にするために、図表に示されている分割は最も明白なものである。

Unconventional timing in choreographic sequences

Unconventional timing in choreographic sequences
一連のコレオグラフィにおける通常でないタイミング

In 4/4 dances choreographic sequences with the timing QSQ may be used (e.g. Heel pull Finish or a type of figure that is not included in the basic syllabus, e,g, Lunge Roll in Slow Fox.
4/4拍子のダンスにおいて、タイミングQSQを有するコレオグラフィ・シーケンスを使用することができる(たとえば、ヒールプル・フィニッシュまたは基本シラバスに含まれていない種類のフィガー、たとえばスロー・フォックストロットのランジ・ロール)。

Music Structure

Musical Structure
音楽の構造

A music composition normally Includes a 4-Bars introduction followed by a chorus structure made up of four phrases. The melodic phrase will usually be similar in the first two phrases (A’ and A”), change completely In the third phrase (B) and return to the original (A’) in the concluding phrase.
音楽作品は通常4小節のイントロダクションとそれに続く4つのフレーズからなるコーラス構造を含む。 メロディック・フレーズは通常、最初の2つのフレーズ(A ‘とA “)は類似しているが、3番目のフレーズ(B)で完全に変更され、最後のフレーズで元の(A’)に戻る。

The figure below is a visual representation of the concepts explained in this chapter.
下の図は、この章で説明した概念を視覚的に表したものである。