この連載ではダンス教本に関わる誤った理解とその原因などについて述べていこうと思います。

ただボルテクの原著である ISTDBallroom Technique が1982年以降まったく改定されていないため、どうしてもボルテクに関して私自身が気がついた問題点に集中してしまいますが、WDSFのダンス教本においても問題はありますのでそちらも触れていきたいと思います。

ボルテク自身はまだ指導員資格試験のテキストとして使われていると聞いていますし、WDCがその原著のBallroom Technique を2018年のスタンダード種目のテキストとして指定していることをWDCのホームページで確認しています。しかし一方では、同じWDCのサイトの投稿欄に数年前にプロ指導員の資格審査員の方がBallroom Techniqueについて苦言を呈しています。その投稿を対訳しましたので以下をご覧ください。

技術の退化

彼の投稿は以下のようなものです。

近年プロの志願者のテクニックに関する知識が、はるかに低いレベルまで落ちたことを憂いており、その原因として以下のことを挙げています。ISTDは、アレックス・ムーアMBEの生前は、 Ballroom Technique と、アレックス・ムーアMBEの著書である Ballroom Dancing の両方の使用を推奨していた。しかし、アレックス・ムーアMBEの死後は、ISTDは、Ballroom Technique しか推奨しなくなった。

私も、Ballroom Dancing を持っており、このサイトに対訳をつけて掲載していますが、一例をあげるならば、この書籍にはすべてのフィガーについての、男子と女子の足型図が掲載されています。足形図があるとないとでは理解度に大きな違いがあるだろうということは想像に難くありません。つまり、ボルテクをよりよく理解するためには、Ballroom Dancing に代わる何かが必要だということです。

ライズ&フォールに関する誤解その1

不適切な和訳に起因するライズ&ロアーのタイミングの解釈の誤りについて説明しています。

詳しくはこちら

ライズ&フォールに関する誤解その1の補足

ライズ&フォールその1で述べたことと同じ理由から、あるステップで「の終わりでライズ」などと書かれている場合、そのライズ&フォールを起こすためのフットワークもその次のステップと同時に行うと解釈するべきだいうことについて説明しています。

詳しくはこちら

ライズ&フォールに関する誤解その2

ボルテクのライズ&フォールには、現代のような膝を大きく曲げたり伸ばしたりするレッグ・ロアーやレッグ・ライズは含まれていないということについて説明しています。

詳しくはこちら

ダンス教本のチャート中の「ステップ」を日本語の「歩」と混同する誤り

ダンス教本のチャート中の左端の「ステップ」を日本語の「歩」と誤解してはならないということについて説明しています。

詳しくはこちら

ダンスのステップとビートのタイミングに関する誤解

「各ステップは音楽の第1ビートが鳴ると同時に足の踏み出しを開始する」というのは誤った理解ですが、やむを得ない理由もあるように思います。

詳しくはこちら

ボルテクのナチュラル・スピン・ターンの踊り方を過信するな!

ボルテクに書かれているナチュラル・スピン・ターンの踊り方は現代の踊りに合っていないということについて書いています。

詳しくはこちら