ピボットおよびピボッティング・アクションという技術は、誰でも踊るワルツのナチュラル・スピンターンで使われることでもわかるように大変基本的な技術です。
 
しかし私の持っているアレックス・ムーア著のボールルームダンス・テクニックのテキストにはその定義はありません。
 
ちなみに、アレックス・ムーア教室の教頭を30年余務め、アレックス・ムーア著作のモダン・ラテンの実務的ライターだったエリザベス・ロメイン氏が監修した「ダンナビ」という本の中では以下のように定義されています。
 
Pivot(ピボット)
           A turn on the ball of foot, the other foot being kept in front or behind in
           (一方の足のボールを軸に回転する動作で、この時、もう一方の足は前方または後方にCBMPに保って行う)
 
Pivoting Action(ピボッティング・アクション)
           Action without keeping CBMP in the case of above
           (上記でCBMPに保たないで行われる動作)
 
しかし、ピボットについてはなんとなくわかりますが、ピボッティング・アクションについては、「CBMPに保たないで行われる動作」と否定形で説明されても、どうすればピボッティング・アクションになるのかさっぱりわかりません。
 
そこで、海外のボールルームダンスサイトの定義を調べてみました。
 
その結果、それらの定義と説明を総合すると、以下のようになります。
  • Pivot(ピボット) 
    サポーティング・フットのボールを軸に、重心をそのボール上に保ったまま回転する動作で、その間、もう一方の足は前方または後方にCBMPに保つ
  • Pivoting Action(ピボッティング・アクション) 
    右足で前進しながら右足のボールで右回転する動作で、重心がサポーティング・フットのボール上にとどまらず、離れて行きながら回転が行われる。この時相手の右足が自分の両足の間にステップするスペースが必要なので、自分の左足はCBMPを保たずサポーティングフットの周りを円を描くように動かす。
 
これでそれぞれの意味と違いが明確になりました。
 
なおダンスに限定しない一般的な文脈というか文法では、Pivoting Actionは、Pivot動作をその一部に含むアクションということになるのですが、調べたサイトの説明から、Pivot動作を含む前進動作なのでPivoting Actionと名付けられたのだと思います。
 
 
出所

(1) Ballroom Dance Teachers College