解説

内容

 

【資料1】1932年 Theory and Technique of Ballroom Dancing by Silvester

Q1 CBMとはなにか?

What is contrary body movement ?
CBMとはなにか?

A1

It is turning the opposite hip and shoulder towards the leg that you are stepping with. If you took a step forward with your left foot, your right hip and shoulder should be forward and vice versa. If you took a step back with your right foot, lour left hip and shoulder should be back and vice versa.
それは踏み出そうとしている(ないし踏み出しつつある)脚の方へ反対側の腰と肩の向きを変えようとすることである(注1)。左足を前方に踏み出した場合は、右腰と右肩を前に出す。その逆も正しい。右足を後方に踏み出した場合は、左腰と左肩を後ろに下げる。その逆も正しい。

注1:日本語には現在進行形という便利な時制がないので訳しづらいが、you are doingという現在進行形はすでにdoすることを計画している段階から現在doしつつある時点までの幅を持った動作をあらわす。また、注意すべき点は脚を出していくのと、肩と腰の向きを変えていくのが同時進行だということである。同時進行だというのは26番目のQ&Aでも明らかであろう。
「その逆も正しい」というのは、たとえば「右足を前方に踏み出した場合は、左腰と左肩を前に出す。」あるいは「左足を後方に踏み出した場合は、右腰と右肩を後ろに下げる。」というのもCBMであるということである。

Q2 ステップして、それから、反対側の腰と肩を向けるのか?

Do you take your step and then turn your opposite hip and shoulder ?
ステップして、それから、反対側の腰と肩を向けるのか?

A2

No. You turn your opposite hip and shoulder as you take the step.
否。 ステップをしながら、反対側の腰と肩を向ける。

Q3 なぜCBMを使うのか?

Why do you use contrary body movement?
なぜCBMを使うのか?

A3

First because it helps you to turn on a turning step, and secondly because it makes all the difference to the appearance of your dancing. It marks the difference between a good and an indifferent dancer.
第一の理由は、ターンするステップでターンしやすくすること、第2の理由は、CBMがダンスの見た目に大変な効果をもたらすとともに、優れたダンサーとそうでもないダンサーとの間の差を際立たせるからである。

Q4 CBMはすべてのステップにおいて用いるのか?

Do you use contrary body movement on every step you take in ballroom dancing ?
CBMはすべてのステップにおいて用いるのか?

A4

No. Only at certain times and places in the different dances. You use it on nearly all turning steps, and figures where you step outside your partner or your partner steps outside you.
否。CBMは、ほぼすべてのターンするステップ、それとあなたがパートナーのアウトサイドに踏み出すか、あるいはパートナーがあなたのアウトサイドに踏み出そうとするところでのフィギュアにおいて、使用する。

 

【資料2】1936年 Theory and Technique of Ballroom Dancing by Silvester

Q1 CBMとはなにか?

What is contrary body movement ?
CBMとはなにか?

A1

It is turning the opposite hip and shoulder towards the leg that you are stepping with. If you took a step forward with your left foot, your right hip and shoulder should be forward and vice versa. If you took a step back with your right foot, your left hip and shoulder should be back and vice versa.
それは踏み出そうとしている(ないし踏み出しつつある)脚の方へ反対側の腰と肩の向きを変えようとすることである(注1)。左足を前方に踏み出した場合は、右腰と右肩を前に出す。その逆も正しい。右足を後方に踏み出した場合は、左腰と左肩を後ろに下げる。その逆も正しい。

注1:日本語には現在進行形という便利な時制がないので訳しづらいが、you are doingという現在進行形はすでにdoすることを計画している段階から現在doしつつある時点までの幅を持った動作をあらわす。また、注意すべき点は脚を出していくのと、肩と腰の向きを変えていくのが同時進行だということである。同時進行だというのは次のQ&Aでも明らかであろう。
「その逆も正しい」というのは、たとえば「右足を前方に踏み出した場合は、左腰と左肩を前に出す。」あるいは「左足を後方に踏み出した場合は、右腰と右肩を後ろに下げる。」というのもCBMであるということである。

Q2 ステップして、それから、反対側の腰と肩を向けるのか?

Do you take your step and then turn your opposite hip and shoulder ?
ステップして、それから、反対側の腰と肩を向けるのか?

A2

No. You turn your opposite hip and shoulder as you take the step.
否。 ステップをしながら、反対側の腰と肩を向ける。

Q3 なぜCBMを使うのか?

Why do you use contrary body movement?
なぜCBMを使うのか?

A3

Firstly, because it helps you to turn in an effortless manner on a turning step, and secondly, because it makes all the difference to the appearance of your dancing. It marks the difference between a good and an indifferent dancer.
第一の理由は、ターンするステップでターンしやすくすること、第2の理由は、CBMがダンスの見た目に大変な効果をもたらすとともに、優れたダンサーとそうでもないダンサーとの間の差を際立たせるからである.

 

Q4 CBMはすべてのステップにおいて用いるのか?

Do you use contrary body movement on every step you take in ballroom dancing ?
CBMはすべてのステップにおいて用いるのか?

A4

No. Only at certain times and places in the different dances. You use it on nearly all turning steps. , and figures where you step outside your partner or your partner steps outside you.
否。CBMは、ほぼすべてのターンするステップ、それとあなたがパートナーのアウトサイドに踏み出すか、あるいはパートナーがあなたのアウトサイドに踏み出そうとするところでのフィギュアにおいて、で使用する。

 

Q5 CBMを使用する際にもっとも一般的な間違いはなにか、そしてそれをどのように改善するのか?

What is a very common fault in the use of Contrary Body Movement and how would you remedy it? 
CBMを使用する際にもっとも一般的な間違いはなにか、そしてそれをどのように改善するのか?

A5

Turning the body from the waist upwards instead of from the hips upwards. This fault is particularly noticeable in anyone who has done a great deal of Operatic or Greek dancing. The body should always be turned in one piece, the hip and shoulder in line. A useful hint to assist this, is to think of turning the back foot inwards ever so slightly on all steps where contrary body movement is used. Actually the back foot is not turned in, it is only pointing the way you are facing from the use of contrary body movement. When using contrary body movement, care must be taken not to exaggerate it. It should only be used slightly.
ヒップから上ではなく、ウェストから上のボディを回すことである。 この間違いは、オペラやギリシャの踊りを多く行なった人に特に顕著である。 体は常に一体で、腰と肩を同じ向きにする必要がある。 これを支援するための有用なヒントは、CBMが使用されるすべてのステップで、後ろ足をこれまでになくわずかに内側に向けることを考えることである。 実際は、後ろの足はターンしておらず、CBMを使ってあなたが向いている方向を指しているだけである。CBMを使用するときは、それを誇張しないように注意する必要がある。 少しだけ使用しなければならない。

【資料3】1939年 Ballroom Dancing 4th Edition by Alex Moore

Contrary Body Movement is the action of turning the opposite hip and shoulder towards the direction of the moving leg, and is used to commence all turning movements.
CBMはムービング・レッグの動く方向に反対側のヒップと肩を向けるアクションであり、すべてのターンアクションを開始するために用いられる。

To the novice, the term “Contrary Body Movement” may appear rather frightening. In many cases, the term “Body Swing” would probably convey this turning action more clearly, for it should be noted at once that an excess of Contrary Body Movement will produce a dance that is more ugly and unbalanced than one entirely devoid of it.
初心者にとっては「CBM」という言葉は若干恐ろしげに聞こえるかもしれない。多くの場合、「ボディースイング」という言葉は、このターンアクションのことをもっとはっきりと伝えるであろう。過剰なCBMは、まったくCBMが欠けているものよりもみっともないバランスのとれていないダンスを作り出すことに注意すること。

Since it is essential that even the beginner should understand the elementary factors that govern turning movements in dancing, the following points should be noted.
初心者でもダンスにおけるターンアクションを支配する基本的な要素を理解することが不可欠なので、以下の点に留意する必要がある。

There are four ways of turning in dancing. A turn to either the Right or the Left can be made when moving forwards, and also a turn to the Right or Left when moving backwards. The Contrary Body Movement in these turns would be as follows–
ダンスにおいては4つのターンの方法がある。 前方に移動するときには右または左に向けることができ、逆方向に移動するときには右または左に向けることもできる。 これらのターンにおけるCBMは以下のようになる。

    1. Forward Turn to the Right. Step forward with the Right foot and at the same time swing the Left hip and shoulder forward.
      前進しながら行う右へのターン。右足で前方にステップするとともに、同時に左側のヒップと肩を前方にスイングする。
    2. Forward Turn to the Left. Step forward with the Left foot and at the same time swing the Right hip and shoulder forward.
      前進しながら行う左へのターン。左足で前方にステップするとともに、同時に右側のヒップと肩を前方にスイングする。
    3. Backward Turn to the Right. Step back with the Left foot and at the same time swing the Right hip and shoulder backward.
      後退しながら行う右へのターン。左足で後方にステップするとともに、同時に右側のヒップと肩を後方にスイングする。
    4. Backward Turn to the left. Step back with the Right foot and at the same time swing the Left hip and shoulder backward.
      後退しながら行う左へのターン。右足で後方にステップするとともに、同時に左側のヒップと肩を後方にスイングする。

It should be remembered that with the exception of the pivot type of movement, this contrary swing of the body is in no way a “stationary” action. If a forward turn to the Right is to be made it is far more important to feel a forward swing of the Left side of the body than a conscious twist of the body to the Right.
ピボットタイプの移動を除いて、このCBMは決して「その場にとどまって行う」動作ではないことに留意すること。 前進しながら右へターンする場合であれば、左側のボディの前方スイングを感じることが、ボディを意識的に右にねじるよりもはるかに重要である。

Although Contrary Body Movement must embrace the turning of both the hip and the shoulder, it is sometimes helpful to try to feel that, in forward turns, the movement is initiated in the shoulders, and, in backward turns, from the hips. This subtle difference in the mental approach of these two different turns should prove helpful to the novice.
CBMは、ヒップと肩の両方の向きを変えなければならないが、前進しながら行うターンでは、ムーブメントは肩から動き始め、後退しながら行うターンは腰から動き始めると感じるようにすることが有用な場合がある。 これらの2つの異なるターンの精神的アプローチにおけるこの微妙な違いは、初心者に役立つはずである。

Care must be taken not to turn the shoulders independently or an ugly dipping movement will result.
肩だけを独立してターンさせないように気をつけなければいけない、さもないと、みっともない沈み込む動きが起こる。

A most important point to remember is that contrary Body Movement does not alter the direction of a step. A common fault with many dancers is to alter the alignment of a step as Contrary Body Movement is used. An example of this is
覚えておくべき最も重要な点は、CBMはステップする方向を変えるわけではないことである。 多くのダンサーの共通の欠点は、CBMが使われるとき、ステップのアライメントを変更してしまうことである。 その例は次のとおりである。

Facing the line of Dance with the Right foot free, ready to make a forward turn to the Right. As the Right foot moves forward and the body turns to the Right many dancers allow the Right foot to travel in a direction diagonally to the wall. This is wrong. It is only the body that turns away from the Line of Dance. The Right foot must move straight forward, or, if anything, cover in slightly in front of the other foot. The same rule applies to backward turning steps, although to step directly behind the stationary foot is not often possible when moving backwards.
LODに面して右足をフリーにし、右に前進する準備をする。 右足が前進し、ボディが右に向きを変えていくにつれ、多くのダンサーが右足を壁の斜め方向に動かしてしまう。 これは間違っている。 LODから離れていくのはボディだけである。 右足は、まっすぐ前方に移動するか、または、場合によっては、もう一方の足のわずかに前に踏み出す必要がある。 後退しながら行うターンにも同じルールが適用されるが、後退するときはその場にとどまる足のすぐ後ろにステップすることはしばしば不可能である。

 

【資料4】1961年 The Revised Technique 5th Edition by Alex Moore

この本では、CBMPの説明はあるが、CBMの説明は省かれている。ただし、本文のチャートではCBMという言葉は使われている。

 

【資料5】1982年 ISTD The Ballroom Technique 10th Edition

CBM (Contrary Body Movement)

A body action. The turning of the opposite side of the body towards the moving foot which is moving forward or back, generally initiate turn.
ボディアクション。 前方または後方に移動しているムービング・フットのほうにボディの向きを変えること。通常、ターンするステップを開始するとき。

補足:ボールルームダンステクニック(いわゆるボルテク)の原書である。

 

【資料6】1983年 モダンダンス教程(若林政雄著)

CBM(Contrary Body Movementの略)

前進または後退するとき、そのステップする脚と反対半面すなわち肩と腰を脚の動く方向へスイングすることで、回転またはカーブするフィガーの第1歩で用いられる。

 

【資料7】1992 IDTA Technique of BALLROOM DANCING

(Contrary Body Movement・・・・CBM)

通常、回転を始める前に用いられる体の動作で、ステップする足の反対側の体を、前方または後方に動かすことである。CBMは、ナチュラルまたはリバ-ス・ピボットで最も強く用いられる。

 

【資料8】1999 ISTD ボールルーム・ダンス・テクニック (邦訳第5版)

CBM (コントラリー・ボディ・ムーブメント

ボディ・アクションである。前方または後方に動いている脚の方向に身体の反対側が回転すること。通常、回転を起こすとき。

 

【資料9】2002年 Ballroom Dancing 10th Edition by Alex Moore

CONTRARY BODY MOVEMENT

Contrary Body Movement is the action of turning the opposite hip and shoulder towards the direction of the moving leg, and is used to commence all turning movements.
CBMは、反対側の腰と肩をムービング・フットの方向に向けるアクションで、すべてのターン動作を開始するために使用される。

To the novice, the term “Contrary Body Movement” may appear rather frightening. In many cases, the term “Body Swing” would probably convey this turning action more clearly, for it should be noted at once that an excess of Contrary Body Movement will produce a dance that is more ugly and unbalanced than one entirely devoid of it. 
初心者には、CBMという用語はかなり恐ろしく見えるかもしれない。 多くの場合、「ボディスイング」という用語は、おそらくこのターニング動作をより明確に伝えるであろう。とはいえ、過剰なCBMは完全にCBMのないダンスよりも醜くアンバランスなダンスが生成されることに注意すること。

Since it is essential that even the beginner should understand the elementary factors that govern turning movements in dancing, the following points should be noted. 
初心者であっても、CBMがダンスのターン動作を左右する基本的な要素を理解することは不可欠であるため、次の点に注意する必要がある。

There are four principal ways of turning in dancing. A turn to either the Right or the Left can be made when moving forwards, and also a turn to the Right or Left when moving backwards. The Contrary Body Movement in these turns would be as follows:
ダンスにおけるターニング動作は、主に4つの方法がある。 前進するときは右または左のいずれかへのターン、後退するときは右または左にターンすることもできる。 これらのターンにおけるCBMは次のようになる:

      1. Forward Tum to the Right.
        右へ向きを変えながら前進する。
        Step forward with the Right foot and at the same time swing the Left hip and shoulder forward.
        右足で前進して踏み出すとともに同時に反対側の腰と肩を前にスイングする。
      1. Forward Turn to the left.
        左へ向きを変えながら前進する。
        Step forward with the left foot and at the same time swing the Right hip and shoulder forward.
        左足で前進して踏み出すとともに、同時に反対側の腰と肩を前にスイングする。
      1. Backward Turn to the Right.
        右へ向きを変えながら後退する。
        Step back with the left foot and at the same time swing the Right hip and shoulder backward.
        左足で後退して踏み出すとともに、同時に反対側の腰と肩を後ろにスイングする。
      1. Backward Turn to the Left.
        左へ向きを変えながら後退する。
        Step back with the Right foot and at the same time swing the Left hip and shoulder backward. 
        右足で後退して踏み出すとともに、同時に反対側の腰と肩を後ろにスイングする。

It should be remembered that, with the exception of the pivot type of movement, this contrary swing of the body is in no way a “stationary” action. If a forward turn to the Right is being made it is far more important to feel a forward swing of the Left side of the body than a conscious twist of the body to the Right
ピボットタイプのムーブメントを除いて、CBMは決して「静止した」状態で行われる動作ではないことに注意しなければならない。 右へ向きを変えながら前進するアクションが行われている場合、体の右への意識的なひねりよりも、体の左側の前方へのスイングを感じることがはるかに重要である。

Although Contrary Body Movement must embrace the turning of both the hip and the shoulder, it is sometimes helpful to try to feel that, in forward turns, the movement is initiated in the shoulders, and, in backward turns, from the hips. This subtle difference in the mental approach of these two different turns should prove helpful to the novice. 
CBMでは腰と肩の両方の向きの変更を支える必要があるが、向きを変えながら前進する場合は動きは肩から始まり、向きを変えながら後退する場合は動きは腰から始まると感じてみると役立つ場合がある。 これらの2つの異なるターンの感覚的な取り組み方におけるこの微妙な違いは、初心者にとって役立つはずである。

Care must be taken not to turn the shoulders independently or an ugly dipping movement will result. 
両肩を独立して(tama注:両腰とは別に)向きを変えてはならない、さもないと見苦しいディッピング動作(tama注:沈み込む動作)を招くことになる。

A most important point to remember is that contrary Body Movement does not alter the direction of a step. A common fault with many dancers is to alter the alignment of a step as Contrary Body Movement is used. An example of this is:
覚えておくべき最も重要な点は、CBMを使用するときステップする方向を変えないことである。 多くのダンサーの一般的な欠点は、CBMを使用しているときにステップのアラインメントを変更してしまうことである。 この例は次のとおりである。

Facing the line of Dance with the Right foot free, ready to make a forward turn to the Right. As the Right foot moves forward and the body turns to the Right many dancers allow the Right foot to travel in a direction diagonal to the wall. This is wrong. It is only the body that turns away from the line of Dance. The Right foot must move straight forward, or, if anything, cover in slightly in front of the other foot. The same rule applies to backward turning steps, although to step directly behind the stationary foot is not often possible when moving backwards.
右足をフリーにしてLODに向き、右に向きを変えながら前進する準備をする。 右足を前進させながらボディを右に向けようとするとき、多くのダンサーが右足を壁斜めの方向に移動させてしまうが、 これは間違っている。 向きを変えてLODから離れていくのはボディだけである。 右足は直進するか、どちらかと言えばもう一方の足の少し前を覆わなければならない。 同じ規則が後退するステップにも適用されるが、後退する場合、静止した足のすぐ後ろにステップすることはできない。

 

【資料10】2004年 A Technique of Advanced Standard Ballroom Figures by Geoffrey Hearn

CONTRA BODY MOVEMENT (CBM)

Defined as the rotation of the opposite side of the body to the leading leg. It is used on all forward and backward steps, which commence a turn. Although the name suggests the turn originates in the body, the mechanics are that as the weight is lowered and moved forward over the standing foot into the leading step, the knee will move towards and over the big toe. This causes a body rotation and allows the Swinging leg to continue into the required turn. As the balance of the previous turn requires Sway to be maintained into the lowering action, there will be a slight side leading as the knee action described commences. When the feet pass at the end of step 1, the body has gained a position of centred balance over the new standing leg, at this moment the upper body will be able to activate the turn giving complete freedom to the swinging leg to create the required Turn, Rise and Sway of the figure. This way a very smooth turning action will be developed from the previous lowering to the end of the Swing.
CBMは、リーディング・レッグの反対側のボディをリーディング・レッグ方向へ回転するアクションとして定義される。ターンを開始するすべての前進および後退ステップで使用される。この名前はターンが体の中から起こることを示唆してはいるが、そのメカニズムは、ウェイトがロアーし、スタンディング・フットを越えてリーディング・ステップに向かって前進するにつれ、膝が前進し足の親指を越えていくということである。これにより、ボディが回転し、スイングしているレッグが、必要なターンへと続いていけるようになる。ロアーする動作に入っていくときに、その前のターンのバランスが、Swayを保つことを必要とする場合は、先に説明した膝のアクションが開始されると、わずかなサイドリードが発生する。ステップ1の終わりに両足がすれちがうとき、ボディは新しいスタンディング・フットを越えてcentredされたバランスの位置に到達しているが、この時点(すれ違う時点?)で、上半身はターンを開始し、そのフィガーのターン、ライズ、スウェイを作り出すためにスイングする脚に完全な自由を与える。このようにして、非常にスムーズな回転動作が、その前のロアリングからスイングの終わりまで展開される。

Teaching Tip Think Swing commences with and continues smoothly into Sway.

a. The strength of varies with the figure and the foot position of the leading step. A general guide is that turns to the right have a stronger than turns to the left. The reason is that the Lady’s body position is centred towards the Man’s right side; therefore he moves around the Lady on right turns and leaves the Lady towards his right side on the left turns. The exception is on steps following a Pivot turning left, caused by the strong continuation of turn. See definition of a Pivot.
CBMの強さは、フィガーとリーディング・ステップの足の位置によって異なる。 一般的なガイドとしては、左へのターンよりも右へのターンのほうがCBMが強くなる。 その理由は、女子の体の中心が男子の右側にあるためである。 したがって、男子は右へのターンでは女子の周りを動き、左ターンでは女子を右側に位置させたままにする。 例外は、左へのピボット・ターンの後のステップで、ターンの強い継続によって引き起こされる。 ピボットの定義を参照すること。

Teaching Tip. “Left turn, late turn”

b. Backward Turns. From the above actions the person moving backwards into a turn will feel a stronger sense of CBM, including a slight turn in of the toe, thus creating the sideways Swing of the leg, to enable the partner to Swing forward.
上記のアクションから、後退してターンするダンサーは、若干のトウ・ターン・インの場合も含め、CBMの感覚が強くなり、パートナーが前方にスイングできるように、レッグの横向きのスイングを作り出す。

c. Turns commenced outside partner have virtually no commencing from the standing foot as described above. As the weight of the preceding step is moving sideways, or diagonally across the foot, the knee cannot turn towards the big toe at the end of the lowering to generate the commencement of turn in this position. It is generated by the upper body turn, as feet pass at the end of step 1, and the power of the Swinging leg.
アウトサイド・パートナーで始まるターンは、上記のようにスタンディング・フットからCBMを開始することは事実上ない。 前のステップのウェイトが横方向または足を斜めに横切って移動しているため、膝がロアーの終わりに足の親指の方に向きを変えて、この位置で回転の開始を生成することはできない。 これは、ステップ1の終わりに両足がすれ違うときの上半身の回転と、・レッグの力によって生成される。

Teaching Tip. “Outside turn, late turn”

参考

この本の THE ORIGINAL TECHNIQUE の章には、この本とISTDやIDTAのダンス教本との違いか記載されている。CBMについては、以下のことが書かれている。

. The difference in the strength and timing of  between left and right turning figures is noted.
CBM 左と右のターン・フィガーの間のCBMの強さとタイミングの違いが示されている。