Last Updated on 2022年4月19日 by tama

解説

ダンスは、単にダンス音楽を聴きながらそのリズムに合わせてステップを踏み、体を動かすというような受動的なムーブメントではありません。むしろ、ダンス音楽、男子、女子、それぞれが、自律的にそれぞれのリズムを保ちながらも、相互に影響しあい、ロックオンしダンスをスタートします。その後ダンサーはロックオンを継続するだけではなく、ルバートなどのテクニックを用いて、リズムを一時的に変えることによって、ムーブメントの表現を豊かにすることが望ましいと考えられます(通常ダンス音楽はテンポは変化させませんが)。以下の Entrainment (以下エントレインメント)という概念はそれらのプロセスを意識して活用するために役に立つと思われます。

対訳

In time with the music: 音楽に合わせて

The concept of entrainment and its significance for ethnomusicology
エントレインメントの概念とその民族音楽学的意義

Abstract 概要

Entrainment, broadly defined, is a phenomenon in which two or more independent rhythmic processes synchronize with each other. To illuminate the significance of entrainment for various directions of music research and promote a nuanced understanding of the concept among ethnomusicologists, this publication opens with an exposition of entrainment research in various disciplines, from physics to linguistics and psychology, while systematically introducing basic conceptsthat are directly relevant to musical entrainment. Topics covered include consideration of selfsynchrony and interpersonal synchrony in musical performance, humans’ innate propensities to entrain, the influence of cultural and personal factors on entrainment, the numerous functions of musical entrainment in individual health, socialization, and cultural identification, and a presentation of methodologies and analytical techniques. Finally, some case studies illustrating one methodological strand, that of chronometric analysis, exemplify how the application of the entrainment concept might lead to an understanding of music making and music perception as an integrated, embodied and interactive process.
エントレインメントとは、広義には、2つ以上の独立したリズムのプロセスが互いに同期する現象のことである。本書は、エントレインメントが音楽研究の様々な方向性に影響を与えることを明らかにし、民族音楽学者にこの概念に対するニュアンスの理解を促すために、物理学から言語学、心理学まで様々な分野のエントレインメント研究を解説し、音楽エントレインメントに直接関係する基本概念を系統的に紹介する。音楽演奏における自己同期と対人同期の考察、人間の同調性、同調に対する文化的・個人的要因の影響、個人の健康、社会化、文化的アイデンティフィケーションにおける音楽同調の多くの機能、方法論と分析技術の提示などのトピックを扱っている。最後に、方法論の一つであるクロノメトリック分析によるいくつかのケーススタディは、エントレインメントの概念を適用することで、音楽制作と音楽知覚を統合的、身体的、相互的プロセスとして理解することにつながることを例証している。

2. Entrainment basics エントレインメントの基本

2.1 Introduction: the concept of entrainment
  はじめに:エントレインメントの概念

Entrainment describes a process whereby two rhythmic processes interact with each other in such a way that they adjust towards and eventually ‘lock in’ to a common phase and/or periodicity. There are two basic components involved in all instances of entrainment:
エントレインメントとは、2つのリズムが互いに影響し合い、共通の位相や周期に向かって調整され、最終的に「ロックイン」されるプロセスを指す。すべてのエントレインメントには、2つの基本的な要素がある。

1) There must be two or more autonomous rhythmic processes or oscillators. Autonomy means that if the two oscillators are separated, i.e. if they do not interact, they must still be able to oscillate: the oscillations must be active processes requiring an internal source of energy. In other words, none of the oscillations (or the rhythmic processes) should be caused through the interaction. Resonance, for example, is not to be considered entrainment: if a tuning fork producing sound waves in a resonance box is removed, the oscillations in the box also cease. This is an important point, because it alerts us to the possibility that the mere observation of synchronized behaviour or synchronous variation in two variables does not necessarily imply entrainment.
1) 2つ以上の自律的なリズムプロセスまたは発振器が存在すること。自律性とは、もし2つの発振器が分離されても、つまり相互作用がなくても、発振が可能であること、つまり発振は内部エネルギー源を必要とする能動的なプロセスでなければならない。言い換えれば、振動(あるいはリズミカルなプロセス)は、どれも相互作用によって引き起こされるものであってはならないのだ。例えば、共鳴箱の中で音波を発生させている音叉を取り除くと、箱の中の振動も止まってしまう。このことは、2つの変数の同期した行動や同期した変化が観察されただけでは、必ずしも同調を意味しない可能性を私たちに警告しているのである。

2) The oscillators must interact. There are different forms of possible interactions or ‘coupling’, but in the majority of cases this interaction is weak, as demonstrated by Huygens’ clock example. Strong coupling, on the other hand, puts too strong a limitation on the oscillators, and they lose their ‘individuality’ (for example, consider how one’s arm movements would be limited if both hands held on to the same stick). As will become clear from the following discussion, identification and quantified description of the ‘weak interactions’ is one of the biggest challenges in entrainment research.
2) 発振器が相互作用すること。相互作用や「結合」にはさまざまな形態が考えられるが、ホイヘンスの時計の例で示されるように、ほとんどの場合、この相互作用は弱いものである。一方、結合が強いと、振動子に対する制限が強すぎて、振動子の「個性」が失われてしまう(例えば、両手が同じ棒につかまっていると、腕の動きが制限されることを考えよう)。以下の議論から明らかになるように、「弱い相互作用」を同定し、定量的に記述することは、同調性研究の最大の課題の1つである。

The tendency for rhythmic processes or oscillations to adjust in order to match other rhythms has been described in a wide variety of systems and over a wide range of time scales (i.e. periodicities): examples include fireflies illuminating in synchrony, human individuals adjusting their speech rhythms to match each other in conversation, and sleep-wake cycles synchronizing to the 24-hour cycle of light and dark. Examples have been claimed from the fast frequency oscillations of brain waves to periods extending over many years, in organisms from the simplest to the most complex, and in the behaviour of inorganic materials and systems.
ホタルの発光が同期している、人間が会話のリズムを合わせる、睡眠・覚醒のサイクルが24時間の明暗サイクルに同期しているなど、様々なシステムで、様々な時間スケール(周期性)で、リズムプロセスや振動が調整される傾向が報告されています。脳波の高速振動から何年にもわたる周期まで、また、最も単純な生物から最も複雑な生物まで、さらに無機材料やシステムの挙動に至るまで、さまざまな事例が主張されている。

Obviously, the wide range of entrainment phenomena is not based on a single physical process. Rather, the concept of entrainment describes a shared tendency of a wide range of physical and biological systems: namely, the coordination of temporally structured events through interaction. In principle, it is easy to see how entrainment is relevant to music. If an ethnomusicologist were asked to suggest a familiar example of a “temporally structured event”, it is likely that music, or some social or ritual event mediated through music, would quickly come to mind. It is equally easy to think of examples of rhythmic coordination to and through music, such as a foot tapping to the beat of a song. However, entrainment studies in ethnomusicology are not limited to a few apparently obvious examples, and musical applications have to take into account the wider context of entrainment in human biological and social functioning.
もちろん、さまざまなエントレインメント現象は、単一の物理プロセスに基づいているわけではない。むしろ、エントレインメントという概念は、さまざまな物理的・生物的システムに共通する傾向、すなわち、時間的に構造化された事象が相互作用によって協調することを表現しているのである。原理的には、同調が音楽に関係することは容易に理解できる。もし民族音楽学者が「時間的に構造化された事象」の身近な例を挙げるよう求められたら、、あるいは音楽を媒介とした社会的、儀礼的な事象がすぐに思い浮かぶだろう。また、歌のビートに合わせて足をたたくなど、音楽に合わせて、あるいは音楽を通してリズムを調整する例も同様に容易に思いつくだろう。しかし、民族音楽学におけるエントレインメントの研究は、いくつかの明らかに明白な例に限定されるものではなく、音楽的な応用は、人間の生物学的および社会的機能におけるエントレインメントのより広い文脈を考慮する必要がある。

Examples of endogenous or naturally occurring rhythms within the human body include the heart beat, blood circulation, respiration, locomotion, eyes blinking, secretion of hormones, female menstrual cycles, and many others. It has been suggested, indeed, that all human movements are inherently rhythmic: Jones writes that “All human performance can be evaluated within a rhythmic framework” (1976, pg. 340), while Bernieri, Reznick and Rosenthal suggest that “…human behavior is understood to occur rhythmically and therefore can be described in terms of cycles, periods, frequencies, and amplitudes.” (1988, pg. 244). As we will see, these endogenous rhythmic processes may interact in many different ways, either within a single person or, in some cases, between individuals: both cases are relevant to ethnomusicology, although much of the material in this paper concerns interpersonal or social entrainment. Entrainment to and through music needs to be seen as a particular case of entrainment in social interaction, and its particular qualities need to be explored. We also need to explore the specific possibilities for entrainment that different musical repertories or performances afford.
人体の内因性リズムには、心拍、血液循環、呼吸、運動、まばたき、ホルモン分泌、女性の月経周期など、さまざまなものがある。実際、人間のすべての動作は本質的にリズミカルであることが示唆されている。ジョーンズは「人間のパフォーマンスはすべてリズミカルな枠組みで評価できる」(1976年、340頁)と書き、ベルニエリ、レズニック、ローゼンタールは「…人間の行動はリズミカルに起こると理解されており、したがってサイクル、周期、周波数、振幅で記述できる」ことを示唆している。(1988, pg. 244)と述べている。これから述べるように、これらの内生的なリズムのプロセスは、一人の人間の中で、あるいは場合によっては個人間で、多くの異なる方法で相互作用する。どちらの場合も民族音楽学に関連するが、本稿の内容の多くは、対人的あるいは社会的同調に関わるものである。音楽への、あるいは音楽を通した同調は、社会的相互作用における同調の特殊なケースと見なす必要があり、その特殊な性質を探求する必要がある。また、音楽のレパートリーや演奏の違いによる同調の具体的な可能性を探る必要がある。

2.2 A short history of the entrainment concept
2.2 同調性の概念についての短い歴史

Huygens identified the phenomenon we know as entrainment as a result of his invention of the pendulum clock: he noticed that two such clocks, when placed on a common support, would synchronise with each other. Even when the pendulum of one was deliberately disturbed, they would regain perfect synchrony within half an hour or so. Huygens’ description of, as he put it, ‘the sympathy of the clocks’ as well as the apt explanation he supplied, were considered a singular phenomenon for more than 200 years. Then, in the second half of the nineteenth century, British physicist Lord Rayleigh described the frequency synchronization of two similar but slightly different organ pipes and introduced the distinction between forced and maintained oscillations (Rayleigh, 1945). At the time these nineteenth century. Following the advances made by Poincaré, it became possible to describe and understand the observations of Huygens and Rayleigh in terms of interacting non-linear systems. (In a linear system, changes in one variable produce predictable changes in a dependent variable. By contrast, in a non-linear system, small changes in one variable may cause large, erratic changes in a dependent variable.) findings were not thought to be connected, but things took a different shape following Poincaré’s development of a new approach for dealing with complex, non- linear systems at the end of the nineteenth century. Following the advances made by Poincaré, it became possible to describe and understand the observations of Huygens and Rayleigh in terms of interacting non-linear systems. (In a linear system, changes in one variable produce predictable changes in a dependent variable. By contrast, in a non-linear system, small changes in one variable may cause large, erratic changes in a dependent variable.)
ホイヘンスは、振り子時計を発明した結果、我々が知っている同調現象に気づいた。片方の振り子をわざと狂わせても、30分ほどで完全に同期を取り戻すのだ。ホイヘンスの言う「時計の共鳴」と、その適切な説明は、200年以上もの間、特異な現象と見なされていた。19世紀後半、イギリスの物理学者レイリー卿は、似ているがわずかに異なる2つのオルガンパイプの周波数同期を記述し、強制振動と維持振動の区別を導入した(Rayleigh, 1945)当時の19世紀、ポアンカレの進歩により、ホイヘンスとレイリーによる観測は、相互作用する非線形システムの観点から記述、理解できるようになった。(線形系では、ある変数を変化させると、従属変数が予測通りに変化する。しかし、19世紀末にポアンカレが複雑な非線型系を扱う新しいアプローチを開発したことで、状況は一変した3。(線形系では、ある変数を変化させると、従属変数が予測通りに変化する。これに対して、非線形系では、ある変数の小さな変化が、従属変数に大きな不規則な変化をもたらすことがある)。

During the more than 250 years since the time of Galileo and Newton, the sciences made considerable advances, and it looked as if one day they might enable us to fully understand the world. This impression arose from the fact that classical physics had developed a method to analyse and describe the physical world in a simple way, namely in terms of sets of linear equations. This meant, given the initial conditions of a system, we could predict its behaviour and deduce any of its future states – we could ‘understand’ it. The only problem with this approach was that a number of systems seemed to exist – Huygens’ pendulum being one of them – that could not simply be described by linear equations. The remedy taken by classical physics was linearization: most non-linear systems can be described approximately by linear equations if one only considers a limited range of their behaviour. (For instance, the behaviour of a pendulum can be described quite well in linear terms if one only considers small movement amplitudes.) The differences between the actual behaviour and the linear descriptions were thought to be negligible. The linear approach was also successful because it allowed any complex problem to be broken down into parts, each part to be solved, and then the part solutions put together to obtain the solution for the complex problem. The behaviour of the whole system could thus be described as the sum of the behaviour of its parts. However, many systems in our world do not act that way. Mostly, when parts of a system interfere, cooperate, or compete, they produce non-linear interactions. At the beginning of the twentieth century, it became obvious not only that the differences between linear and non-linear systems were substantial – for example, the former are predictable while the latter are not – but also that non-linear systems were much more prevalent in the world than previously thought.
ガリレオやニュートンの時代から250年余り、科学は大きく発展し、いつか世界を完全に理解できるようになるのではないかと思われた。これは、古典物理学が一次方程式の集合によって、物理世界を簡単に分析し、記述する方法を開発したことに起因している。つまり、ある系の初期状態が与えられれば、その挙動を予測し、将来の状態を推測することができる、つまり「理解」することができるのだ。しかし、この方法の唯一の問題は、一次方程式で簡単に記述できない系が数多く存在することであった(ホイヘンスの振り子もその一つ)。古典物理学がとった解決策は線形化であった。ほとんどの非線形系は、その振る舞いの限られた範囲だけを考えれば、線形方程式で近似的に記述することができるのだ。(例えば、振り子の挙動は、小さな動きの振幅だけを考えれば、線形でかなりうまく記述できる)。実際の挙動と線形記述の差は無視できると考えられていた。また、線形アプローチは、どんな複雑な問題でも部分に分解し、それぞれの部分を解き、その部分の解を合わせて複雑な問題の解を得ることができるという点でも有効であった。こうして、システム全体の振る舞いは、その部分の振る舞いの総和として記述することができるようになった。しかし、私たちの世界にある多くのシステムは、そのような振る舞いをしない。たいていの場合、システムの各部分が干渉したり、協力したり、競争したりすると、非線形の相互作用が発生する。20世紀初頭、線形システムと非線形システムの間には大きな違いがあること、例えば、線形システムは予測可能であるが、非線形システムはそうではないことが明らかになっただけでなく、非線形システムがそれまで考えられていたよりもはるかに多く世の中に存在していることも明らかになったのである。

Following the new orientation in complex system dynamics introduced by Poincaré, mathematics and physics in the first half of the twentieth century became mainly concerned with non-linear oscillators and their applications (such as in radio, radar, and later, lasers). In the 1920s, important theoretical groundwork was laid by Appelton and van der Pol when they were able to show how the frequency of an oscillator can be entrained or synchronized by a weak signal of a slightly different frequency. Finally, the invention of computers also meant a considerable push for non-linear system theory. From the 1960s, the computer allowed researchers to experiment with non-linear equations (e.g. to perform simulations) in a way that was unthinkable before, thereby offering new insights into the behaviour of non-linear systems. In the 1970s the development in mathematics and physics of chaos theory had considerable impact on several other disciplines such as biology (early studies concerned chaotic phenomena in biological populations: for a review see May, 1976), social sciences (Jantsch, 1975; Allen et al., 1977) and neurosciences. For instance, the field of synergetics, the theory that is concerned with how the cooperation of individual components of a complex system leads to the formation of new macroscopic spatial, temporal and functional structures, considerably informed our present understanding of the functioning of the human brain (Haken, 1983a; 1983b).
ポアンカレによって導入された複雑系力学の新しい方向性に従って、20世紀前半の数学と物理学は、主に非線形発振器とその応用(ラジオ、レーダー、後にはレーザーなど)に関心を持つようになった。1920年代には、アペルトンとファン・デル・ポールが、周波数がわずかに異なる微弱な信号によって発振器の周波数を同調させることができることを示し、重要な理論的基礎を築き上げた。最後に、コンピュータの発明は、非線形システム理論への大きな後押しを意味した。1960年代以降、コンピューターによって、それまで考えられなかったような方法で非線形方程式を使った実験(シミュレーションなど)が可能になり、非線形システムの挙動について新しい洞察が得られるようになったのである。1970年代には、数学と物理学におけるカオス理論の発展が、生物学(初期の研究は生物集団におけるカオス現象に関するもので、総説はMay, 1976を参照)、社会科学(Jantsch, 1975; Allen et al. 例えば、シナジェティクスの分野は、複雑なシステムの個々の構成要素の協力が、どのように新しい巨視的な空間的、時間的、機能的構造の形成につながるかに関わる理論で、人間の脳の機能に関する現在の理解に大いに貢献した(Haken, 1983a; 1983b)。

At least two aspects of the new view on the brain seem to be relevant in the context of this presentation: a) most brain functions can best be described as cooperative, synchronized activity of large, distributed ensembles of neurons, and b) a large part of this synchronized activity is of an oscillatory nature (Basar, 1983; Nunez et al., 1993). These autorhythmic oscillatory properties of neurons in the central nervous system are a consequence of their electrochemical properties. The cooperative and oscillatory activities of these neurons can be seen, amongst others, as the basis for the timing of sensory-motor coordination (for a review: Llinas, 1988). With these new views on the functioning of the brain, it seems most promising to consider the concept of entrainment in the analysis of human interactions at the interpersonal and social level as well. Indeed, such applications have been pursued in the social sciences in parallel with the development of neuroscientific approaches, the mathematics of coupled oscillators, and numerous other related strands of research. Many of the aspects most relevant for ethnomusicology are discussed in this publication.
a)ほとんどの脳機能は、大規模で分散したニューロン・アンサンブルの協力的で同期した活動として最もよく説明できること、b)この同期した活動の大部分は振動的な性質を持っていること(Basal、1983;Nunezら、1993)。中枢神経系におけるニューロンのこれらの自律的な振動特性は、その電気化学的な特性の結果である。これらのニューロンの協調的かつ振動的な活動は、特に、感覚と運動の協調のタイミングの基礎として見ることができる(レビュー:Llinas, 1988)。このような脳の機能に関する新しい見解に基づき、対人関係や社会的なレベルでの人間の相互作用の分析においても、同調の概念を考慮することが最も有望であると思われる。実際、このような応用は、神経科学的アプローチ、結合振動子の数学、その他多くの関連する研究の発展と並行して、社会科学において追求されてきた。本書では、民族音楽学に最も関連する多くの側面を取り上げている。

 

2.3 Physiological rhythms

Although Huygens (see above) worked on mechanical rather than biological systems, and much of the succeeding work on entrainment – both theoretical and applied – has been carried out within the fields of mathematics and physics, our main emphasis is on the entrainment of physiological rhythms, especially in human beings. One of the first applications of the entrainment model in biology is attributed to the French physicist de Mairan, who in 1729 first identified and studied photic entrainment – synchronisation to the cycle of light and dark – in plants (Chapple, 1970). Apart from entrainment to such environmental cues, entrainment studies on various animal species have identified numerous examples of mutual entrainment between individuals, including crickets chirping in unison and fireflies flashing synchronously (Ancona & Chong, 1996; Strogatz & Stewart, 1993). Thus, although the capacity to entrain may be exploited in particular ways by the higher animals, and particularly by man, it seems to be evidenced in some way or other by all animal and plant species, and the ubiquity of the phenomenon points towards its importance in the world of living organisms.
Huygens(前述)は生物系ではなく機械系を対象としており、同調に関するその後の研究の多くは、理論的にも応用的にも数学や物理学の分野で行われているが、ここでは、特に人間の生理的リズムの同調に重点を置くことにする。同調性モデルの生物学への応用は、フランスの物理学者ド・メイランが1729年に植物における光同調性(明暗周期への同調)を初めて同定・研究したことに端を発する(Chapple, 1970)。このような環境的な合図に対する同調とは別に、様々な動物種を対象とした同調研究により、コオロギの一斉鳴きやホタルの同調点滅など、個体間で相互に同調する例が多数確認されている(Ancona & Chong, 1996; Strogatz & Stewart, 1993)。 このように、同調能力は高等動物、特に人間によって特定の方法で利用されるかもしれないが、すべての動植物種に何らかの形で証明されているようであり、その現象の偏在性は生物の世界における重要性を示している。

In modern times, a lot of research has concentrated upon studying the nature of rhythmic processes in living organisms. The proponents of chronobiology, as it is called, point to the fact that biological or physiological rhythms appear to be essential to life itself (Aschoff, 1979; Strogatz & Stewart, 1993; Glass, 1996). Menaker reports that cyanobacteria, simple organisms that originated at least 3 billion years ago, “have fully functional circadian clocks”, which may give support to the suggestion that biological rhythms and their entrainment are fundamental to life in any form (2002, pg. 2). Some have gone so far as to characterize any organism “as a (loosely coupled) ‘population of oscillators’.” (Pittendrigh, 1975, quoted by Warner, 1988, pg. 68-9). A good deal of current medical research is concerned with the behaviour of endogenous physiological rhythms in humans (such as the variation of body temperature over the 24-hour cycle), and how the study of those rhythms might be further developed as a tool in the diagnosis of pathological states and ultimately lead to the development of new treatments (see Glass, 1996). An important part of this work is the consideration of entrainment, and in particular, identifying which physiological rhythms entrain to which stimuli and under what conditions.
現代では、生物におけるリズムプロセスの本質を研究することに多くの研究が集中している。クロノバイオロジーの提唱者は、生物学的または生理学的なリズムが生命そのものに不可欠であると指摘している(Aschoff, 1979; Strogatz & Stewart, 1993; Glass, 1996)。Menakerは、少なくとも30億年前に誕生した単純な生物であるシアノバクテリアが「完全に機能する概日時計を持っている」と報告しているが、これは、生体リズムとその同調があらゆる形態の生命にとって基本であるという指摘を支持するものだろう(2002、pg. 2)。生物は「(ゆるやかに結合した)『発振器の集団』である」と特徴づける人もいるほどだ。(Pittendrigh, 1975, quoted by Warner, 1988, pg. 68-9). 現在の医学研究のかなりの部分は、人間の内因性生理的リズム(24時間周期の体温の変動など)の振る舞いや、それらのリズムの研究が病的状態の診断の道具としてどのようにさらに発展し、最終的に新しい治療法の開発につながるかに関係しています(Glass、1996年を参照)。この研究で重要なのは、同調性の検討、特に、どの生理的リズムがどのような刺激に同調し、どのような条件下で同調するかを明らかにすることである。

These studies, needless to say, reveal that the entrainment of biological rhythms is a complex subject. As we have seen, in order to model the behaviour of these systems mathematically we need to consider the entrainment of oscillators whose interactions are non-linear and potentially chaotic. That is, even if the relationship between two biological rhythms is taken to be ruled by a relatively simple mathematical equation (telling us what the outcome ought to be given a particular configuration of endogenous rhythm, entraining rhythm, and intensity of interaction), since that mathematical equation is non-linear, the output behaviour of the system can be unpredictable, or at least, predictable only when those conditions fall within a fairly narrow band. An illustration of this would be that the behaviour of our endogenous cardiac rhythm ought to be predictable when stimulated by a pacemaker, but if the period of the pacemaker were set outside a certain range, the behaviour of the cardiac rhythm would be for practical purposes unpredictable.
これらの研究から、生体リズムの同調は複雑な課題であることが明らかになったのは言うまでもない。これまで見てきたように、これらの系の挙動を数学的にモデル化するためには、非線形で潜在的にカオス的な相互作用を持つ振動子の同調を考慮する必要があるのである。つまり、2つの生体リズムの関係が比較的簡単な数式(内因性リズム、同調リズム、相互作用の強さの特定の構成が与えられたとき、結果がどうなるかを示すもの)によって支配されていると考えても、その数式は非線形なので、システムの出力動作は予測できないか、少なくとも、それらの条件がかなり狭い範囲に収まったときのみ予測可能である可能性があるのだ。例えば、ペースメーカーで刺激されたときの内因性心拍の挙動は予測できるはずだが、ペースメーカーの周期がある範囲外に設定されると、心拍の挙動は実際上予測不可能になるということである。

The relationship between entrainment, the stability of biological rhythms, and health is not easily summarised. There are many examples where relatively stable and entrained biological rhythms are associated with good health (the enhanced stability of the heart rate afforded by a pacemaker is an example of this), while asynchrony and instability of rhythmic processes can be associated with pathologies. However, the overall situation is not quite so simple. Entrainment does not necessarily imply stabilityof biological rhythms, and stability is not always associated with good health. In the case of brain waves, for example, we have a different pairing: stable brain waves may indicate a pathology (epilepsy) while unstable waves may indicate a healthy state. Indeed, a certain amount of flexibility and dynamic equilibrium seems to be associated with health in many systems, as is a degree of “noise”, or random variation in normal physiological rhythms (Glass, 1996, pg. 281). One might suppose a connection here with the well-known ‘humanising function’ in music sequencing software, where a random element is introduced: this ‘noisy’ behaviour is perceived as ‘natural’, whereas clean behaviour is perceived as ‘artificial’. Similarly, there is a link here with Keil’s theory of ‘participatory discrepancies,’ which will be discussed below (see section 5.1).
生体リズムの安定性であるエントレインメントと健康との関係は、簡単にまとめられるものではない。生体リズムが比較的安定して同調していることが健康につながる例(ペースメーカーによる心拍の安定性向上はその一例)は多く、逆にリズムの非同期性や不安定性が病的な状態につながることもある。しかし、全体的な状況はそれほど単純ではない。同調は必ずしも生体リズムの安定性を意味しないし、安定性が必ずしも健康につながるとは限らない。例えば脳波の場合、安定した脳波が病的な状態(てんかん)を示し、不安定な脳波が健康な状態を示すというように、異なる組み合わせになっています。実際、多くのシステムにおいて、ある程度の柔軟性と動的平衡は、正常な生理的リズムの「ノイズ」、すなわちランダムな変動と同様に、健康と関連しているようだ(Glass, 1996, pg. 281)。このことは、ランダムな要素が導入された音楽シーケンスソフトのよく知られた「ヒューマナイジング機能」との関連性を考えることができるかもしれません。同様に、後述するKeilの「参加型不一致」理論との関連もある(5.1節参照)。

Although we should be careful not to oversimplify, it does seem that there are some healthy and some not-so-healthy, or pathological, ways in which to be entrained. If the healthy functioning of a system requires a certain degree of entrainment, then either a lack of entrainment, a weakening of entrainment, or even an excessive strengthening of entrainment could be associated with a change to a pathological state. Pathological states involving a disruption of ‘normal’ entrainment within or between individuals include conditions such as epilepsy, Parkinson’s, and autism. Autism, to take one particularly relevant example, is clinically defined in terms of “impairments affecting social interaction, communication and creativity”: it can be associated with lack of motor coordination and co-occurs with abnormal circadian rhythms and “probably universally – a very poor intuitive sense of time” (Boucher, 2001, pg. 111). Boucher suggests that people with autism suffer from deficits in their timing systems, a finding supported by Condon’s studies of the coordination of social interactions (e.g. Condon, 1982; see below, section 3.2). Not surprisingly, then, music therapists have developed the use of rhythmic entrainment to successfully treat clients with autism (see below, section 4.3).
単純化しすぎないように注意しなければなりませんが、健康的な巻き込み方とそうでない、あるいは病的な巻き込み方があるように思います。あるシステムが健全に機能するためには、ある程度の同調が必要だとすると、同調が不足したり、同調が弱まったり、あるいは同調が過度に強まったりすると、病的な状態に変化する可能性があります。個人内または個人間の「正常な」同調性の崩壊を伴う病的状態には、てんかん、パーキンソン病、自閉症などの病態がある。特に関連性の高い例を挙げると、自閉症は臨床的に「社会的相互作用、コミュニケーション、創造性に影響を与える障害」と定義されています。運動協調性の欠如に関連し、概日リズムの異常と「おそらく普遍的に-時間の直感的感覚が非常に鈍い」(Boucher、2001、111ページ)ことが挙げられます。Boucherは、自閉症の人々がタイミングシステムの欠陥に苦しんでいることを示唆しており、この発見は、社会的相互作用の調整に関するCondonの研究(例えば、Condon, 1982; 下記、3.2節参照)により支持されるものである。そして、音楽療法士が自閉症のクライアントをうまく治療するためにリズミック・エントレインメントの使用を発展させたことは驚くことではありません(下記、セクション4.3参照)。