複雑なバリエーションが踊れないと上手なダンサーと認めてもらえないのではないかと心配されている方のために、ボールルームテクニックに掲載されているベーシックステップだけでも、これだけ綺麗で音楽的なムーブメントで踊れるという例をご紹介します。
 
ダンサーは、The Irvine Legacy (邦題ビル&ボビー・アービンのダンステクニック)の著者でありアービン夫妻の養子でもあるOliver Wessel Therhornです。
略歴を末尾に記載しました。
 

 

  1. ナチュラルスピンターン(回転の少ない)123・123
  2. リバースターン 123・123
  3. ウィスク 123
  4. シャッセフロムPP 123・123
  5. ナチュラルスピンターン(回転の少ない)123・123
  6. ダブルリバーススピン 123&
  7. オープンテレマーク 123
  8. シャッセフロムPP 123・123
  9. ナチュラルスピンターン(前半) 123
  10. ターニングロック 1&23
  11. ランニングウィーブ 1&23・123
  12. タンブルターン?
  13. ウィスク (新しいLODへ)123
  14. シャッセフロムPP 123・123
  15. ナチュラルスピンターン(前半) 123
  16. アウトサイドチェンジ エンデド イン PP
 
この後は、私の実力を越えていますので、ほかの方に解析をお願いしています(笑)。
 
Oliver Wissel Therhornの略歴
 
1986年ブリティッシュ・オープン・アマチュア・ボールルームダンス選手権優勝、同年の世界アマチュア10ダンス選手権優勝、ターンプロ後、ブリティッシュ・オープン・ライジング・スター優勝。また、ブリティッシュ・オープンのファイナル入りを果たす。
 
No tags for this post.