ISTDのホームページから引用しました。

引用先 https://www.istd.org/about-us/history/ History

The Imperial Society of Dance Teachers (as it was first known) was formed on 25th July 1904 at the Hotel Cecil in Covent Garden, London.
1904年7月25日、ロンドンのコヴェント・ガーデンにあるホテル・セシルで、インペリアル・ソサイエティ・ダンス教師協会(最初はその名前で知られていた)が結成された。

Cecil Hotel London

A council of management was formed under the presidency of Robert Morris Crompton and in 1906 the first Congress of the ISTD was held.
セシル・ホテル・ロンドンでは、ロバート・モリス・クロンプトン会長の下で経営会議が結成され、1906年には第1回ISTD会議が開催された。

These technical schools lasted eight days and were attended by forty-two members. Congresses have been held ever since, with the exception of the war years 1915–1917.
これらの技術会議は8日間続き、42人のメンバーが出席した。 1915年から1917年までの戦時中を除いて、会議はこれ以来開催されている。

In September 1907 the first issue of “Dance Journal” (now known as DANCE magazine) was published and in 1909 Major Cecil H Taylor succeeded Robert Morris Crompton as President. By 1913 the ISTD consisted of 132 members with a cash balance of £104!
1907年9月、ダンス・ジャーナル(現在はダンス・マガジンとして知られている)の第1号が出版され、1909年にはセシル・テイラー会長がロバート・モリス・クロンプトンを会長に後を託した。 1913年までにISTDは132名のメンバーで構成され、現金収支は£104であった!

The development of the ISTD was restricted during and after World War One and it wasn’t until 1924 that the foundations of the present structure of the ISTD were established by the formation of separate Branches (now Faculties). By 1930 the number of members had passed 2000. 1925 saw a change of name to “The Imperial Society of Teachers of Dancing”.
ISTDの発展は第一次世界大戦中およびその後に制限され、1924年まではISTDの現在の構造の基盤は独立した支部(現在の学部)の形成によって確立された。 1930年までに会員数は2000年に達した。1925年には「ダンス教師帝国学会」の名称が変更された。

ISTD (1920-1929)  Madge Atkinson with two of her students 

As well as the Operatic and General, new branches were formed to deal with the following techniques: Modern Ballroom Dancing; Classical; Classical Ballet Cecchetti Method; Greek Dance – Ruby Ginner Method; Natural Movement – Madge Atkinson Method. 
オペラティック・アンド・ゼネラルと同様、以下のテクニックを扱う新しい支部が形成された;モダン・ボールルーム・ダンシング; 古典ダンス; 
古典的バレエ(チェケチェの方法);グリーク・ダンス – Ruby Ginner Method;ナチュラル・ムーブメント – マッジアトキンソン法.

In 1931 the Stage Branch was formed to provide a basic training for all dance and embraced specialist stage techniques. The expansion as a result of this restructuring was immense. By 1935 membership had risen to 3000 and by 1938 reached 4000.  
1931年、舞台支部は、すべてのダンスと熟練した舞台技法の基礎的な訓練を提供するために設立された。この再編の結果としての拡大は莫大なものだった。 1935年までにメンバーシップは3000に上昇し、1938年には4000に達した。

Upon the outbreak of War, the activities of the ISTD were greatly reduced but did not cease. The Dance Journal was suspended, but a quarterly bulletin was published. Subscriptions were reduced and a smaller administrative Council appointed. Restricted examinations, Annual Congresses and General Meetings continued.
戦争の発生時には、ISTDの活動は大幅に減少したが、中止されなかった。ダンスジャーナルは中断されたが、四半期ごとの速報が公開された。購読が削減され、より小さい管理理事会が任命された。制限された試験、年次総会、総会が続いた。

ISTD (1930-1939)

In 1945 the ISTD became an Incorporated body. The special licence granted by the Board of Trade was a recognition of the ISTD’s stability. On Major Taylor’s retirement in 1945 Mr Victor Silvester became Chairman, the administrative status of President having been discontinued on incorporation. In 1953 the Grand Council of the ISTD was formed. On his retirement in 1958, Mr Cyril Beaumont became Chairman and the status of President became an honorary one, Mr Silvester being the first elected to that office.
1945年にISTDは社団法人になった。通商委員会?によって与えられた特別許可は、ISTDの安定性を認めることであった。テイラー会長が1945年に退職したとき、ビクター・シルベスター氏が会長に就任し、会長の監督権限は設立時に廃止された。 1953年にISTD大評議会が結成された。 1958年の退職後、シリル・ビューモント氏が会長に就任し、会長の地位は名誉職となった。シルベスター氏は最初にその事務局に選出された。

ISTD (1970-1979) Star Tap Awards

As the profession expanded in the post-war years, it became apparent that the teachers’ need for an authoritative and comprehensive syllabus in each technique could be best supplied by the formation of specialist branches (now called Faculties) in each form of dance, and the remaining branches of the ISTD were created: Victorian and Sequence Dance Branch, 1948; Latin American Dance Branch, 1951; Historical Dance Branch, 1952; National Dance Branch, 1952 and Scottish Country Dance Branch, 1953.
戦後の職業が拡大するにつれて、各テクニックの権威ある包括的なシラバスの必要性は、各形式のダンスの専門部署(現在は学部)を作ることによって最も良く供給されることが明らかになった。ISTDの残りの支部が作られた:Victorian and Sequence Dance 支部(1948年);ラテンアメリカダンス支部(1951年)、ヒストリカル・ダンス支部(1952年);ナショナルダンス支部(1952年)、スコティッシュ・ダンス支部(1953年)。

The Disco/Freestyle/Rock ‘n’ Roll Faculty was formed in 1990 to cater for the forms of social dance suggested by the creative freedom of popular music.
ディスコ/フリースタイル/ロックンロール学部は1990年に設立され、ポピュラーな音楽の創造的自由が示唆する社会的ダンスの形に対応した。

ISTD (1990-1999) South Asian Dance: N K Shah, George Wells

The South Asian Dance Faculty was formed in 1999, and the name changed to Classical Indian Dance Faculty in 2013. In 2002 due to the success of the Modern Theatre Faculty it was necessary to split the Faculty into two, creating the Modern Theatre Faculty and the Tap Dance Faculty.
南アジアダンス:NKシャー、ジョージウェルズ南アジアダンス学部は1999年に結成され、2013年にクラシカルインディアンダンス学部に改称された。2002年には現代演劇学部の成功のために、現代演劇学部とタップダンス学部を創設した。

Today the ISTD has more than 7,500 members in over 50 countries throughout the world and holds 250,000 examinations each year.
今日、ISTDは世界中で50カ国以上に7,500人以上の会員を持ち、毎年250,000件の試験を受けている。

To find out more about the history of the ISTD, why not take a closer look at our commemorative book 100 Years of Dance.
ISTDの歴史についてもっと知るには、100周年記念の本「ダンスの100年」を詳しく見てみませんか。