わたしが調べ物をするときに使うDance Instruction Manualsというデータベースは1490年代から1920年代の文献が登録されていますが、それを検索しても、LODないしLine of Danceという用語は見当たりません。ですから、この用語は1920年代より後に使われ始めたのではないかと思います。
1932年にVictor Silvesterが執筆したTheory and Technique of Ballroom Dancingという本のQ&AのQ12には以下のように書かれています。

 

12. Q. – What is the line of the dance?
 
A. – The direction that you take when dancing round a ballroom. Anti-clockwise.

 

反時計回りはいつごろから行われていたか?

それはそれとして、1922年に通信教育用に出版された、ダンス教本には、現在のLODのように、部屋の壁にそって反時計回りに回る図解がのっていました。
ですからその頃には反時計回りに回るやりかたになっていたということです。

 

反時計回りに回る理由

下記のサイトになぜ反時計回りに回るのか、説明がありました。
しかし、裏付けとなる文献については触れられていません。サイトに裏付けとなる文献を教えてほしいとメールを出しましたが、なしのつぶて(笑)。

 

 
ボールルームダンス独特の「クローズドホールド」はおそらく男性が剣を着用しながらダンスを踊っていた時代に、その起源を求めることができる。
The peculiar ballroom dancing “Closed Hold” possibly had its origins in the time when men wore swords while dancing.
 
たいていの男性は右利きなので、剣を右手で抜けるように剣とさやを左手側のベルトに着用するのが普通であった。右手側のベルトに着用したのでは右手で剣を抜くのは困難である。
As most men are right handed, it was conventional to wear the sword and scabbard on the left-hand side of the belt, to facilitate the drawing of the sword with the right hand. It is hard to draw a sword with the right hand with the scabbard on the right.
 
というわけで、男性が女性の背中に腕をまわす場合は、女性は男性の右側にいないといけないということになり、さもないと剣に足をとられてしまうことになる。
Thus if a man was to put his arm around a lady’s back, she would have to be on his right, or she would keep tripping over the sword.
 
 
フロアの周りを単純に前進する場合、剣がその周りの観衆の足に当たらないように男性は、サークルの内側をとることになり、そのため女性はサークルの外側、男性の右腕につかまることになるだろう。
For a simple promenade around the floor, the man would naturally take the inside of the circle, so that his sword did not hit the legs of the audience around them, and the woman would be on his right arm on the outside of the circle.
 
このためカップルは反時計回りに前進しなければならず、これがおそらくボールルームダンスがフロアを反時計回りに進行していくことになった起源であろう。
They would then have to promenade anti-clockwise which is probably the origin of the anti-clockwise progression of the ballroom dances around the floor.
 
たいていの女性は男性より背が低いので、男性の右腕が女性の左腕の上にくるのが自然だと考えられるかもしれない。
As most women are shorter than most men, it might be considered natural for the man’s right arm to be above the woman’s left.
 
(それに反して)男性の右ひじの上に女性の左ひじを乗せるのは、女性が男性の先手をとることに対して社会的に抑圧されていたころの、おそらく名残りであろう。
いわく:男性はイニシアティブをいつもとらなければならなかった
いわく:男性が申し込んで、それから女性が受けるか、断わるかした。
The resting of the lady’s left elbow on top of the man’s right elbow is probably a hangover from the days when lady’s were socially restrained from making advances to a man: the man always had to take the initiative: he offered, and the lady either accepted or rejected.
 
男性が右腕を差し出し、もし女性が受けるならその上に自分の腕を沿わせる。
He would offer his right arm for support, and if she accepted, she would lay hers on top.
 
このひじをコンタクトすることによる側面のひとつは、男性は自分の右肩を右腰の真上に保っておかなければならないということである。
One aspect of this elbow contact is that the man must keep his right shoulder over his right hip and not twist at the waist.
 
また男性は女性がゆったりできるように両肩の線より前方に右ひじを保っていなければならない。
He must also keep his right elbow in front of the line of his shoulders if the lady is to feel comfortable.
 
男性は、踊っている間、女性がもっとバランスをとれるよう、理屈からいって自分の左手を差し伸べることになる。
The man would reasonably then offer his left hand for the lady to hold for additional balance while dancing.
 
男性の左の手のひらと女性の右の手のひらを合わせるのは、上で述べたのと同じ社会的な制限にその起源を求められる。
いわく:男性が(ダンスを申し込む場合)手のひらを上に向けて差し出し、女性は(申し込みを受ける場合)自分の手のひらを下に向けて差し出す。
The facing of the palm of the man’s left hand and the lady’s right hand has its origins in the same social gender constraints as described above: the man offers his hand (palm up), and the lady accepts by putting hers on the man’s (palm down).
 
この手のひらの向きは、お互いのパートナーが、二の腕に対して手首をまっすぐに保つことができ、見た目に美しいと言う利点を持っている。
This orientation of palms has the advantage of allowing each partner to keep their wrists straight, and the hand in line with the lower arm, giving aesthetically pleasing lines.
 
(しかし)このことは男性にとって左ひじを左肩と同じ高さに保ち続け、かつ左肩を下げるという困難さをもたらすので、男性の手首を180度ひねるということが必要になる。(訳注:この180度ひねるという意味がまだわからないので、とりあえずこのままに訳しておきます)
This is hard for the man as he also has to keep his left elbow up at the same height as the shoulder, and the left shoulder down, and so it requires the maintenance of a 180 degree twist in the man’s wrist.
Thus many teachers advocate other easier but less elegant palm alignments.
 
男性がイニシアティブを取るという社会的常識はもちろんボールルームダンスにおいては通常男性が「リード」して女性が「フォロー」するという理由でもある。たとえば男性がコリオグラフィーと移動する方向に責任をもつように。
The social expectation of male initiative is of course also the reason that conventionally in ballroom dancing, the man “leads”, and the lady “follows”: i.e. the man is basically responsible for the choreography and directions of travel.
 
 
 
No tags for this post.