タンゴについて、ときどき調べていますが、今からほぼ100年前の1914年に出版されたタンゴの楽譜の中で面白い情報を見つけました。
楽譜全ページの画像を後ろに表示しています。この楽譜の2ページ目です。

 

概要は以下の通りです。
 
「Nacion」と、「Intermediaire des Chercheurs」によると、タンゴはスペインやアルゼンチンからではなくてアジアからきた。
タンゴはインドシナ半島のTang-hoと呼ばれていたある地方で、ほとんど原始的な楽器の演奏に合わせて踊られていた。
タンゴはジプシー達によってスペインに持ち込まれ、後にアルゼンチンに持ち込まれ、アルゼンチンのダンスとして作り直された。

 

tama注
 Nacionはスペインの雑誌らしい。英語に訳すとNation。
 Intermediaire des Chercheursはフランス語の雑誌らしい。英語に訳すとIntermediate Reseachers。
     

出所 メイン州立大学デジタル・コモンズ
PARLOR SALON SHEET MUSIC COLLECTION

 
 
原文

Where Did The Tango Originate?
A Timely Question.

According to the “Nacion”, the “Intermediaire des Chercheurs” the Tango came from Asia, and did not come from Spain or Argentine. It originated in a Province in Indo China, called Tang-ho in which province it was danced accompanied by most primitive instruments.

Gypsies brought the Tango to Spain and later to Argentine where it was remodelled and made a national dance before it became a dance universal. Society ladies and others are dancing this dance with the enthusiasm characteristic of a new fashion, but the Tango is over 500 years old.
 
Gypsies danced this dance in olden times on all country roads all over Europe. This old dance has not been forgotten in Argentine. A correspondent of the “Nacion” states that the Tango was danced by Gypsies on Georges day near Buenos Aires in honor of King George of Greece, whose subjects they believed they were. A Spanish- American dictionary takes away all doubt; the word “Tango” is explained to stand for: a meeting, dance of Gypsies.