アイルランドのバイオリニストと、ノルウェーのピアニストのデュオ、Secret Gardenによる、ミリオンセラーとなったファーストアルバム”Songs from a Secret Garden” のなかの一曲、”Song from a Secret Garden”をお聞きください。この動画のナレーションは、デュオのピアニストのRolf Lovlandの詩です。曲想と、詩、そして動画が素晴らしいので、皆さんにもおすそ分けを^^ 文末に拙訳をつけておきました。

 Song from a Secret Garden

Imagine.

想像してごらん

Our planet floating silently in space.

われわれの青い地球が宇宙の静寂のなかにぽっかりと浮かんでいるのを...

Around it, a white dove flies, forever circling.

その周りを、純白の鳩が一羽、永遠(とわ)に巡って行く

Every one hundred years, the dove’s wing gently touches the face of the earth.
百年ごとに、その鳩の羽が大地の面(おもて)にやさしく触れる
The time it would take for the feathered wing to wear this planet down to nothing eternity.

その羽毛に包まれた羽がこの星を磨りへらして無にする無窮の時

Within eternity time passes.

無窮の時のなかで時間が過ぎていく

Within time there is change.

時間の中に変化が存在する

Soon the wing of the white dove will touch our world again.

時を経ずして、その純白の鳩の羽が再びわれわれの世界に触れる

The dawn of a new century.

新しい百年の夜明け

Time for a new beginning.
新しい始まりのための時……..
No tags for this post.