曲名は Sometimes When It Rains です。
 
ある女性のご要望にお応えして、後のほうに拙訳をつけておきます。
 
 
 
For Aris, who has been so special to me
アリス、かけがえのないあなたへ捧ぐ
 
 
Sometimes When It Rains
 
Have I Really Lost You?
僕は君を本当に失ってしまったんだろうか
Have I really lost you?
僕は君を本当に失ってしまったんだろうか...

 

Are you no longer mine
君はもう僕のものじゃないんだね

 

Are happy moments together now a thing of the past
一緒に過ごした日々はもう過去の思い出

 

Were our promises not meant to last..
僕らがかわした約束はいつまでも続くはずじゃなかったの?

 

Have I really lost you?
僕は君を本当に失ってしまったんだろうか...

 

Am I no longer yours
もう僕は君の相手じゃないんだね

 

Do you no longer care
君はもう僕のことなど気にかけちゃいないのだろうか

 

And have forgotten the dreams that we did share.
そしてぼくらが一緒に見た夢も忘れてしまって...

 

Have I really lost you?
僕は君を本当に失ってしまったんだろうか...

 

Don’t we belong to each other now
いまはもうお互いをつなぐ糸は切れてしまった。そうだよね...

 

I still miss the moments I held you in my arms
僕は今でも君をこの両腕で抱きしめた日々のことを思い出さずにはいられない

 

Which I thought would never ever end.
その時僕はこれがいつかは終わる日が来るだろうなんて思ってもみなかった

 

Do the clouds in the sky forever lose the water that it once held
大空の雲は一度自分の中にためた水滴をいつまでも吐き出し続ける

 

At the moment the rains pour and quench the dry ground beneath
そのとき、雨は降り注ぎ、眼下の乾いた土地を潤す

 

And nourish the flowers and the trees?
そして花々や木々に栄養を与える

 

Doesn’t the rainbow come after the rain?
雨が降った後には虹が出るはずだよね

 

And the water goes back to where it used to be
そして水滴は、元いたところに戻っていく

 

And runs to unite with the rivers and the sea
そしてせせらぎとなってついには川や海と一緒になる

 

And there wait for the time to ascend to the cloud’s embrace again
そしてそこで、再び雲の懐に抱かれるために大空へ登っていく時を待っている。
When autumn peeks after summer
夏が終わり秋の訪れを垣間見せる

 

When it brings forth the rainbow-colored leaves
秋が虹色の木の葉をもたらし

 

And in time casts them to the ground
時が来ると木の葉を地面に散り敷く

 

Are the trees dead, worn and useless?
木々たちは枯れ、丸裸になり、そして用済みになるのだろうか?

 

Won’t spring come back again
春がふたたびもどってはこないことなんてあるはずがない

 

And the seemingly dead trees be restored
枯れたように見える木々は息を吹き返し

 

To their former lush and splendor
また以前と同じ青々とした豊かな枝ぶりを取り戻し

 

Crowned with the budding leaves that were here before.
元のように芽を出し、若葉で飾られる

 

Have I really lost you?
僕は君を本当に失ってしまったんだろうか...

 

No, I don’t believe that I’ve lost you
いいや、僕はもう君を失ってしまったなどと信じはしない

 

As I have fully realized
だって僕は本当に悟ったんだ

 

That I could not lose something I didn’t own
自分のものじゃなかった何かを失うなんてことは出来ないということを

 

And that no person can own another person…
そして、人が他の人を自分のものにすることも

 

Now it’s getting clearer to me
いまはだんだん明らかになってきたように思える

 

That I haven’t lost you at all
僕が君を失ってしまったりはしていないということを

 

‘Cause I didn’t own you
だって君がぼくのものだったことはかつてなかったんだもの

 

I just have loved you…
僕はただ君を愛してる...
 
 
 
No tags for this post.