“Legends of the Fall” は、1979年に書かれた同名の小説をもとにした映画のなかの曲です。
 
ワルツ用には編曲したものがよく使われていると思います。
 
この詩が、この曲の歌詞なのかどうかわかりませんが、いい詩なので拙訳をつけてみました。
 
 
Legends of the Fall
 
…You say love is the most precious thing in the world…
...君は、「愛は世界でもっとも貴重なものだ」と言う...

Why, then, does it seem to cause you the most grief…
それなら、なぜ愛がもっとも深い悲しみを君にもたらすように見えるのだろうか...

You always seem to give your love to people who will hurt you the most…
君は、いつも、自分を最も傷つけようとする人々に、愛をささげているように思える...

You are left crying yourself to sleep…
君は、きまって、一人残され、泣きながら、そして眠りにつく...

…Night after night…
...来る夜も来る夜も...

Hoping and praying that a certain person will rescue you…
誰かが、必ず君を救い出してくれることを、期待し祈りつつ...

…From all the misery and pain that surrounds your life…
...君の世界を取り巻く悲惨さや痛みすべてから救い出してくれることを...

…So that they could show you…
...その人が君に教えてくれるように...

…That there is someone out there who can truly love you…
...その人が君に、君を本当に愛してくれる誰かが外の世界にいるということを教えてくれるように...
…This person would want you for you…
...その誰かは、君を想って、君を求めてくれるはず...

…Not what you could offer them or give them…
...君がその人に与えることのできる何かのためでなく...

You spend your days picturing what they would look like…
君はその人がどんな姿をしているかを日がな一日思い描いている

…What their laugh sounds like…
・・・そしてその人の笑い声がどのように聞こえるのか

…But all you have to do is open your eyes…
...しかし君がしなくちゃならないことは、しっかりと現実を見つめること...

I have been here the whole time…
わたしは最初からずっと君のそばにいた...

I was here for all the good and bad times…
いいときも悪いときもずっとここにいた...

…And for the longest time…
...そして長い時の間...

I have stood and watched…
私はじっと立ち、君を見つめてきた...

As you throw all your love away…
君が君の愛をすべて投げ捨ててしまうのを...

…On people who just didn’t want it or deserve it…
その愛を欲しがってもいなかった奴やその愛に相応しくない相手に...

It wasn’t my place to say anything…
何かを忠告するなどと言うのは私の役どころじゃなかった...

But I’m tired of seeing you get hurt…
でも君が傷つくのを見ていることに疲れ果てた...

…Now I’m saying something…
...でも今、ちょっとだけ言わせてほしい...

I just hope I’m not too late…
それを言うのが遅すぎてはいないということを、ただ期待するだけ...

…And all your love is used up…
...そして、君の愛がすべて使い尽くされてはいないことを...
 
(Visited 1 times, 1 visits today)