グーグル翻訳中

 

出所 How to Read a Dance Manual 

ダンス・マニュアルの重要性

The Importance of Dance Manuals

Il ballarino. Published 1581.
Page Image Viewer | Bibliographic Information

 

This Special Presentation is divided into three sections. The first section describes the importance of instructional books about dance, especially in eras before the advent of photography, film, or video. The second section provides information on just what we learn from studying these books; the third and fourth sections focus on recreating the steps of the pavane, a dance from Thoinot Arbeau’s 1589 dance treatise, Orchésographie. Video examples are available as tools to supplement the text.
この特別プレゼンテーションは3つのセクションに分かれています。 最初のセクションでは、特に写真、映画、ビデオの登場前の時代におけるダンスに関する教科書の重要性について説明します。 2番目のセクションでは、これらの書籍の勉強から学んだことだけを紹介します。 第3セクションと第4セクションでは、Thoinot Arbeauの1589年のダンス論文Orchésographieからのダンスpavane(パヴァーヌ)のステップを再現することに焦点を当てています。 ビデオの例は、テキストを補うためのツールとして利用できます。
During much of the twentieth century, social dances have been characterized by individualism and personal expression. Social dancers began the century by hugging and hopping through dances such as the Grizzly Bear and Turkey Trot–dances that certainly did not need a dance instructor, just a little imagination. In many cases, the popular steps and dances of the last decades of this century have evolved so quickly that many became trendy without even having names. Dance teachers, “how to” books, or teaching videos are not needed to learn Voguing, Whacking, Slam Dancing, hip-hop, or the Macarena. Information on today’s dance steps, performance style, and fashionable clothing to be worn while dancing is transmitted by television (especially MTV) and movies, and through magazines that are flashed all over the world.
20世紀の多くの期間において、ソーシャル・ダンスは個人主義と個人的表現によって特徴づけられてきました。 ソーシャル・ダンサーは、ちょっとした想像力があればダンス・インストラクターなど必要のない、グリズリーベアやターキートロットダンスなどのダンスを通して、ハグしたりホップしたりすることで、この世紀を始めました。多くの場合、この世紀の過去数十年間の人気のあるステップやダンスは非常に早く進化しており、その多くは名前を付けなくてもトレンディーになっています。 ヴォーグ、ハング、スラムダンス、ヒップホップ、マカレナを学ぶためには、ダンスの教師、ハウツー本やビデオは必要ありません。最新のダンス・ステップ、パフォーマンス・スタイル、ダンスしている間のファッショナブルな服装に関する情報は、テレビ(特にMTV)や映画、世界各地で流行している雑誌を通じて伝えられます。

However, before the advent of modern technology, anyone wishing to learn the latest dances was dependent on one of two things: a local dancing teacher or a book that detailed instructions. From the early Renaissance to the 1920s, aspiring social dancers could purchase books that described dances in words, often supplemented by drawings. Frequently, dance instructors (also known as dancing masters) published their own books to aid their students (as well as supplement their income). The Italian Renaissance dancing master, Fabritio Caroso used words to describe a large number of steps and dances. Each dance is preceded by an illustration showing the starting position of the dance. (See Caroso’s 1581 manual, Il ballarino.)
しかし、現代のテクニックが出現する前は、最新のダンスを学びたい人は、地元のダンスの先生や詳細な指示が書かれた本のいずれかに依存していました。 ルネッサンス時代から1920年代にかけては、ソーシャルダンサーを志望する人は、ダンスを言葉で表現した書籍を購入することができました。 頻繁に、ダンスインストラクター(ダンスマスターとも呼ばれる)は、教え子の援助(および所得を補うため)のために自分の本を出版しました。 イタリアのルネサンス時代のダンスマスター、ファブリティオ・カローは、多くのステップとダンスを表現する言葉を使用しました。 各ダンスの前に、ダンスの開始位置を示すイラストが表示されます。 (Carosoの1581年のマニュアル、Il ballarinoを参照してください。)

One of the most important developments in the transmission of social dance was the creation of various notation systems that represented specific steps and step patterns of dances. The first attempt at a dance notation system appeared in Italy during the late-fifteenth century (The c.1490 manual, Les basses danses de Marguerite d’Austriche). Later, in 1700, a French dance teacher, Raoul-Auger Feuillet, published a notation system that is used even today to recreate Baroque social and theatrical dances. (The Royall Gailliarde, which is preserved in Feuillet notation, shows the first figure from an eighteenth-century couple dance.) In addition, the advent of photography meant that photographs could supplement text and many late-nineteenth-century instructors, such as M. B. Gilbert, took advantage of the new technology (see Gilbert’s Round dancing).
ソーシャルダンスの伝達における最も重要な発展の1つは、特定のステップとダンスのステップパターンを表現する様々な表記システムの作成でした。 ダンス表記システムの最初の試みは、15世紀後半にイタリアで登場しました(c.1490マニュアル、Les basses danses de Marguerite d’Austriche)。 その後、1700年に、フランスのダンス教師であるRaoul-Auger Feuilletが、バロックの社会劇や演劇舞踊を再現するために今日でも使用されている表記システムを発表しました。 (Feuillet表記で保存されているRoyall Gailliardeでは、18世紀のカップルダンスの第1フィガーを示しています)。さらに、写真技術の登場は、写真がテキストを補うことを意味し、19世紀後半の多くの教師 、たとえばM.B.ギルバートのような教師たちは、新技術を利用しました(ギルバートの Round dancingを参照)。

なぜ我々はダンス・マニュアルに注目するのか

Why We Look at Dance Manuals

Round dancing. Published c1890.
Page Image Viewer | Bibliographic Information

 

Dance manuals can tell us important things about how people lived in past eras. For example, the illustrations and, later, photographs not only illuminate how people dressed, but demonstrate body carriage. These books highlight the importance of knowing the most fashionable dances and detail grand balls, private gatherings, and other social events that included dance, thus describing the importance of dance (or lack of) in any particular era, as well as how to appropriately spend leisure time. In addition, each era has codified rules of etiquette, specific gender roles, as well as codes regarding acceptable behavior toward one’s partner while dancing. Dance manuals are an excellent source for this type of information. And, of course, the manuals detail the steps and dances–in many cases, dances that were popular before the advent of photographs or film. Many manuals also contain music to accompany the dances. All of this information is helpful to anybody who wishes to recreate (often called “reconstruct”) dances of the past or to better understand the evolution of popular social dance.
ダンスのマニュアルは、人々が過去の時代にどのように生きていたかについての重要なことを私たちに伝えることができます。例えば、イラストやそれ以降の写真は、人々の服装の様子を照らし出すだけでなく、ボディの動かしかたを実際に演ずることができます。これらの本は、最もファッショナブルな舞踊を知ることの重要性を強調し、大舞踏会、プライベートな集まり、およびダンスを含むその他の社会的活動を詳述し、したがって特定の時代におけるダンス(または不足)、余暇を適切に過ごす方法などが含まれます。さらに、各時代における、エチケット、男女の役割、踊っている間のパートナーに対してなにが容認される行動なのかに関するルールがまとめられています。ダンスのマニュアルは、この種の情報の優れた情報源です。そして、もちろん、マニュアルには、多くの場合、写真や映画の登場前に人気があった舞踏会やダンスが詳しく説明されています。多くのマニュアルには、ダンスに付随する音楽も含まれています。この情報はすべて、過去の舞踊を再現(しばしば「再構成」と呼ばれる)したり、人気のある社会的舞踊の進化をよりよく理解したりするのに役立ちます。

ダンスを再構築する方法

How to Reconstruct a Dance

Let’s examine the pavane (Eng. pavan), a dance from a French manual that was published in 1588. Written as a dialogue between a teacher, Arbeau, and his student, Cabriol, Thoinot Arbeau’s Orchésographie not only gives instructions for many late Renaissance French social dances, but also provides valuable clues about the style of the dances. The author declares that the pavane is a processional dance and frequently used to open a ball. Ladies and Gentlemen, dressed in their finest ball clothes, would process as partners in a line around the ballroom. Hints about the style of the pavane can be observed in the following translations from the text, “Our musicians play it [the pavane] when a maiden of good family is taken to Holy Church to be married or when they lead a procession of the chaplains, masters and brethren of some notable confraternity.” The following provides more information on the style as well as the gentleman’s clothes. “A cavalier may dance the pavan wearing his cloak and sword, and others…dressed in your long gowns, walking with decorum and measured gravity. And the damsels with demure mien, their eyes lowered save to cast an occasional glance of virginal modesty at the onlookers.”
1588年に出版されたフランス語のマニュアルのダンスであるpavane(Eng。pavan)を調べてみましょう。教師Arbeauと彼の学生Cabriolとの対話として書かれたThoinot ArbeauのOrchésieは、多くの後期ルネサンスフランス語社会的な舞踊に加えて、ダンスのスタイルについての貴重な手がかりを提供します。作者は、パヴァンが行列のダンスであり、頻繁にボールを開くために使用されると宣言しています。最高級のボール服を着た紳士と紳士は、ボールルームの周りにパートナーとして参加します。パヴァーヌのスタイルについてのヒントは、次のテキストの翻訳から見ることができます。「私たちのミュージシャンは、良い家族の乙女が結婚するために聖なる教会に連れて行かれるとき、または牧師の行列を導くときにそれを演じる、マスターズといくつかの著名な共謀の兄弟。以下は、紳士の服と同様にスタイルについての情報を提供します。あなたの長いガウンに身を包んで、礼拝堂と重力を使って歩いているパバンを踊るかもしれません。そして、彼らの目は、時には卑劣な膣の謙虚さ見物人たちに。

From these quotations by Arbeau, one would appropriately assume that the pavane was a dignified dance. At the same time, however, we must not forget that the pavane did open the merry festivities of a ball and, while the dancers were appropriately dignified, they were also animatedóglancing about to see who else was at the ball, or what others were wearing.
Arbeauによるこれらの引用から、パヴァンは堂々としたダンスであると適切に想定されるだろう。 しかし同時に、パヴァーネがボールのメリーの祭典を開いたことを忘れてはなりません。また、ダンサーが適切に威厳を保たれている間に、彼らは他の誰がボールにいるか、 。

Looking at Descriptions of Steps

Arbeau states that the pavane is danced in duple meter with two steps: simples (single steps) and doubles (double steps). Further, he notes that the sequence of steps, known as choreography, consists of “two simples and one double forward and two simples and one double backward.” Arbeau describes the simple as “one step forward with the left foot for the first bar, then bring the right foot up beside the left for the second bar.” The second simple would proceed in the same manner on the right foot.
Arbeauは、パヴァンは、シンプル(シングルステップ)とダブル(ダブルステップ)の2つのステップでデュープルメーターで踊ると述べています。 さらに、振り付けと呼ばれる一連のステップは、「2つのシンプルと1つのダブルフォワードと2つのシンプルと1つのダブルバックワード」で構成されています。 Arbeauはシンプルなことを「第1のバーの左足で前方へ1歩進んだ後、第2のバーの左手の右足を上に持っていく」と説明しています。 2番目のシンプルは同じ方法で右足を進めます。

  • 1st bar (two counts) Step forward with the left foot
  • 2nd bar (two counts) Close the right foot next to the left, but do not put weight on the right foot, thus completing one simple step;
  • 3rd and 4th bars (four counts) Perform the second simple beginning with the right foot.

The double step takes four bars.

  • 1st bar (2 counts) Step forward with the left foot;
  • 2nd bar (2 counts) Step forward with the right foot;
  • 3rd bar (2 counts) Step forward with the left foot;
  • 4th bar (2 counts) Place the right foot beside the left with the heels together.

(See Video Clip 36 for a performance of two simples and one double forward.) Arbeau notes that the simple and double steps can also be performed while moving backward. (See Video Clip 37 for a performance of two simples and one double backward.)
(2シンプルと1つのダブルフォワードのパフォーマンスについては、ビデオクリップ36を参照してください。)アルボーは、シンプルなステップとダブルステップは、後方に移動しながら実行できることに注意しています。 (2つのシンプルと1つのダブルバックのパフォーマンスについては、ビデオクリップ37を参照してください)。

Orchesographie. Published 1589.
Page Image Viewer | Bibliographic Information

If the dancers find themselves near the end of the room and do not wish to move backward, Arbeau suggests a conversion. In doing so, the dancers turn around to face the opposite direction while dancing the double. The gentleman moves backward with small steps while the lady advances around the gentleman until they face the opposite direction from which they started. Arbeau also notes that the conversion is preferred to dancing backward because it is easier for the lady to see where she is going. Arbeau warns the gentleman that “if she were to meet with some hindrance while moving backwards she might fall, a mishap for which you would receive the blame and suffer a rapid decline in her good graces.” (See Video Clip 38 for a performance of the conversion.) Repeating two simples and one double forward and two simples and one double backward, over and over, as suggested by Arbeau, would not move the dancers very far along the line of direction. We can assume that other patterns of steps were performed because Arbeau himself states that the dancers should “circle the hall two or three times.”
ダンサーが部屋の終わり近くにいるのを見つけて、後方に移動したくない場合、アルベーは変換を提案します。そうすることで、ダンサーはダブルを踊っている間に反対方向に向くように回ります。紳士は小さなステップで後退し、紳士は紳士の周りを前進し、反対方向に向かいます。 Arbeauはまた、彼女がどこに行くのかを女性が見やすくするために、変換が後方に向かって踊ることよりも好ましいことに気づいています。アルボーは紳士に「もし彼女が背後に動いている間に何らかの障害に会うならば、彼女は落ちるかもしれないが、あなたが責任を受け、彼女の優雅な恵みが急速に落ちるような事故」を警告する。 Arbeauの示唆しているように、2つのシンプルと1つのダブルフォワードと2つのシンプルと1つのダブルを逆に繰り返しても、ダンサーを方向の線に沿って非常に遠くに移動させることはできません。 Arbeau自身が、ダンサーたちが「2〜3回会場を回らなければならない」と述べているため、他のパターンのステップが実行されたと推測できます。

Arbeau’s text is enhanced with charming line drawings. (See révérence, also known as bow and curtsy.) The révérence was an important component of all Renaissance dances and was performed at the beginning of each dance, including the pavane. (See Video Clip 53 for a demonstration of a révérence.)
Arbeauのテキストは魅力的な線画で強化されています。 (レヴェンス、弓とカーツィーとも呼ばれています)レヴェーレンスは、ルネッサンスのすべての舞踊の重要な要素であり、パヴァネを含む各ダンスの冒頭で演奏されました。 (レヴェリオンのデモンストレーションについては、ビデオクリップ53を参照してください。)

Arbeau states that pavanes were played on musical instruments known as hautbois (also known as the shawm, a loud double-reed woodwind instrument that was eventually replaced by the oboe) and sackbuts (an early version of the trombone). Music for the pavane is given in the form of a song “Belle qui tiens ma vie” (“Fair one, who holds my heart”) and Arbeau provides a four-part version with accompanying drum rhythm. (See a modern score of Arbeau’s music for the pavane.)
Arbeauは、hautbois(shawm、オーボエに置き換えられる大音量のダブルリード・ウッドウインド・インストゥルメントとも呼ばれる)やサックバック(トロンボーンの初期バージョン)として知られる楽器でパヴァーヌが演奏されたと述べています。 パヴァンのための音楽は、 “Belle qui tiens ma vie”( “私の心を保持する公正な人”)という形で与えられ、Arbeauはドラムリズムを伴った4パートバージョンを提供します。

See Video Clip 39 for a demonstration of the following pavane choreography:
(パヴァンのArbeauの音楽の近代的なスコアを参照してください。)

simples and one double forward 
simples and one double forward 
simples and one double backward 
Conversion 
simples and one double forward 
Conversion 
simples and one double forward
simples and one double forward

Although the pavane was not often performed after 1600, a new dance, called the Grand March or Polonaise, was performed throughout the nineteenth century. Danced by lines of couples as an opening to a ball–just like the pavane–the Grand March only required normal walking steps. Instead, emphasis was placed on a great variety of spatial patterns that were described in many nineteenth-century dance manuals. (See Video Clip 1 for a performance of several figures from the late nineteenth-century Grand March.)
パヴァーヌは1600年以降頻繁に演奏されませんでしたが、Grand MarchやPolonaiseと呼ばれる新しいダンスが19世紀を通じて行われました。 パヴァーヌのようにボールの開口部としてカップルのラインで踊った – グランド・マーチは通常の歩行ステップを必要としました。 その代わりに、19世紀の多くのダンス・マニュアルに記述されている、非常に多様な空間パターンに重点が置かれました。 (19世紀後半のグランドマーチからのいくつかの実績については、ビデオクリップ1を参照してください。)

Neither the pavane nor the Grand March is performed today. However, strange as it may seem, traces of the ancient pavaneare still an important part of our lives. Students often perform the simple step as they process at graduations, as do brides and bridesmaids as they “march” down the aisle.
パヴァーヌもグランド・マーチも今日は行なわれません。 しかし、奇妙に見えるかもしれませんが、古代パヴァネアの痕跡はまだ私たちの生活の重要な部分です。 学生はしばしば、卒業時に簡単なステップを実行し、ブライドメイドやブライドメイドも通路を通って「行進」します。

(See the full French text of Arbeau’s Orchésographie.)

Modern score of Arbeau’s music for the pavane

 

No tags for this post.