Ballroom Dancing(第4版、1939年出版)は、I STD (Imperial Society of Teachers of Dancing)のボールルーム部技術委員会を長年リードしてきたアレックス・ムーアの著作です。

これまで日本でバイブル的に扱われてきたボールルーム・ダンス・テクニックの原著であるThe Ballroom Techniqueは、このボールルーム部技術委員会によりまとめられたテクニック・ブックです。ただ、この原著は、主としてダンス教師試験合格を目指すダンサーを対象にしていたために、かれらがすでに理解している個所、たとえば足型図がついていなかったり、用語の説明が簡略化されたり削除されたりしていました。また翻訳が適切でなかったため意味が不明瞭な個所もあります。

この本は、それらの用語を丁寧に説明しているだけでなく、すべてのフィガーに対して足型図とボルテク同様の説明をつけているために、初心者でもわかりやすく、熟練者にも参考になるものになっていました。

なお、SECTION Iから以降はワルツなど個々の種目についての解説やフィガーごとの足型図が掲載されていますが、すべてを引用するわけには行きません。足型図に関しては、ボールルーム・ダンス・テクニックの章立てと一対一対応するようにまとめられたDAN-NAVIという優れた書籍が販売されていますので、そちらをお薦めします。DAN-NAVIはアレックス・ムーアのスタジオの教師でもあり、The Ballroom Techniqueの編集委員だったエリザベス・ロメインの監修を受けています。

 

目次

Ballroom Dancing by Alex Moore

序文 (Philip Richardson)

FOREWORD

BY PHILIP J. S. RICHARDSON
(Editor of “The Dancing Times”)

ALEX MOORE’S name is so well known in the dancing world to-day, not only in this country but also abroad, that any introduction from me is really superfluous, but, having been invited to write a few words, I may say that I do so with great pleasure.
アレックス・ムーア氏の名前は、いまや、この国だけでなく海外でもダンスの世界ではよく知られていますので、私からの紹介は余計ではありますが、すこしだけ言葉を添えるように勧められたことはとても大きな喜びです。

I have known him for a number of years and one of my first recollections of him is his success, with his sister, in the big “Blues” competition at Princes Galleries in 1923, and when for three years the World’s Championships were held in London, I seem to remember that he was generally “close up” in the professional section.
私は彼とは何年もの間、知己の間柄なのですが、彼に関する最初の思い出の一つは、1923年のプリンセスギャラリーでの大規模な “ブルース”大会での彼の妹と彼の成功であり、また、3年間ロンドンで開催された世界選手権において、彼がプロ部門では広く「クローズアップ」のまとだったことを覚えています。

From this it will be gathered that he was a first-class dancer even in those days, and his present-day demonstrations with Miss Pat Kilpatrick are always an attraction. Nevertheless, I think that it is as a teacher that he excels. He has a keen analytical mind and, though a staunch believer in the modern technique as laid down by the leading authorities, does not hesitate, as will be seen in several instances in the following pages, to point out cases in which he considers this to be at fault.
このことから、彼は当時でも一流のダンサーであり、現在でも、Pat Kilpatrick嬢とのデモは常に魅力的で有り続けています。 それはそれとして、彼は優れた教師でもあると私は考えています。 彼は鋭い分析心を持っていますし、先駆的な権威者達によって定められた現在のダンス技術の忠実な信奉者ですが、この後のページのいくつかの例に見られるように、間違っていると考えられるケースを指摘することに躊躇することはしません。

Mr. Moore has had considerable teaching and lecturing experience both at home and in Norway, Denmark, Holland, and South Africa, and is well able to realize and appreciate the difficulties which confront the beginner.
ムーア氏は、国内でも、ノルウェー、デンマーク、オランダ、南アフリカでも多くの教育と講義経験を持ち、初心者が直面する困難を実感して理解することができます。

I am sure that the following pages will prove of great assistance not only to the absolute beginner, but also to the more advanced dancer who wishes to reach the “competition” standard, and to the student preparing for examinations.
この後のページはまったくの初心者だけでなく、「競技ダンス」の基準に到達したいと望んでいる、より高度なダンサー、そして試験の準備をしている受験生にとっても大きな助けになると確信しています。

 

第4版への序文 (Alex Moore)

PREFACE TO THE FOURTH EDITION

SINCE the third edition of this book was published many alterations to the technique of ballroom dancing have been made. A number of the popular, and previously unnamed, variations have now been standardized, and included in the syllabi of the leading Teachers’ Societies. These have been dealt with in detail in this edition.
この本の第3版が出版されて以来、ボールルームのダンスの技術に多くの変更が行われています。 以前は名前がつけられていなくても多くの人気を獲得しているバリエーションが標準化され、主要な教師協会のシラバスにも含まれています。 これらは、この版で詳しく扱われています。

The standardization of these variations is of vital importance to the student and teacher since these figures are now included in examinations.
これらのバリエーションの標準化は、受験生や教師にとって非常に重要です。これらのフィガーがいまや試験に含まれているからです。

The keen amateur dancer will benefit considerably. The confusion that has arisen owing to different variations being taught and danced in various parts of the country and abroad should now disappear, and dancers meeting for the first time will not have to confine themselves to purely basic figures.
熱心なアマチュアダンサーはかなり得られるものがあるでしょう。 国内外のいろいろな地域で教えられ踊られている異なったバリエーションのせいで引き起こされている混乱がなくなり、初めて出会ったダンサーたちが単純な基本フィガーに縛られる必要はなくなります。

Old Time and Novelty Dances are still very popular and the sections devoted to these have been retained.
オールドタイムとノベルティダンスは依然として非常に人気があり、これらに捧げられたセクションは残されています。

ALEX MOORE

June, 1939

第1版への序文 (Alex Moore)

PREFACE TO THE FIRST EDITION

WHEN I was invited to undertake this work two difficulties became apparent to me: one, the feasibility of presenting to both amateurs and students something sufficiently comprehensive within the limits of a book of restricted length; and the other, the possibility of ensuring that the work was prepared in such a form and in such a sufficiently interesting manner to satisfy oneself that it could be assimilated by all classes of dancers. The introduction of a new form of Dance Chart may prove of assistance to amateurs in learning the various figures more speedily, but it is sincerely hoped that the keen amateur will regard the book as something more than a means of acquiring a knowledge of steps and variations. It is also to be hoped that no student will be foolish enough to be gulled into the belief that a parrot’s knowledge of its contents will be sufficient to satisfy an astute examiner.
私がこの仕事を引き受けるように請われたとき、私には2つの困難が明らかになりました:一つは、制限された長さの本の範囲内でアマチュアと受験生の両方に十分で包括的な何かを提示するということが実現できるかどうかです。 もう一つは、すべてのクラスのダンサーがそれらを吸収できたと満足するような形で、かつ十分に興味を持ってもらえる方法でその仕事を終えることが間違いなくできるかどうかということです。ダンスチャートという新しいフォームの導入は、素早くさまざまなフィガーを学ぶアマチュアの助けになるということを証明するかもしれませんが、熱心なアマチュアがこの本を単なるステップやバリエーションの知識を得る手段以上のものとみなすことを心から期待しています 。 オウム返し程度の知識で、明敏な試験官を満足させるのに十分であるという考えに惑わされるほど、愚かな受験生はいないはずです。

If I have succeeded in producing something which will aid the pupil in the study of Ballroom Dancing and create a desire to strive to appreciate the art, I am amply repaid.
もし、私がボールルームダンスの研究で受験生を手助けできるものを作り、この芸術を評価しようとする熱望を作り出すことに成功したら、私は十分に報われることになります。

It may be that some of my views may not meet with universal approval, but they are given in the conscientious belief that they will assist towards a truer interpretation of the Dance, and its recognition as the finest of indoor recreations.
私の見解の中には普遍的な承認を得られないものがあるかもしれませんが、ダンスのより真実に近い解釈、そしてインドア・レクリエーションの最も優れたものとして認められることに役立つであろうということを念頭においています。

In suggesting slight deviations from the recognized standard technique of Ballroom Dancing, I in no way wish to dissent markedly from the views of my fellow members of the Ballroom Committee of the Imperial Society of Teachers of Dancing, who have done so much to raise the standard of dancing in this country.
ボールルームダンスについて認められた標準的技法からわずかにずれていることを示唆してはいますが、私はこの国のダンスの基準を向上させるために多大な努力をしているISTDのボールルーム委員会の仲間の見地から著しく違うことをいうつもりはまったくありません。

My grateful thanks are extended to my partner, Miss Kilpatrick, for the assistance which she has so freely given to me during the course of the preparation of this book, and to my friend and pupil Mr. Edward Youel for his generous help with the Charts.
私のパートナー、ミス・キルパトリックに対して、この本の準備の過程で、私に与えてくれた彼女の援助と、チャートの作成でおしみなく助けてくれた私の友人であり生徒のエドワード・ユエルに感謝します。

ALEX MOORE

KINGSTON-ON-THAMES

September, 1936

 

導入セクション

INTRODUCTORY SECTION

PERHAPS the most significant point regarding the progress of Modern Ballroom Dancing can be found in the way in which it has achieved international prominence in such a short space of time. It is but a few years ago that the English dancing public made the great change from the sequence and set dances, and engaged themselves in the turmoil of what was then termed “Jazz.” Naturally enough, chaos existed for a number of years, but the standardization of a few basic steps a little over ten years ago, and the gradual clarification of the technique governing them, have resulted in tremendous progress being made, until, to-day, the English style of Ballroom Dancing stands pre-eminent throughout the world.
現代のボールルームダンスの進歩に関する最も重要なポイントは、あのような短い時間で国際的な隆盛を達成した方法に見出すことができるかもしれません。 しかし、英国のダンス界が、シーケンスを大きく変え、ダンスを定め、「ジャズ」と呼ばれるものの混乱に巻き込まれたのはつい数年前のことです。当然のことながら、その大混乱は何年も存在しましたが、 10年以上前の、いくつかの基本的なステップの標準化とそれを支える技術の漸進的な明確化は今日までに大胆な進歩を遂げ、英国スタイルのボールルームダンスが世界中で優位な立場に立っています。

This international interest, achieved without very much publicity, is the natural result of the recognition of English Ballroom Dancing as the greatest indoor sport and recreation the world has ever known. As a competitive sport it has already aroused the interest of practically every country in the world, with the exception of America. Australia, New Zealand, Japan and South Africa, to mention but four countries, have long been holding their national championships, and the standard of dancing is sufficiently high to challenge our best English dancers. Of the European countries, perhaps Denmark and Germany are the most advanced, but Norway, with the natural skill and grace acquired from familiarity with the ski, Holland, and numerous other countries are already seriously in training, and the day of a “Davis Cup” for dancing should not be far distant. So much for the “sporting” side or dancing.
あまり宣伝することなく達成された、この国際的な関心の高さは、世界で今までにない最高の屋内スポーツとレクリエーションとして英国のボールルームダンスが認められた当然の結果です。 競争の激しいスポーツとして、すでにアメリカを除いて、世界のすべての国々の関心が高まっています。 オーストラリア、ニュージーランド、日本、南アフリカの4カ国を挙げて、長年にわたり全国選手権を開催しており、ダンスの基準は最高の英国のダンサーに挑戦するのに十分高いものです。 ヨーロッパ諸国の中では、おそらくデンマークとドイツが最も先進的ですが、スキーに精通して得た自然のスキルと恵みを持つノルウェー、オランダ、その他多くの国はすでに真剣に訓練されており、ダンスの世界の「デイビス・カップ」が来ることは遠からず来るに違いありません。

Primarily, Ballroom Dancing is a mental and physical recreation and as such it can scarcely be said to have an equal. Taken seriously, it can give the young person as much physical exercise as is desired; to the middle-aged dancer, it can give exercise that is effective without being too strenuous; to the busy man or woman it will provide that mental relaxation which is so necessary to physical health.
第一に、ボールルームダンスは精神的かつ身体的なレクリエーションですが、そのようなものだと、ほとんど言われたことはありません。 真剣に考えれば、それは若い人に必要なだけの体力を与えることができます。 中年のダンサーには、それがそれほど激しくない効果的な運動を与えることができます。 忙しい男子または女子には、肉体の健康に必要な精神的なリラックス感を提供します。

To reach a reasonable standard of efficiency is neither difficult nor laborious, and the added pleasure of executing a few simple steps well, and with a good poise and balance, will give full compensation for the time spent in learning them.
その効果の合理的な基準に達することは、困難でも面倒でもなく、いくつかの簡単なステップをうまく実行し、良いポイズとバランスを取るというさらなる喜びは、それらの学習に費やされる時間を完全に埋め合わせてくれます。

アプローチの方法についての提言

SUGGESTED METHOD OF APPROACH

初心者へ

(1)The Novice

The novice whose initial desire is to learn sufficient about dancing to be able to move both comfortably and unobtrusively in the ballroom will only need to assimilate a very little of the information in this book. To many people dancing is a hobby, a recreation, or a pleasant means of obtaining healthy physical exercise. Others approach it from different aspects, one of the most important being the mental relaxation that an evening’s dancing can give. Obviously, the method of approach must vary in each case. The unambitious beginner need not be alarmed by the (to him) intricate details which follow the simple descriptions of the various figures. They are as unnecessary to him as the intricacies of motor racing are to the ordinary car driver.
ボールルームで楽しく邪魔にならないように踊ることに関して十分な知識を習得している初心者は、この本の情報をほんの少ししか取り入れなくても構いません。 多くの人にとって、ダンスは、趣味、レクリエーション、または健康的な身体運動を得るための楽しい方法です。 他の人々は、さまざまな側面からアプローチしています。最も重要なのは、夜会でのダンスで与えられる精神的なリラクゼーションです。 明らかに、アプローチの方法はそれぞれのケースで変わる必要があります。 あまり上手になろうというつもりのない初心者は、様々なフィガーの簡単な説明に続く複雑な説明にびっくりする必要はありません。 それらはモーターレースの複雑さが普通の自動車ドライバーにとって不必要なのと同じく、初心者には不必要です。

After reading the general instructions at the beginning of this book, paying especial attention to the Hold, and the Poise and Balance of the Walk, the beginner should turn to the Quickstep Section, and learn the Walk, Quarter Turns and the Natural Turn. Full use should be made of the charts. They are quite easy to follow, especially if the squares are marked out on the floor. The various steps should be danced with the feet kept flat at first, afterwards a little attention being paid to the rise and fall, as the turns will be much easier with some little use of the ball of the foot.
この本の冒頭にある一般的な説明を読んだ後、ホールド、そしてウォークのポイズとバランスに特に注意を払い、初心者はクイックステップセクションに戻り、ウォーク、クォーターターン、ナチュラルターンを学ぶ必要があります。 チャートを十分に使用する必要があります。 それらに従って踊るのは非常に簡単です、特に正方形が床に表示されている場合に。 様々なステップは最初に足がフラットに保たれた状態で踊られなければなりません。その後、足のボールを少し使うだけで、ターンがはるかに簡単になるため、ライズとフォールに少し注意を払います。

tama注: ポイズという言葉を単なる美しい姿勢というようにとらえている解説書がありますが、英語のPoiseはもっと深い意味があります。意味を英和辞書を調べてもなかなかピンとこない方には、「DDD勝手にダンス事典」で元世界チャンピオンの詳しい説明を引用して説明しています。

The fundamentals of the Waltz should be learnt next, and the best method of approaching this dance is given at the beginning of the section dealing with it.
ワルツの基礎はその次に学ばねばならず、このダンスに取り組む最善の方法は、ワルツを扱うセクションの冒頭に記載されています。

The beginner who enters the ballroom with just a knowledge of the Walk, Quarter Turns and Natural Turn in the Quickstep, and the Forward Change, Natural Turn, and Reverse Turn in the Waltz, will be able to take part in about three-quarters of the average dance programme.
クイックステップのWalk、Quarter Turns、Natural Turn、そしてWaltzのForward Change、Natural Turn、Reverse Turnの知識だけでボールルームに足を踏み入れる初心者は、 平均的なダンスプログラムのおおよそ3/4に参加することができるでしょう。

It must be remembered that a good carriage and the ability to move easily and rhythmically are of utmost importance. There is much more pleasure to be obtained from dancing a few simple figures well than from dancing a dozen indifferently. When an easy and comfortable interpretation of the basic figures has been achieved, the desire to learn further variations will soon follow.
ボディをうまく運ぶことと余裕を持ってかつリズミカルに動く能力が最も重要であることを覚えておく必要があります。 無感動に数多くダンスするよりも、いくつかの単純なフィガーを踊ることから得られる喜びのほうがはるかに大きいのです。 基本的なフィガーを余裕を持って気持ちよく踊れるようになってくると、さらなるバリエーションを学びたいという気持ちがすぐに湧いてくるでしょう。

競技選手および熱心なアマチュアへ

  (2) The Competition Dancer and Keen Amateur

The reader who aspires to competition dancing should remember that a judge’s first impression comes from the general appearance of the couple. A good poise and a hold that is stylish and unaffected are most essential, for however well a couple may dance they will never command attention if such important details are lacking. Much useful information on these points is given in the early part of this book, and it should be studied with great care. Footwork, so important because it is so noticeable, should be neat and correct, whilst the subtle difference between “Body Swing” and the rather hackneyed “Contrary Body Movement” is well worth investigating. Finally, the controlled use of Body Sways should be understood, as a really finished dance is impossible without it.
競技ダンスを目指す読者は、審査員の第一印象がカップルの全体的な外観からくるということを覚えておくべきです。 スタイリッシュで、しかもわざとらしさのない良いポイズとホールドが最も重要ですが、そのような重要なディテールが不足しているならば、審査員はカップルがいくら上手に踊っても注意を向けることはありません。 これらの点に関する多くの有益な情報は、この本の最初の部分に記載されており、細心の注意を払って研究する必要があります。 フットワーク、これは非常に目立つのでとても重要であり、すっきりと正確でなければなりません。一方「ボディ・スイング」と、かなり使い古された「CBM」との微妙な違いは十分に研究するする価値があります。 最後になりますが、真に完成されたダンスというのはコントロールされたボディ・スウェイを使うことなしには不可能であるため、ボディ・スウェイを理解する必要があります。

The charts will be found most useful in checking the alignment of the various figures. This feature of dancing is so often overlooked by competition dancers.
チャートは、さまざまなフィガーのアライメントをチェックするのに最も役立ちます。 このダンスの特徴(アライメント)は、しばしば競技のダンサーによって見過ごされています。

There is no shortcut to championship rank in dancing. The standard of competition dancing in England at the present time is so high that there is not the slightest chance of a dancer attracting the judge’s eye with a series of tricky variations that are not based on a sound technique.
ダンスにおいて、チャンピオンシップのランクへ到達する近道はありません。 現時点で英国での競技ダンスの基準は非常に高いので、理にかなったテクニックに基づいていない一連のトリッキーなバリエーションでダンサーが審査員の目を引き付けることはほとんどありません。

It is possible to learn much from a book, but a few lessons from a good teacher are essential: it is so difficult to visualize the general effect of one’s own dancing.
本から多くのことを学ぶことは可能ですが、良い教師からのいくつかのレッスンが不可欠です。自分自身のダンスの全体的な効果を視覚化することは非常に難しいのです。

The keen amateur who shrinks from the publicity of competition dancing will be well advised to enter the Amateur Medal Tests which are held quite frequently in London and the Provinces. These Tests are of a similar nature to the Ice Skating Tests, and bronze, silver and gold medals are awarded according to the standard of the entrant. The Tests are held in private, and they afford an excellent opportunity for enthusiastic dancers to test their proficiency. The fees for these Tests are quite moderate, and the board of examiners includes the most famous teachers of dancing in the world.
競技ダンスから距離を置こうとする熱心なアマチュアは、ロンドンおよび地域で頻繁に開催されるアマチュアメダルテストに参加することを強く勧めます。 これらのテストは、アイススケートテストと同様の性格を持ち、銅、銀、金のメダルが応募者の基準に従って授与されます。 テストはプライベートで行われ、それらのテストは熱心なダンサーが彼らの能力をテストする絶好の機会を提供します。 これらのテストの費用はまあまあ中程度であり、審査委員会には世界で最も有名なダンス教師が含まれています。

受験生へ

  (3)The Student

The student who is training for a professional examination with a view to becoming a teacher of dancing should obviously be able to derive the most benefit from this book, for it contains all the technical information necessary for a student’s or teacher’s examination. But a big mistake is being made by the student who thinks that, with a mere book knowledge of the technique of dancing, plus a reasonably good practical demonstration of the standard dances, a competent examiner can be cheated into believing a candidate is fit to hold the diploma of a Teachers’ Society.
ダンス教師になるための専門的な試験のために訓練を受けている受験生は、明らかに、本書の最大の利点を引き出すことができるはずです。 しかし、ダンスのテクニックの単なる本の知識と、標準的なダンスの合理的実用的なデモンストレーションだけで、有能な審査員が、その受験生が教師協会の卒業証書にふさわしいと信じるようごまかすことができると考えている受験生は大きな間違いを犯しています 。

The secret of the successful study of this book has nothing to do with the ability to remember such technical details as the numbers of the steps on which C.B.M., Rise and Sway occur. Rather, it is the ability to understand why they occur. The student reader who tackles his or her studies in this way will never have the mortification of going “blank” in the examination room and not being able to “repeat” those lines which have been so carefully committed to memory. The descriptions and technical details should be learned thoroughly, and applied in practice. Where slight alternatives to the standard technique have been given, these should be noted, and, more important still, the reason for such alternatives being suggested should be understood.
この本をうまく学ぶ秘訣は、C.B.M.、ライズ、スウェイが起きるステップの数などのような詳細なテクニックを覚えておく能力とは何の関係もありません。 むしろ、それらがなぜ起こるのかを理解する能力です。 そのようにして自分の研究に取り組む受験生読者は、試験会場で「頭が真っ白」になり、注意深く記憶に刻みつけたダンスを「繰り返す」ことができなくなるという悲惨な目に遭うことはありません。説明と技術的な詳細を徹底的に学び、実際に適用する必要があります。標準的なテクニックにたいして若干の代替案が示されている場合には、これらに留意すべきですが、もっと重要なことは、そのような代替案が提唱された理由を理解すべきであるということです。

Remember also that a technical knowledge of dancing is not even a half of the requirements of a successful teacher. The ability to give a good practical demonstration of dancing and to speak firmly and clearly (but not dictatorially) will always inspire confidence. Students are strongly advised to read the reprinted articles on “The Practical side of Teaching” which appear in Section VI of this book.
また、ダンスの技術的知識は、教師として成功する要件の半分にも満たないことを忘れないでください。 ダンスの実践的なデモンストレーションを行い、確実に明確に、しかし独断的にではなく話す能力は、常に信頼を得るでしょう。 この本の第VI章にある「教え方の実践的な側面」の転載記事を読むことを強くお勧めします。
(tama注:dictatoriallyを独断的と訳しましたが、dictatoriallyを説明的に言うと「何故そうするのかをきちんと説明もせず、あるいは往々にして本人が理解していないので説明もできず一方的に押し付けようとする態度で」と理解すればいいと思います。)

 

ホールド

THE HOLD

 

クイックステップ、ワルツおよびフォックストロットの男子のホールド

Gentleman’s Hold for the Quickstep, Waltz and Foxtrot

Careful attention should be paid to the hold in ballroom dancing. A bad hold will not only give a dancer an appearance of bad style, but will also seriously affect the balance and the guiding.
ボールルームダンスを踊る場合、細心の注意を払う必要があります。 良くないホールドは、ダンサーを不格好に見せるだけでなく、バランスとリードに著しい悪影響を与えてしまいます。

Stand in an upright position with the feet close together. The body should be braced slightly at the waist, but not at the shoulders, which should remain free and at the normal level.
両脚を揃え、まっすぐに立ってください。ボディはウェストのところで支えるようにし、肩で支えてはいけません。肩は自由に動かせるようにし、普通の高さに保っていなければなりません。

Although the position of the arms is to some extent a matter of individual style, the following hints, together with the accompanying illustration, will help the dancer to avoid anything that is ungainly.
腕の位置はある程度個々人のスタイルの問題ですが、以下のヒントは、添付のイラストと共に、ダンサーが不格好に見えることを避けるのに役立ちます。

 

Showing the Correct Position of the Arms and Hands of both Man and Lady
男子と女子の両方の腕と手の正しい位置を示す

  1. The LEFT ARM should slope slightly downwards from the shoulder to the elbow, otherwise the shoulder will be lifted. This part of the arm should be kept well back so that the elbow is in a line with the man’s back. A common fault is to allow the elbow to move forward, towards the lady, thus forcing the lady’s Right arm backwards.
    左腕は肩から肘まで少し下に傾斜していなければなりません。そうしないと両肩が持ち上げられてしまいます。 腕のこの部分は、肘が男子の背中と一直線になるように、うまくキープしていなければなりません。 よくある欠点は、肘を前方に女子に向かって動かしてしまい、女子の右腕を後退させてしまうことです。
  2. The LEFT ARM should bend quite sharply at the elbow, the forearm pointing upwards and slightly forwards from the elbow to the hand. The forearm may be taken slightly outwards from the elbow, so that the hand is further from the head than the elbow. This must not be exaggerated so that the whole arm forms a curve. The arm should be definitely angled at the elbow. Held in this way it is much smarter and not so likely to annoy other dancers as when allowed to extend outwards.
    左腕は肘のところでかなり急に曲げるようにすること、また前腕は上を指し、肘のところから手をわずかに前に倒してください。 前腕は肘からわずかに外側に伸ばしてもよく、その結果、手は肘よりも頭から遠くなります。 腕全体が曲線を描くように誇張してはいけません。 腕は肘のところで確実に角度を付けるべきです。 このようにしてホールドされたほうが、はるかにスマートで、外に伸ばした場合のように他のダンサーを悩ますことはあまりありません。
  3. The PALM of the LEFT HAND should be facing forward in a direction diagonally to the floor. The lady’s Right hand should be held in a comfortable and “unfussy” manner. Most men hold the lady’s fingers between the thumb and first finger, and then close the fingers over the side of her hand.
    左手の手のひらは、フロアと斜めの方向に前方を向いている必要があります。 女子の右手は、楽に、細かいことを気にしないようなやり方でホールドされるべきです。 ほとんどの男子は、親指と人差し指の間で女子の指を保持し、そして女子の手の横を覆うように自分の指を閉じます。
  4. The LEFT WRIST must not bend. There should be an unbroken line from the elbow to the knuckles of the Left hand.
    左手首を曲げてはいけません。 肘から左手のこぶしまでの途切れのない線上にあるようにしてください。
  5. THE RIGHT ARM should slope downwards from the shoulder to the elbow in as near as possible the same line as the Left arm. This will depend to a great extent upon the height of the partner. The Right elbow will be more forward than the shoulder, owing to the hand being on the lady’s back. It must not go too far forward nor must it be dropped close to the man’s Right side.
    右腕は、肩から肘まで、なるべく左腕に似せた同じラインを描くように、傾斜させてください。 これはパートナーの身長に大きく依存します。 右の肘は、女子の背中に右手を置いているので、肩よりも前方になります。 あまりにも前に出してはいけません。また、男子の右サイドに近づけてもいけません。
  6. THE RIGHT HAND should be placed just under the lady’s Left shoulder blade. It is not placed too far round the lady’s back, or the Right shoulder will tend to drop.
    右手は女子の左肩甲骨のすぐ下に置かなければなりません。 右手は女子の背中にあまり深く回してもいけません。さもないと、右の肩が落ちる傾向を招きます。
  7. THE HEAD should be held in an easy upright position, and the man should always look over the lady’s Right shoulder.
    は楽な真っすぐに立てた状態で保たなければならず、また男子は常に女子の右肩の先を見るようにすべきです。
  8. POSITION WITH PARTNER. The man should endeavour to hold the lady in a position directly in front of him, although this is not quite possible. She will always tend to stand very slightly to his Right side, but care must be taken not to let this position become too pronounced.
    パートナーとの位置。 男子は女子を直接彼の前に置くよう努めなければなりませんが、これはかならずしも可能というわけではありません。 女子は常に男子の右側に非常にわずかに立つ傾向がありますが、このポジションがあまりにも顕著にならないよう注意しなければなりません。

 

女子のホールド

The Hold for the Lady

The hold for the lady must always depend somewhat upon the man, but the following points should be observed—
女子のホールドは、常になにがしかは男子に合わせなければなりませんが、次の点のようになっていなければなりません。

  1. Stand in an upright position, slightly braced at the waist, without raising the shoulders.
    肩を上げず、ウエストの位置でわずかに支えられた直立姿勢で立ってください。
  2. Stand as near as possible in front of the man. The tendency will be to move slightly to his right side, but do not exaggerate this.
    可能な限り男子の前に立つこと。 若干の傾向としては、男子の右側にわずかに移動したところですが、これを誇張しないでください。
  3. Raise the RIGHT HAND with the fingers together, and allow the man to take it to his normal position. The man generally holds the lady’s fingers between his thumb and first finger. When he has taken his position, the thumb is closed over the thumb of his Left hand.
    右手を上げ、指を揃えて、男子が正常な位置で組むことができるようにします。 男子は普通は、親指と人差し指の間に女子の指を保持します。 男子がポジションを取ったとき、女子の親指は男子の左手の親指を超えて閉じられます。
  4. The RIGHT ARM may slope slightly downwards from the shoulder to the elbow and then upwards from the elbow to meet the man’s hand.
    右腕は、肩から肘までわずかに下方に傾斜し、次に男子の手に合うように、肘から上方に傾斜を作る。
  5. The LEFT ARM should rest lightly on the man’s Right arm.
    左腕は男子の右腕に軽く乗せること。
  6. The FINGERS of the LEFT HAND should be grouped neatly on the man’s Right arm between the elbow and the shoulder, but nearer the latter.
    左手の指
    は、男子の右腕の肘と肩の間にきちんと一体となるようにされるべきですが、後者(右肩)にはより近いものにする必要があります。

 

The hold for the Tango is described in the Tango Section of this book.
タンゴのホールドは、この本のタンゴセクションに記載されています。

 

ポイズ、バランス、およびウォークの一般的なアウトライン

THE POISE, BALANCE AND GENERAL OUTLINE OF THE WALK

 

To be able to walk properly in a forward and backward direction is the basis of ballroom dancing, and with it are allied such important points as the Poise or Carriage of the body, the Balance, or correct distribution of weight, and the alignment of the feet.
前方および後方に適切に歩くことができることというのは、ボールルームダンスの基礎であり、それはボディのポイズやキャリッジ、バランス、あるいは体重の正しい配分、そして両足の向きなどの重要なポイントと関連しています。

The following notes should be studied very carefully.
以下の注意事項は非常に注意深く検討する必要があります。

 

前進ウォーク-男子

The Forward Walk—Gentleman

Poise. Stand in an upright position as described in the notes on the hold. The knees should be slightly relaxed, but not definitely bent. Now let the body incline forwards from the feet upwards, until the weight of the body is felt on the balls of the feet only, but not letting the heels leave the floor. In doing this take care not to alter the upright position of the body from the hips upwards. You are now in the correct position to commence the Walk.
Poise ホールドに関する注意事項に記載されているように直立姿勢で立ってください。 膝は少し緩んではいますが、はっきりと曲げてはいけません。そして 足から上のボディを前方に傾けますが、傾けるのはヒールはフロアから離さず、体重が両足のボールに感じられるまでです。 これを行う際には、腰から上のボディの直立姿勢は変えないように注意してください。 これで、あなたはウォークを開始する正しい位置にいます。

 

両脚と両足のムーブメント
Movement of the Legs and Feet.

Note. For the purpose of this description the Walk is being commenced with the Right foot. There is no rule on this point. The man may commence with either Right foot or Left foot but must indicate his intention to his partner. This is dealt with under the heading of “Leading and Following.”
注意。 この説明の目的のために、ウォークは右足で開始されます。 この点についてのきまりはありません。男子は右足または左足のいずれかで開始することができますが、自分の意図を相手に示す必要があります。 これは「Leading and Following」の見出しの下で扱われます。

Take the weight on to the left foot only and proceed as follows. Swing the Right leg forward from the hips, with first the ball of the Right foot touching the floor, and then the heel skimming the floor with the toe slightly raised.
体重を左足だけにかけ、次のように進めてください。 腰のところから右脚を前にスイングし、最初は右足のボールが床に触れてから、次に右足のトウを少し持ち上げて床を滑らせます。

As the Right foot passes the toe of the Left foot, the Left heel will be released from the floor, so that at the full extent of the stride the ball of the Left foot and the heel of the Right foot will be touching the floor. Lower the Right toe immediately so that the foot is flat on the floor.
右足が左足のトウを通過するときに、左足のヒールが床から離れ、歩幅の全範囲で左足のボールと右足のヒールがフロアに触れるようになります。 足がフロアに平らになるように右足のトウを直ちに下げます。

With the body still moving forward, bring the Left foot forward with just a little pressure on the ball of the foot, and swing it past the Right foot to repeat the whole movement described above.
体がまだ前進している状態で、足のボールにわずかな圧力を加えて左足を前方に持っていき、それ(左足)をスイングさせて右足の横を通過させ、上で説明した全体の動きを繰り返す。

 

Distribution of the Weight in the Walk.
When commencing a Walk from a closed position, the weight must always be brought forward over the balls of the feet before a foot is moved.
歩行における体重の分布
ウォークをクローズドポジションから開始するときは、片方の足を動かす前に両足のボールに常に体重を掛ける必要があります。

In the actual Walk the weight is first on the stationary foot. At the full extent of the stride it is divided for a moment between the heel of the front foot and the ball of the rear foot. It is taken immediately on to the front foot as this foot becomes flat.
実際の歩行では、体重は最初はフロアに静止している足にかかっています。 両足の間隔が最大に広がった時、瞬間的に体重は前足のヒールと後足のボールとの間に分けられます。 この足がフラットになると直ちに前足に乗ります

Points to remember are —
覚えておくべきことは-

From a stationary position, always feel that the body commences to move slightly before the foot. Remember that the speed of the foot is always greater than the speed of the body. If the foot is moved before the body, the weight will be kept too far back and a “sitting down” effect will result.
静止した位置から、足が動くよりほんの少し前にボディが動き始めるということを常に感じることです。 足の速度は常にボディの速度よりも大きいことに注意してください。 足がボディより前に動いてしまうと、体重が大きく戻ってしまい、「sitting down(腰をかける)」と呼ばれる悪影響を引き起こします。

THE KNEES should be easily and naturally relaxed throughout the Walk. The legs are only straight at the full extent of the stride, but even then the knees are not rigid. They are relaxed mostly as the moving foot passes the supporting foot.
ウォークしている間、両膝は楽にかつ自然にリラックスしていなければなりません。両 脚は両足の間隔が最大に広がった時まっすぐになりますが、それでも両膝は固くなりません。 それらは、ムービング・フットがサポーティング・フットを通過するとき、ほとんどがリラックスしています。

THE ANKLES and INSTEPS should be kept free to allow a slight downward “flick” of the foot as the toe is lowered at the end of each forward walk.
両くるぶしと両足の甲は、それぞれの前進ウォークの終わりにつま先が下がるにつれて、足のわずかな下向き “フリック”を可能にするために自由に保たれるべきです。

THE FEET must be kept straight, the insides of the feet at both the toes and heels brushing past each other every time the feet pass.
両足は、両方のトウとヒールの内側がお互いに擦るように通過するように、まっすぐに保たれなければなりません。

 

後退ウォーク-女子

The Backward Walk-Lady

The Backward Walk for the lady is much more difficult than the Forward Walk of the man. The movement for the man is but little removed from a natural walking step, whilst the lady is using her legs and muscles in a manner that is not employed in any other sport or recreation. For this reason it is not always possible for a novice, especially the middle-aged novice, immediately to adopt the poise and balance of an accomplished dancer. In the following notes the correct poise and balance are given first; some useful advice to the beginner who has difficulty in maintaining this poise and balance in the early stages is given later.
女子の後退ウォークは、男子の前進ウォークよりはるかに困難です。 男子のムーブメントは自然な歩くステップからほとんどなにも変わりませんが、一方女子は他のスポーツやレクリエーションでは使用されていない方法で脚や筋肉を使用している。 このような理由から、初心者、特に中年の初心者は、すぐに熟練したダンサーのポイズとバランスを取ることができません。 以下の注記では、正しいポイズとバランスが最初に説明されています。 習い始めのステージでこのポイズとバランスを維持することが難しい初心者に役立つアドバイスが後のほうで与えられます。

(写真)

Note the Lady’s Distribution of Weight between the Ball of the Back Foot and the Heel of the Front Foot

Poise and Balance. Stand in an upright position as described in the notes on the Hold. The knees should be slightly relaxed, but not definitely bent. The body should now be poised slightly back from the hips. This position in no way assists the balance, but certainly makes the couple look much more attractive. Care should be taken not to lean backwards from the waist only, or an ugly arching of the back will result.
ポイズとバランス。 ホールドの注意事項に記載されているように直立姿勢で立ってください。 膝は少しリラックスしてはいますが、曲がってはいけません。 ボディは腰からわずかに後ろに位置しなければなりません。 この姿勢は決してバランスを助けるというわけではありませんが、間違いなくカップルをもっと魅力的に見せます。 ウエストの上からだけ後方に傾けないように注意しなければなりません。そうしてしまうと、背中に見苦しいアーチができてしまいます。

Now let the body incline slightly backwards from the feet upwards, until the weight of the body is felt mostly on the heels. At this point, the man’s body is commencing to incline forwards, and the backward inclining of the body by the lady must be taken from the man. Although the lady’s body is inclining backward she should endeavour to resist the man’s forward movement slightly, this resistance being felt at the hips and the lower part of the body. The lady should not lean forward, or endeavour to keep her weight forward over the balls of the feet when she is moving backward. If this is done the resistance to the man’s forward movement will be felt at the chest, and will considerably check the even flow of the walk.
体重が主にヒールの上に感じられるまで、足から上のボディを少し後方へ傾けてください。 この時点で、男子のボディは前方への傾きを開始しており、女子による後方へのボディを傾ける動きは男子側から行うべきです。 女子の体は後方に傾いていますが、男子の前進運動に対してわずかに抵抗(この抵抗はボディの腰部および下半身で感じる)するように、後退しているときに足のボールの上で女子の体重を前進させよう(tama注:前進させるという逐語訳よりボールの上に体重を残すという意訳のほうがわかりやすいかも)と努めるべきです。 これが行われれば、男子の前進ムーブメントに対する抵抗が胸で感じられ、ウォークの均一な流れをかなり確認することになるでしょう。

This poise is the most difficult thing for the lady to acquire, and is only possible if she has such control over the muscles of her legs as to enable her to lower her back heel at an even speed. This is explained in the following notes on the “Movement of the Legs and Feet.” The beginner would be well advised to try to master this correct poise, but, as it is sometimes physically impossible with a middle-aged dancer, an alternative poise is given on page 14.
このポイズは、女子が身につけるするのが最も難しいことであり、脚の筋肉をコントロールして、彼女のヒールを一定の速度で下ろすことができるようにする場合にのみ可能です。 これは「脚と足のムーブメント」に関する次の注で説明されています。初心者にはこの正しいポイズをマスターするようにお勧めしますが、時には中年のダンサーにとっては物理的に不可能ですので、代わりの方法が 14ページに記載されています。

Movement of the Legs and Feet. Note. For the purpose of this description the Walk is being commenced with the Left foot. There is no rule on this point. It is always left to the man to determine and indicate to his partner the commencing foot.
脚と足の動き。 注意。 この説明では、ウォークは右足で開始されています。 この点についての規則はありません。 常に男子が開始足を決定して彼のパートナーに指示することが男子に任されています。

Take the weight on to the Right foot only and proceed as follows —
体重を右足だけにかけ、次のように進んでください –

Swing the Left foot back from the hips, with first the ball of the foot and then the toe skimming the floor. As the Left foot passes the Right heel, the ball of the Right foot will be released from the floor.
ヒップから下の左脚を後ろにスイングし、最初は足のボール、それからトウをフロアを滑らせます。 左足が右ヒールを通過すると、右足のボールが床から離れます。

At the full extent of the stride, lower on to the ball of the Left foot, so that at this point the ball of the back foot and the heel of the front foot are touching the floor.
ストライドをいっぱいに広げた時に左足のボールを下ろして、この時点で後足のボールと前足のヒールがフロアに触れるようにします。

Continuing to move backward, draw the Right foot back to the Left foot, and at the same time slowly lower the Left heel to the floor, making sure that it does not touch the floor until the Right foot is level with it. The Right foot is drawn back with the heel on the floor, the ball of the foot being lowered as it reaches the Left foot. Continue the Walk with the Right foot.
後退を続けながら、右足を左足に引き戻していき、同時に右足が水平になるまでフロアに触れないようにしながら、左足をフロアにゆっくりと下げます。 右足は、左足ヒールがフロアに当たって引き戻され、右足のボールは左足に達すると下げられます。 右足でウォークを続けます。

The most important feature of the Backward Walk is the gradual lowering of the back heel, and it is the careful control of this that ensures the lady keeping contact with the man whilst maintaining a backward poise.
後退ウォークの最も重要な特徴は、徐々にヒールの後部を下ろしていくことと、後方へのポイズを取っている間男子へのコンタクトを確実に維持するよう、注意深くコントロールすることです。

Distribution of the Weight in the walk. When commencing a Walk from a closed position, the weight must always be taken back over the heels before a foot is moved.
ウォークにおける体重の分布。 ウォークをクローズド・ポジションから開始する場合、足を動かす前に必ず体重をヒールに引き戻す必要があります。

In the actual Walk the weight is first on the stationary foot. At the full extent of the stride it is divided for a moment between the heel of the front foot and the ball of the back foot. It is then taken on to the back foot.
実際のウォークでは、体重は最初にサポーティング・フットにあります。 ストライドを一番広げた時点で、一瞬、前足のヒールと後足のボールとの間で分割されます。 その後、後足にかかります。

Points to remember are—
覚えておくべきポイントは、

From a stationary position, always feel that the body commences to move slightly before the foot.
静止した位置から、ボディが足よりもわずかに先に動き始めると常に感じるようにしてください。

Do not cling to the floor with the ball of the front foot, but release it immediately the moving leg goes back.
前足のボールをいつまでもフロアーに着けておかず、ムービング・フットが後退したらすぐに離してください。

THE KNEES should be easily and naturally relaxed throughout the Walk. The legs are only straight at the full extent of the stride, but even then the knees are not rigid. The greatest relaxation is when the moving foot passes the supporting foot.
ウォークしている間は、膝は楽にしてかつ自然にリラックスしていなければなりません。 脚はストライドの全範囲でまっすぐにしておきますが、それでも膝は硬くありません。 最もリラックスしているのは、ムービング・フットがサポーティング・フットを通過するときです。

THE ANKLES and INSTEPS should be kept free. If the ankles are stiff when the foot moves back, the stride will be considerably curtailed.
くるぶしと足の甲は自由に動けるように保ってください。 足が後退したときに足首が固いと、ストライドはかなり減ってしまいます。

THE FEET must be kept straight, the insides of the feet at both the toes and heels brushing past each other every time the feet pass. The usual fault is for the lady to allow her Left foot to move slightly to the Left instead of straight back. This causes her weight to be thrown against the man’s Right arm and gives a definite feeling of heaviness.
両足はまっすぐ平行に保たれなければならず、足が通過するたびに両方のつま先とヒールの内側がお互いに擦れる程度にしてください。 よくある不具合は、女子が彼女の左足をまっすぐ後退する代わりにわずかに左に動かせるようにしてしまうことです。 これにより、女子の体重が男子の右腕にかかりすぎてしまい、確実に重みを感じさせてしまいます。

 

Alternative Poise for the Lady and Hints to the Beginner

The Poise described above is not easy to acquire, and the novice who has commenced dancing rather late in life would be well advised not to attempt to poise herself backward, unless the balance of the body can be controlled and kept in that position without the feeling of pulling away from the partner. A good method of practising the balance of the Walk is as follows–

Take a long step backward with the Left foot and stand balanced with the weight evenly divided between the heel of the front foot and the ball of the rear foot. Now slowly draw the front foot back, and make sure that the heel of the back foot does not touch the floor until the Right foot closes. Keep the arms extended sideways and, if necessary, keep the fingers of one hand touching the wall to assist the balance at first. When this can be done with ease, try to move backwards round the room, making sure to check any tendency to topple backwards.

If difficulty is experienced it is advisable not to attempt a backward poise when dancing with a partner, but to stand upright, and endeavour to keep the weight forward as long as possible.

Although, danced in this way, the Walk will not feel so easy to the partner as when danced in the correct manner, it will feel much more comfortable than the heavy “pulling away” effect that must inevitably result when the weight is dropped back to the heel too quickly.

 

CBM(コントラリー・ボディ・ムーブメント)

CONTRARY BODY MOVEMENT

Contrary Body Movement is the action of turning the opposite hip and shoulder towards the direction of the moving leg, and is used to commence all turning movements.
CBMはムービング・レッグの動く方向に反対側のヒップと肩を向けるアクションであり、すべてのターンアクションを開始するために用いられます。

To the novice, the term “Contrary Body Movement” may appear rather frightening. In many cases, the term “Body Swing” would probably convey this turning action more clearly, for it should be noted at once that an excess of Contrary Body Movement will produce a dance that is more ugly and unbalanced than one entirely devoid of it.
初心者にとっては「CBM」という言葉は若干恐ろしげに聞こえるかもしれません。多くの場合、「ボディースイング」という言葉は、このターンアクションのことをもっとはっきりと伝えるでしょう。過剰なCBMは、まったくCBMが欠けているものよりもみっともないバランスのとれていないダンスを作り出すことに注意してください。

Since it is essential that even the beginner should understand the elementary factors that govern turning movements in dancing, the following points should be noted.
初心者でもダンスにおけるターンアクションを支配する基本的な要素を理解することが不可欠なので、以下の点に留意する必要があります。

There are four ways of turning in dancing. A turn to either the Right or the Left can be made when moving forwards, and also a turn to the Right or Left when moving backwards. The Contrary Body Movement in these turns would be as follows–
ダンスにおいては4つのターンの方法があります。 前方に移動するときには右または左に向けることができ、逆方向に移動するときには右または左に向けることもできます。 これらのターンにおけるCBMは以下のようになります。

  1. Forward Turn to the Right. Step forward with the Right foot and at the same time swing the Left hip and shoulder forward.
    前進しながら行う右へのターン。右足で前方にステップするとともに、同時に左側のヒップと肩を前方にスイングする。
  2. Forward Turn to the Left. Step forward with the Left foot and at the same time swing the Right hip and shoulder forward.
    前進しながら行う左へのターン。左足で前方にステップするとともに、同時に右側のヒップと肩を前方にスイングする。
  3. Backward Turn to the Right. Step back with the Left foot and at the same time swing the Right hip and shoulder backward.
    後退しながら行う右へのターン。左足で後方にステップするとともに、同時に右側のヒップと肩を後方にスイングする。
  4. Backward Turn to the left. Step back with the Right foot and at the same time swing the Left hip and shoulder backward.
    後退しながら行う左へのターン。右足で後方にステップするとともに、同時に左側のヒップと肩を後方にスイングする。

It should be remembered that with the exception of the pivot type of movement, this contrary swing of the body is in no way a “stationary” action. If a forward turn to the Right is to be made it is far more important to feel a forward swing of the Left side of the body than a conscious twist of the body to the Right.
ピボットタイプの移動を除いて、このCBMは決して「その場にとどまって行う」動作ではないことに留意してください。 前進しながら右へターンする場合であれば、左側のボディの前方スイングを感じることが、ボディを意識的に右にねじるよりもはるかに重要です。

Although Contrary Body Movement must embrace the turning of both the hip and the shoulder, it is sometimes helpful to try to feel that, in forward turns, the movement is initiated in the shoulders, and, in backward turns, from the hips. This subtle difference in the mental approach of these two different turns should prove helpful to the novice.
CBMは、ヒップと肩の両方の向きを変えなければなりませんが、前進しながら行うターンでは、ムーブメントは肩から動き始め、後退しながら行うターンは腰から動き始めると感じるようにすることが有用な場合があります。 これらの2つの異なるターンの精神的アプローチにおけるこの微妙な違いは、初心者に役立つはずです。

Care must be taken not to turn the shoulders independently or an ugly dipping movement will result.
肩だけを独立してターンさせないように気をつけなければいけません、さもないと、みっともない沈み込む動きが起こります。

A most important point to remember is that contrary Body Movement does not alter the direction of a step. A common fault with many dancers is to alter the alignment of a step as Contrary Body Movement is used. An example of this is
覚えておくべき最も重要な点は、CBMはステップする方向を変えるわけではないことです。 多くのダンサーの共通の欠点は、CBMが使われるとき、ステップのアライメントを変更してしまうことです。 その例は次のとおりです。

Facing the line of Dance with the Right foot free, ready to make a forward turn to the Right. As the Right foot moves forward and the body turns to the Right many dancers allow the Right foot to travel in a direction diagonally to the wall. This is wrong. It is only the body that turns away from the Line of Dance. The Right foot must move straight forward, or, if anything, cover in slightly in front of the other foot. The same rule applies to backward turning steps, although to step directly behind the stationary foot is not often possible when moving backwards.
LODに面して右足をフリーにし、右に前進する準備をします。 右足が前進し、ボディが右に向きを変えていくにつれ、多くのダンサーが右足を壁の斜め方向に動かしてしまいます。 これは間違っています。 LODから離れていくのはボディだけです。 右足は、まっすぐ前方に移動するか、または、場合によっては、もう一方の足のわずかに前に踏み出す必要があります。 後退しながら行うターンにも同じルールが適用されますが、後退するときはその場にとどまる足のすぐ後ろにステップすることはしばしば不可能です。

 

CBMP

Contrary Body Movement Position

Contrary Body Movement Position occurs most frequently in the Tango and is the position attained when either foot is stepped across the front or back of the body without the body turning, thus giving an appearance of Contrary Body Movement. This is of little interest to the novice, although it is as well to appreciate that every step taken outside the partner, or with the partner outside, must be placed across the body in Contrary Body Movement Position to ensure that the two bodies are kept in close contact.
CBMPがタンゴで最も頻繁に起こるのは、どちらの足であれ、ボディの向きを変えずにボディの前部または後部を横切ってステップしたときに達成される位置です。そのため、CBMに似た外観になります。CBMPは、初心者の関心を引くことはあまりありませんが、パートナーの外側にステップするかあるいは外側にいるパートナーとともに行うすべてのステップは、二人のボディがきちんとコンタクトしたままでいることを保証するCBMPの状態で行わなければなりません。

 

ライズ・アンド・フォール - フットワーク

RISE AND FALL-FOOTWORK

Whilst it is not important for the beginner to know the correct Rise and Fall and the correct footwork in each figure, the subject cannot be entirely neglected. The correct placing of the feet on the ball or heel has a definite practical value apart from the added attractiveness that it brings to the dance.
初心者が正しいライズ・アンド・フォールや、各フィガーにおける正しいフットワークを知ることは重要ではありませんが、そのことを完全に無視することはできません。ボールやヒールに足を正確なところに置くことは、それがダンスにもたらす付加的な魅力とは別に、明確な実用的価値が存在します。

A Rise is made on nearly all quick movements and on most turns, thus materially assisting them to be taken with ease.
ライズはほぼすべての早いクイックムーブメントおよびほとんどのターンで行われ、それらを容易に行う実質的な助けとなります。

The beginner would be well advised to read the section dealing with Rise and Fall in each description, and endeavour to make use of the ball of the foot without following the instructions too literally. It should be noted that if a description reads “Rise at the end of 1; lower at the end of 3” the 2nd and 3rd steps only should be taken on the ball of the foot.
初心者は、それぞれの説明の中のライズ・アンド・フォールを扱うセクションを読むこと、また、文章の指示を過剰なまでに文字通り従うようなことはせず、足のボールを使用することに努力するようアドバイスします。もし説明に「1が終わった時点でライズせよ;3が終わった時点でロアーせよ」と書かれているのならば、ステップ2とステップ3はボール上でだけで行わなければなりません。

For the keen dancer, the study of the correct Rises is most important, and the following principles governing them must be studied carefully.
熱心なダンサーにとって、正しいライズの研究が最も重要であり、それを支配する以下の原則を慎重に研究しなければなりません。

A Rise introduced in any figure will result in the height of the dancer being increased. The whole body from the feet upwards must rise. There must be no upward lift at the shoulders.
いずれのフィガーにも登場するライズは、ダンサーの高さが増加することになります。足から上の体全体が上昇しなければなりません。また両肩から上を持ち上げることがあってはいけません。

The Rise should be achieved by a feeling of pressing upwards from the ball of the foot supporting the weight of the body. Assuming the weight is on the Right foot, the Right knee will be relaxed, and the subsequent straightening of this knee should materially assist the rise. It is very dangerous to endeavour to “feel” the Rise by a stretching upwards of the body. If the body is correctly braced slightly at the waist, any tendency to “stretch” will inevitably result in the shoulders only being raised.
ライズは、サポーティング・フットのボールから上方に押し上げる感覚によって達成されるべきです。体重が右足にあると仮定した場合、右膝をリラックスし、引き続いてこの膝をまっすぐにしていくと、実質的にそのライズを助けることになります。ボディを上にストレッチすることによって、ライズを “感じる”ようにしようとするのは非常に危険です。ボディがウエストの位置で正しく支えられているならば、「ストレッチする」ための動きは必然的に肩が上げられるだけの結果しかもたらしません。

The Rise and the subsequent lowering to the normal height must not be abrupt. Remember also that when the feet are apart it is possible to be on the balls of both feet without any actual rise or change of height.
ライズとその後の元の高さへのロアーは急激であってはなりません。また、足が開いているときは、ボディの上昇すなわち高さを変化させることなしに、両足のボールに乗ることが可能であることを忘れないでください。

The point at which the Rise is commenced in various positions is–
様々なポジションにおいて、ライズが開始されるポイントは、

  1. From a Forward Step. As the moving foot passes the foot supporting the weight, release the supporting heel and rise gradually.
    前進ステップからのライズ ムービング・フットがサポーティング・フットを通過する時、サポーティング・フットのヒールを(フロアから)離し、徐々に上昇する。
  2. From a Backward Step. As the moving foot passes the foot supporting the weight, release the supporting heel, and rise gradually. This rise is sometimes not observed. See the notes on Footwork.
    後退ステップからのライズ ムービング・フットがサポーティング・フットを通過するとき、サポーティング・フットを(フロアから)離し、徐々に上昇する。この上昇は時には観察されない。フットワークに関する注記を参照すること。
  3. From a closed Position (such as a Heel Turn). Rise very gradually as the moving foot goes forward. Do not achieve the full Rise whilst the feet are closed. 
    クローズド・ポジション(ヒールターンなど)からのライズ
    ムービング・フットが進むにつれて、非常にゆっくりとライズする。両足が閉じている間に完全なライズを達成しないこと。

At the end of Rises on forward, backward and side steps the heel of the foot making the step that was last taken on the toes will lower as the moving foot passes. If the following step is forward, this heel will be released again immediately as in a Forward Walk; if the following step is backward it will remain down as in a Backward Walk.
前進、後退、横移動ステップのライズが終わった時点で、ムービング・フットが通過するにつれてトーの上で最後に行われたステップを行う足のヒールがロアーする。もし次のステップが前進ステップの場合は、このヒールは前進ウォークのように直ちに(フロアから)離される。もし次のステップが後退であれば、後退ウォークにおけると同様にダウンしたままとなる。

When a forward step is to follow a Rise that has ended with the feet closed, the complete lowering of the heel of the foot supporting the weight is sometimes omitted. This is dealt with in the following section.
両足がクローズした状態で終了するライズに続く前進ステップの場合は、サポーティング・フットのヒールを完全にロアーさせることが時には省略されることがあります。これについては次のセクションで扱います。

 

ノーマルフットワークが使用されていない場合の重要な注意事項

When Normal Footwork is not Used–An Important Note

Whilst it is most important that the keen student of dancing should understand the normal footwork that is used in Rises, it should be noted at once that a rigid adherence to the standard technique governing Rises is absolutely impracticable. A careful study of the footwork of leading amateur and professional dancers and slow-motion films has proved this point beyond doubt.
熱心なダンス学習者にとって、ライズで使用されている通常のフットワークを理解することは最も重要ですが、そうとは言え、その一方でライズを支配するスタンダード・テクニックをきっちりと守ることは絶対不可能だということに留意しなければなりません。主要なアマチュアダンサーとプロのダンサーのフットワークおよびスローモーション動画のフットワークを慎重に研究したところ、この点は疑いの余地がありませんでした。

This apparent discrepancy between standard technique and actual practice often results in a stilted and jerky interpretation of modern dancing by dancers who have to rely almost solely upon written descriptions for their knowledge. The dancer and student who may dislike the idea of departing from a technique that has been standardized for so many years should remember that fundamentally the present technique may be sound, but that it is the literal observance of every detail irrespective of the natural laws of movement and turning which is wrong. A few examples should assist the reader to understand this point —
このスタンダード・テクニックと現実の実践との間のこの明らかな不一致は、しばしば、彼らの知識をほとんど文章で記載されたものだけに頼らざるを得ないダンサー達が、現代のダンスを杓子定規でぎくしゃくした解釈をしてしまう結果をもたらします。何年にもわたって標準化されてきた技術から離れるという考えを嫌うダンサーやダンスを習う生徒は、現在のテクニックは基本的には理にかなったものかもしれませんが、そのテクニックは、ムーブメントやターニングの自然法則とは関係づけられないあらゆる細部を文字通り順守するということであって、それは間違いだということを忘れないでください。読者がこの点を理解するのに役立つ例がいくつかあります。

(1) Feather Step (Foxtrot). The Rise is– Rise at the end of 1; lower at the end of 3.
フェザーステップ(Foxtrot)ライズは、1が終わったときにライズし、3が終わったときにロアーする。

The man is moving forward in this figure and will use the normal footwork of the Rise. The lady, moving backwards, will have the support of high heels, and, apart from a slightly firmer bracing of the knee at the full extent of the stride, should make no effort to observe the correct footwork by keeping the heels from the floor. To do so would seriously curtail the movement.
男子はこのフィガーで前進し、ライズの通常のフットワークを使用します。女子は後退し、ハイヒールのサポートを受け、ストライドをいっぱいに伸ばした時、膝のわずかにしっかりとしたサポートを離れますが、その際、フロアからヒールが離れたままにすることによって正しいフットワークを順守するような努力はしないでください。そうすることは、ムーブメントをまともに抑制してしまうでしょう。

 

(2) Natural Turn (Quickstep). The Rise is — Rise at the end of 1; lower at the end of 3.

(2)ナチュラルターン(クイックステップ)ライズは、1が終わった時にライズし、 3が終わった時にロアーする。

The man is moving forward and will use the normal footwork of the Rise. It should be remembered that he is swinging forward and round the lady, and is on the “outside” of the turn. The lady is on the “inside” of the turn, and consequently will be lower than the man when the turn is in progress. Theoretically, her Left heel should rise at the end of 1 (as the Right foot is passing), but in practice this heel is not raised until the second step is in position. Any attempt on her part to rise earlier would seriously impede the man’s forward swing.
男子は前進し、ライズの通常のフットワークを使用します。男子は前進しながら女子の周りを回るスイング運動を行いますが、ターンのアウトサイドにいることを覚えておく必要があります。女子はターンのインサイドにおり、その結果、ターンが進行しているときには男子よりも低くなります。理屈上は、女子の左ヒールは1が終わった時(右足が通過するとき)ライズすべきですが、実際には、このヒールはステップ2が定位置(tama注:正確な意味はまだ不明)になるまで持ち上げられません。女子の側が(男子より)早くライズを試みると、その男子の前進スイングをまともに妨げるでしょう。

(3) Natural Turn (Foxtrot). The Rise is— Rise at the end of 2; lower at the end of 3.

(3)ナチュラル・ターン(フォックストロット)ライズは2が終わった時ライズし、3が終わったところでロアー。

The man with his forward swing into the turn will inevitably rise earlier than the end of the 2nd step. The Rise is invariably felt at the end of 1 and carried through to the end of 2. The lady, who is on the “inside” of the turn and is supported by high heels, will not feel the rise until later, and it will not be so pronounced as the rise of the man.
ターンへの前進スイングを行う男子は必然的にステップ2が終わった時よりも早くライズするでしょう。ライズは1が終わったときにはいつも感じられ、2が終わった時まで持ち越されます。ターンのインサイドにあり、ハイヒールで支えられている女子は、より後になるまでライズを感じることはなく、男子のライズのように顕著ではありません。

There are numerous other examples, but it will be seen that the whole question of Rises and Footwork is governed by the fact that two people cannot turn comfortably at the same height unless the turn is stationary. A natural “banking” effect must be used. The support given to the lady by her high heels is also a contributory factor.
他にも数多くの例がありますが、ライズとフットワークの疑問の全体は、ターンがその場でとどまって行われない限り、2人が同じ高さでは楽に回ることができないという事実によるものです。自然な「バンキング」効果を使用する必要があります。ハイヒールにより女子に与えられているサポートもまた、寄与要因です。

(tama注:「バンキング」効果とは、カーレースのサーキットのようにカーブするコース(バンク)において、カーブする主体には遠心力がかかるが、コース路面を中心にむけて傾けることで得られる、遠心力を相殺する効果を意味する。)

A special note regarding the use of the normal footwork is given in each section and in some cases in the descriptions of the steps. Such notes will be of most value to the earnest student who is apt to interpret the technique too literally. The natural dancer is not likely to attempt Rises that are unnatural.
通常のフットワークの使用に関する特別な注意は、各セクションで、場合によってはステップの説明に記載されています。そのような注意は、テクニックをあまりにも文字通り解釈しがちな熱心な学生にとって最も価値があります。自然に踊るダンサーは、不自然なライズを試みる可能性は高くありません。

 

ボディ・スウェイ

BODY SWAYS

Body Sways in ballroom dancing are used chiefly for effect, although in a few turns even the novice may find them of practical value. The following notes regarding Sways should be helpful —
ボールルームダンスのボディ・スウェイは主に印象を強調するために使用されます。とは言え初心者であっても、いくつかのターンについては実用的な価値を見出すかもしれません。 スウェイに関する以下の注意事項は役立つはずです。

Sways should be made by inclining the whole of the body from the feet upwards. Avoid bending at the waist. Sways can be used on nearly all turns. Exceptions are all Spins, where the turn is too quick to permit Sway to be used with comfort. Sway is also used on figures that curve or wave and in some side figures such as the Cross Chassé and the Drag.
スウェイは、身体全体を足から上を傾けることによって作られなければなりません。 ウエストのところで曲げないでください。 スウェーはほぼすべてのターンで使用できます。 例外は全てのスピンです。スピンは速すぎるため、スウェイを快適に使用することができません。 スウェイは、カーブやウェーブするフィガーや、クロスシャッセやドラッグなどのサイドフィガーにも使用されています。

All turns are initiated by a Contrary Body Movement step, and Sway is taken directly following this step. If the Contrary Body Movement step is with the Right foot, the inclination of the Sway will be to the Right; if with the Left foot, then the Sway will be to the Left, whether this step has been taken forward or backward. The Sway is usually held for the following two steps and will be corrected at the next Contrary Body Movement step. In the Foxtrot, Sways sometimes occur on one step only. Details of the correct steps on which the body should sway are given with the descriptions of each figure.
全てのターンはCBMステップによって開始され、スウェイはこのステップの直後に行われます。 CBMステップが右の足の場合、スウェイの傾きは右になります。 左足であれば、このステップが前方または後方に行われたかどうかにかかわらず、スウェイは左になります。スウェイは、通常、それに続く2つのステップで維持され、その次のCMBステップでもとに戻されます。 フォックストロットでは、スウェイはある1つのステップだけで発生することがあります。 ボディがスウェイすべきステップをもとに戻すステップの詳細は、各フィガーの説明とともに説明されます。

The main principle of swaying is to incline the body towards the centre of the turn. Thus the practical value of swaying would be found in its assistance in preventing the dancer from overbalancing or overturning. This is most marked in the Waltz, and even the beginner may find that a slight inclination of the body against the direction he is moving will prove helpful and assist in preserving balance.
スウェイの主な原則は、ターンの中心に向かって身体を傾斜させることです。 したがって、スウェイの実用的価値は、ダンサーがオーバーバランスしたり転倒するのを防ぐのに役立ちます。 これはワルツで最も顕著であり、初心者でさえ、身体が動いているのと反対の方向への傾きが役立ち、バランスを維持するのに役立つことがあります。

The greatest value of swaying, however, is purely decorative, and the keen dancer will find that a careful study of the correct Sways in the descriptions of the various figures will make the resultant dance much more attractive. To oversway, however, is a much worse fault than not swaying at all.
しかし、スウェイをすることの最大の価値は純粋に装飾的なものであり、熱心なダンサーは、様々なフィガーの記述における正しいスウェーを慎重に研究することで、結果として得られるダンスをはるかに魅力的にすることを理解するでしょう。 しかし、行き過ぎたスウェイは、まったくスウェイしないよりずっと悪い欠点です。

 

リードとフォロー

LEADING AND FOLLOWING

There being no set sequence of steps in modern dancing the responsibility of leading from one figure to another rests entirely with the man. The lady’s part is to follow, whether the man is dancing a figure correctly or not.
現代の踊り方においてはステップの決まった順番がないために、あるフィガーから別のフィガーへリードする責任は、完全に男子側にあります。 男子があるフィガーを正しく踊っているかどうかにかかわらず、女子側はフォローします。

Most of the leading for the turns is done by the turning action of the man’s body combined with a very slight pressure with his Right hand. The Right hand must not be used to pull or push the partner, but rather to keep an even pressure, thus ensuring that the lady feels from the man’s body action the amount of turn that is being made. This pressure should be obtained by a slight inward movement of the forearm and not from the hand alone. The base of the Right hand and the Right fingers are only used to turn the lady into, and back from, Promenade Position. The Left hand and arm must not be used in guiding. They must be kept still.
ターンのためのリードの多くは、男子の右手でのわずかな圧力と組み合わされた男子のボディのターンアクションで行われます。 右手は、相手を引っ張ったり押したりしてはいけません。むしろ一定の圧力を保つようにして、行われようとするターンの量を女子が感じるようにしてください。 この圧力は、右手だけではなく、右前腕のわずかな内向きの動きによって得られるようにすべきです。右手首の付け根から右手の指は、女子をプロムナードポジションにリードしたり戻したりするためにのみ使用されます。 左手と腕はリードのために使用してはいけません。 それらは静かにして置かなければなりません。

(tama注: 厳密には親指は finger には含まれない。)

It will be seen that it is of the utmost importance for the lady to keep contact with the man at the hips and to keep her body perfectly still from the hips upward, in order to feel the lead for a turn at the proper moment. She must not anticipate—she must not have a mind of her own. She must just follow whatever the man does and not attempt to correct him.
女子はヒップで男子とコンタクトし、腰から上を完全に静止させ、適切な瞬間にターンのリードを感じることが最も重要であることが分かるでしょう。 女子は、彼女自身の意向を持たないようにしてください。 女子は男子が何をしても、それをフォローし、男子の誤りを直そうとしないでください。

When commencing to dance it is most important that the man should indicate which foot he is using first. There is no rule; it is for the man to use the foot that seems most natural. To practice this, stand with a partner in the normal commencing position with the feet together. If wishing to commence with the Right foot move the Left foot very slightly to the Left and take the weight on to it. At the same time, move the lady slightly to her Right and she will automatically take her weight on to that foot and be ready to commence with her Left foot.
踊り始めるときに、男子が最初にどちらの足を使おうとしているかを示すことが最も重要です。 そこにはきまったルールがあるわけではなく、男子が 最も自然に見えるように足を使うのです。 これを実践するには、通常の開始位置で足をそろえパートナーと一緒に立ってください。 右足で始めたい場合は、左足をわずかに左に動かし、その上に体重を掛けてください。 同時に、女子を彼女の右に少し動かすと、彼女は自動的に彼女の体重をその足に乗せ、左足で始める準備をします。

Here are a few more hints for men— Don’t hold your partner with a vice-like grip; you will interfere with her balance.
ここでは男子のためのヒントがいくつかあります – あなたのパートナーを万力のようなグリップで握ってはいけません。 さもないとあなたは彼女のバランスを妨げるでしょう。

Don’t hold your partner so loosely that she cannot feel your lead. A constant and even pressure is required.
あなたのパートナーがあなたのリードを感じることができないくらい緩くホールドしないでください。 一定で均一な圧力が必要です。

Don’t take very long steps if your partner is physically incapable of doing so. Adapt your stride to the normal length of your partner’s.
あなたのパートナーが身体的にそうすることができない場合は、非常に長いステップを踏まないでください。 パートナーの通常の長さにあなたのストライドを合わせてください。

Don’t try intricate steps in a crowded ballroom.
混雑したボールルームで複雑なステップを試してはいけません。

 

この本及びボールルーム・ダンシングで使用されている略語

ABBREVIATIONS used in this book and in Ballroom Dancing Descriptions.

S.        A slow step.
Q.        A quick step.
R.        Right.
L.        Left.
R.F.      Right foot.
L.F.      Left foot.
C.B.M.    Contrary Body Movement.
C.B.M.P.  Contrary Body Movement Position.
L.O.D.    Line of Dance.
P.P.      Promenade Position.
O.P.      Outside partner.
P.O.      Partner outside.
Diag.     Diagonal(ly).

Note. Descriptions of many of these terms are included in “Definition of Technical Terms,” which follows.
注:これらの用語の多くの説明は次の “Definition of Technical Terms,”に含まれています。

 

技術用語の定義

DEFINITIONS OF TECHNICAL TERMS

 

Alignment
This word has several meanings in dancing. It may refer to the position of the feet in a forward or backward step, when the feet should be perfectly in line, turned neither in nor out, and with the inside edge of each foot touching an imaginary line drawn through the middle of the body. It is also used to refer to the directional line of some part of a figure.
アライメント
この言葉は、ダンスにおいていくつかの意味を持っています。 足が完全に並んでおり内向きにも外向きにもなっておらず、足の内側の縁が身体の中央を通って描かれた想像線に接触しているときの、前進または後退ステップにおける足の位置を指すことができます 。 また、フィガーの一部分の方向線を指すのにも使用されます。

Amalgamation
A combination of two or more figures.
アマルガメーション
2つ以上のフィガーの組み合わせ

Balance
The correct distribution of the weight of the body when dancing.
バランス
踊っているときの体重の正しい配分

Basic Figure
A figure that is considered to form a part of the basis of a particular dance.
ベーシック・フィガー
特定のダンスの基礎の一部を形成すると考えられるフィガー。

Brush
When the moving foot is being taken from one open position to another open position, the word “Brush” is used to indicate that this foot must first close up to the foot supporting the weight of the body, but without the weight being changed.
ブラッシュ
オープン・ポジションから別のオープン・ポジションに移動するとき、ムービング・フットが体重移動なしに、サポーティング・フットに最初に近づけなければならないということを示すために、ブラッシュという言葉が使用されます。

Chassé
A figure of three steps in which the feet are closed on the 2nd step.
シャッセ
第2ステップで足が閉じられる3つのステップからなるフィガー。

Chassé Turn / Closed Turn
A turn that is danced with a Chassé
シャッセ・ターン/クローズド・ターン
シャッセとともに踊られるターン。

Contrary Body Movement
The action of the body in turning figures. This is described on pages 14-16.
CBM
ターンするフィガー中のボディ・アクション

Contrary Body Movement Position
A term used when the body is not turned, but the leg placed across the front or back of the body, so giving an appearance of Contrary Body Movement.
CBMP
ボディの向きは変わらないが、脚をボディの前方または後方にアクロスしてステップすることでCBMの外観となるときに使用される用語。

Fallaway Position
A position used in advanced variations in which the man and lady move backwards in Promenade Position.
ファーラウェイ・ポジション
男子と女子がプロムナード・ポジションで後方に移動する先進的なバリエーションで使用されるポジション。

Figure.*
A complete set of steps.
フィガー
完結した一連のステップ。

Footwork
This is dealt with on pages 17–20.
フットワーク
これは別のページで扱われます。

Heel Pivot
A turn on the heel of one foot only, in which no change of weight occurs. The Heel Pivot might be termed a “compact Chassé,” and is used instead of a Chassé in the last part of the Quarter Turns in the Quickstep. A full description is–
ヒール・ピボット
片方の足のヒール上のターンで、体重の移動は起こらない。 ヒールピボットは「コンパクトなシャッセ」と呼ばれ、クイックステップのクォーターターンの最後の部分でシャッセの代わりに使用される。完全な説明は以下の通り-

After stepping back with the R.F., turning the body to the L. (S), close the L.F. to the R.F., at the same time turning on the heel of the R.F. (QQ). The L.F. is brought back with first the heel and then the ball of the foot skimming the floor. When the feet are closed the ball of the L.F. should be touching the floor and the heel very slightly raised. The feet must be kept parallel throughout the turn.
ボディを左回転.(カウントS)しながら右足.でステップバックし、同時に右足ヒールの上で回転しながら左足を右足にクローズする (カウントQQ)。左足.は最初はヒール、それからボールでフロアーをなでるように運んでいきます。 足が閉じられると、左足.のボールが床に接触し、ヒールが非常にわずかに持ち上がっていなければなりません。 両足はターンする間、平行に保たなければなりません。

The following step must be taken with the L.F. (S).
その次のステップは左足(カウントS)で行わなければなりません。

Heel Turn
A turn on the heel of the stepping foot, the closing foot being kept parallel to it throughout. The weight is transferred to the closing foot at the end of the turn. It should be noted that, although the major part of the turn is on the heel, it is actually commenced on the ball of the foot. This will occur naturally. A Heel Turn is the backward part of an Open Turn.
ヒールターン
ステップする足のヒール上でのターンで、その足にクローズする足はその間ずっと平行に保つ。 ターン終了時に体重がクローズする足に移されます。 ターンの大部分はヒール上にありますが、実際には足のボールで開始されることに注意してください。 これは自然に起こります。ヒールターンはオープンターンの後退部分です。

Hesitation
A figure or part of a figure in which progression is temporarily suspended.
ヘジテーション
進行が一時的に中断されているフィガーまたはフィガーの一部。

Hover
A part of a figure in which the moving or turning of the body is checked, whilst the feet remain almost stationary.
ホバー
体の動きや回転が中断されているフィガーの一部であるが、足はほとんど静止したままである。

Line of Dance
The normal line of forward progression along each of the four sides of the room.
LOD
部屋の4つの側面のそれぞれに沿った、(カップルが)通常進行する線。

Natural Turn
A turn to the R.
ナチュラル・ターン
右へのターン

Open Turn
A turn in which the third step passes the second step instead of closing. The lady’s counterpart to a man’s Open Turn is usually a Heel Turn.
オープン・ターン
第3ステップがクローズせず、第2ステップを通過するターン。 男子のオープン・ターンに対応するのは、通常、女子のヒール・·ターンです。

Note that, although the Man is Stepping Outside the Lady with his Right Foot, there is no Loss of Contact at the Hips
男子は右足で女子の外に踏み出しているが、腰に接触がなくなることはない。

Outside Partner
This indicates a step taken forward by the lady or man that does not follow the partner’s opposite foot but is taken to the R. of both his (or her) feet. In such steps the bodies must keep close contact, the outside movement being achieved by stepping rather across the front of the body. The partner’s step would be described “Partner Outside,” and must be taken across the body at the back. Thus all such steps are placed in a C.B.M.P.
アウトサイド・パートナー
これは、女子または男子が前進して行うステップで、相手の反対側の足に従うのでなく、男子の(または女子の)両足の右外側に踏み出すステップを示す。 このようなステップでは、ボディは緊密に接触していなければならず、外側への動きはボディの前方をアクロスして(横切って)踏み込むことによって達成されます。 パートナーのステップは「パートナー・アウトサイド」と表現され、ボディの後方をあクロスして(横切って)踏み込まなければなりません。それ故に、すべてのこういったステップはCBMPに置かれなければなりません。

Pivot
A turn on the ball of one foot, the other foot being kept in front or behind in C.B.M.P.
ピボット
片足のボール上でのターンで、他方の足は前方ないし後方のCBMPの位置に保つ。

Poise
The position of the body in relation to the feet.
ポイズ
両足に対する体の位置

Promenade Position
The position in which the man’s R. side and the lady’s L. side are kept in close contact, and the opposite sides of the bodies turned out to form a “V” shape. The feet are usually turned to the same direction as the body.
プロムナード・ポジション
男子の右側と女子の左側が密接にコンタクトし、ボディの反対側が「V」字を描く姿勢。 両足は通常、ボディと同じ方向に向けられます。

Partner in Line, Partner Square, Squire to Partner. 
Terms used to indicate that the couple are standing in the normal dance position, ie., facing each other and with the man’ and lady’s feet approximately opposite each other.
カップルが通常のダンスポジションに立っていること、つまりお互いに向かい合い、男子と女子の両足がほぼ互いの反対側を向いていることを示すために使用される用語。

Pull Step (Heel Pull)
This is a type of Heel Turn used by the man in a backward Natural Turn. The feet may be kept apart instead of closed, and the weight is more forward than in a Heel Turn.
プル・ステップ(ヒール・プル)
これは後退する右へのターンで男子が使うヒールターンの一種である。 足はクローズする代わりに離しておくことができ、体重はヒールターンの場合よりも前方になります。

Quick
A term used in timing steps. A quick step always occupies half the time of a slow step.
クイック(Q)
各ステップのタイミングを定める場合に使われる用語。クイックの長さのステップはスロー(S)の長さのステップのタイミングの半分です。

Reverse Turn
A turn to the L.
リバース・ターン
左へのターン

Rhythm
The word “Rhythm” is used in a broad sense, and usually refers to the accented beats of the music which recur regularly and give character to the music. Rhythm, however, is something much more subtle than this. It might be likened to colour. There are basic colours from which the expert can produce an infinite variety of beautiful shades. Similarly we have basic rhythms in all our dance music. The expert musician will produce from these numerous subsidiary rhythms, thus giving the music an entirely different character, which the expert dancer will endeavour to express in his dancing.
リズム
「リズム」という言葉は広い意味で使われており、通常、定期的に繰り返される音楽のアクセント付きのビートを指し、音楽に特徴を与えます。 しかし、リズムはこれよりずっと微妙なものです。 それは色に似ているかもしれません。 専門家が作り出す無限の美しい色合いには基本的な色があります。 同様に私たちはすべてのダンスミュージックに基本的なリズムを持っています。 専門家のミュージシャンは、これらの多数の派生的なリズムを生み出し、音楽をまったく異なるキャラクターにします。専門のダンサーは自分のダンスで表現しようと努力します。

Rise and Fall
This is dealt with on pages 17-20.
ライズ&フォール
これは別なページで扱います。

Step.*
This usually refers to one movement of the foot, although from a “time value” point of view this is incorrect. In the case of a walk forward or backward for instance, the time value of the step is not completed until the moving foot is drawn up to the foot supporting the weight, ready to commence another step. Thus, when instructed to rise at the end of a step the dancer should not commence to rise until the moving foot is passing the foot supporting the weight of the body.
ステップ
これは、一般的には、片足の1回の動きを指しますが、「
Time Value」の観点からは、これは正しくありません。 例えば前進または後退ウォークをする場合には、ウォークの時間値は、ムービング・フットが体重を支えているサポーティング・フットまで引き寄せられ、次のウォークを開始する準備が整うまで完了しません。 したがって、あるステップが終わったときライズするように指示されている場合、ダンサーは、ムービング・フットがサポーティング・フットを通過するまでライズを開始すべきではありません。

Sway
This is dealt with on pages 2021.
スウェイ
これは別なページで扱われる

Swivel
A turn on the ball of one foot.
スイベル
片方のボール上でのターン。

Tempo
This indicates the speed of the music.
テンポ
これは音楽の速度を示す。

The approved speeds for the standard dances are—
スタンダードダンスに対して承認された速度は

Waltz 32 to 34 bars a minute
Quickstep 48 to 50 bars a minute
Foxtrot 30 to 32 bars a minute
Tango 30 to 32 bars a minute

Time
The number of beats in each bar of music.
タイム
音楽の各小節内のビートの個数

Variation
A varied and more advanced figure, additional to the basic figures.
バリエーション
基本的なフィガーに加えられた、多様で高度なフィガー。

 

チャートの読み方

HOW TO READ THE CHARTS

The diagrams will be found to be of great assistance to readers if the following points are understood—
これらの図は、以下の点が理解されていれば、読者に大きな助けとなることがわかります。

The squares on which the feet are placed represent a size of 2 ft. by 2 ft. for each square. The feet have been drawn to the same scale.
足が置かれている正方形は、各正方形に対して2フィート×2フィートの大きさを表します。 足は同じ縮尺で描かれています。

The distances between the steps have been made as far as possible mathematically correct, so that the exact length of a step can be gauged. The distances shown represent an average step. When the dancer is proficient, the steps can be lengthened considerably, but only to a length that is consistent with ease of movement.
ステップ間の距離は可能な限り数学的に正しくなるように作られているため、ステップの正確な長さを測定することができます。 示された距離は、平均的なステップを表しています。 ダンサーが熟練している場合、ステップはかなり長くすることができますが、動きの容易さと整合する長さに限ります。

Each figure was drawn in the first place with both the man’s and the lady’s steps on the same chart, so that if a chart is drawn to scale on the floor it should be possible for a couple to dance together using the exact positions shown in the book.
各フィガーは、フロア上に男子と女子のステップがフロア上に同じ縮尺で描かれていた場合、この本に示された正確なポジションを使ってカップルが一緒に踊ることが可能なように、男子と女子両方のステップが描かれています。

The L.O.D. is shown by an arrow on each chart. The Right-hand edge of the page will represent the wall of the side of the room along which the dancer is moving.
L.O.D. は各チャートに矢印で示されています。 ページの右端は、ダンサーが動いている部屋の側面の壁を表します。

When using the charts always hold the book so that the toe of each step you are looking at is pointing away from you. If a turn is made, turn the book also.
チャートを使用するときは、あなたが見ている各ステップのつま先があなたから離れているように、常に本を保持します。 ターンが起こったら、本を回してください。

The R.F. is shown in black; the L.F. is outlined only. They are also marked “R” and “L.”
右足は黒で示され、左足は輪郭だけが示されています。それらにはRあるいはLがマークされています。

When a foot is shown in dotted outline, this indicates a swivel on the ball or the heel of the foot to which it is connected, and shows the finishing position of that foot when that part of the turn has been made. Where only a slight swivel has been made, as in the backward part of many turns, this has been omitted.
足が点線の輪郭で示されている場合、これは、ボール上、またはそれにつながっている足のヒール上でのスイベルを示し、ターンのその部分が完了したときのその足の最後の位置を示す。 わずかなスイベルのみが行われた場合、多くのターンの後退部分でのように、これは省略されています。

It will be noted that in Heel Turns, two dotted outlines are shown, indicating that the turn commences on the ball of the foot and continues on the heel of the same foot. No attempt should be made to commence the turn on the ball of the foot; this will occur naturally when dancing. It was necessary to include this to make the charts correspond with actual practice.
ヒールターンでは、2点鎖線の輪郭が示されており、そのターンが足のボール上で開始し、同じ足のヒール上に続くことを示していることに留意してください。ターンを 足のボール上で開始する試みはしないでください。 これは踊るときに自然に発生します。 チャートを実際の練習に対応させるには、これを含める必要がありました。

The lines connecting the feet give some idea of the path of the foot when moving to the next step.
足を接続している線は、次のステップに移動するときの足の経路の考えを示します。

特記事項

Special Notes

Alignment. The keen student of dancing should note that, technically, the leading step of any turning figure should be taken either straight forward or straight backward from the body, but in practice this is not quite possible in the case of backward turning steps, which tend to move very slightly outwards, The 4th step of the man’s Natural Turn (Waltz) is an example.
アライメント 熱心なダンスの学習者は、技術的には、ターンするフィガーの出だしのステップは、ボディからまっすぐ前方またはまっすぐ後方に行わなければならないことに注意してください。しかし、実際にはターンをする後退ステップの場合はこれが可能ではありません。 非常にわずかに外側に移動します。男子のナチュラル・ターン(Waltz)の4番目のステップは一例です。

In drawing the man’s and lady’s steps on one chart it was found necessary to show this slight loss of alignment; it was not possible to place the feet correctly without doing so.
男子と女子のステップを1つのチャートに描くには、アライメントを説明する場合、このわずかな偏りを示す必要があることがわかりました。 そうしないと足を正しく置くことができませんでした。

The dancer should, however, take great care to keep such steps in alignment when possible.
しかしながらダンサーは、可能な場合、そのようなステップのアライメントを維持することに非常に注意してください。

Parallel Positions. Students are also warned that in the standard technique the 2nd step of most turns is described as being in a “parallel position.” The feet do not always appear parallel in the charts as many minor swivels of the feet, especially in backward turns, have been omitted.
平行な位置。 生徒はまた、標準的なテクニックでは、ほとんどのターンの第2ステップが「平行な位置」にあると説明されています。しかし、特に後退ターンの多くで、両方の足の小さなスイベルが省略されているので、チャート上で常に両足が平行になって見えるわけではありません。

In practice, this parallel position of the feet is not important when the feet are apart, as in the 2nd and 5th steps of the Natural and Reverse Turns in the Waltz. At the beginning of these steps the feet are turned slightly outwards, and any attempt to keep them parallel would seriously restrict the ease and flow of the turn.
実際には、ワルツのナチュラルリバースターンとリバースターンの2番目と5番目のステップのように、足が離れているときは、この足の平行位置は重要ではありません。 これらのステップの開始時には、足はわずかに外側に向き、それらを平行に保とうとすると、そのターンのしやすさと流れを大きく制限してしまいます。

各フィガーの説明について

THE DESCRIPTIONS

The descriptions of each figure have been written in the simplest possible manner for the novice to understand them; and this happens to be the best way for the student to give an oral description of the figures.
各フィガーの説明は、初心者がそれらを理解するための最も簡単な方法で書かれています。 これは生徒が口頭で説明するための最良の方法です。

Details of the Contrary Body Movement, Rise and Fall, the amount of turn used, and useful hints regarding guiding and amalgamations are given afterwards.
CBM、ライズ&フォール、使用されるターンの角度、ガイドの方法およびアマルガメーションに関する有用なヒントの詳細は後の方で説明されます。

It should be noted that in all turning figures the turn should be gradual. It is only in Pivots that the full amount of turn is completed on one step.
すべてのターンするフィガーでは、ターンは徐々に進行すべきであることに留意すべきです。 完全なターンが1ステップで完了するのは、ピボットのみです。

A number of positional and directional terms are used in the descriptions, and it is essential for the reader to commit these to memory. They are shown in the accompanying diagrams.
説明には多数の位置および方向に関する用語が使用されており、読者がこれらを記憶しておくことが不可欠です。 添付の図に示されています。

It is most important to remember that the positions of the steps in diagram No.  I are in relation to the body only. This means that such steps always move in the same direction from the body, irrespective of the position of the dancer in the room.
図1のステップの位置はボディとの関係のみにあることを覚えておくことが最も重要です。 つまり、このようなステップは、部屋のダンサーの位置に関係なく、常にボディから同じ方向に移動します。

Diagram No. 2 indicates the various positions of the body and the directions of the steps in relation to the room.
図2は、身体の様々な位置および部屋に対するステップの方向を示します。

Thus, the description “R.F. forward, diag to wall” would mean a step taken straight forward from the body, and in a direction diagonally to the wall.
したがって、「R.F. forward, diag to wall」という記述は、ボディから真っ直ぐ前方に、そして壁に対して斜めの方向に踏み出すことを意味します。

ボディに対するステップの位置

POSITION OF STEPS IN RELATION TO THE BODY

 

部屋に対するステップまたはボディが動く方向

DIRECTIONS OF STEPS OR POSITIONS OF BODY IN RELATION TO THE ROOM

“Across the L.O.D.” Another term that has been used is “across the L.O.D.” This term can easily be understood by referring to the following 2 diagrams.
使用されている別の用語は、「L.O.Dを越えて」です。この用語は、以下の2つの図を参照することによって容易に理解することができます。

The second step has been taken to the side on the same L.O.D. as the first step.
第2ステップは、第1ステップと同じLOD上に踏み出されています。

The second step has been taken “across the L.O.D.” of the first step.
第2ステップは第1ステップのLODを横切って踏み出されています。

“Centre.” Note that the “centre,” as used in such expressions as “diagonally to the centre,” is not the actual centre point of the room, but that part of the room which is on the man’s L. when he is facing the L.O.D.
「中心」 「中心に対角線上」のような表現で使用されているような「中心」は部屋の実際の中心点ではなく、男子がLODに面している時、男子の左にある部屋の部分です。

“A Third of a Turn.” This term has become so general that it is used throughout this book. Actually a turn that commences facing diagonally to the wall and finishes backing the L.O.D. is three eighths of a turn.
A Third of a Turn」。 この用語は非常に一般的になっており、本書全体を通して使用されています。 実際には、壁に斜めに面して始まりLODに背面して終わる3/8回転のターンです。

* The following analogy provides an easy method of remembering the meaning of the terms, “step,” “figure,” and “amalgamation.” Think of a step as a “syllable,” a figure as a “word,” and an amalgamation as a “sentence.” A complete dance could be compared to a paragraph.
*以下のアナロジーは、「ステップ」「フィギュア」「アマルガメーション」という用語の意味を簡単に覚える方法を提供します。ステップを「音節」、フィガーを「単語」、そしてアマルガメーションを「文章」と考えてください。完結した一つのダンスをパラグラフと比較することができます。

セクション1 クイックステップ

SECTION I THE QUICKSTEP

一般的注意事項

General Notes

 

クイックステップフィガー

– The Walk, Forward and Backward

– The Quarter Turns

– The Progressive Chassé

– The Natural Turn

– The Natural Pivot Turn

– The Reverse Turn (Open)

– The Chassé Reverse Turn

– The Zig-Zag

– The Cross ChasséThe Lock Step

– The Drag (Preceded by a Reverse Pivot)

– The Running ZigZag (Combining the “Running Finish”)

– The Simple Running Turn

– The Double Reverse Spin

– The Natural Spin Turn

– The Change of Direction

– The Telemark, the Open Telemark, the Impetus Turn, and the Open Impetus Turn

– The Cross Swivel

– The CortéThe Running Right Turn

– The Fish Tail

– The Quick Open Reverse Turn

– The Flicker-Suggested Quickstep Amalgamations

 

セクション2 ワルツ

SECTION II THE WALTZ

一般的な注意事項

General Notes

 

ワルツフィガー

– The Forward Change

– The Natural Turn

– The Reverse Turn

– The Hesitation Change

– The Backward Change

– The Natural Spin Turn

– The Reverse Corté

– The Double Reverse Spin

– The Outside SpinThe Open Telemark (with Gross Hesitation Finish)

– The Wing

– The Open Impetus Turn

– The Whisk

– The Drag Hesitation and the Backward Lock

– Suggested Waltz Amalgamations

 

セクション4 フォックストロット

SECTION III THE FOXTROT

一般的注意事項

General Notes

フォックストロットフィガー

– The Walk, Forward and Backward

– The Three step

– The Feather-step

– The Natural (or Right) Turn

– The Reverse (or Left). Turn

– The Reverse Wave

– The Change of Direction

– The Impetus Turn

– The Telemark

– The Open Telemark

– The Wing

– The Hover Telemark

– The Hover Feather

– The Natural Hover Telemark

– The Natural Twist Turn

– The Weave– The Top Spin

– The Box

– The Outside Swivel

– Suggested Foxtrot Amalgamations

 

セクション4 タンゴ

SECTION IV THE TANGO

一般的注意事項

General Notes

タンゴフィガー

– The Walk Forward, The Walk Backward

– The Progressive Side Step

– The Rock Turn

– From the Walk into Promenade

– The Closed Promenade

– The Open Promenade

– The Back Corté

– The Rock

– The Open Reverse Turn (with Closed or Open Finish)

– The Closed Reverse Turn

– The Progressive Side Step Reverse Turn

– The Natural (Twist) Turn

– The Natural Promenade Turn

– The Fall-away Promenade

– The Progressive Link

– The Promenade Link

– The Four Step

– The Four Step Change

– Suggested Tango Amalgamations

 

セクション5 ポピュラーダンス

SECTION V POPULAR DANCES

 

– The Blues

– The Cuban Rumba (El Son)

– Rhythm Dancing

– The Quick Waltz

 

セクション6 古き良き時代のダンス

SECTION VI OLD TIME DANCES

– The Waltz

– The Natural Turn

– The Pas de Valse

– The Reverse Turn

– The Veleta

– The Veleta (Modern Version)

– The Boston Two-step

– The Barn Dance

 

セクション7 ボールルーム・ノベルティ・ダンスおよびゲーム

SECTION VII BALLROOM NOVELTY DANCES AND GAMES

– Paul Jones

– Military Paul Jones

– “Excuse Me” Dance

– The Palais Glide

– The Lambeth Walk

– The St. Bernard’s Waltz

– Spot Dance

– Elimination Dance

– Parcel Dance

 

セクション8 指導の実用的側面

SECTION VIII THE PRACTICAL SIDE OF TEACHING